れんきゅうおわってひろうあり〜ふゆのあにめにさようなら〜

仕事の失敗でモヤモヤしたまま連休に突入した為、いまいちスッキリ休めなかった五日間が終わってしまった。

やったことと言えば、初日に町内のゴミ拾いと家のことを少しと、最終日に掃除をした以外は、アニメとゲームと居眠りの三本立てである。

特にアニメは死ぬほど見た(キングダムは80話以上一気見で死んだ)。なにせ冬アニメの録画が腐るほど残っていたのだ。正直楽しさを通り越して辛いまであったりなかったりしたが、最後は”意地”で消化を達成した。馬鹿な男である俺は。




冬アニメ全体の印象としては、今一歩なものと、佳作が多かったように思う。アイドル物では演劇とアイドルをSFで割った「ゲキドル」のように挑戦と失敗が交互に押し寄せてくるようなイロモノが目立つ中、その中でも群を抜くイロモノでありながら王道を突き進んだ「ウマ娘 プリティーダービー Season 2」と「SHOW BY ROCK!!STARS!!」の続編勢の安定感が際立っていた。耳としっぽが大活躍である。

にしても、まさかのWIXOSS枠までアイドル物をやり始めるなど、異世界物同様日本人はアイドル大好き。





その異世界物だが、男女の好みの差はあれど、個人的にはダントツで「無職転生」が面白かった。引き篭もりの中年男がほんの少しの気まぐれで人を助けようとして死んでしまい、死後異世界に転生して魔法の才能に目覚めていくと云う本作。説明だけを聞いていたら「またか」で切って捨ててしまいそうな内容でありながら、見れば見るほど先が見たくなる作品だった。単純に原作と演出に力がある証拠なのだろう。転生前の男の不快なまでの気持ち悪さや、赤子に転生し魔法を操れるまでに成長していく過程など、一つ一つの過程を大事に描いているため、ただのエロ有り異世界物とは一線を画すリアリティを感じる仕上がり。生前の男の声と、生まれ変わった男の子の心の声を担当する杉田智和の身を削るような演技もハマりすぎで最高であった。

蜘蛛やスライムもそれなりに楽しんだが、転生した先がゲームっぽい異世界と云う設定より、本格的なファンタジーに挑戦している点も、無職転生を一つ上のステップに押し上げていたような気がする。





そういえば、所謂異世界物とは少し違うが、野島伸司がアニメに初参戦した「ワンダーエッグ・プライオリティ」(ここでも挑戦と失敗が垣間見えたが、ようやく押井守がTVシリーズに戻ってきたと思ったら、とっ散らかって終幕した「ぶらぶらど」に比べれば些細なことだ....)、現実世界と似て非なる世界を少女二人が探索する「裏世界ピクニック」、半妖の子供たちと化け狸の探偵が化け物退治をする「怪物事変」もかなり良かった(半妖ならではの残酷な現実と向き合う少年少女が愛おしすぎた....)









ウマ娘やショーバイロックのことを、先に書いたけれど、他の続編勢も非常に元気だった。1度目のアニメ化から20年以上経っているのに普通に楽しませてくれる「真・中華一番!」、原始の時代に戻ってしまった世界で科学を存分に振るう「Dr.STONE」、もう続編なんてやらないんだと完全に諦めていたところへ舞い戻った「ログ・ホライズン」と「ワールドトリガー」、そして揺るぎのない癒しの時間をくれる「のんのんびより のんすとっぷ」や「ゆるキャン△ SEASON2」。ついでに言えば見た目100点なのに頭脳は30点な五つ子といちゃこらする「五等分の花嫁∬」、本家以上にぶっ刺さる「はたらく細胞BLACK」もついつい見てしまっていた。白血球さんのがっちり巨乳、正直好みです(真顔)

そんなわけで、どの作品も本当に楽しかったわけだが、どうしても一つだけ選べと云うなら「BEASTARS」の2期だろう。肉食と草食の壁を描きつつ、それ以上のテーマを内包しているため”じわり”方が半端ではないのだ。ある種の真理に触れる名作で間違いない。







他にも色々と見たが、もう一つ一つ取り上げる元気も出無いのでやめておこう。モルカーや幼女が可愛い短編も良かったし、ギャップ萌えの高校生カップルの距離感に萌えまくったホリミヤなども良さを言い出したらキリがない。

それでもあえて個人的に”これだけは見ろ”と言いたい冬アニメを5つだけあげるなら....

 ・ウマ娘 プリティーダービー Season 2
 ・無職転生
 ・怪物事変
 ・BEASTARS 2期
 ・はたらく細胞BLACK

だろうか?

のんのんびよりやゆるキャン、そしてモルカーは俺なんぞに言われなくとも見た方が良い作品なのであえて割愛する。

特に1期を見てない人は遡って鑑賞してもらいたいほどウマ娘とBEASTARSはお勧めだ。競馬がモチーフのウマ娘は、興味が無い人でも十分鑑賞に耐えるものが待っていると思う。なんなら2期から入っても存分に熱くなるだろう。BEASTARSに関しては、繰り返しになるが”じわる”シーンが非常に多く、日常的には自然と踏み込まずにいる領域を草食肉食の共存を例に描いているのが絶妙過ぎてドロドロにハマってしまう。ヤクザ物としても堪能出来るため、オスとオスの熱い関係、そして全てを知ってからの2期のEDには、幾度となく痺れてしまうこと請け合いだ。




さて、これでやっと春アニメ鑑賞のスタート地点に立てるわけだが、録画の数を見ているだけで気が遠くなっている。

果たして追いつけるのだろうか.........無理だな........







関連過去記事

小ちゃい心にも空は降り注ぐ

ここ1年の間、自分でも驚く程、無気力な日々を送っている。仕事で忙しくしていても、無駄に溜息を吐き口を開けば「帰りたい」「疲れた」の繰り返しである。

それでなくとも、気力や体力が目に見えて低下しているところに新型コロナの長期化で、正直メンタルはボロボロだ。少しは気分転換になっていたライブにも行けず、いざ開催の目処がたったイベントでも、今度は自分のモチベーションが上がらず終い。

昨日も延期になっていた新居昭乃さんのライブがようやく開催される日であったにも関わらず、完全に失念していた。既に入金していたチケット代は、微々たるものでも彼女の今後に役立つだろうから良いのだけれど、本当はこういう時こそ必要な音楽すら面倒に感じているのは重症なのではなかろうか?

最近は、些細なことで涙が流れる。流石に人前で流したりするほど、コントロール出来ないわけではないけれど、今そんな泣くような所だった?と云うところで泣いたり、少しでも優しさを感じる場面に出くわすとボロボロ泣けて仕方ない。ほら言ってる傍から泣けてきた....少し思い出しただけで涙腺が決壊している........

きっとこんな壊れ方をしてる人が、大勢居るのでしょうね。今なら漏れなく殆どの日本人が心の病院で鬱認定を貰えそうだ。





こんなザマでも、しんどい冬が明け、少しは気分が上向きになったと思う。

空を見上げる余裕くらいは生まれて来たからだ。


IMG_5610.jpeg

IMG_5591.jpeg

IMG_5573.jpeg

IMG_5511.jpeg

IMG_5390.jpeg





空っぽの自分が眺める空。

其処にはちっぽけな想いとは関連性の無い事象が転がっており、いつ見上げても見たことが有るようで無い物が待っていて面白い。

世界中のあらゆる空を撮る仕事が自分に出来たなら、きっと今よりは気分が良いだろうなと少し思った。
posted by lain at 02:31北海道 ☔写真

おバカなようで大真面目。もしかしたらホロリもあるかも....w「Narita Boy」Studio Koba/Xbox/PS/Switch/PC/感想

北海道にもようやく春の陽気が訪れているのに、まったく気分が晴れない今日のこの頃、上司に文句を言って勝ち取った折角の土日休みも、のんべんだらりと過ごしながら終わらせてしまいそうな勢いで自分にがっかりする。特に掃除、そう掃除だよ。そこをまずやれば、もっと快適に過ごせると言うのに愚かな男である。

とは言え、オタクとしての活動としてはなかなか充実していたかもしれない。溜まりに溜まったアニメをガッツリ消化出来たし、何より”いつも”のじゃないゲームを夢中にプレイしてしまっていたのが楽しかった。








まず初めに、タイトルの段階で買うのを止めたりしないで欲しい。正直なんちゅータイトルだと自分も思ったし、由来が中山競馬場のナリタブライアン像だと云うのだから、尚更『なんでだよ?』と呆れもした。しかし遊び始めると、そうしたセンスの持ち主だからこその遊び心地がツボにハマり、これを遊ぶ前に序盤をプレイしたFFⅫのことなんて忘れてしまう程、深夜まで遊び倒していた。


世界観は中年ホイホイな80年代で、ブラウン管の画面の質感やワイヤーフレームCG、知ってる人なら真っ先にディズニーの「トロン」を思い浮かべるようなテクノSFの世界。そしてそれらがレトロなシンセサウンドをバックに展開されるのだからたまったものではない。ストーリーはありがちなゲーム世界に召喚され、それを作ったクリエーターの記憶を取り戻しゲーム世界を救うと云うものなのだが、年寄りは郷愁を覚え、若者は逆に新鮮さを覚えそうなほどパーツというパーツの個性が強い。

EynxBVBWUAU4IlG.jpeg





ゲーム性としては、キャラクターの固有スキルを活かしたパズル要素の強い戦闘スタイルが面白く、もう無理!と感じた相手でも、トライアンドエラーを繰り返しているうちに倒せたりするから止め時を失ってしまう。難易度設定と云うものが存在せず、道中でセーブポイントが厳しい場面もあるため、ハマれなかった人はあっさりクソゲー認定するかもしれないが、どんなに難しくても製作者が推奨する難易度で遊びたいと云うマゾなプレイヤーには至極の時間を与えてくれる一本になりそうだ。


ちなみに自分は中盤のとあるボスに1時間近く挑んで深夜に一旦諦めた。



他人のプレイを見てたら簡単そうで仕方ない。ちなみに翌日プレイしたらちゃんと勝てた。




ネットを見た限りでは、6時間そこそこのプレイ時間で終わると書いてあったが、どうも自分は下手なようで、もう少しかかりそうな気がする。半分以上進めることが出来たはずであるし、ここまで来たら意地でもクリアしたいものだ。まるで思い出せないが、最後にゲームをクリアしたのっていつのことだったろう?連休であればこそ遊んでみようと思えたわけだから、上司に小言を言った甲斐があったと云うものである.....


元々が雰囲気ゲーでもあるので、翻訳の必要性もそれほどないのかもしれないが、日本のKakehashi Gamesと云う会社(Fall Guysにも関わっているらしい)が関わっているお陰なのか、Narita Boyの癖あるテキストが丁寧にローカライズされているのも好感触だった。日本語なんてものは、それでなくとも日本人しか使わないレベルの言語でもあるので、対応してくれるだけでも喜ばしい話なのに仕上がりまで上々とか、Xboxのゲームパスで遊んでいるだけなのが申し訳なく思えてくるほど有難い。某大企業のローカライズなんて散々なものしか経験していないので、小規模でも良い仕事をしてくれたKakehashi Gamesの今後には期待しかない。







公式サイト https://naritaboy-game.com
posted by lain at 18:27北海道 ☔ゲーム