もうこのセカイの加速は止められない『女装少年』/青山裕企/一迅社/2012年/写真集

 ここ数年、一気に市民権を得た感がある『女装』文化。

 テレビでは連日中性的な芸能人やアイドルが顔を見せ、一般社会においても、男子学生などが女性的なファッションを取り入れて普通に生活をしているのをしばしば見掛ける。

 もう既に、性同一性障害がどうのこうのと言う理由だけでは無く、普通に女子が好きな男子が女性の姿になりたい欲求を持て余しつつあるのだ。

 
 本書はそんな自分の欲求を解放してしまった”女装子”を、独自のマニアックな撮影スタイルで、今やフェチズムの神(言い過ぎ)と言える写真家となった”青山裕企”さんが撮ってしまったものをまとめた写真集です。

IMG_2400.JPG

 表紙にでかでかと書いてあるのだから、ちゃんと被写体は男子である事を誰でも理解して本を開くでしょうが、直に顔は写っていませんし、その可愛らしい服装や仕草、撮影アングルによって思わず「ハッ」と、させられるはず。

IMG_2402.JPG

IMG_2404.JPG

 女の子な自分を見られたいけど見られたく無い”彼女”達を、まじまじと見つめてはいけないと想いつつ、やっぱり見たくて仕方無い僕達の好奇心が紐解くと言う、純粋な恥じらい同士が重なりあうような感覚はなんとも言えず、絶対に叶う事の無い初恋のよう....

IMG_2406.JPG

 何故ラストが緊縛だったのかは謎ですが、これ一冊で終わるにはあまりに惜しいまとまり具合でした。青山さんもかなりノリノリで撮影出来たようですし、これは第2弾に期待するしかないですね♡(*´∀`)
 

 青山裕企 公式HP http://yukiao.jp/
posted by lain at 21:18北海道 ☔Comment(0)写真集

一瞬の輝きに魅せられるひと時...「THE AGE OF INNOCENCE/DAVID HAMILTON/1995年/写真集/感想/レビュー」

 ヌードの写真集と言えば、以前にJock Sturges氏の本を紹介しましたが、今回の"DAVID HAMILTON"氏の写真集はまた違った本になっています。

写真-333.JPG

 全体的にソフトフォーカスでぼやけた感じの写真を撮るため、被写体である少女達がとても幻想的な存在に見えて来ます。しかも少女達の瞳からも伺える緊張感がまたなんとも言えず良い味を出しているのです。

写真-335.JPG

写真-334.JPG

 構図は絵画的で、独特なエロスも感じさせます。不安と自信の狭間でレンズに立ち向かう少女達はとても強く美しい….ありのままを自然に切り取るJock Sturges氏とは真逆な作品かもしれません。

写真-336.JPG 

写真-337.JPG

 少女のヌード=犯罪 

 こんな短絡的な答えを世界が持つのなら、絵画など全て燃やし尽くせばいい。美しさと性欲のコントロールは別物。生命力に溢れた未成年の姿は間違いなく美しいのだから、それを否定するのは自分が人間である事を否定する事。

 美しさはどんなルールでも覆い隠す事は出来ないのです....


 David Hamilton Digigraphie http://www.digigraphie.com/uk/profile/282/david-hamilton.htm
 David Hamilton Portal http://www.hamilton-archives.com/
posted by lain at 09:16北海道 ☔Comment(0)写真集

男の娘....好きですか?┣¨キ(*゚д゚*)┣¨キ「NEWTYPE写真集 女々男子~綺麗な男の娘は好きですか~/2011年/同人誌/写真集/感想」

【女装】じょそう

 [名]男が女の姿をすること。また、その装い。



 性別は誰の意思にも反して定められた絶対の呪縛。”男”は”男”として、”女”は”女”として産まれ、死んでゆく...

 しかし、誰もが自分の運命に納得し受け入れているわけではありません。先天的にか、後天的にか物心ついた時には同性へ性的趣向を持ち、自分の中に占める男と女のバランスに苦しみ生きる者や、自らのコンプレックスの裏返しで自分を女性に模すと言う自虐行為でしか興奮を得られない者もいます。

 更に細分化すれば、ジェンダーマイノリティーはかなりの人数になる事でしょう。そして、そんな性を横断する生き方にあこがれ、日本に蔓延しつつあるのが「男の娘」と言うジャンル。


 元々は漫画やアニメの登場人物に、男の設定なのに女性にしか見えないキャラに与えられた総称でした。しかし、近年”草食系男子”が人気になるなど、男の女性的部分が比重を増して来た結果、現実社会で女の子にしか見えない男の子が急増。既に周知の事実となっているようです。

 勿論突然彼等は現れたのではありません。いままでも存在していたのですが、お国柄と言うかなんと言うか、一昔前の日本でそんな生き方を蔑み、社会から排除するような風潮があったため、表に現れなかっただけなのです。女装とへそくりはこっそりが常識だったwそれが最近じゃあ、テレビにおねぇ言葉で当たり前映っている女装家までいる始末。世の中丸くなったなぁwww

 
 でもね....デブで気持ちの悪い目つきを浮かべたDXな人なんて要らん!!僕は可愛い”男の娘”が見たいんだい!ヽ(`ε´*)ノブーブー!!

 ↑こんな風に考えてる同志諸君。この本を買うのじゃ!キリリ

写真-304.JPG

 これは、東京はアキバにある女装メイドカフェ「NEW TYPE」で実際に働いていると言う男の娘なメイドさんの写真集なのだ!日々女装し働いているだけあって、かなりの本気度を感じさせる方が多い。特に最初に登場する”かぴのすけ”さんや、"Perfume"の”かしゆか”を彷彿とさせるパッツン前髪が可愛い”タソ。”さんなんて、普通に街で女性と間違えるレベル♡こうして世に出る男の娘だけでこの質だという事は、もっとレベルの高い男の娘がいるのでしょうね....viva男の娘+。:.゚ヽ(*´ω`)ノ゚.:。+゚

写真-305.JPG
写真-306.JPG

 別に男が好きとかどうとか言う事ではなく、綺麗なモノは綺麗でいいじゃないか♪素直に感じた感情に蓋をするような生き方はやめよう。それがただの勘違いでもかまわない。間違える事さえ出来ない人生なんて、こっちからお断りだい!

 とにかく、某有名アニメのごとく「NEW TYPE」な彼等、いや彼女等の輝ける今を収めた写真集....買いです♡(ノω`*)



 追伸、同人誌のお値段は少し高いです。虎の穴でのみ販売中!二次予約も現時点で在庫が半分くらいになってます。

 虎の穴商品ページ http://www.toranoana.jp/mailorder/article/04/0010/26/54/040010265498.html
 NEW TYPEホームページ http://newtype.ms/
posted by lain at 08:31北海道 ☔Comment(0)写真集