2015年08月21日

もう一度この身が灼かれる本だった「塚本晋也×野火」游学社

滅多に実写映画の本買わないのだけど「野火」は買わずにいられなかった。

 全103頁。

 塚本監督本人の言葉は勿論のこと、様々な角度から「野火」と”塚本晋也”監督を考察する著名人達の寄稿が面白く、更にはあの大戦を知らない人、忘れ掛けている人が少しでもどんな戦争だったのかを知る(思い出す)ことが出来るように隅々まで構成されていました。ネタバレ必至な内容ばかりなので、スクリーン前で身動きひとつせず食い入っていた時の感覚が蘇ります......

IMG_8536.jpg
今まであまり好きになれなかった”田原総一朗”氏に初めて尊敬の念を抱いた

IMG_8534.jpg


図鑑や年表があるから非常に分かり易い

IMG_8533.jpg

台本の上には戦争を知らない世代に向け事細かに注釈が添えられている




 台本が収録されているので、この本を先に読んで映画を観に行くというのはあまり好ましく無い気がしますが、あえて本を熟読してから映画を観た時の感じ方がどのようになるか少し気になります。

 それはそうと、野火を見てからもう1週間が経ったと言うのに、まだあの島で佇んでいるような錯覚を覚える瞬間があり、そんな時は食べ物に困ることもなく銃弾もミサイルも降って来ない暮らしを送っていながら、何一つ満足に”生きて”いる気がせず、命があって安全が保障された何不自由無い生活と言うのは、逆に考えると不自由に生きる権利を奪われた生活だと言えるのでは無いか?とさえ思えて来ます。

 時代の波に飲まれ、普通に生きる権利を奪われた人々からしたら、本当に贅沢な悩みであります。のんべんだらりと生きている自分が情けなくて仕方なくなる。だがしかし、この世界で限りある命を余す事なく使い切れる人間なんてどれだけ居るというのでしょうね?...





 こんな遣り場の無い想いを多くの人々から引き出すことが出来る野火と塚本監督はやはり凄い。

 先端技術やお金ではなく、ただひたすら心と身体で映画を撮るタイプの監督だからこそ、出来上がった映画が単純な論評に収まる作品に成らないのだと思いました。


 これでまだ2つしか塚本作品を観ていないものの、既に僕の中で無くてはならない存在になりつつあります。

 今度は『鉄男』に触れてみようかしら?

 それとも『電柱小僧の冒険』....ゴクリ



 












 関連過去記事
web拍手 by FC2
posted by lain at 21:08 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年01月16日

森博嗣先生じゃないけど、雑誌のバックナンバーを取り寄せる機会が増えましたw「SFマガジン 2012年 3〜4月号 『女王の窓辺にて赤き花を摘みし乙女』”レイチェル・スワースキー”(著)」小説

昨年、国内外のSF作家による”日本”を題材にした短編集「THE FUTURE IS JAPANESE」を読んだ際、まったく宇宙ともマシーンとも関係ない心霊現象もSFであると認識させてくれたレイチェル・スワースキーを気に入り、彼女の作品を日本語で読めるものを探していたらSFマガジンのバックナンバーにぶつかりました。

IMG_6251.JPG


もう既に様々な賞を受賞しているようですが、何故か日本で翻訳されているのは「THE FUTURE IS JAPANESE」に収録『樹海』と、SFマガジン2012年3〜4月号に掲載された『女王の窓辺にて赤き花を摘みし乙女』だけと言うのが辛い。

SFマガジンに掲載された「女王の窓辺にて〜」は、女性が高尚な存在とされている王国の魔女が、愚鈍で汚らわしい男共から王国と愛する女王を守ろうと偵察に赴いたところで、最愛の人である女王の差し金で命を落とすことになり、しかもその魂は成仏することも許されず、彼女の豊富な魔法の知識を求めた者達に度々現世の依り代へ呼び出されることになるというお話。

最愛のひとの最後を看取り、王国が滅び去った後に蔓延った愚かな男共の召喚を退け、時折マシに思えた召喚者に限り魔法を授けてゆく彼女。様々な召喚者を相手にしてはまた暗闇に帰ってゆく姿を見ていると、延々とコールドスリープさせられているようでもあるし、ウラシマ効果で周囲と違う時間を生きている宇宙飛行士にも見えて哀れに思えて来ます。


この作品からは女性作家らしい女尊男卑的な表情も見え隠れするけれど、そうした考えに対する葛藤も書いているのが良いポイントでした。レイチェルさんのような作家さんから入れば、女性でもSF世界に馴染んで行きやすいような気もしますね。

IMG_6252.jpg
橘 賢亀さんによるイラストも素晴らしい




ほとんどファンタジー小説ではあるものの、時空を超える物語の終盤で魔法を科学的に定義しようとしている世代に入って行く辺りは紛れもないSFでした。柿沼瑛子さんの翻訳も相変わらず読み易くて良い。この手の作家&作品が世に出し難いというのは、まだまだ日本女性のSFファンが少ないということなのでしょうか?


SFは理詰めで面倒なイメージがあるやもしれませんが、専門用語が分からないままでも十分楽しめる物だと僕は思ってます。僕自身そうですからw

すべて物語を盛り上げるためのお化粧だと思って、一見さんお断り状態に見える表紙を手に取ってみて貰いたいですね(゜∀゜)


web拍手 by FC2
posted by lain at 07:13 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年11月24日

憎いほどに愛しい人「ユリイカ 2014年 11月号 森博嗣」

 森博嗣さんの特集という事で初めてユリイカを買ってみた。

IMG_5397_2.JPG


 何度となく色んな書籍で森さんの持論は読んでいたので、メール形式のインタビュー記事にそれほど目新しいことは無かったけれど、同業者や森さんの本の表紙を手掛けた面々の絵やコメントが充実し過ぎで、雑誌の一特集というより森博嗣解体新書というべきムック本の様相を亭していて読み応えたっぷりでした(ていうかまだ全部読めてないw)

 インタビューの中で、魅力的な専門誌でしか”マイナでディープな領域へのジャンプ”は味わえないと森さんが答えていましたが、ユリイカもかなりディープな場所まで侵入していたと思います。これだけ多方面から森博嗣を観測した雑誌は無かったのでは無いでしょうか?

IMG_5398_2.jpg

IMG_5399.jpg


 ただ、やっぱり森さんの生き方を知れば知るほど、スキを見せないのが可愛げがなく思えて来ます。ユーモアのセンスはお茶目なんですけどね。あそこまで客観視して物事を考えていたら、生きるのが辛く無いのだろうか?

 森博嗣さんの考え方は好きだし、ためになる。それに大抵正しい。森さんのような人に学問を教えて欲しいとさえ思う。でも、僕は喜怒哀楽が良く見える人が好きだ。正しい選択が出来ずに感情に走っても良い。泣いて笑って弱さに振り回されながらも立ち上がるような人が愛おしい。一度で良いから感情を露わにした森さんを見てみたいですね(森博嗣さんと会ったことがある方は、口々に優しい人だと言っているし、書き言葉では伝わらない人間味が実際には当然あるのでしょう)

 


 それにしても森さんは罪作りな人です。

 ご自身にそんな意識はまったく無いことでしょうけど、森博嗣イズムに魅了された人々がファッションとして森さんの思考方法をトレースし、それこそが是であると心酔した人まで中にはいる。森さんの意図を曲解しているだけではあるのですが、森博嗣さんが求められるままに蒔いて来た種があらぬところで芽吹いた感は拭えません。少しは自分が蒔いた種の行方を気にして頂きたいものだ(ついでに「すべてがFになる」のドラマ版もなんとかしてくだs......)


 個人主義が主流になりつつある現代において、森さんのような思考の流れは実に理想的ではあるけれど、大勢が森博嗣さんになるのは正直美味くない。

 「何故メインディシュばかりではいけないのか?」

 森さん好きならそう問うことだろう。

 しかしよく考えて見て欲しい。例えば美味しくステーキを食すためには、前菜があった方が肉の味が引き立つのでは無いですか? もしも皆がアイドルになってしまったら、誰がファンとしてCDを買うのでしょう? 

 森博嗣という特別な人がいて、僕という普通の人間もいる。ただそれだけで何が悪いのか?

 
 傍から見て”叶えてしまった人”の「やれば出来る」ほど絶望を与える言葉は無い。どんな居場所にも定員数があり、それを掴み取れるのは才能や野心の大きさ次第だというのに、そのどちらも持ち合わせて居ない人に”可能性があるのに試さないのか?”と焚きつけるのは、罪深い以外のなにものでも無いのです。

 やってみようと思えるかどうかも才能です。有る人には無い人の気持ちは分からない。無い人にも有る人の気持は分からない。きっと分かりたくもないだろう。もしかしたらやってみようと思える日が訪れるかもしれないが、今はその時ではないという人も大勢いるはず。

 何をどう言い繕っても、妬み・やっかみがついて回るのは仕方が無い。実際そういう側面が人間にはあるのだ。自尊心との折り合いを付けるのは本当に難しい。



 愛するがゆえに憎い。一向に孵化しそうに無いまま腐ってゆく僕にとって、森博嗣と言う人は実に悩ましい存在で間違いない....

web拍手 by FC2
posted by lain at 22:19 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする