2017年03月14日

辛い時こそ生きている僕「私たちは生きているのか?」森博嗣/講談社/感想

季節の変わり目だからか、寝込むような風邪をひいた。

病院に行く金をケチっているからインフルエンザかどうかは分からない。37℃ちょっとまでしか熱は上がらなかったから、おそらくただの風邪だろう。

今回の風邪は、鼻と喉とお腹に来た。昨日1日寝込んでも鼻水は治らず、寝過ぎと腹痛で背中が痛いのを我慢して寝続けるより、荒療治のつもりで体を動かした方が治りが早いかもしれないと今日は仕事に行ったものの、作業中数分と持たずに鼻水が垂れ、やっぱり今日もティッシュの山が出来てしまった。終いには脱水症状になりそうだ....


風邪は本当に鬱陶しい。頭はくらくら、お腹はきゅるきゅる、味覚も狂えば、鼻詰まりで呼吸も辛く嫌で嫌でしようがない。

でも、こんな苦しい時だからこそ、生きていることを実感している自分もいて、まるで健康なままより、時々病気になるくらいが丁度良いような気もしなくもない。滝のようにながれる鼻水だって、身体が生きようとしなければ流れやしないのだから。苦しい思いをしないと生きていることを実感出来ないなんて莫迦莫迦しい限りではあるけれど....


僕の風邪なんぞと、森博嗣先生お得意の生きているとはなんぞや?という定義を一緒にしてはなんだが、僕にとって生きているとは、苦しいと感じるかどうかだと思った。




富の谷。「行ったが最後、誰も戻ってこない」と言われ、警察も立ち入らない閉ざされた場所。そこにフランスの博覧会から脱走したウォーカロンたちが潜んでいるという情報を得たハギリは、ウグイ、アネバネと共にアフリカ南端にあるその地を訪問した。富の谷にある巨大な岩を穿って造られた地下都市で、ハギリらは新しい生のあり方を体験する。知性が提示する実存の物語。

by 「BOOK」データベース



今回の「私たちは生きているのか?」では、人間より合理的に生きているウォーカロン達が、脳だけになって仮想空間で生活している村が登場するが、そこではあらゆる物事がプログラミングでしかなく、不都合な天候も病気も存在せず、自分の容姿からパラメータまで好きに変更出来てしまう。確かに合理主義でガッチガチな人ならば、まさに天国のような環境だが、苦痛で生を実感するような僕では、まるで手応えの無い空虚さだけが積もり積もって、仮想空間の中で何度となく自殺を謀るかもしれない。

なんでもプログラミング出来るのだから、苦痛だってプログラミングすれば良いのかもしれない。でも、生身を知る者にとって、そもそも身体を捨ててまで仮想空間で生きることが難しい話だ。この先なんらかの天変地異で仮想空間が保存された電子機器がダメージを受ける可能性だってあるし、自分では身動き一つ出来ない脳の管理を他人に任せるだなんて想像するだけで悍ましい...





脳すら失って自分そっくりのAIが生き続ける未来なんて、僕は欲しく無い。ボケて寝たきりで親族や看護師に迷惑をかけてでも生身で生きていきたい。

ほぼ半分人生を生きてしまった。あと半分、どれだけ苦しい思いをしながら生きて行くのか?

考えるだけでため息が出てしまうけれど、それだって生きていればこそだから、辛いことも込みで笑えば良いのかもしれない。


まあ、なかなかそんな都合よく解釈は出来ないけどね
web拍手 by FC2
posted by lain at 20:16 | 北海道 ☔ | 小説 森博嗣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年03月12日

箱舟には乗れそうに無い僕が想う3.11「ノア 約束の舟」ダーレン・アロノフスキー(監督)/ラッセル・クロウ(主演)/感想

無理に思い出す必要は無いのだけれど、3月11日になれば自然と思い出さずにいられない東日本大震災。

僕などは直接的な被害という被害に逢っていないため、あの震災についてあれこれ口にすることすら少し躊躇われるが、誰もが途方にくれるような光景がテレビで流れて来たのを目にした時の衝撃は忘れ難い。あんな一瞬の出来事で、1万人以上の命が損なわれただなんて、今考えても恐ろしい.....


他に数字が取れる絵があれば、それを優先するテレビ局。新しいニュースばかりを追うネット大手。それらに頼り切っている僕らは、正直被災地が今どうなっているかほとんど知る由もない。人口が更に減ったとか、いまだに遺体を探す民間団体がいるとか、廃炉作業が難航しているうちに環境被害が拡大しているとか、そういった情報は入って来るものの、”そこ”で生きる人達そのものの姿がイマイチ伝わってこないのはもどかしい。

何年かかってでも、あの地に本当の笑顔が戻ったなら、もう少しマシな日本になれるのかもしれない....



震災後、様々な場所で地震や洪水を扱った作品の取り扱いを避けていた。被災者や震災でショックを受けた人々への配慮だったわけだが、もしもこの映画が2011年に公開予定であったなら、絶対公開取りやめの憂き目にあっていたことでしょう。

なにせ、世界を血と欲で汚す人間を海に沈め、もう一度動物達だけの楽園からやり直そうとする話なのだから....





ノアの箱舟というと、神がノアというおっさんに命じて舟を作らせ、自分好みの生き物達だけを救済しようとしたという大昔を舞台にした物語なわけだけど、こうして映画として咀嚼してみると、実に遠い未来のディストピア物に感じた。土は痩せ、木は枯れ、どんよりした空の下、何も残っていない風景の連続には、マッドマックスも顔負けの重苦しいものがあった。

人間を哀れんで自らも堕とされてしまった岩の姿をしている天使達のCG表現のB級映画っぷりや、神の啓示を受けるような男が死体を足蹴にしたり見事な殺人技を披露することへの違和感で少々気持ちが萎えたりもしたけれど、慣れて来ると岩の化け物でしかない堕天使達が愛おしく思えて来たし、聖人とはかけ離れたノア像にリアリティを感じて、そこそこ心に響く物があったように思う。パトレイバーの劇場版に登場する世界に絶望した男達同様に、人間の暴挙に落胆して神の望むまま、助けを求める人類を見殺しにし、自らと愛しいはずの家族の命すら最後には滅しようとするノアという男を愛さずにはいられない自分がいた。

各方面から反応があったというのも頷ける際どい脚色の結果、失った物もかなりあったのかもしれないが、世界中で自分と自分の家族だけが生き残るという極限状態なら、これくらいの狂気の一つや二つあって然るべきとも思う。もしも自分や家族だけがこの世界の生き残りになったとしたら、どう感じるのだろうか?いくら子孫を残すためとはいえ、兄弟や親とセックスするなんて嫌だろうな...と、真っ先に考えた僕は、まず間違いなく箱舟に乗れはしないんだろうね.......


あの津波で亡くなった人たちが、亡くなる寸前何を考えたかなんて思いもよらないけれど、自分がこの世界に無用な存在として神に罰せられただなんて思ったままこの世を去っていなければ良いなと思う。

そして、こんな仕打ちをしてくる地球であっても、命をくれたのも地球なのだということを忘れず生きて行こうと思った....





ノア 約束の舟 公式ウェブサイト
web拍手 by FC2
posted by lain at 10:10 | 北海道 ☔ | 映画 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年03月10日

3月の僕は、何かと鬱陶しい

どうにも最近、新しいものに触れる億劫さを感じて、明らかに自分の好み真っしぐらであろうと昔から好きだった人たちの作品ですら後回しにしている自分にガッカリする。
おそらくは、長年無駄にあれこれ味見して来た結果、圧倒的な意外性に出会うことが減り、ある程度先が見えてしまうから「まあ今じゃなくとも良いか」という気持ちになっていることと、更に広い世界を見に行く為の気力と体力を仕事や加齢に持っていかれているのが大きいのだろう。

しかも独りよがりで友人も少ないから、人生を豊かにするよう暇つぶしの術も持っておらず、せいぜい基本無料ゲームやマルチ対戦ゲームで貴重な日々を浪費するのが関の山。我ながら救い難い。

それでもここ数年、自分なりには新しいことをやってきたつもりだった。苦手だったSNSやブログまでやり始め、ライブにまで出掛けた。映画一つのためにわざわざ3時間かけて札幌まで行ったりもした。それはそれで楽しかったものの、もう一人では限界を感じずにいられない。面倒でも一緒にやろうと言ってくれる愛しい人が、僕にも必要なのだろうか?それともまだ悟りきっていないからなのか?まだまだ混迷の季節は続きそうだ.....







誰かの夢を楽しむのに飽きた時、それは自分の夢を楽しむべき時期なのかもしれない。
web拍手 by FC2
posted by lain at 08:36 | 北海道 ☔ | 日記 全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする