KindleとSMEとブラックジャックによろしくな話。

 Appleから発表された時は、価格にスペックが見合わないと考えるユーザーが多かったものの、いざ手にとってみたユーザーは軒並み好感触を得ている"iPad mini"

 当初は既存のiPadのサイズを小さくする気は無いと言っていたAppleが、他社の7インチサイズタブレットとほぼ同じ7.9インチのタブレットを投入した事は、驚きより納得が上回った。初代iPadと東芝の7インチタブレットを所有し、その使い勝手の差を理解したうえで、僕自身も片手で持ち易く軽いiPadを欲しているユーザーの一人だったからだ。

 おかげで今回、iPad miniと、miniの発表に合わせて日本国内の発売が決まった”Kindle”の誘惑からなんとか逃げ切る為に、「買わなくて済む理由」を考えようと、久しく放置していた東芝の7インチタブレットの電源を入れてみる事にした....



 相変わらず慣れないAndroidのOSに苦しみながら、溜まったアップデートをこなし、これまたバッテリーの持ちが悪く動きの悪い東芝タブにイライラしながらも、KindleアプリをDL。

 楽天の”kobo”と違い(koboは現在Android&iOS向けのアプリ配信を停止している)、しっかりとAndroidタブやiPhone&iPad向けにアプリを展開しているKindleは、Amazonでいつも使っているメルアドとパスを入力するだけで、AndroidだろうがiPadだろうが垣根無しに購入した作品を、さきほどまで開いていたページにいたるまで同期出来るのは地味に素晴らしい♡


 自社のタブレットも出しつつ、しっかりと他社のタブレットにも対応しておくAmazonの姿勢は、ユーザーに対して誠実を感じますし、商売としても正しい選択だと思いました。ただ、アプリ内で欲しい本を検索出来ない事と、まだKindleストアの和書のバリエーションが少なく、店頭と変わらない値段で売買されている事がガッカリ。他にもiOS版の書式等の問題に喰いついてるユーザーもいるようです...

 ・『iOSのKindleアプリに絶望した!!!』



 いまだ考え方がバラバラな出版業界の協力がなかなか得られないからなのは分りますが、どうせ日本デビューを発表するなら、もうちょっと足並みが揃った状態で踏み切って欲しかった.....


 そんなこんなで、結局第一巻だけ安い値段で買えた「テルマエ・ロマエ」と、無料で読める作品だけをチェックするに留まったので、やはりKindleを買う必要は無さそうです。アプリも使い易いですしねw

 それと同時にiPad miniも焦って買う必要性も失いました。東芝タブの駄目さ加減を考えると、欲しいのは山々なんですけど、メインになる電子書籍の使用頻度を考えると、冷静に判断して我慢出来そうです....(´-`;)
 
  ・『Kindleアプリの使い方』
  ・『日米Kindleアカウントを結合しても購入ストアは自由に切り替えできます』




 そういえば、iPad miniやKindleの話題で、出版社と揉めて自作品を無料で配信しちゃったあの”佐藤秀峰”さんの事を思い出し、せっかく東芝タブを起動したついでに「ブラックジャックによろしく」を全13巻分を一気に読んだりもしていました。

  ・『無料で全巻!ブラックジャックによろしく』 https://itunes.apple.com/jp/app/wu-liaode-quan-juan!burakkujakkuniyoroshiku/id556416566?mt=8


  一人の研修医が、様々な研修先で医療の現実に直面し、己の正義を信じて型破りな行動を繰り返す熱い医療漫画なわけですが、再読であっても胸を打つ主人公の清々しいまでの青さが良い♡

 13巻後の続きである「新ブラックジャックによろしく」も無料ではないが、格安(約1年間のストリーミングで1冊100円、DL購入でも200円)で読む事が出来るし、少々問題児ではある佐藤さんだが、大人の事情でいつまでもまとまらない出版業界よりはよほど話が分る人物なのでしょうねw まんまブラックジャックによろしくの主人公みたいな人なんじゃないかなぁ?.....

 
 ・『漫画 on Web』 http://mangaonweb.com/creatorOCCategoryDetail.do?action=list&no=3&cn=1



 Web上で閲覧する事になるけれど、お試し読みをした限りでは、サクサク読めてわりかし良いですw佐藤さんのような人気作家が、どんどんこういう活動をしてくれれば、電子書籍の世界も住み心地の良いものに生まれ変わってゆくかもしれません。



 電子書籍といい、本日からiTunesへ楽曲を提供し始めたソニーといい。業者間の駆け引きにユーザーを巻き込むのはいい加減に止めて欲しいもの。結局、その時代のトップをゆく者が残ってゆくわけですし、無駄に足掻くだけ損をするのは企業も同じだと思うのですけどね.....


  ・『石野卓球「おせーよ!」 小室哲哉「SME頑張って!」 iTunesでソニー邦楽“解禁”』

  ・『小室哲哉も待ちに待っていた!?  ソニーミュージック「iTunes」に楽曲提供』



 長くなりましたが、少しづつでも垣根が壊れ、DL販売が簡素化されてゆくのが望ましいとつくづく感じる話でありました_/乙(、ン、)_

こいつは凄い!電子書籍化するなら買って損無し!「裁断機 PK-513L/プラス株式会社」

写真-128.JPG
 

 少し前に、本をバラバラにせずにスキャン出来るスキャナーを紹介しましたが、やはり自分でページをめくり読み取るのは、手間がかかるわりに画像も良く無いので断念!結局この裁断機を購入する事になりました♪

 ”プラス”と言う会社から出ている「PK-513L」と言う型番の裁断機、メーカー希望小売価格が5万4千円!実際の価格は、3万円前後。この裁断機専用の替え刃を買う事になると1万5千円ほどかかります.....その値段から買うのを躊躇する方も多いと思いますが、ScanSnapを利用し本を読み取っている方ならずばりこれは買いです!

 漫画をこの器機で裁断する手間は、表紙を外す事くらいかな?一度にPPC用紙100枚を裁断出来るそうですが、僕は控えめに漫画を半分に裂いたものを二回に分けて裁断しています。それでもだいたい50枚で1センチ程度はあるわけですが、あっけなく裁断出来ます♪切断面も綺麗過ぎて切ったのがどちらか分らなくなるほどですww

写真-2.PNG
 切れ味わかるかな?


 ちなみに、切断する位置は各サイズ(A4,A5等等)が本体に表示されていて、そのサイズにガイドバーを調節し、そこに本を合わせて裁断する事になります。その際、裁断時に本が動かないように手で押さえておいた方が良いでしょう。裁断機の歯が当たったときに本が動く事があります。
 後、本をセットした際にガイドにしっかり当たっているか確かめるのも重要です。

写真-126.JPG
 これはダメ×
 
写真-127.JPG
 これが正解◯


 そこまで確かめたら、カットラインを表示するライトをつけて微調整。

写真-130.JPG

 これをやらないと、大事な見開きが残念な感じになったり、ノリが少し残ってしまい本がバラバラにならない事もあります。

写真-129.JPG
こんな感じw

 どちらを重視するかは好みでしょうね♪僕はばっさりいって、ノリが残らないようにしますw

 それくらい注意していても、ノリがしつこい本も中にはあるので、最終的には裁断した本を扇状にして異常が無いか確かめてからスキャンしてますね〜。スキャン時に複数枚一緒に入ってしまう原因になりますからw
 

 これだけ注意事項を書くと、意外と手間がかかりそうに感じるかもしれませんが、いままでのやり方と比べると格段と精度の良い状態に出来るのでこれからも重宝しそうですよ〜♪部屋に本がおけない!PC上の方が読み易い!なんて方は是非この裁断機とScanSnapを購入する事をオススメします。それさえあれば、あとは努力と根性でなんとかなる!......はずです(o^皿^;)\ニパッ♪ 


 追記、ホッチキス等を使用した書籍は注意すべし!歯が欠ける原因になります。

 株式会社プラス公式ページより、PK-513Lの仕様 http://item.plus.co.jp/search_2010/DispDetail.do?itemID=t000100002941&volumeName=00022

ウワサのスキャナー始めました〜♪「Simply Scan/NOVAC」

 昔のスキャナーと言えば、コピー機の様に上蓋を開き書類を置いて上蓋を閉めて読み取る。ここまでが一連の動作でした。しかし、最近は、漫画や雑誌などをPCへ読み取り閲覧する方が増えており、こんなやり方では時間がかかってしまう...
 そこで最近では、利便性に優れオートで一度に何枚もの読み取りが可能な”Scan Snap”が人気になっていました。ただ、読み取る本を裁断しなければ読み取る事が出来ないのが難点。手作業では時間がかかるし、一度に裁断出来る裁断機は3万円台だし、なにより読み込んだあとの本はくずかご行きになってしまいます...

 そんな時にこれがあればど〜なのよ!スタンド型ワンクリック・スキャナー”Simply Scan”これなら大切な本を破らずに読み取りが可能なのです!
 
写真-97.JPG

 文字通り電気スタンドのような姿で、シンプルなフォルム。実物を見れば、意外に小さく感じると思います。ですが自立出来るように重量感はあり、作業中に倒れたりする心配はありませんw
 電源はUSBからとっているので、配線はそれのみ。専用のマットが付属されており、本を置く位置の参考になります。

 さて、実際に読み込んだ感じですが....こんなもんかなwって、感じですなww まずPCのスペックによっては重くなる。ソフトを起動していると常にスタンドから映像がPCに流れ、チャット状態だからかな?
 あと部屋の光源の位置を考えてスキャナを設置しなければ、スタンド自体の影が入る。これは致命的!横からの光源が必要かも。
 肝心の画質に関しては、まだあまり設定等を触っていないのでどれくらい上げられるかわかりませんが、おおむね満足ですね。ただ本を開いた状態でスキャンするので、ページが閉じていったり、次のページをめくる際、ベストなスキャン位置から本が動いてしまって、斜めに読み込んでしまったりするのは困りましたw なので、本の両側にクリップを付けて閉じるのを防いで作業しました。読み込んだ後、画像を見ると端にクリップのあとが....

 色々問題がある中でも一番気になるのが、開いた状態でスキャンしたのが丸分りの画像でしょうね。本を開いて読み取るのだから仕方無いのですが、これが許せない方には絶対おすすめ出来ません!
 
写真-96.jpg

 あと読み取り中の使い勝手もあまり良く無いです。タイマースキャンと言う、自分が設定した間隔で自動的にスキャンしてくれるのは良いのですが、出来ればスキャナーに読み取りを停止、再開が出来るボタンが欲しかった。本の位置を修正する時間が無いまま読み取りが進んでしまう事もあるです。


 結論から言うと、値段に見合った買い物ではあるが、使い勝手の悪さを考えると、無理してでも裁断機を購入した方が賢明かもしれません。ただ、本を破らず連続で読み込む事が出来るスキャナーは、今のところこの商品に変わる物は無いので、読み込んだ本をとっておきたい方や、古本屋へ売りたい方には良いかもしれません。Scan Snapと上手く使い分けていくのも良いかな?なんにしても、楽しかったのは事実ですw興味があれば是非どうぞ♪

 さて、本気で裁断機購入を考えよう(☆_,☆o)キラ-ン

NOVAC Simply Scan 製品ページ http://www.novac.co.jp/products/hardware/nv-capture/nv-ps200u/index.html