2017年07月18日

僕でも知ってる凄い人「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド(原題 Night of the Living Dead)」ジョージ・A・ロメロ(監督)/1968年/感想

せっかくの連休を当然のように棒に振ってダラダラ過ごしていたところに、ゾンビ映画の先駆者である”ジョージ・A・ロメロ”監督の訃報が届いた。享年77歳である。宮崎駿(76歳)も危ないな...




僕がゾンビ映画をまともに観るようになったのは20代半ばのこと。友人が兎に角ロメロゾンビが大好きで、あれこれ見せられているうちに自分からゾンビ物を観るようになっていた。それまでもホラー映画は沢山観ていたものの、素人目に観てもロメロ映画は一味違い、醜く粘着質なゾンビの圧力以上に人間の悍ましさこそ恐ろしいかった。それはロメロ作品第一号の「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」でも存分に描かれている。






七人の男女が、夢遊病者のように歩き回り襲いかかって来る連中から逃れ同じ民家に逃げ込み、それぞれ生き残るための行動を取ろうとするのだが、意見がぶつかったり決死の脱出計画を実行しても足並みが揃わずピンチに陥って行くという、端的に説明するとありきたりなプロットだが、制作されたのが1968年であることを考えると、黒人の男が保守的な白人の男と衝突することには違う意味があるように思えるし、ヒロインに思えた白人の女が生き残らないことにすらなにかしらの意図を感じてしまう。

映画の中で、登場人物達が情報を求めてテレビやラジオをつけると流れるニュースのリアルな作りや、終盤のゾンビ(本作ではリビングデッドと呼ばれている)を処理する警備団と黒人男の最後、そしてエンドロールに至るまでの渇いた空気感にはなんとも言えないものがあり、ありがちなホラーの後味とはまるで違うから、今見ても価値があるなと思った。

本作にはロメロ本人も脚本・総指揮で参加しているリメイク版があって、ついでにそれも観直してみたのだけど、オリジナル版より娯楽性が増している分失っている物もあるが、より生者の負の感情の流れが鮮やかになっており、人間の醜さが存分に表現出来ているから、これはこれで面白いなとも思った。




ゾンビは社会的弱者そのものであると誰かが言っていたが、ウォーキングデッドを除けば今主流になりつつあるゾンビは少し様子が違い、脚が早く超人的な動きで人間を追い詰める姿は強者そのものだ。しかし、少し見方を変えれば、それだけ弱者が攻撃的にならざる得ない社会になってきている証拠とも言えるだろう。

ロメロ監督は、今のゾンビに、今の社会に、どんなことを感じていたのだろう?

そんな野暮を考えた。



どうか、映画が撮りたくなって墓穴から這い出ることがありませんように。

安らかにお休みください........🎥
web拍手 by FC2
posted by lain at 06:58 | 北海道 ☔ | 映画 ホラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年07月14日

僕の体の70%はメタルギアでできている?

昨日7月13日を以って、メタルギアが30周年を迎えたと知り、ついメタルギア関連の動画を観ていたら寝落ちしてしまった。

一つ観ると、また一つ、もう一つと気になる動画が出て来て止まらなかった。

ほんと、男はみんなメタルギアが大好きだ。




今回30周年を迎えたのはMSX版の初代メタルギアだ。

MSXと言えばキーボードと本体が一体型になっており、それをファミコン同様にTVへ繋ぎ使用出来る画期的なPCで、店頭にディスプレイされている物には必ずと言って良いほどゲームが刺さっており、家電屋に行ったらよく遊んでいたのを思い出す。

ただ、MSXはゲーム機としてもPCとしても中途半端で持っている人は本当に少なかった...





メガドライブを愛して止まないユーザーがいるように、MSXを忘れられないユーザーも大勢いるわけだけど、そんな人たちにとってもメタルギアというのは大きな存在だったに違いない。ガンガン弾を撃って群がる敵を薙ぎ払うようなゲームが多い中、まさかの撃たない方が楽に進められるゲームが出るだなんて誰も思いもよらなかったはず。

のちに、メタルギアのこそこそ隠れて進めるスタイルはハードのパワー不足による逆転の発想であったことを小島秀夫監督は口にしている。非力なMSXで出すと決めなければ生まれることが無かったシリーズが、今では世界中で愛されるタイトルになっているというのは皮肉な話だ....





海外ゲームの規模が大きくなり、技術の先端を行くようなタイトルを作る体力が日本国内に無くなって久しいが、メタルギアの版権を持つコナミも低予算で大きな利益を産めるスマホ向けの開発に舵を切り、小島秀夫監督の首も切った。あれやこれやと制限を強いて、利益率の大きさばかりに注力するコナミにとっては、夢ばかりを追う小島監督は目の上のたん瘤だったのだろう。とても円満とは思えない別離に、僕を含めたメタルギアファンの憤りは未だに収まっていない。

しかし、その別れのおかげで良い出会いをし、新たなゲームの開発を小島監督以下コジプロの面々が伸び伸びと行えているのだと思えば悪いことばかりでは無いのだが、新しい小島秀夫製メタルギアが拝めない可能性が高いのは非常に残念だ....

コナミにほんの少しでも良心があるのなら、シリーズを汚すようなメタルギアは絶対出して欲しく無いし、どうせなら散々貢献して来た小島監督に版権を譲渡するくらいの心意気を見せて欲しい。

まあ、きっと利益になるうちは手放さないでしょうが.....






こんなにモヤモヤする30周年は嫌だ。

来年にはMGSシリーズが20周年だというのに....

小島監督には是が非でもコナミが謝りたくなるくらいの成功を『デス・ストランディング』 (Death Stranding)で収めてもらい、堂々とシリーズの版権を奪い取って貰いたい。

その時が来たら、メタルギアの生誕を改めて祝うとしよう














関連過去記事
タグ:小島秀夫
web拍手 by FC2
posted by lain at 07:14 | 北海道 ☔ | ゲーム 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年07月13日

夏い夏いと言っても春だって終わって無い人がここにいる〜2017春アニソン〜

蒸し暑い夏がいつの間にやら始まり、肉体労働メインのお仕事な僕は、家に帰ると気力が湧かない。録画したテレビ番組の消化もおぼつかず、夏アニメどころか春アニメも見終わっていない....


だから春アニメに対して言える事はあまりないけれど、地味にOP・EDが良い作品があったような気がしたから、忘れないように書いておこうと思った。





作品は微妙でも、曲が良い作品もちょくちょくあるもので、例えば「終末なにしてますか?(以下略)」なんかも、雰囲気出したい時の曲は良いのに、シチュエーションを活かしきれていない作りが足を引っ張っていて実に惜しいと思ったものだけど、概ね良い作品は音に対する作りも良い。それは勿論OP・EDの曲にも表れる。


特に個人的にはED曲が好きで困る。先に書いた「月がきれい」のED「月がきれい」(まんま)は今が旬の”東山奈央”の表現力と可愛らしさのバランスが絶妙なうえ、思春期の恋のきゅんとしてしまう切ない感じにぴったりで素晴らしかったし、同じような理由で「サクラクエスト」のED「Freesia」も本編後に聴くことで200%良い曲に感じる仕上がりだった。







楽曲の出来が良いと、EDのアニメーションもそれに負けじと拘りを見せるもので、本編で一切見せることのなかったテイストにした「ゼロから始める魔法の書」「アリスと蔵六」「進撃の巨人2期」などが印象に残った。コトリンゴの素晴らしさは言うまでも無いが、神聖かまってちゃんも時々こういう曲を上げて来るから馬鹿に出来ない。本当に天才と馬鹿は紙一重だ......



※EDの絵入り動画は軒並み怒られて消えているようである





そして、曲とアニメーションのテンポの小気味良さなら、生まれ変わった「笑ゥせぇるすまんNEW」のOP、「神撃のバハムート VIRGIN SOUL」のスタイリッシュなOPとキュートなEDで決まりだと思う。「笑ゥ」は高田純次さんの力が抜けたエンディング曲も最高ではあったけれど、やはりNakamuraEmiの切れ味が光っていた。彼女は今、曲作りが楽しくて仕方ないだろう。











あえて作品の為に発注した物と、ただの大人の事情で選ばれた物とでは、作品に対する浸透圧がまるで違うから、お金集めや人付き合いを理由にアーティストを選ぶ行為は個人的に好きではない。可愛らしい声優ユニットが歌うテーマ曲などは好きではあるものの、作品に合う合わないはしっかり考えてやって欲しいし、何より本編が低調では意味がないとも思う。

アニメも商売である以上、見る側作る側という分かり易い構図で割り切れない物だし、誰もが望んでいた通りの仕上がりになるはずも無いけれど、だからといって高い場所を目指さないのはつまらない。


限りある人材を無駄に浪費することなく、これから先もこういった作る人も見る人も幸せになれる作品が続いて行けば良いなと願うばかりだ。








「今はまだ、大丈夫」


そう考えるのが一番危ういのかもしれないし、その危うさを絶対許さないような風潮こそ未来を閉ざす選択かもしれない。


まっこと難しい今の時代、阿呆になった者勝ちというのが正しいのでしょうな。


僕は有頂天家族の"たぬき"になりたい。


あーだこーだと言ってもアニメをやめられないのも、阿呆の血のしからしむるところだろう。






web拍手 by FC2
posted by lain at 07:15 | 北海道 ☔ | アニメ TVシリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする