2017年02月05日

普通が普通であるために「この世界の片隅に」片渕 須直(監督)/こうの史代(原作)/MAPPA/感想

※ちょっぴりネタバレ(?)注意





僕は、右を向けと言われれば左を向きたくなる天邪鬼だが、こればっかりはどうしても皆と同じ方角を向いてでも避けては通れない道だと思い、映画館へ足を運んでみた。

最後の最後で、鼻水ダラダラ流しながら泣いてしまった.....



18歳のすずさんに、突然縁談がもちあがる。
良いも悪いも決められないまま話は進み、1944(昭和19)年2月、すずさんは呉へとお嫁にやって来る。呉はそのころ日本海軍の一大拠点で、軍港の街として栄え、世界最大の戦艦と謳われた「大和」も呉を母港としていた。
見知らぬ土地で、海軍勤務の文官・北條周作の妻となったすずさんの日々が始まった。

夫の両親は優しく、義姉の径子は厳しく、その娘の晴美はおっとりしてかわいらしい。隣保班の知多さん、刈谷さん、堂本さんも個性的だ。
配給物資がだんだん減っていく中でも、すずさんは工夫を凝らして食卓をにぎわせ、衣服を作り直し、時には好きな絵を描き、毎日のくらしを積み重ねていく。

ある時、道に迷い遊郭に迷い込んだすずさんは、遊女のリンと出会う。
またある時は、重巡洋艦「青葉」の水兵となった小学校の同級生・水原哲が現れ、すずさんも夫の周作も複雑な想いを抱える。

1945(昭和20)年3月。呉は、空を埋め尽くすほどの数の艦載機による空襲にさらされ、すずさんが大切にしていたものが失われていく。それでも毎日は続く。
そして、昭和20年の夏がやってくる――。

※公式サイト”ものがたり”より





最近はすっかりアニメ映画も観に行くようになったものの、本作は、はっきり言って予告やポスターの絵がピンと来ず、いずれ何処か(TV、ネット配信等)で観れれば良いかくらいに思っていました。しかし、あまりにも”映画”としての評価が高く、僕にとってネックだった予告やポスターなども良い意味で詐欺だと聞き及んで、居ても立っても居られなくなり、衝動に身を任させて観に行くことに....


結果、鼻水と涙とツィートが流れ落ちる惨事賛辞と相成りました。「君の名は」を作った新海誠のことをポスト宮崎駿と世の中は大きく触れまわりましたが、すばり次代の宮崎駿は片渕 須直さんの方だとさえ思った。味のあるキャラ絵や美術もさることながら、とにかく当時の生活描写や演出が素晴らしく、キャラクターのほんわかさとフィルム全体を包む寂しげな情緒が掛け合わさり、後半部分の辛い現実の連続へと結びついて、全てが終わる頃には普通の生活への愛おしさでいっぱいになりながら結実するのが本当に良かった....

フィルム全体を見事に一貫した情緒でコントロールしてくれた音楽についても素晴らしかった。今はKIRINJIでも活動しているというコトリンゴさんによる今回の仕事っぷりにすっかり惚れてしまい、彼女の歌声を生で味わいたくて仕方なくなった。KIRINJIは札幌によく来ているし、まずは彼らのライブでコトリンゴさんに逢ってみようかな?




今のようにお金さえ出せばあっさりなんでも買えてしまったり恋愛結婚が普通の世の中ではなく、道端の草さえ創意工夫して食し、家同士が勝手に縁談を組むような時代であっても、それはそれで幸せをちゃんと見つけられるものだったのでしょうね。笑顔さえあれば何処でも関係なく。勝手に流転する世界に翻弄されながらも、ただひたすら目の前にある生活を見つめ続けるちっぽけな女性のでっかい幸せが素敵でした。

上映が終わっても直ぐ席を立つ人が居なかったのも印象的でしたね「この世界の片隅に」

皆、普通の毎日の有り難さを噛み締めていたのかもしれません......





原爆で焼け落ちた広島で、主人公である”すず”が、旦那さんに「この世界の片隅に、うちを見つけてくれてありがとう」と口にするシーンがあるのだけれど、この作品を見てくれてありがとうとか、クラウドファンディングに参加してくれてありがとうとか、様々なありがとうが重なっているように思えてぐっと来ました。

こちらこそ本当にこの映画を作ってくれてありがとうございました.....







web拍手 by FC2
posted by lain at 13:59 | 北海道 ☔ | アニメ 劇場版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年02月02日

0.1%でも可能性が増すのなら、それに飛びつくのも吝かでは無いっ「プラズマクラスタードライヤー IB-HD95-W」SHARP/感想

去年の年末、久々にドライヤーを買い替えた。

滅多に行かなくなった電器屋さんに、今直ぐ使いたいUSBのストレージを買いに行ったこと。そして、社長の小言の多さに反比例して意外と多かったボーナスのせいで気が大きくなっていたらしく、店内をぶらぶらしているうちに眼についたこれを買ってしまった。これが年末商戦の罠か.....(違う)

IMG_3313.JPG


1つ前の形で処分価格(それでもやっぱりネットの方が安い)だったわけですが、そこそこ高めの機種だけあって性能は普通に良かったです。ターボまで使わなくとも強い風力。髪をトップコートしてくれているかのようなプラズマクラスターイオンの効果。共に満足出来る商品でした。

ただ、髪に優しい設計のため、三段階に調整出来る温度を一番暖かいものにしても少々物足りないし、プラズマクラスターイオンの恩恵にあずかれる髪質が案外少ないのでは?と、思わされる注意書きなどもあり、結構お客を選ぶ商品なのかもしれません。

IMG_3288.JPG
縮毛・くせ毛・髪質が細く柔らかい・短髪・縮毛矯正パーマをあてたばかりはNG.....残りはストレートヘアだけなのでは?(まあただの逃げ口上ですな)




プラズマクラスターに育毛効果があるという、何処の差し金で広まった話か分かったものではないニュースも去年流れていましたが、そういうのを抜きにしても悪く無いドライヤーでした。実際にそんな効果あったら嬉しいけれど、どうせかなり話を盛っていることでしょう。この手のデリケートな話題でお客を釣るようなやり方は逆効果な気もするけれど、僕のような薄毛が気になりだす世代は藁にもすがる思いで、うっかり買ってしまったりするんでしょうね。僕みたいに........

女の同級生に嫉妬されるほどのサラサラヘアーだった頃に戻りたい........





SHARP公式サイト内商品ページ http://www.sharp.co.jp/pci_hair/products/ibhd95.html
web拍手 by FC2
posted by lain at 07:06 | 北海道 ☔ | 日記 お買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年01月31日

"作り手が楽しい=視聴者も楽しい"2017年冬アニメ感想

会社・現場までの道程や、突然出来た空き時間、よそ見が出来るゲームの片手間.....とまあ、今年もどえらい目にあってアニメを消化している僕ですが、以前海外ドラマでも同じような事態に陥っていたことを思い出し、そろそろアニメもバッサリ観るのを減らしたくなって来ました。


面白いから観ると言うより、面白く無い作品を切る、みたいな視聴の仕方をするくらいなら、最初から観ない方がよほど作り手に失礼が無いんだろうなぁとも思いますが、こればっかりはある種の習慣病過ぎて、いきなりは止められそうもありません💦




とりあえず、今期は”アニメーターのやる気”が溢れているアニメを観続けよう!を目標に掲げ、それ以外はじゃんじゃん切って行くことにしたのであります.....




注!全て独断と偏見の素人考えでマークを付けています(銀魂、テイルズ、弱ペダ、省略)



▪️小林さんちのメイドラゴン


キャラが可愛いしアクションも良く動く。細か部分の作画も良く、仕事の仕方が実にプロ。幅広い層が幸せになれそうな作品




▪️鬼平


今時こんな物好きなジャンル、トムス以外に誰が作るの?っていうくらい渋い。誰もやらないリアル系時代劇だけに、作り手も遣り甲斐があることだろう。男が掘れる​惚れる男をありがとうトムス




▪️青の祓魔師 京都不浄王篇


少々間が空いての新作ということで、作るのが楽しいと言うよりは大変そうな気がしてを一つ減らした。個人的には続編を見れたことだけで最大級の感謝しか無い。クォリティも抜群でした謝謝




▪️ACCA13区監察課


良いものしたい!という気持ちが随所(色選び、カメラワーク、間の取り方)から伝わって来る出来で面白い。原作をうっかり積んでいたのが功を奏した面もあるのだろうか?今の時代は女性の方がハードボイルドを求めている気がする。ただ、”オノ・ナツメ”さんのキャラは作画が大変そうだ。




▪️うらら迷路帖


ストーリー展開にはまったく期待出来そうにないが、美術・背景が意外なほど綺麗であるのと、可愛い女の子達をひたすら愛でるには良いアニメだろう。好きこそ物の上手なれとはよく言ったものでありますw




▪️エルドライブ【ēlDLIVE】


絵に描いたような(いや、描いてるんだけどさ)宇宙人のバリエーションに苦労している人がいそう。正直アニメーター云々より、釘宮理恵さんにを3つ付けた。主旨がズレてるけど.....




▪️CHAOS;CHILD


元々が少々古いCHAOS;HEADの世界観のため、観てて恥ずかしくなるような設定や展開が数多くあるものの、相変わらずここのブランドは生臭いリアリティを含んでいるからつい気になってしまう。作り手的には実際どうなんだろうか?楽しいのだろうか?




▪️ガヴリールドロップアウト


天使と悪魔の逆転学園生活が笑える。駄目な自分達を愛でるように駄天使を甘やかすのは、さぞかし楽しかろう(白目)



▪️クズの本懐


叶わない恋に恋しながら、手ごろな男で、もてあました体の火照りを冷まそうとする女の子が凄くリアル。いきなりの糸引くキスシーンといい、刺激的な制作現場になっていそうで覗いてみたい




▪️この素晴らしい世界に祝福を!2


作画のテイストが変わり、戸惑う声が周囲から上がるものの、僕としては"このすば"らしい勢いのある作画で実に楽しい。駄女神の尻にも作画スタッフの愛を感じるなぁ.....(しみじみ)




▪️昭和元禄落語心中 -助六再び篇-


もう今更何も言うことはない位、本作に対する作り手の誇りが伝わってくる。ただただひたすら彼らの仕事を楽しみたい。



▪️超・少年探偵団NEO


DLEの名は伊達じゃ無い。同じ明智小五郎物でもTRICKSTERより100倍楽しい。これだけ悪乗りしてて作るのが楽しく無いはずがない。




▪️ リトルウィッチアカデミア


今時こんな仕草の女の子いないだろ〜っていうくらい表情豊かなキャラクター満載で、1話目から物凄い質量が伝わる作画に夢中になった。採算度外視して作品作れる会社は、兎に角絵を描くのが楽しいアニメーターにとっては天国に違いない。



▪️亜人ちゃんは語りたい


まさかの勘違いで亜人のスピンオフだと思っていた僕を殴って下さい恋には発展しなさそうなハーレム具合が良い塩梅で、人間社会には溶け込んでいながらも、何かと危なっかしい亜人達が可愛くて仕方ない。



▪️にゃんこデイズ 


「ぷちます!」みたいにデフォルメされた擬人化猫のあざとさからは、救い難い何かを感じるものの、可愛いものを撫でて何が悪い💢くらいの意気込みは良し。



▪️政宗くんのリベンジ


SILVER LINK.の仕事っぷりは良いのだけれど、主人公の志の低さに辟易。腹ペコのヒロインもあまり好みで無いし、作画と花江くんの演技だけが継続視聴へと誘ってくれている。



▪️幼女戦記

とんでもないタイトルのアニメキター!と思って見てみれば、なかなかハードな戦争物で、これまたとんでもない幼女が駄目オヤジのM心をくすぐりまくり。その他のキャラも良い描き分けがなされているし、幼女の恐ろしさを側で目の当たりにする女性兵士も形容し難い容姿(可愛いような可愛く無いような)で魅力的。これも皆んなが楽しくなれる作品になりそうだ。



さぁ、そんなわけで独断と偏見でお送りして来ましたが、改まって振り返ると不作不作と言いつつ今期も楽しめそうな作品は十分ある感じで嬉しいです。まあ見るのを減らしたいのだから不作の方が好都合なんですがね.....



アニメ漬け



続きを読む web拍手 by FC2
posted by lain at 07:19 | 北海道 ☔ | アニメ TVシリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする