KindleとSMEとブラックジャックによろしくな話。

 Appleから発表された時は、価格にスペックが見合わないと考えるユーザーが多かったものの、いざ手にとってみたユーザーは軒並み好感触を得ている"iPad mini"

 当初は既存のiPadのサイズを小さくする気は無いと言っていたAppleが、他社の7インチサイズタブレットとほぼ同じ7.9インチのタブレットを投入した事は、驚きより納得が上回った。初代iPadと東芝の7インチタブレットを所有し、その使い勝手の差を理解したうえで、僕自身も片手で持ち易く軽いiPadを欲しているユーザーの一人だったからだ。

 おかげで今回、iPad miniと、miniの発表に合わせて日本国内の発売が決まった”Kindle”の誘惑からなんとか逃げ切る為に、「買わなくて済む理由」を考えようと、久しく放置していた東芝の7インチタブレットの電源を入れてみる事にした....



 相変わらず慣れないAndroidのOSに苦しみながら、溜まったアップデートをこなし、これまたバッテリーの持ちが悪く動きの悪い東芝タブにイライラしながらも、KindleアプリをDL。

 楽天の”kobo”と違い(koboは現在Android&iOS向けのアプリ配信を停止している)、しっかりとAndroidタブやiPhone&iPad向けにアプリを展開しているKindleは、Amazonでいつも使っているメルアドとパスを入力するだけで、AndroidだろうがiPadだろうが垣根無しに購入した作品を、さきほどまで開いていたページにいたるまで同期出来るのは地味に素晴らしい♡


 自社のタブレットも出しつつ、しっかりと他社のタブレットにも対応しておくAmazonの姿勢は、ユーザーに対して誠実を感じますし、商売としても正しい選択だと思いました。ただ、アプリ内で欲しい本を検索出来ない事と、まだKindleストアの和書のバリエーションが少なく、店頭と変わらない値段で売買されている事がガッカリ。他にもiOS版の書式等の問題に喰いついてるユーザーもいるようです...

 ・『iOSのKindleアプリに絶望した!!!』



 いまだ考え方がバラバラな出版業界の協力がなかなか得られないからなのは分りますが、どうせ日本デビューを発表するなら、もうちょっと足並みが揃った状態で踏み切って欲しかった.....


 そんなこんなで、結局第一巻だけ安い値段で買えた「テルマエ・ロマエ」と、無料で読める作品だけをチェックするに留まったので、やはりKindleを買う必要は無さそうです。アプリも使い易いですしねw

 それと同時にiPad miniも焦って買う必要性も失いました。東芝タブの駄目さ加減を考えると、欲しいのは山々なんですけど、メインになる電子書籍の使用頻度を考えると、冷静に判断して我慢出来そうです....(´-`;)
 
  ・『Kindleアプリの使い方』
  ・『日米Kindleアカウントを結合しても購入ストアは自由に切り替えできます』




 そういえば、iPad miniやKindleの話題で、出版社と揉めて自作品を無料で配信しちゃったあの”佐藤秀峰”さんの事を思い出し、せっかく東芝タブを起動したついでに「ブラックジャックによろしく」を全13巻分を一気に読んだりもしていました。

  ・『無料で全巻!ブラックジャックによろしく』 https://itunes.apple.com/jp/app/wu-liaode-quan-juan!burakkujakkuniyoroshiku/id556416566?mt=8


  一人の研修医が、様々な研修先で医療の現実に直面し、己の正義を信じて型破りな行動を繰り返す熱い医療漫画なわけですが、再読であっても胸を打つ主人公の清々しいまでの青さが良い♡

 13巻後の続きである「新ブラックジャックによろしく」も無料ではないが、格安(約1年間のストリーミングで1冊100円、DL購入でも200円)で読む事が出来るし、少々問題児ではある佐藤さんだが、大人の事情でいつまでもまとまらない出版業界よりはよほど話が分る人物なのでしょうねw まんまブラックジャックによろしくの主人公みたいな人なんじゃないかなぁ?.....

 
 ・『漫画 on Web』 http://mangaonweb.com/creatorOCCategoryDetail.do?action=list&no=3&cn=1



 Web上で閲覧する事になるけれど、お試し読みをした限りでは、サクサク読めてわりかし良いですw佐藤さんのような人気作家が、どんどんこういう活動をしてくれれば、電子書籍の世界も住み心地の良いものに生まれ変わってゆくかもしれません。



 電子書籍といい、本日からiTunesへ楽曲を提供し始めたソニーといい。業者間の駆け引きにユーザーを巻き込むのはいい加減に止めて欲しいもの。結局、その時代のトップをゆく者が残ってゆくわけですし、無駄に足掻くだけ損をするのは企業も同じだと思うのですけどね.....


  ・『石野卓球「おせーよ!」 小室哲哉「SME頑張って!」 iTunesでソニー邦楽“解禁”』

  ・『小室哲哉も待ちに待っていた!?  ソニーミュージック「iTunes」に楽曲提供』



 長くなりましたが、少しづつでも垣根が壊れ、DL販売が簡素化されてゆくのが望ましいとつくづく感じる話でありました_/乙(、ン、)_

三度目の正直!録画番組を持ち出すならソニーのレコーダーがBEST!!「BDZ-AT970T」

 今日は昨日と打って変わって最先端のお話。


 ここ二月ほど、トルネを使ってみたり、東芝のレコーダーとタブレットを使って録画番組を持ち出してみようと、色々足掻いてきましたが、全て無駄足に終わりました....

 全てマニュアルやWEBのヘルプ通りに設定し、タブレットとの接続も確認出来ているのに、録画番組の持ち出しをしようとすると、最終段階でこの有様....

IMG_0610_convert_20120214213518.jpg

 その後も何度も何度もチャレンジしてみたものの持ち出しは叶わず.....もう疲れました_/乙(、ン、)_

 
 結局東芝に見切りをつけ、スカパーHDも持ち出しが出来るソニーのレコーダー(型番BDZ-AT970T)に出費してしまいました。にこにこ分割払いです....

 元々東芝のレコではスカパーHDの持ち出しは出来なかったので、最初からソニーのレコーダーにしておけば、無駄な出費をせずにすんだ事でしょう。ずっと東芝製のレコを使っていたので、今回も東芝で行こうと安直に決めた僕が馬鹿でした。もっとちゃんと調べておけば、ソニーのレコーダーでPSPを使えば番組を持ち出せる事に気付いたかもしれません.....ガックリ


 もう東芝のレコーダーの事は置いておいて、ソニーのレコーダーの話をすると、先ほども触れた東芝のレコでは出来ないスカパーHDの番組持ち出しが出来るのが良い。本来移動しか出来ないスカパーHD録画ですが、持ち出した番組をもう一度レコーダーに戻せるのも気が利いています♪

IMG_0698.JPG
※「おかえり待ち」って表記されますw

 でもスカパーHDの番組は等倍速でしか移動出来ないため、30分番組なら移動に30分かかるのが少しだけ残念かなwあと、スカパーHDのチューナー側のストレージで録画した番組は、後からレコーダーへの移動は出来なかったりもします(東芝は出来る)

 しかし、どれも取るに足らない問題です。東芝のように小難しい設定を気にせず、スムーズにPSPを使って番組を持ち出せるのですから充分です。今HDDレコーダーを選ぶなら、間違いなくソニーでしょう。



 最後に、ソニーのレコーダーを選ぶ時は、しっかり出来る事、出来ない事を、モデルごとに確認して下さい。ソニーはモデルごとに細かい部分が違います。一つ上のモデルになるとチューナーが増えたり、外付けHDDが使えるのに、一つ下のモデルだと使えなかったりする事があるので注意が必要です。

 
 いままであんまり興味が無かったPSVita、レコーダーとの連携を考えると、とても欲しい一品になって来ました.....ガマンガマン



 ソニー商品ページ http://www.sony.jp/bd/products/BDZ-AT970T/




追伸、その後アップデートでもされたのか、東芝のタブレットでもとりあえずスカパー以外は持ち出す事が出来るようになりました。ただ、タブレットの使い勝手は悪いので、やはりPSPで観るのが一番かもしれません....

続きを読む

懐古趣味だと言わないで...

 僕達は、今とても便利で複雑な世界で映像作品を楽しんでいる。

 ほとんどの機器がネットに繋ぐ事を前提に設計され、好きな物を好きな時に好きな場所でたのしめる。

 携帯でもタブレットでもゲーム端末でも、各社メーカーの差はあるが様々なサービスをネット環境を通じて配信している。20年前にはDL配信が当たり前の世の中になるとは思っていなかった。テレビでさえ一家に1台の時代だったのだからw

 このままネット配信が主流になってゆくと、衰退している音楽CD同様、DVDやBDもいつかは姿を消し、レンタル産業も廃業かもしれない。

 「栄枯盛衰」

 いつの時代も栄えては、衰える。

 最先端と思っていた物が、いつの間にか流行遅れのポンコツに早変わり....

 なんだか切ないねぇ....



 時代の流れが淋しいからってわけじゃないけれど、今LDにハマってますw

IMG_0690_convert_20120214064321.jpg

 数年前に知人からLDのデッキ譲り受け、手持ちの「ここはグリーンウッド」だけは再生してみた事はあったものの、それ以来ホコリをかぶったままにしていました。


 そんなある日、「吸血鬼美夕」のOVA版を観たくなり、色々チェックしてみたのですが、レンタルには在庫が無いし、DVDの販売もまだまだお値段の方が高め.... それならばとLD版を買ってみる事にしたのです。


 中古のLDを調べているうちに、「駿河屋」にぶちあたりました。いままでに何度も使わせていただいているサイトさんではありましたが、流石にLDは未チェックでしたwこれが凄く安いんです!有名な作品で販売本数が多いLDなら100円以下で購入可能なうえ、合計金額が1000円以下なら300円、2000円以下なら250円、3000円以上なら送料無料なのも助かります♪

 ヤフオクなどで買った場合、数百円から千円単位で送料を要求される事もありますから、非常に良心的な価格設定だと思います。しかも在庫も豊富で選び放題wwwその後も10点以上駿河屋さんに注文してしまいました♪

 でもねぇ、本命の美夕が届く前に、ヤフオクで買ってしまった「王立宇宙軍オネアミスの翼」が届いてしまったので、先に観ちゃいましたw

 いままでに何度も何度も観て来た、今更語る必要の無い名作です。

 ぐーたら男が不純な動機から宇宙にゆくという目標を決め、現実と理想の狭間に苦悩しながらも、自分なりの答えを見出し、全てのしがらみから旅立ってゆく姿がめちゃくちゃしびれる劇場アニメ作品でしたね。
 
 当時ここからのし上がって行こうと決めていたGAINAXのメンバー1人1人の力強い意思が乗り移ったかのような、緻密で躍動感のある名作を、BD版が出ている中あえてLDで観ようと言う心意気を買って下さい♡

 でも僕的に、このアナログなLDの色合いが好きなのは確かです。LDの画質は、けして悪いものではありません。ただDVDのように圧縮しない分ディスクが大きい事。古いデッキだとディスクをいちいち裏返さなければならない事など、画質の良さの反面、使い勝手が至極悪かった....

 ただし高画質で映像を出力出来るLD後期のデッキならば、DVDより綺麗に感じるほどだそうだ。残念ながら、僕のデッキは貰い物の古い型なので、綺麗さを実感出来ないけれど(´-`).。oOいつか欲しい....



 しかし当時の作品を、当時そのままの映像で観るのも味があって悪く無い。

 色合いもノイズも音声も、馬鹿デカイディスクの入れ替えとジャケットの存在感も、怖いくらいに大袈裟な音をたてて暴れるLDデッキも、全ての不便さが初めてこの作品を観た時の感動を思い出す鍵になる。それがスマートで綺麗になったら、想い出までさっぱりと漂白されてしまいまそうだw


 時代に逆行してると言われても良い。便利で複雑な今の世界だからこそ、シンプルに世界を観ていた自分を思い出したい時もあるのです....

IMG_0692_convert_20120214064439.jpg