積みゲーを崩してみたものの....「Soldier of Fortune: Payback」/Activision/2007年/PS3/XBOX360/感想

 来週PS3で発売の『The Last of Us』まで、しばらくは積みゲーを崩そうと地味な作品ばかり遊んでるんですけど、今回の『Soldier of Fortune: Payback』はすこぶるクソゲーでした(白眼)



 四肢がバラバラになってしまう残虐描写で有名になったシリーズらしいんですけど、元々の製作会社から離れてしまったせいなのか最初からこんなものなのか僕には分りませんが、非常にレベルデザインが嫌がらせの域に達しており、単調で怠いマップと常に伏兵が何処からか現れる敵兵配置にもやもやしっぱなしでした。

 雑魚の執拗な攻撃もうざくて面倒でしたが、ボス戦の貧相さは更にお馬鹿で、弾を何発撃ち込んでもなかなか倒れないくせに、ナイフで切ってると直ぐ倒せてしまうと言う適当さ....

 ここまでゲーム性がクソだと、ただワザとらしく吹き飛ぶゴア表現なんてただのギャグでしかなく爽快感は皆無。極めつけの唐突なエンドロール突入の頃には、全てに嫌気が射していました。

 最初はグラフィックもそこそこだし、難易度が高めなのも骨太FPSなのかと、納得しそうになってましたが、終わってみれば本当に時間の無駄でした。

 低価格で販売予定だった本作をフルプライスで販売したActivisionは腹グロ過ぎて最低ですね。あの会社は偉大なFPSも産んだけれど、それ以上に駄作なFPSも沢山作りましたね....



 そろそろまともなゲームがやりたくなって来たので、ギアーズ オブ ウォー:ジャッジメントでもやって口直ししたいと思います(;´Д`)

 

"積みゲーを崩してみたものの....「Soldier of Fortune: Payback」/Activision/2007年/PS3/XBOX360/感想"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:
認証コード:[必須入力]

※画像の中の文字を半角で入力してください。