これはこれ、あれはあれとして観れれば良い作品「天河伝説殺人事件」市川崑(監督)/内田康夫(原作)/感想

昨日、作家の内田康夫さんが亡くなっていたことが報じられた。敗血症によるものだったようである。

内田康夫さんといえば、2時間ドラマ(ミステリー物)の原作者というイメージばかりで、正直作品内容はほぼ覚えていなかった。

ただ、一つだけよく覚えていたのが、のちにTVで続いた浅見光彦シリーズより先に作られていた劇場版の「天河伝説殺人事件」だった。




立ち並ぶビル群の麓で男が死に絶える。男は天河神社という神社の鈴を持っていた。主人公であるルポライターの浅見光彦は事件のことなど知らぬまま、その神社へ取材に行き、能を代々継いで来た家のお家騒動に巻き込まれてゆく.....というか、積極的に首を突っ込んでいく。

IMG_7358.jpg
セリフが棒読みとの評判の榎木孝明(左)さんだが、飄飄として底がしれない感じが出てて僕は良いと思った

IMG_7376.jpg

IMG_7363.jpg
馴染み深い役者さん達が次々と若い姿で登場してくる




話の流れとしては至極シンプル。頭は切れるが探偵でもない穀潰しな男が、捜査内容をベラベラと喋る刑事を利用して、格式張ったお家ならではのお家騒動から端を発した殺人事件の真相を解き明かすというもの。終わってみればごく普通のミステリーである。

しかし、冒頭のカット繋ぎの切れ味の時点で凄い物を見せられてるなと僕は思った。小気味良くメリハリを効かせて進行していったかと思えば、ここぞという場面はじっくりと回してみせる。まるで撮る側の意志の強さが撮られる側にも影響しているかのような絵力を感じた。

IMG_7362.jpg
小道具には見えない出来栄え。まさか小道具じゃないのかな?......

IMG_7368.jpg

IMG_7367.jpg

IMG_7366.jpg
足運びが印象的なカットだった能舞台。この映画のせいで能に興味を抱いた人もいるのでは?





この映画を観たのは子供の頃で、監督の事など頭に無かった。恥ずかしながら今回観直したことで本作が市川崑監督作品であったことを知り、だからこんなに力のある映画だったのだなと合点がいった。庵野秀明が市川崑監督の仕事に魅了されたのも分かる話だ。好き嫌いはあるだろうけれど、映画人ならば素通り出来ない人物で間違いない。

ただ、当時既に生ける伝説であった市川崑さんが、何処まで本気でこの作品を撮ったのかはわからない。素人目にはエネルギッシュな映画に見えるし、とてもじゃないが76歳がメガホンを取った映画だなんて信じられない。どうしても出演している役者や作品内容が犬神家の一族に似ているため渋い評価も多いけれど、監督の晩年の良さが垣間見える作品の一つとして、これからも残って行けば良いなと思った。







お金の多さが品質に直結しない業界「Mute/ミュート」ダンカン・ジョーンズ(監督・脚本)/感想

物心ついた時には金銭感覚の無くなるような小遣いを貰っていた人でもなければ、限られた小銭を握ってお店へ行き、なるべく美味しくて安くていっぱい食べられるお菓子をと、思い悩んだ経験があるのではないだろうか?

そして、そうして選んだお菓子の味は、成人してから食べたどんな美食よりも身体に刻まれていることだろう。




映画でも同じような事が言える気がする。観る側ではなく作る側の話しにはなるけれど、インディーズかと思うほどの低予算で成功した監督が、大きなバジェットを手に入れた途端駄作を連発するなんてことが多々あって、最近のダンカン・ジョーンズも例に漏れずお金が円滑に回り出した途端作品の出来が微妙になってきた。



作品の内容にまで関わる制約が出資者から発生するからなのか?それとも単純にこぢんまりとしたサイズの方が気楽で性に合っているだけなのかは分からない。素人お得意の漠然とした違和感や物足りなさを感じてしまうのだ。カメラワークや編集にしてもそう。これは一体どんな効果を狙ってフィルムに残したのか?というシーンも少しあったように思う。何度も見ていると素人の僕では見えてくる物があったりするのだろうか?

振り返ってみると子供の頃に声帯に深い傷を負い喋ることの出来ない男が、失踪した恋人を探して些細な手掛かりから真相に辿り着くという展開も長々とやるわりに驚きは少なく、終わってみれば夜の街にごまんと転がっていそうな男と女の話でしかなかった。アナログ人間である主人公の男の特異さを感じさせるサイバーパンクな世界観はそこそこ良かったし、喋れない寡黙な男というのも絵になっていて嫌いではなかったから、尚更勿体無い気がしてしまう。



なんだかんだと言っても、我が身を顧みず恋人を探す主人公の男と、それとは対照的に偏った愛情表現しか出来ない脱走兵で闇医者の男の存在が印象的ではあった。一人の少女に対する接し方の差なんかを見ていても、ダンカン・ジョーンズが父であるデヴィッド・ボウイを失った後に作った映画だから避けて通れないテーマだったのかな?と思った。







関連過去記事
posted by lain at 07:14北海道 ☔映画

たまには自衛隊を褒めてやりたくなった「3.11東日本大震災 自衛隊災害派遣「絆~キズナノキオク~」」Netflix/感想

昨日はあの震災からから数えて七度目の3月11日だった。

「あの」と言えば何処で起きた震災なのか誰でも分かるくらいに7年などあっという間のことである。



朝目覚めて、いつものように朝食を摂りつつNetflixで何か見ようかとした時、ふと3.11で検索したら何か番組が出てくるんじゃないかと思い検索してみたところ、岩井俊二さんの「friends after 3.11」を差し置いて「3.11東日本大震災 自衛隊災害派遣「絆~キズナノキオク~」」というドキュメンタリーがトップに表示された。



その名の通り自衛隊が主役の広報ドキュメンタリーで、冒頭からこういう自体に対処出来るのは”我々”だけだ!とアピールから始まり、これは見るのが苦痛かもしれないなと嫌な予感しかしなかったものの、ドキュメンタリーの為に録画しておいたとは思えない映像が多々あって、予算が無い安い作りであることが逆に功を奏し興味深かった。確かに陸海空合わせて10万人規模の動員で対処した自衛隊の尽力が無ければ、もっと被害は広がっていたことだろう。少しくらい彼らに自慢する時間を赦してあげても良いなと思った。

津波で被害にあった基地の状況や、瓦礫を除去する際被災者が居てはいけないから大きな重機を入れられなかったとか、原発の冷却のために海から近づいたといった話から、炊き出しの際は暖かいご飯は被災者へ渡し自分たちはいつものレーションを食べていたなんていう話まで語られていたが、一番聴いていて辛かったのは捜索の際次々と見つかる被災者の遺体の話だった。極力控えめに話しているのだけれど、当時を思い出してしまっているのか表情が非常に重く、誰に言われたわけでもなく遺体の顔についた泥を水筒の水で洗い流し語りかけていた隊員がいたという話にはこみ上げるものがあった。なにせ一人や二人の遺体ではないのだ、どんなに心身を鍛えている自衛官とはいえ本当に辛い毎日だったろ.....




僕は自衛隊など好きではない。身近で関わった自衛官や元自衛官にろくな人間がいなかったからだ。でも、それが自衛隊の全てではないし、彼らが必要な場合も間違いなくある。誰かがやらねばならない職業なんだろうと最近は思う。

願わくば北朝鮮と戦う彼らの姿ではなく、これからも災害の最前線で思いやりの姿を見せて欲しいものである。自衛隊は雪像作り以外役立たずと思われるくらいで丁度良い。

彼らが暇であれば平和である証拠なのだから。





ちなみに、ナレーションは山寺宏一(小声)
posted by lain at 06:44北海道 ☔TV