最初で最後に弱い男「さくらのおと」佐倉綾音/写真集/感想

「数量限定」「期間限定」「最後の1個」「今だけ」そういうものに人は結構弱い。

僕も普通にそうだったりするから、他人がそういうものに群がったり、自分が思わず食いついてしまった時の苦々しさったら尋常では無い。

だから、佐倉綾音の写真集に『最初で最後の。』と付けさせた連中を許せないし、買った自分に少し呆れている。

EEEB8114-FE30-4ACA-811A-51A93EE1007B.jpg





佐倉綾音は好きだ。主にラジオ方面の活動が面白い声優という意味で。演技はまだまだ未熟で、「四月は君の嘘」以降じりじりとは上手くなってはいるものの、まだ物足りないというか、本人不器用なのに色んな役柄にチャレンジするからピンとこない時も多い。個人的には可愛い女の子役より、元気の良い頭空っぽの女の子や、今絶賛放送中のシンカリオンの主役の男の子のような役柄が彼女にはフィットするなと思っている。胸だけでなくアニメや漫画に対する理解度も豊かな佐倉綾音なら、これから先、役者として一皮も二皮も剥けるはずなので長い目で見守っていきたいものである。

168AF334-457F-4CA6-BFF5-3FD6CF514294.jpg
BF300129-7F4B-4C22-A34C-C6075C85194F.jpg
健康的な手足もいいが

2FAC2994-A05B-4A9D-9D92-4A1EE5E64776.jpg
和服がよく似合う

777E4A21-9EC4-4911-B72E-2085CC2EC5A1.jpg




今回の写真集、本人に何処までやる気があったのかは分からない。アイドル好きのあやねるだから自分も一度くらいアイドルっぽいことをしたい気持ちは少なからずあるのだろうけど、性的な面を強調した服やカメラアングルに対し、嫌悪のような表情が垣間見えるように思う。どんな仕事にも向き合う姿勢は買うが、マガジンのグラビアのような単発の方が良さが出ているような気もする。

DB659415-0D53-4964-8079-17E972A469DE.jpg
個人的に1番好きな写真。眼鏡で武装し、動物のお陰でリラックス出来ているのを感じるから


なんと言うか、僕は動いている佐倉綾音が好きなんだなと思った。『佐倉としたい大西』を観ている方がよほど素の彼女を楽しめる。一問一答やインタビュー、そして所縁のあるクリエイターの描く佐倉綾音を楽しむ分にはなかなか良い本ではあるので、我こそはと思っているファンは是非とも買うべきだろ。本当に最初で最後かもしれないしねw

237D01F5-9D09-4111-B699-573EC2B84559.jpg
弐瓶さんの愛を感じる....







どうでも良いけど表紙の写真選び失敗だよ....佐倉綾音の売りはこれじゃないよね?....
posted by lain at 07:10北海道 ☔写真集

あの日見た純真は脳内補正の蜃気楼

前回、子煩悩と言うかロリコン心がむずむずして飯田里穂の昔の写真を引っ張り出したけれど、お陰様でスイッチが入ったように保存しておいたピュアピュアのモデル達を懐かしく眺めていた。


芳賀優里亜 
IMG_8591.jpg

石田未来
IMG_8759.jpgIMG_8894.jpg


志田未来
志田未来.jpg

末永遥
IMG_8575.jpg末永遥.jpg


大沢あかね
IMG_8552.jpgIMG_8508.jpg

長澤まさみ
IMG_1249.jpg長澤まさみ.jpg

宮崎あおい
宮崎あおい.jpgIMG_8531.jpg

荒井萌
IMG_1076.jpgIMG_1118.jpg

川島海荷
川島海荷.jpg

榮倉奈々
榮倉奈々.jpgIMG_8901.jpg


剛力彩芽
剛力彩芽.jpg

日南響子
日南響子.jpgIMG_0962.jpg

飯田里穂
IMG_8780.jpgIMG_8843.jpgIMG_1173.jpg



今尚それなりの人気を保持している子。芸名を変えた子。顔を変えた子。当時はパッとしなかったのに、いつの間にか国民的アイドルグループに加入していた子。人知れず芸能界を去った子。端役で食い繋ぐ子。AVで再デビューした子。結婚し、子供を産んだ子......

ここに貼り付け切れないほど、どの子の写真も未だに可愛かったけれど、今は何をしているのだろうと?検索したら、本当に様々な道をあの頃の少女達は歩んでいる。ピュアピュアはU15雑誌だったのだから、創刊時に載っていたモデルの子でも、まだ30歳前であるにも関わらず、これほど命運を分けるものなんだと、芸能界と言う場所の非情さを改めて感じてしまった。


AKBに在籍するも、芸能界を引退した”小野恵令奈”
IMG_1105.jpg小野恵令奈.jpg


これほど大きな存在になるとは当時知る由も無かった”大島優子”
大島優子.jpgIMG_8872.jpg


写真だけなら大島優子より大者感があった”奥田佳菜子”は早々に消えてしまったというのに....
IMG_8948.jpgスクリーンショット 2016-01-21 21.45.43.png奥田佳菜子.jpg

前髪ぱっつんがキュートだった”藤本七海”は、まだ役者で頑張ってる
IMG_1298.jpgIMG_1266.jpg

スクリーンショット 2016-01-21 20.58.54.png


口元が印象的だった”近野成美”は一段と麗しくなった。
IMG_8815.jpg近野成美.jpg

スクリーンショット 2016-01-21 21.40.24.png



手足の長さが特長的だった"遠藤栄理香"は、その身体を活かした仕事をしているようだ。
IMG_8500.jpg遠藤栄理香.jpg
スクリーンショット 2016-01-21 22.13.26.png



こんなに天真爛漫だった"橋本甜歌"
IMG_1350.jpg橋本甜歌.jpg
知らぬ間に谷間をチラつかせる大人の女性である...
スクリーンショット 2016-01-21 7.15.00.png






爆発的な人気を求めていないなら、いくらでも続けられる芸能の世界ではあるけれど、”それ”で食べて行こうと思ったら、なんだかんだある程度仕事が必要になる。世知辛い話だ。

元々自分の可愛さをアピールする方法を知っている子達ばかりなのだから、嫁の貰い手や一般企業への就職は問題無くクリア出来るに違いないが、下手に芸能人としてのプライドを拗らせた挙句仕事を失ったら、相当生き難いことになっているでしょうね.....

IMG_1014.jpgIMG_1221.jpgIMG_1059.jpgIMG_1277.jpgIMG_1219.jpg




どんな子でも16歳を迎えたら卒業してしまう雑誌だったピュアピュア。そこから巣立った雛鳥の動向を追っていると、きっと教師と言う職業は不毛な仕事なんだろうなとしみじみ思ってしまう。どんな道を選ぶにしても、自分のために自分で選んだ道を彼女達には歩んでもらいたいものだ.....





結婚もしていないのだから、当然子供もいない僕だけど、こうして目前に40代が見え隠れするようになって、普通に子供達の将来が気になる人間になっていた。

しつこく心配して来る親など邪魔臭いだけなのは身を以て知っているくせに、ついお節介を焼きたくなるのである...
童(わらべ)のときは
語ることも童のごとく
思うことも童のごとく
論ずることも童のごとくなりしが
人となりては童のことを捨てたり
※聖書 コリントの信徒への手紙より

『あんな大人にはならない!なりたくない!!』
そう口にしている貴方・貴女も、気付けば所謂大人になっていることでしょう。

でもそれも仕方の無いこと。誰かが”その”役を埋めて行かなければならないのが、この世の理なのだから。



せめて、"白"の眩しさに憎しみを抱き続けるような大人にだけは、お互いならないようにしようじゃないか.......
posted by lain at 07:21北海道 ☔Comment(0)写真集

あの時の子供が今じゃSay You?!「プール」飯田里穂/写真集

 普段周囲に、変態だホモだと好き勝手に言われている僕だが、あえて”どちら”を向いた人間なのかはっきりさせねばならないなら、ロリコン男だと思っている。姉が二人いるから、女と言う生き物がどれだけ恐ろしいか思い知っているくせに、未だ無垢な少女が振り撒く幻想美を追い求めて止まない男なのだから、ロリコンと言う他無いのではなかろうか?


 ちなみに、ショタにも弱いクズである(えっへん)






 いつ自分がロリコンだと感じたかなんて、とうの昔に忘れたけれど、少女のヌード写真の扱いが完全自粛ムード(1999年に制定された児童ポルノ法を皮切りに)に突入していた2000年、既に就職し仕事にも慣れ始めた20代の僕は、書店で「ピュア☆ピュア」の創刊号を見つけ、15歳以下と言う線引きの新鮮なアイドル誌の誘惑に負けていた。内容は既に手垢が付いた(既にモデルや役者として人気のあるJr.アイドルばかりだった)女の子ばかりで、案外普通の雑誌だと最初は思っていたものの、徐々にまだメディアに露出が少ない無名の女の子が増え、これからどんどん上がって来そうなオーラの子供達を、読者自身が育てているような感覚になれる雑誌だった。僕も彼女達を性的な対象としてより、歳の離れた従姉妹であるとか、娘や妹のように想って見守っていたものである。



 そんな風にピュアピュアに大勢いた僕の娘達の中でも、”飯田里穂”の素朴で自然な可愛さは、まさしくストライクだった。当時の彼女は11だか12才くらいだった気がするから、もしかしなくとも好きでやっていたグラビアの仕事では無かったかもしれないけれど、幼い彼女の苦労など知る由もなく僕らロリコンは飯田里穂の笑顔に癒されていた。


IMG_0314.jpg

IMG_0310.jpg

IMG_0313.jpg

IMG_0311.jpg

IMG_0309.jpg

IMG_0312.jpg

IMG_0308.jpg


※1st写真集「プール」より





 あまりに幼い頃から見て来たせいで、今じゃすっかり身内気分が染み付いてしまい、某アニメで彼女のファンになった人達と違って、成熟した今の彼女に一切性的な物を覚えない。逆に、セクシー写真集がどうのとか、メジャーデビューシングルがオリコンの週間シングルランキングで3位に入るだとか目にする度、お嫁にやった娘と縁遠くなって行くみたいで、なんだか寂しい......


 その点だけで言うと、我が子可愛さに優秀な人材を切り、SMAPに辛酸を与えるメリー喜多川の気持ちも、ほんの僅かだが分からなくも無い。あくまでも親心の点だけだが.......


Attachment.png


https://web.hackadoll.com/n/5ygb







 その後あちこちでU15雑誌が出始め、ピュアピュアの存在感も少しずつ薄れて数年前には休刊になったが、女の子をAV女優予備群のように扱う一部の雑誌とは違い、ピュアピュアは将来の有る少女達の魅力を引き出す手助けをちゃんとして来たように思う。”河野英喜”さんを始めとした写真家が、宮崎あおい橋本甜歌榮倉奈々長澤まさみ、そして飯田里穂達と信頼関係を構築出来ていたからこその光景だったに違い無い。


 あの頃注目されていた子供達のうち、大人になってもスポットライトが当たっているのはほんの僅かだ。ロリコンの僕がこんな事を言っても説得力に欠けるが、大人になったらポイッと棄てられるようなことにならないよう、今まさにJr.アイドルをしている人達には頑張ってもらいたい。




 ほんの少しでも自分から業界に居るというのなら......


IMG_0307.jpg

posted by lain at 07:02北海道 ☔Comment(0)写真集