どんな人にも訪れる。死はいつも僕らの側に...「ぼくを葬る /フランソワ・オゾン(監督)/ 2005年 / フランス/映画 」

 死を宣告された男の過去との邂逅。そして、死を受け入れる場所へ彼は辿り着いた....



 ゲイで写真家の”ロマン”は、撮影中に倒れ、末期の癌である事が検査で分かってしまった。 抗がん剤による治療を拒否した彼は、癌に犯されている事を祖母以外、誰にも言えず苦しんでいく。 恋人には愛していないと嘘をつき、両親には哀しい思いをして欲しくないと伝えない。そして子供の頃いつも一緒だった姉にも、心にも無い言葉を投げかける始末... そんな不器用なロマンは、思い出の地を巡り、あの頃の安らぎに満ちた日々を振り返りながら、自分に残せるものを見つけ、穏やかに死を受け入れて行く...

 自分勝手な死に方と、思わなくもない彼の死に方。しかし、そんな彼の生き方を否定するのは、残される者のワガママかもしれません。自分の死ぬ場所くらい自分で決めたいと、僕も思います....

 この映画、フランス産なんですが、フランス人って色々不思議だわw 露骨な愛情表現もそうだけど、愛を語る時も罵る時も物腰のおだやかな語り口調、イケメンは皆ゲイに見えるほどの色気を感じるし、実際インモラルなシーンもありますし、お国柄の違いは刺激的です Σ(・ω・;)


 なんだかんだ言っても、ラストシーンからスタッフロールが流れ終わるまで、最高にせつないです...どんな人でも、最後には自然へと帰るんですねぇ...(lll-ω-)ズーン

"どんな人にも訪れる。死はいつも僕らの側に...「ぼくを葬る /フランソワ・オゾン(監督)/ 2005年 / フランス/映画 」"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:
認証コード:[必須入力]

※画像の中の文字を半角で入力してください。