2017年03月06日

降り注ぐのは太陽で、タイヤが踏むのは小石。それを平和と言わずしてなんと言えば良いのだろう?「ホワイト・ヘルメット」他/ドキュメンタリー/感想

僕個人としては畏敬の念すら抱いている女性シンガー”小谷美紗子”の「自分」という曲に、こんなフレーズがある。


「悲しいNEWSを見て涙を流して

 自分は温かいやつだと満足してる」


「世界の問題について真剣に語る

 そんな姿に酔っているだけで

 語るの簡単だ 言うだけなら私にもできる」





自分にも他人にも厳しい小谷さんらしい耳が痛くなる言葉なのだが、僕はドキュメンタリーを見ると、いつも彼女のこの言葉が頭をよぎる。ただの自己満足で終わっているのは百も承知だからだ....


ほんの気まぐれだった。なんとなしにNetflixを起動すると、アメリカのアカデミー賞で短編ドキュメンタリー賞を獲った「ホワイト・ヘルメット」なる作品が大々的に紹介されており、短編なら直ぐ見終わるだろうと再生してみたのだ。冒頭、絵になる子供が助け出される映像から始まり、その後も同情を誘うガチガチなベタさで進行するため、何処かしらの勢力が遠回しに作ったプロパガンダ作品的な意味合いを感じなくも無かったが、防ぐ手立てもなく降り注ぐ爆弾に蹂躙される街並みや、「敵も味方も関係なく助ける」と明言するシリアの民間防衛隊ホワイトヘルメットの身体を張った救出活動を見ていたら、シリアの実情が十分伝わって来て溜息が止まらなかった...









久しぶりに見た戦争ドキュメンタリーに変なスィッチを押され、続けざまにイラク戦争をその身に刻んで来た"とあるジャーナリスト"視点の「明けない闇の果て」を見たのだが、これがとんでもなく生々しく後味の悪い作品で、自分の抱えた闇を共有させようとするジャーナリストの目論見通り罪の意識を植え付けられてしまった。特にボカシも入れずテロリストの残忍なやりようと、それに対するアメリカ兵の心が麻痺して行く様を見せられていたら眉間の皺がどんどん増えていった....


Netflix「明けない闇の果て




なんだかんだ日本人で本当に良かったと思う。爆弾は降らないし、道路が爆発することも無いのだから。核爆弾や地震の被害に合った方や、電車に飛び込まざるえなかった人達からしたら、そうは思えないかもしれないけれど。


シリアやイラクのことを知ったところで何ができるわけでもないし、何かしようとも思い立てないが、世界の何処かで僕らとなんら変わらない命が無為に損われている事実だけは忘れたくないし、生あることを喜べる自分になりたいと思った。


さぁ今週も月曜日を始めよう。

生きてさえいれば、たまには笑えることもあるのだから...

web拍手 by FC2
posted by lain at 07:00 | 北海道 ☔ | 映画 ドキュメンタリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年03月04日

世界の片隅に追いやらなかった優しい世界

冬の将軍が、最後の悪足掻きに入られ、落ち着かない空模様が続く雛祭りの夜。

ふと気づけば日本アカデミー賞が発表になっていて、どうせ”大人の事情”で捻じ曲がった結果なのだろうと高を括っていたら、最優秀アニメーション作品に「この世界の片隅に」が弱小東京テアトル配給であるにも関わらず選ばれ、流石の大手映画会社もこの映画だけは無視出来なかったんだなと嬉しくなった。


最優秀作品を含む、7冠を達成した「シン・ゴジラ」にしても、特撮というジャンルでありながら選ばれた事には意味があるなと思うのと同時に、こういった賞に選ばれ易い”真面目”な映画が年々貧弱になっていることを再認識。それもこれも、各社大手が配給会社が、作品の良し悪し以上に互いのメンツを守る為、持ち回りで賞を選ぶような真似をして、弱小な配給元の映画に目を向けて来なかったのが悪いのでは無いかと思った。

最優秀アニメーション作品に「この世界の片隅に」が選ばれた裏で、何故「君の名は。」じゃないんだ!という声が少なからず上がっていたが、その声の一つにこんなのがあった。

「興行が1番良いやつが、みんなが良いと思った作品だろ?なんで大した売れてないやつが1位になるねん」

と、言うのだが、そもそもまずお金を払わなければ良いか悪いかも分からないのが映画であることが分かっていない意見だと思った。悪い言葉を使って言えば、良いポン引きがいれば、お店の良し悪しは関係なくお客は呼び込めるわけで、「君の名は。」くらい出来が良ければ宣伝だってすこぶるやり易く、お客も足を運び易くて当然なのだ。ネットの口コミ云々にしても「この世界の片隅に」の評価は素晴らしく、レビューも「君の名は。」を上回る高評価なサイトも多い。にも関わらず金の重さで作品を評価するなど言語道断だと言わざるを得ない。




両方共を観た上で「君の名は」を選んでいるのかどうかも怪しい心無い意見もあったけれど、多くの人は「この世界の片隅に」の受賞を喜んでいた。僕も嬉しくなって、つい深夜に原作コミックを読みだして寝不足まっしぐらな中これを書いている。

隕石に翻弄される壮大なラブストーリーである「君の名は。」に対し、小さな生活を切り取ったささやかな愛と哀の物語な「この世界の片隅に」。同じく愛と命の尊さを描いているのに「この世界の片隅に」の喪失感は本当に重く、結果を知った上で原作を読むと終盤の胃がキリキリするような辛さが頭をよぎって、序盤のほのぼのさが愛おしいやら切ないやらで目頭が熱くなった。

B534C025-024B-4573-A4BA-5CB5FB250780.jpg0FF6798E-A29C-4B6E-831F-C5D75AB4D559.jpg
何気ないシーンやほのぼのするイラストの積み重ねが、じわじわ僕らの中に沁みて来る...




この作品を生み出してくれた"こうの史代"さんや、諦めずに作り続けた片渕須直さんとMAPPA、そしてクラウドファンディングで支えた人たち全てに、おめでとうとありがとうを言いたい。


なんかまた泣けてきた....







関連過去記事


web拍手 by FC2
posted by lain at 07:17 | 北海道 ☔ | 映画 全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年03月02日

面白い。ただひたすら面白い。それが全てだ。「人形の国(月刊少年シリウス2017年4月号)」弐瓶勉/講談社/感想

遅ればせながら、弐瓶さんの新連載を読んだ。

有り体に言って集大成に感じた。

クソ面白い。






それでなくとも分かり難い世界観(シドニアは非常に親切な設計だった)が多い弐瓶作品だからなのか、冒頭の世界観説明が若干野暮な気がしたものの、あっという間に惹き込まれる空間造りは流石としか言いようが無い。

あと、「BLAME!」の舞台になった果てしない階層都市の成れの果てのような建造物から物資を手に入れている主人公達を見て、思わず「これはナウシカだ」と頭に浮かんだ。フード付きの服のデザインも何処となくナウシカの服に似ているし、もしかすると弐瓶勉さんもナウシカのSF部分に惚れ込んだ一人なのかもしれない。

IMG_0248.jpg
本作でも安全帯が大活躍

IMG_0252.jpg

シドニアに引き続き輪郭を強調した効率の良い描き込みは健在




ナウシカというと、巨神兵のグロさや王蟲の群の気持ち悪さ、そして自己犠牲の大幅な美化が良くも悪くも話のネタになるけれど、ナウシカが腐海を探索する冒頭のシーンが僕は大好きだったりする。あの探索の日々だけを抽出した作品があっても良いくらいにわくわくせざるえない。そう考えると、まさにBLAME!とは僕にとって痒いところに手が届く作品だったんだなと、今更になって合点がいった。

弐瓶作品に付き物のキーワードが次から次へと登場するし、個人的な印象としてはBLAME!の続編的な位置に見える「人形の国」。シドニアより本来の弐瓶作品に近づいているようにも思う。シドニアから弐瓶さんを好きになった人たちがどれだけ付いて来るのか、少々意地の悪い古参ファンの心も疼く作品になりそうで楽しみである。


早くBLAME!の映画やノベライズ&短編アンソロが見たくて仕方ない............



続きを読む web拍手 by FC2
posted by lain at 07:09 | 北海道 ☔ | 漫画 青年向け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする