2017年02月20日

酷く厄介な愛のお話「コードギアス 亡国のアキト」赤根和樹(監督)/サンライズ/感想

去年の今頃は、劇場で最終章が上映されていたであろう「亡国のアキト」を、だらだらした日曜の気まぐれで1章からまとめて観てしまった。


正直言って、1章を初めて観た時の印象は芳しくなくて、既存のコードギアスの良さと、赤根監督の良さが相殺し合って中途半端な仕上がりになっているような気がしていた。しかし、こうして改めて一気見してみると、紛れもない赤根作品であり、コードギアスでもあり、これはこれで良い物になっているなと普通に楽しんでいる自分がいた。

ストーリーとしては実にシンプルで、主役であるアキトが、ギアスの力に飲まれてしまった兄をヒロインである”レイラ”や仲間と共に止めようとする話なのだけど、赤根監督らしい説明は少なめの思わせぶりなシーンをじっくり見せる演出や脚色のおかげで凄く重みのある手応えを感じさせられた。お陰様で1章2章と鬱展開しかこの先待っていなさそうに思えてならなかったものの、終盤は辛いシーンと同じだけ救いもあって後味も悪く無い。動物のような挙動を見せる不気味なナイトメア”アレキサンダ”のアクションも実に見応えたっぷりで娯楽作品としてもかなり良かったと思う。






障害を乗り越え親密になっていくアキト達のドラマも良かったが、僕は特に悪役であるアキトの兄”シン”の気持ちにばかり同調してしまった。幼い頃に母親の不貞に傷つき、全てを終わらせることを願ってしまったシンが、その母親の不貞の象徴である弟の無垢な魂に否定され、暴走して行く姿は不憫で本当に辛かった。

レイラ達のおかげで自分の存在を肯定出来るようになって行くアキトとは対照的に、死者とばかり会話をするシン。自分を最後まで見捨てず愛してくれた女性の存在を肯定して事切れる最後のシーンには思わず涙が溢れた........




ひとによって亡国のアキトの印象はまるで違うかもしれない。駄作と切り捨てる人も当然いることだろう。でも、少なくとも僕はアキトを観たことで今進行中のコードギアスの完全なる続編が楽しみで仕方なくなった。ほぼオマケ程度の出演でしかなかったスザクとルルーシュのあれからも知りたいし、シンやアキトを翻弄したギアスの力の正体も、もう少し知りたい。

どんな力なのか今回はっきりしなかったレイラの再登場はあるのかどうか分からないけれど、コードギアスであってコードギアスでない、亡国のアキトくらい挑戦的な新作になっていると良いなと思う。






関連過去記事
続きを読む web拍手 by FC2
posted by lain at 07:04 | 北海道 ☔ | アニメ 劇場版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年02月16日

こういうのが気になる"お年頃"

最近また、世の中の萌え攻勢に眉をひそめている。

ガチな内容だと受け容れ難くても、萌えキャラや美少女を使ってくれるなら俺大好物!...みたいな流れは、別に今更始まった話では無いけれど、人間じゃない”うまい棒”のイメージキャラに人間にしか見えない妹設定を何十年も経ってから追加したり、今は亡きハドソンのコンテンツを食い散らかすコナミが"ボンバーマン"を脱衣有りの美少女物にしてみたり、ハードSFには見向きもしないくせに"けものフレンズ"のような可愛らしい擬人化キャラがほんわかやるなら闇の深い設定もあっさりOKというアニメファンにいたるまで、つくづく日本人の脆弱っぷりを痛感して虚しくなった。


かくいう僕も、萌えや美少女は大好物。艦これやFGOも遊んでみたら止められなくなってしまった。「お前らはこういうの与えておけば満足なんだろ?」そんな風に思われ、実際その通りであることが残念でならない....

これがもしも年端もいかない女達ではなく、そこそこお年を召した美女と呼べそうな女性キャラであったなら、こんな残念な気持ちにならないのだろうか?戦国時代とまで言われるアイドルの低年齢化も酷いものだが、何故に僕達は弱い存在にばかり甘えているのでしょう?






女の子達に僕らは曇りのない笑顔を望む。

だが、果たして、それに見合った何かを彼女達に返しているだろうか?

萌えとか美少女ばかりなのが問題なのではなく、たとえ2次元のキャラだとしても、生身の女性同然に扱い対等な存在として敬意を払うべき時が来ているように思えてならない。

そうすれば弱い存在に甘えてばかりの自分の尊厳も自然と取り戻せるかもしれない........




web拍手 by FC2
posted by lain at 06:28 | 北海道 ☔ | 日記 全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年02月15日

コトリンゴという僕のキャンバスに絵を描いてくれる人

歌の力は必ずしも万能では無いけれど、音楽という枠組み全体が持つ影響力は計り知れない物があるなと、「この世界の片隅に」の空気感を決定付けていた”コトリンゴ”さんの他の楽曲も聴いてみて思った。







一言で言って彼女の歌は明るさとは無縁だ。楽しげな楽曲でさえ何処か陰を感じる。ただ、どちらか(陰と陽)一方に偏り過ぎないフラットさがあり、受け手の気分次第で温かくも冷たくも曲の印象はガラッと変わり何度聴いても味わい深い。


歌声そのものも素晴らしいが、その歌声をがっちり支えている楽曲の存在感がこれまた素晴らしい。1週間以上みっちり聴いて、彼女の音楽を映画に使いたくなるクリエーター達の気持ちがよく分かった。濃淡の付いた表情豊かな音だから、彼女の世界なのか自分の中の世界が引き出されたのか分からなくなるほど、あっという間にイメージが頭の中に広がっていくのが心地良い。もういっそ、映画そのものの仕上がりが微妙でも、コトリンゴの楽曲さえあれば大丈夫な気さえしてくる。








坂本龍一氏とのコラボや、キリンジでの仕事も面白いコトリンゴ。個人的な願望としては、保刈さんや新居昭乃さんと曲作りするのも面白そうだ。


にしても、相変わらず知らぬ間に同年代を好きになるものだと思った。同じ時代を生きて来ると感じ方や大事にしたい物が似て来るものなのでしょう。また何処かで彼女の音楽に支配されたいものである((🎧))







のん主演『この世界の片隅に』の立役者 コトリンゴインタビュー - インタビュー ...









関連過去記事

普通が普通であるために「この世界の片隅に」片渕 須直(監督)/こうの史代(原作)/MAPPA/感想

タグ:コトリンゴ
web拍手 by FC2
posted by lain at 07:18 | 北海道 ☔ | 音楽 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする