殺さずで魅せる殺陣が凄い!「るろうに剣心」/佐藤健/吉川晃司/2012年/映画/感想


 一見した感じでは、”細身”で”なで肩”で気の弱そうな優男といった風情なのに、一旦スイッチが入ると別人のように威圧的な剣豪へと変貌するギャップがとても面白かった漫画『るろうに剣心』

 幕末から明治に移り変わり、ポツンと一人取り残されたかのような心許ない剣心に人殺しとしてではなく一人の普通の人間としての生きる意味を教えてくれたヒロイン”薫”や仲間達とのやり取りはほのぼのするし、自身の凄惨な過去と向き合うようにライバル達と闘い続ける剣心の姿は凄く格好良くて、でもちょっぴり切なくて、本当の自分を探し続ける彼の苦悩が実に面白い作品でした。

 そんな”るろ剣”がまさかの実写になってほぼ1年。昨夜地上波で放送されたので一応観てみたのですが....




 漫画原作の実写化に付き纏う大きなウィークポイントは、漫画でしか有り得ない動きや登場人物の容姿をどうするのかと言う点だと思います。るろ剣にしても、剣技は少年漫画らしくド派手で架空の技ですから、通常の人間には絶対無理な身のこなしなわけで、それをいかに不自然ではない状態で格好良く再現するかは本当に難しい事。中途半端な事をやるとただただ安っぽいコスプレ劇場に早変わりですから...

 だが蓋を開けた実写版はそんな再現が難しいアクションに関して正直文句を付けるところが見つからないくらい良かった。原作の剣心同様に優男にしか見えない”佐藤 健”が所狭しと激しく立ち回る殺陣のシーンは、もの凄く見応えがありました。スピード感ある敵の剣の動きにもしっかり身体が動いているし、大勢に囲まれたシーンでも柔軟に全身を使って対処出来ていて、いかに身体を鍛錬し入念な打ち合わせを繰り返して来たかを雄弁に物語っていました。しかも剣心は”殺さず”が信条ですから、尚更アクションシーンの細やかなアイディアが光っていて素晴らしい♪


 と、ここまではポジティブなんですが、もう一つのウィークポイントである登場人物の容姿やキャラ作りがどうにもワザとらしくて安っぽいのが辛かったです....

 当然2次元の作品の実写化ですから、元の作品の”絵”に似せたメイクや衣装を役者に施すわけなんですけど、どうしてもただのコスプレにしか見えなくて滑稽に思えてしまいます。役者次第でそれがぴたっとハマる人もいるんですけど、るろ剣に関しては吉川晃司以外はほとんど違和感を感じてしまう仕上がりでした。佐藤健くんの剣心や、江口さんの”斎藤一”も悪く無いし、江口さんはこの手の2次元ネタにはハマるタイプの役者さんだとも思うのですが、わずかに原作のイメージを外しているような気がしてなりません。

 その点”吉川晃司”さんは、原作のイメージを踏襲しつつも自分の持ち味を存分に活かしていて本当に良い演技をしてらっしゃいました。”あの”えも言えぬ”鵜堂刃衛”の渇いた威圧感と対峙するには、根が真面目で優しい佐藤健くんは少し役不足なんじゃないかと感じてしまうほどに存在感がありましたね。どんなに凄んでも佐藤くんには人殺しのオーラが弱かったですwやはり柔和な顔と残忍な本能が同居するような役者は若手の中には居ないと言う事なんでしょうか?....

 

 他にも色々とツッコミどころ満載で、他の2次元実写化映画の例に洩れず、るろ剣も殺陣の素晴らしさ以外は同じ轍を踏んだ感じでした。

 いかにもセットと言わんばかりの舞台

 無理に原作に似せるメイクと衣装

 大袈裟でワザとらしい演技


 これだけで充分気持ちが冷めてしまうものです。

 せめて、賛否が分かれても原作の絵を踏襲しない作り方をして欲しかった。なんかデスノートの実写で”弥海砂”やCGで登場した”リューク”が浮いてて馴染んでいなかった時の微妙さを思い出しちゃった…..

 

 なんにしても、漫画を実写にしても万人を納得させる事はほぼ不可能である事を改めて世に知らしめた作品になってしまいましたね。

 下手に原作に思い入れがある方は観ない方が正解でしょう。

 

 アクションは見応えあるから観て欲しい気もしちゃいますけどね (= ワ =*)



 公式HP http://wwws.warnerbros.co.jp/rurouni-kenshin/index.html

"殺さずで魅せる殺陣が凄い!「るろうに剣心」/佐藤健/吉川晃司/2012年/映画/感想"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:
認証コード:[必須入力]

※画像の中の文字を半角で入力してください。