2017年08月01日

我が青春のOVA1987 #8 「火の鳥 ヤマト編」手塚治虫(原作)/平田敏夫(監督)/感想

”火の鳥”とは不死鳥(フェニックス)のことだろうと思っていたが、実は世界各地に火の鳥の伝承があるそうな(半数は不死鳥と同じ存在として扱われている)何処かで伝承が変化して伝わったのか?それとも実際に違うものとして広まったのかは定かでは無い。

では、故”手塚治虫”さんのライフワークであった『火の鳥』自体は、いかに日本や世界で伝承されているのだろう?

よもや手塚治虫の名まで忘れ去られつつあるなんてことは無いと思いたいが.....






大和に逆らう熊襲の勢力を削ぐため、その頭領である川上タケルを亡き者にするため送り込まれた男オグナが、川上タケルの妹カジカと恋仲になり、故郷のためにタケルを討つか、オグナとの幸せな生活を選ぶかに苦悩するも、火の鳥の啓示を信じタケルを討って大和へ帰ることを決断する。しかし、見事に大役を果たして大和に戻った彼を待っていたのは賞賛の声では無かった.....



ヤマトタケルの物語をベースに火の鳥を登場させた作品で、時代に翻弄された男女の悲哀が実に良い話。流行り廃りに関係の無いところで勝負をしているから、今観ても色褪せない魅力があるなと思った。

原作の良さは当たり前だが、ヤマト編に先駆けて劇場で公開された「火の鳥 鳳凰編」の監督を勤めた”りんたろう”さんのテイストを再現してみせたスタッフ達も流石である。キャラデザを等身大に改変しているのが原作ファンからすると引っかかるものがあるそうだけど、アニメーションとしても、この先100年は残る名作だ。

IMG_4949.jpg
カジカが狩りで放った矢が当たったというのに、美人を前にするとこの笑顔のオグナ....

IMG_4950.jpg
そしてそれに惚れてまうカジカ......お前ら一生やってろっ!

IMG_4951.jpg
お馴染みの不細工鼻も登場



時代も場所も問わず人間を見守る火の鳥は、その存在そのもの(火の鳥の生き血を飲めば不死になると言われている)が人心を惑わすと言うのに、ちょいちょい人の世に干渉して来るのが悩ましい。このヤマト編でも、オグナが熊襲に残るように促していれば、もしかすると幸福な時間がもう少し長続きしたのでは無いかと思ってしまう。

勿論そんなことは言っても栓なきことではある。オグナが残ってもヤマトと戦うことになるのだし、もっと悲惨な死に方になったやもしれない。あくまでも人の手で自分たちの世界を正して欲しいという火の鳥の優しくも厳しい姿があればこそ、この物語は鳴動するのだ。葛藤なき感動などありえない。

人間とは酷く不器用で面倒だ。助走距離が無ければ空も飛べやしない。

いっそ火の鳥になれれば....

IMG_4955.jpg
IMG_4953.jpg






関連過去記事
web拍手 by FC2
posted by lain at 07:20 | 北海道 ☔ | アニメ 懐アニ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

心の味覚が死にそうです。この夏。

この頃まるで元気が出ない。

夏バテもあるだろうけれど、それだけで済まされないほど心身共に覚束無い。

何をするにしても億劫で、ただただひたすら目の前の作業に没頭することで日々を消化しているだけの日々だ。




このままで良いのか?どうにかしなくては

そんな気持ちもないでもないが、具体的に何をするかまでは至らない。

独りよがりでろくに誰かに相談もせず生きて来たツケが回って来たかのように泥沼である。



もう直ぐ盆休みが来る。

とりあえずそこで身の回りを片付けようと思った。

心の乱れが表れたような部屋の惨状も、もう見飽きたから....


雲で縮れた月を見上げつつ帰ろう。
今日初めて目にした太陽は夕陽だった
太陽出て来た。
今日もみんな、お疲れ様
ぼっちでも幸せ草だ...
ただいま
今空
今日の夕陽
空って時々海に見える



IMG_4443.jpg



大声で叫びたい。そんな夏だ。
続きを読む web拍手 by FC2
posted by lain at 06:30 | 北海道 ☔ | 写真 風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年07月29日

人を騙すにも礼儀ってのがあるらしい「ダマシ×ダマシ」森博嗣/講談社/感想

『結婚』

てなんだろうか?何度そう思ったかしれない。

心や身体の寂しさを埋めるため?それとも体面?

なんにせよ、僕は身内にろくな結婚した人が居ないから、相変わらず良いイメージは皆無だ。




その昔の結婚は、もっと義務的な意味合いが強く、今のように自由に結婚してあっさり離婚なんてことは稀だったようだし、相手選びも女性に不利だった。

ただ、男女に不公平があったからと言って、必ずしも当時の女性達が不幸だったかどうかは分からない。いくら自分から恋に落ちた相手と入籍出来たとしても、毎日のように一緒に過ごしていたら許せないことの一つや二つ見つかるし、いやいやながら結婚したとしても年月を経てば自然と情が湧くことだってざらだ。

うちの親は恋愛結婚ののち、毎日のように喧嘩(怒号、涙、無言)を繰り返して来たが、互いが昔ながらの体面を気にする性格だったため、離婚に至らず紆余曲折を経て丸く収まった。要するに、どんな出会いだったとしても、なんとかなる時は、なんとかなるのだ。



そんな、どう転んでも無傷では済まない結婚を悪用し、お小遣いを稼ぐ人達が世の中にはいる。あの手この手で上手く相手に取り入り、金銭等を手に入れたらドロンするあれだ。当然犯罪だから褒められたものではないけれど、コミニケーション能力に欠ける僕としては、たとえ大金のためとは言え、何日もかけて偽のストーリーを用意し相手を懐柔するためには努力を惜しまない詐欺師の忍耐力には見習うべきものがあるように思う。

よくもまあ長い間過ごしているのに、相手になんの情も湧かないまま(たとえ湧いても)金を持ち逃げ出来るものだと呆れてしまう。僕などは取られるほどのお金を持っていないからまだ良いが、団塊の世代辺りは伴侶を失い使い道の無い金が余っている人も多いだろうから、優しく接してくる人がいればコロっといってもおかしくはない。


今回完結したXシリーズの主役と言っていい”小川”さんは、常に報われない恋をしている女性で、結婚にはとんと縁がないどころか、気になる異性絡みの話になると程度の良い詐欺にあっていると言っても過言では無い状態に陥るのだけど、そんなちょっぴり残念な面までチャームポイントになっているから悩ましい。





これでXシリーズは完結で、ラストを飾る内容はというと、小川さんが務める探偵事務所へ、男に騙されたかもしれないという相談があり、調べてゆくうちに、その相談者である女性以外にも複数の女性が結婚詐欺にあっていることを掴むのだが、その詐欺師の男が無残な姿で発見されて、さあ誰が犯人だ!?という分かり易いものだった。犯人に関してもどんでん返しは無い。本作を単発で読んだ人には正直ピンとこないだろう。

結局のところ、馴染みのキャラのその後を楽しみたい人の方が得する内容ではある。のらりくらりと永田さんの気持ちから逃げていた真鍋くんが覚悟を決めたり、椙田さんが本気で雲隠れを決め込んだり、死んだ恋人の遺した物を小川さんが見つけたり、最後の最後で「あぁあの人たちか!」という種明かしがあったりと、これまでの作品に触れているか否かで読後感がまるで違うはず。

これまでの作品も読んで来た身としては、とても良い終わり方だと思った。森博嗣さんはスネに傷のある女性を書かせたら上手い。ほんのり残る切なさと希望でみんなを笑顔にしてくれる。なんだか無性にZOKUが読みたくなる。ロミ品川も最高のキャラなのですよ.......






もう何が書きたかったのか、自分で分からなくなってきた。

とりあえず椙田さんの裏稼業物の復活とかまだ見たいな...森先生...


何百万も払って甘い思い出を作るより、森博嗣さんの本に騙された方がよほど幸せを感じられるから.....








関連過去記事

web拍手 by FC2
posted by lain at 07:20 | 北海道 ☔ | 小説 森博嗣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする