小田サンタに何があったのか?「クリスマスの約束 2014」小田和正/TBS

 毎年クリスマスは特別なことはせず、せいぜい買ったり貰ったりしたケーキを食べるだけなのですが、小田和正プレゼンツの「クリスマスの約束」だけは絶対欠かさず観ようと心に誓っています。



 毎年小田さんが一緒に歌いたい人を招待して歌を披露するこの番組、始まった当初(2001年)は招待したアーティストが誰一人参加してくれず、小田さんがぼっちで寂しく曲を歌ったものですが、3年目からは順調にゲストが集まるようになり、2009年には33人、2011年にはなんと41人にのぼるゲストが参加してくれるほど認知度が高まり、公開収録の観覧希望者の倍率も何十倍にも及ぶクリスマスの恒例行事になりました。

 なんと言っても小田さんの声で生まれ変わる名曲の数々が最高なんです。佐藤竹善さんや徳永英明さんのカバーアルバムと同じく、まるで持ち歌のように歌ってみせる小田さんのおかげで、あまり知らなかった若いアーティストの良さを知ったり、ベテラン歌手の凄さを再認識することも出来ました。まさに音楽と音楽を繋ぐことで、人と人とを繋いでゆこうというクリスマスの約束のコンセプトが見事にハマっていたのです。



 ところが、今年はどうやら歯車が噛み合わなかったのか、観覧者応募を中止した挙句、スタッフを前にして2曲だけを披露するという異例の事態。番宣には総集編とは書かれていないし、ゲストの名も大勢記載されていたため、時折小田さんのコメンタリーが入る総集編と、冒頭と締めにだけ今年の新録が挿入されるあっさりした形式に肩透かしを食らった人々が多かったようだ。

 ファンにとって必ずしも望ましい形の放送にはならなかったわけですが、それは小田さんも同じだったと思います。理由はよく分かりませんが、断腸の思いで放送に踏み切ったことでしょう。今まで小田さんがコツコツと積み重ねて来た信頼があってこその喪失感でもありますし、元より小田さんの感傷と心中覚悟な番組ですから、小田さんをそれほど好きじゃない人、某ディズニー・アニメの主題歌だけを期待した、にわかクリスマスの約束好きさんには、申し訳ないが、ご不満な想い共々お引取り願うしかありません。


 それに、僕は昨晩失った何か以上に、13年間受け取って来た想いの重さにこそ価値を感じました

 孤独であるがゆえに大勢の想いを背負うことになった2001、2002。

 自分の想いに新旧アーティストが初めて歌声で答えてくれた2003。

 大勢で一曲一曲を大事に歌う意味と真っ向から向き合って、ひとつの答えに到達した2009。

 必ず毎年なにかしらのテーマを模索して進んで来た今までのクリスマスの約束。ファンやテレビ局の要望が高くなっていたなか、小田さんは本当によくやって来たものだと思いました。


 今回の総集編構成が、小田さんの体調の問題か、テレビ局側、そしてゲストアーティストとの折り合いが上手く行かなかった結果なのかは本当に分かりませんが、修復不可能な人間関係のもつれ、または深刻な体調不良だった場合、次の放送は絶対に無いことでしょう。こんな不完全燃焼で終わらせるのは心底勿体無いですし、我が儘を承知でお願いするなら、是非とも最後に小田さんだけの約束に回帰しての幕引きとしていただけたら幸いです。

 ついでに出来ることなら、これまでのように何故このような形を取らざる得なかったのか、その辺りの背景を来年のクリスマスにボヤいて欲しいですね。

 では、また来年.....☆

"小田サンタに何があったのか?「クリスマスの約束 2014」小田和正/TBS"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:
認証コード:[必須入力]

※画像の中の文字を半角で入力してください。