きまぐれに振り返るPC98ゲーム「英雄志願/マイクロキャビン/1994年」




 当時PCゲームと言えば、日本ファルコム、アートディンク、工画堂スタジオ等、沢山の優秀な会社があったのですが、なんとなく思い出してしまった”マイクロキャビン”。


 明らかにイースの影響を受けた”Xak(サーク)”シリーズや、サイバーパンクなRPG”幻影都市”、人形兵器に乗って闘う”ELMKNIGHT(エルムナイト)”など、秀逸なソフトを排出してくれていました。そのなかでも、ライトなゲーマーからも支持されたRPG"英雄志願"が面白かった♪


 冒険者養成学校の、卒業実習(おもに使いっ走りw)を行い、半年後にどれだけの結果を残せるかによって、エンディングが変わる育成要素のあるRPGで、キャラクターも可愛く女性のみで構成されていた♡時間的制約があるため、いかに効率よくゲームを進めるかが鍵だった。半年間は結構すぐ終わるので、繰り返しプレイするにも良いバランスでしたね♪


 人気があったからか、四年後にはサターン版が発売されたりしましたねwそう言えば、PCじゃないけど”ソード&ソーサリー”も好きだったな♡何故か好きなんですよねマイクロキャビン製のゲーム♪でも、今はもうどこぞの子会社でしか無く、ろくにゲームも作っていません.....

 売れ筋の18禁ゲームとオンラインゲームばかりのPCゲーム業界では、まともにゲームを作る事が難しいのでしょうね...今はパチンコ関係の仕事をしたり細々とやってるようです。



 ブログに書く事で、色々淋しい現在を知るとむなしいねwでも、本当に面白いゲーム屋さんだったんだよ♪時代の流れはいつも残酷だ....(´-ω-`)


 追伸、ボクはVRシステム好きだったぜ☆ニコ


 マイクロキャビン株式会社HP http://www.microcabin.co.jp/index.html

"きまぐれに振り返るPC98ゲーム「英雄志願/マイクロキャビン/1994年」"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:
認証コード:[必須入力]

※画像の中の文字を半角で入力してください。