生き様にオリジナルもレプリカもない「メガロボクス」森山洋(監督)/トムス・エンタテインメント/3×Cube(制作)/感想

本作の元ネタである「あしたのジョー」は、自分の世代より若干上の層のヒーローだが、原作もアニメ版も超が付くほどの方が手掛けていたから、観る機会に事欠かなかった。再放送とか再放送とか再放送とか。


流石にTVシリーズを振り返るのはしんどい(1期79話、2期47話)ので、1期目は劇場版を見て、2期目だけを全話観たような気がする(どちらもWOWOWの一挙放送だった)全話内容を知っているファンであれば、大事な部分が抜けているから劇場版は駄目だと不満を漏らすかもしれないが、後から作品を知った者にとって、短い時間にギュギュッと良さが集約されている劇場版の存在は”助かる”の一言。それでなくとも昔のアニメは話数が多いため、それを理由に敬遠しがちだ。あの時代のアニメ業界に劇場版を作る発想が存在していなければ、イデオンもうる星やつらもヤマトも見ようという気にならなかったかもしれない。




そんなあしたのジョーの連載開始から50周年を記念して作られたのが「メガロボクス」なわけだが、原作をリスペクトしつつのオリジナル展開のバランスは絶妙で、富める者が住む街から弾かれた地区で、強過ぎるがゆえにまともな試合が出来なくなった八百長男が、”本物“のメガロボクサーと出逢い頂点を決める舞台へと上り詰めていく話になるのだが、周囲に存在を認めて貰えないような状況から這い上がる図太さが、まさしく俺の知るあしたのジョーそのもので痺れた。


シチュエーションだけではない。ジョーのトレーナーを務める南部贋作や、ジョーのライバルとなる勇利のスポンサーである白都ゆき子などは、あしたのジョーで同じ立ち位置となるキャラそっくりの姿で、ついニヤリとさせられた。普段なら、こういったやり口は鼻に付いてしまうところなのに、何故かメガロボクスはそんなこともなく楽しめたから不思議だ。ただ原作をなぞるわけではなく“俺ならこうする”という作り手の気持ちが随所で見られるからかもしれない。ジョーがカウンターに賭ける理由がギアと呼ばれる機械無しで戦うことになるからだとか、親の仇を討ちたくてジョーに肩入れする男の子の存在だとか、外れ馬券をお守りとしてボクサーに託す南部贋作の筋の通し方だとか、どれをとってもメガロボクスならではで本当の本当にグッと来たものである。NakamuraEmiの「かかってこいよ」で駄目押しされて何度泣きそうになったかしれない.......




終盤ちょっぴりリング上のシーンが淡白に感じられたが、優しい幕引きに心は温かくなった。力石の最後を知っている人は、勇利の最後に物足りなさを感じたかもしれない(自分はそう感じていた)が、全てが終わる頃には、これはこれで有りだなと思えたのではないだろうか?


きっと続編は期待出来ないだろう。そもそも作る必要もないのかもしれない。とりあえず、わざと往年のアニメのような描線を選んだという、本作が監督デビューとなった森山洋んへの今後に期待は膨らむ。風貌も味があって忘れ難い。

スクリーンショット 2018-07-09 20.13.43.png


スペシャルインタビュー第1回 監督:森山 洋「好奇心を試す。それが『メガロボクス』」

羽原信義監督×森山洋監督「メガロボクス」「宇宙戦艦ヤマト2202」 名作復活の裏側は…





いまやハードボイルド作品唯一の受け皿となっているトムスにも有り難うと言わせて下さいo┐ペコリ 

懐かしいだなんて言わないで....「serial experiments lain」中村隆太郎(監督)/小中千昭(シリーズ構成)/トライアングルスタッフ(制作)/感想

サッカーW杯に日本が初めて出場し、ゲームボーイが今更感たっぷりとカラーになり、ポケモンが劇場までも席巻した1998年。

ソニーはプレイステーションでの成功を機に、オタク分野の開拓に夢中で、ゲームやアニメや漫画の雑誌を発行し、看板ゲームのアークザラッドやワイルドアームズをアニメ化までした。

その時出たアニメ雑誌の名は「AX」と云う。

スクリーンショット 2018-07-05 6.47.51.png




既にアニメージュ、ニュータイプ、アニメディアという世代毎にフィットしたアニメ雑誌が揃っていたところに参入したAXには、正直”何故?”と思ったものの、特性のトレカを付録にしたりAX独自のメディアミックスもあったため、ついつい創刊から休刊まで買っていたりした。

そして、そんなAXブランドの中で一際印象的だったのが「serial experiments lain」だったのだ。

日本語のトレーラーが見当たらない....



「どんな作品?」と訊かれると、少し言葉に詰まってしまうけれど、至極簡単に言ってしまえば、攻殻機動隊のネットワークの部分だけを現代風(1998年当時での現代)にアレンジし、ネットとの関わり合いを玲音という少女を使って表現したアニメだった。攻殻の方がスタイリッシュで達観した見せ方であるのに対し、lainは脳髄に纏わり付くようなオドロオドロしい表現で、最初は可愛らしい端末を使っている玲音が、どんどん端末を増設し、直接自分を配線で繋ぎだすまでに至るのが非常に怖い。しかも玲音の周りには、現状の肉体と精神の有り様を憂いている者達が群がり、彼女を神のごとく扱い始めるからカルトさに拍車がかかって本当に不気味だった。

IMG_8161.jpg
画面が小さくておもちゃみたいなナビだったのが...

IMG_8160.jpg
どんどん弄くり回し...

IMG_8163.jpg
最後には電子のジャングル.....




電柱のトランスが唸る酷く虚ろな夜の街並みへ、微笑みを浮かべた少女が飛び降り自殺するだけでもシュールなのに、その少女から来るはずのないメールが届くわ、その子と普通にやりとりしだすわ、母親から娘への愛情を一切感じないわ、父親は気持ち悪い笑い方をするわ、瞳孔の開いた瞳で玲音を監視してる男達までいて、冒頭から非常にわけがわからない(褒め言葉)が、これはひとえに今は亡き”中村隆太郎”監督とシリーズ構成の”小中千昭”氏の融合のせいである。中村隆太郎監督の空間や音でもって心の均衡を揺さぶり、音にならない台詞で印象付かせる演出と、小中千昭さんのホラー要素の相性は抜群で、電子の世界と現実の世界の境界線を行ったり来たりさせられる感覚は、サイバーホラーとでも云うべき発明だった。誰にでも分かるような説明は確かに存在しないが、冒頭の愛を感じない家庭環境や、玲音の世界の観測の仕方一つ一つの意味が後々ちゃんと見えてくるし、2人の仕事は玲音への愛着を通常より深めることに成功していたと思う。

IMG_8157.jpg
ボンヤリした表情と不揃いな前髪と髪留めが本当に可愛らしかった

IMG_8158.jpg
実は結構良い人なんだけど、この時の笑い方はトラウマレベル...

IMG_8165.jpg
影の配色がまたなんとも言えない






主演を務めた清水香里さんは、当時15歳でlainが声優デビュー作品でもあり、声の演技はまだまだであったけれど、その拙い感じが実に玲音とリンクしていたようにも思うし、キャラデザの安倍吉俊さんや、岸田隆宏さんも含め、様々な人の人生を左右した作品だったと言える。当然そこには僕を合わせた視聴者の人生も含まれる。お陰様で何かしらのアカウントを作る時、真っ先に浮かぶのはlainの名だ。けして草薙素子ではない。

IMG_8166.jpg
小中千昭の玲音への愛情がたっぷりなシナリオ本

IMG_8168.jpg
lainではないが、安倍吉俊さんのカレンダー。仕舞い込んだ画集はいくら探しても見つからない...

OPも大好きだった。”BoA”じゃなくて”bôa”だって言っても分かって貰えないのが辛かった...






技術的なことは、この20年であっという間に追い抜かれたかもしれないが、この作品にしか成し得なかった答えが、やはり此処にはある。

悪いことは言わない。

BDを買いなさい

買うのです...

買うn..

IMG_8156.jpg









IMG_8164.jpg
おやすみ玲音.....










関連過去記事

posted by lain at 07:09北海道 ☔アニメ

おっさんのW杯は終了です

日本のW杯が終わった。

毎試合難しい決断を迫られる状況ではあったものの、全体的には素晴らしいサッカーを見せてくれたように思う。





今になって振り返ると、予選の頃からヒヤヒヤさせられる代表だった。長友、長谷部、本田、香川など、世界でも実績を上げている選手が主軸にいる割に、それらがあまり噛み合っておらず、特に本田と香川の共存は最悪で、どちらかが好調だと、また一方は存在すら感じない有様だった。よくあの状況で最終予選を1位で突破出来たものである。そこへ更にW杯本番2ヶ月前での監督更迭という協会の暴挙も加わり、淡い期待は今にも霧散しそうであった。



西野監督に代わってからのテストマッチ数試合の結果も振るわず、素人目には何を試せたのかすら分からないままW杯が開幕した。グループステージの段階でのボロ負けを予感しつつも”もしかしたらもしかしないかな?”と、ついついコロンビア戦を見てしまう自分の未練すら馬鹿馬鹿しく思えるほどに期待は萎んでいた。

しかし、開始早々全力の攻めを見せる日本代表選手達の姿に、そんな貧弱な邪推はあっさり消し飛んだ。勝負は始まってみないと分からないと言うけれど、ここまでの結果は観客のみならず選手や監督すら予想していなかったことだろう。ただ予選を突破したのではなく、”前のめり”に攻めた末の決勝トーナメント進出だったのだ。こんなに選手の勝ちたい気持ちが見える日本サッカーは久しぶりだったから本当に嬉しかった。


こうなると観客としては俄然欲が出てしまうわけだが、同じく欲が出た西野監督が予選最期の相手ポーランド相手にメンバーを6人入れ替えた時は流石にやり過ぎだろうと思わざる得なかった。実際薄氷を渡るような試合になってしまい、辛うじて他力により敗退は免れるも、前戦、前々戦の素晴らしいサッカーが虚しく思えるほどの時間稼ぎに終始するものだから、残念な気分でいっぱいになっていた。決勝トーナメントに行く為、レギュラーメンバーを休ませる為、今後の戦いに備えた選択だったのは百も承知だが、あのプレイを残念と感じない人などまずいないだろう。


勿論1番残念に思っていたのは選手達と監督である。無様なポーランド戦すら必要だったのだと言わんばかりに、ベルギーから立て続けに2点を奪った姿が全てを表していたように思う。仮眠が過眠で1点目を見逃すが、乾の強烈なミドルはしっかり網膜に焼き付いた。リードを広げた後は、高さを活かしたベルギーの攻めに押し切られ、らしいと言えばらしい逆転負けを喫したものの、ロスタイムの段階で、まだ4人もカウンターに反応出来ていたベルギー相手なら仕方のない話かもしれない。



勝負は勝ってなんぼ。

それは当然そうだろう。負けるより勝った方が気持ちも良いものだ。

でも、勝利したコロンビア戦より引き分けたセネガル戦の方が俺は痺れたし、負けたはずのベルギー戦だってサッカーの面白さを痛いほど教えてくれた。誰がなんと言おうと、やれることを出し惜しみせずやった彼らは格好良かった。大会全体を通して素晴らしい視野とパス精度を見せていた柴崎岳や、再三存在感のある守りを披露してくれた昌子源のプレイは特に忘れ難い。

今回レギュラーだった選手の中で、次のワールドカップのピッチに立っている者は少ないだろう。そもそも予選を勝ちぬけない可能性だってある。ベンチを温めるだけだった若手の忸怩たる想いが、4年後の勇姿に繋がっていることを祈るばかりだ。




長谷部や長友のような献身的なプレイヤーの背中を知っている者達なら、きっと次もやり抜いてくれることだろう。

本当にお疲れ様日本代表。そして西野監督4年後もよろしくお願いします。

そろそろ日本人監督を信じて良い頃合いでしょう?協会さん......








あぁ.....もうW杯で長谷部や長友の勇姿が見れないかもしれないと思ったら泣けてくるな........
posted by lain at 07:09北海道 ☔雑記