2017年05月05日

任天堂不幸者の”こどもの日”はゼルダで良いんじゃないか?「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」Nintendo Switch/感想

今日は5月5日。出掛ければ鯉のぼりの一つや二つきっと目にするに違いない。雛人形を飾るより遥かに大変だから年々減っているような気もするけれど。

幾つになっても女の子だから雛人形を毎年飾りたいという女性が少なからずいるが、男だってクソガキ具合は幾つになっても変わらないもので、大人に見える人でも単純に草臥れただけか、大人を装っているだけだったりする。大人と子供を分ける定義は経験則で物事を判断しているかどうかなのかもしれない。



そんな永遠のクソガキの1人である僕は、あれだけ特に興味が無いと言っていたNintendo switchを手に入れた。ついこの間、買ってろくに使わないまま仕舞い込んでいたWii Uを知り合いに譲渡し、いよいよ任天堂から卒業しようと思っていた矢先のことだった。

IMG_4101.jpg
思っていた以上にタブレット

IMG_4105.JPG
ジョイコンを付けてみると流石に携帯機としてはごつい。ただこれくらい画面が大きく無いと最近のゲームは魅力が半減するだろう

IMG_4108.JPG
通常のコントローラのように出来るアダプタも同梱されているものの、窮屈に感じて手への収まりは悪い。子供の手なら丁度良いのだろうか?

IMG_4080.JPG
結局Proコン頼みになってしまったのだが、キー配置を身体が覚えるまで誤操作は続きそうなデザインである.....




兎に角ここ20年近く任天堂のゲームをまともに遊んでおらず、ハードは買っても少し遊んではホコリまみれにしてお終いというのを繰り返しており、買うだけ失礼だなと本気で思っていたのだけれど、あまりにもゼルダ関連の画像や動画が面白く、マリオじゃないのだしオープンワールドだから大人の僕でも(自称)きっと楽しめるはずと卒業をあっさり撤回。

結果は買って大正解。ハード的には懸念した通り悪い面と良い面が相殺し合って、僅かに良い面(利便性)が上回っているような印象しか無いけれど、ゼルダは本当に面白い。

IMG_4137.JPG
コールドスリープから目覚めたかのような演出がとてもSFで雰囲気が最高

C-9qXOCVYAIFeXr.jpg
開始直後から色んな場所へ行ける自由度がプレイ時間をどんどん使わせる....

C-_MJdfUAAErkoP.jpg
綺麗に広がる風景を、鳥や虫の鳴き声、水のせせらぎ、服の擦れ合う音まで全てが盛り立てているのがよく伝わる





思い返せばファミコン時代のゼルダしか知らず、しかも友達の家で見ていただけでプレイ経験はほぼ皆無で、同世代の連中はドラクエやFF並みに遊んでいたゼルダを自分は何故やって来なかったのか未だによく分からない。単純に機会に恵まれなかっただけなんだろうか?

僕の中のゼルダは徳間書店の伝説(?)の子供向け雑誌”わんぱっくコミック”で乱丸という漫画家が連載していた漫画版が初めてだった。攻略っぽい内容を含みつつ、漫画として楽しめる内容になっているわんぱっくコミック作品の中で、乱丸氏のゼルダ漫画だけはガチのストーリー漫画展開だったから夢中になった覚えがある。今では姫川明さんの方が漫画版で有名ではあるけれど、乱丸氏はゼルダ漫画のあと、一体どうしたのだろうか?....

IMG_4138.JPG
IMG_4139.JPG



話はそれたが、それくらいゲームのゼルダに触れていないなか、こんなに新しいゼルダを飛び級で遊ぶという贅沢に恵まれ嬉しい限り。リアルな描写というよりトゥーンレンダリングな描写で効果音やBGM込みで優しい世界観を表現しているのが実に良くて、モンスターにも何処か愛嬌があるから、最初の遭遇戦から倒してしまうことに罪悪感が生まれてしまうほど温かみがある。

プレイ感覚はアサシンクリードのような要素もあって、崖をよじ登ったり飛び降りたり、ゴブリンの拠点を潰したり、各所にある祠でパズル要素を解くなど、オープンワールドにありがちな繰り返しにはなっているものの、レベルデザインの巧妙さやパズル要素の程よい難易度が心地よく、つい先に先にと遊びたくなる。

協力な回復アイテムを作る為の料理が面倒だとか、武器が損耗して壊れてしまうのが嫌だという意見も見かけたものの、ファイヤーエムブレムも武器が壊れるからこその遊び心地というものがあったし、料理も収集する楽しさだけでなく食べる喜び(リンクがメニュー内でリアクションする)も若干あるからこれはこれで味わい深いと僕は思う。そんなことより操作性やUIの面の方がなかなか慣れず苦労している。頭の運動には良いかもしれないけれど、何故にこんなキテレツな仕様になったのか?ひとつ開発者の話を聞いてみたいものだ。ともあれ大人(自称)でも遊べるゼルダで良かった。





それはそうと、Wii Uを出すタイミングでNintendo switchが出せていれば、だいぶ状況が変わっていたんだろうなとつくづく思った。据え置き機と携帯機の間をスムーズに行き来するコンセプトはどちらも変わらないのだし。ハードの性能よりゲームを楽しむ環境やアイデアを活かそうとする任天堂の姿勢はTVゲーム作りに絶対不可欠な物だと思うので、これからもハード込みでゲームに携わって行って欲しいものだ🎮
web拍手 by FC2
posted by lain at 11:26 | 北海道 ☔ | ゲーム 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年01月04日

でぃ ざ おしょうがつ でっど

俺のお正月が終わった。怠惰と惰性と慢性疲労を残して.....



年明け前は、リサイクルショップ巡りをして無惨に並べられたサッカーゲームに手を合わせ、掃除整理整頓をしたりと、それなりに連休だから出来ることに勤しんでいたのだけど、やることをやったら完全にスィッチが切れてしまって、はい元通りと言わんばかりにアニメの消化と終わらないゲームでせっせと時間を燃やしていた。

64348445-2AA4-438B-A2AE-35B48969B3B6.jpgBBCE2F5D-5C35-46C3-B3DB-985CA6645484.jpg9E868E6B-5BB9-4961-936E-1348D469874A.jpg
何処のお店に行ってもあるプライムゴールやスーパーサッカー。面白かったよね.....


だらだらゲームをして飯を喰らい、いつ何時でも眠くなれば寝る。こりゃ普通に廃人だなと自分でも思う。1週間まとまった雪が降らなかったのも不味かった。仕方なく身体を動かす口実(除雪)さえ失ったのだから。おかげで順調に体脂肪は増え、これから来るであろう氷点下10度以下の連続も耐えられそうだ....


ゲームをやるにしても「1本に絞ってクリアするぞ!」くらいの目標を立てて時間を使えば良かったなと今になって思う。結局新年のめでたさとは相容れないゾンビゲームばかり遊んでいた。デッドライジングで大ボスの軍人を倒し、年末年始のXboxのセールで箍が外れたかのように買い漁った物の一つ”7 Days to Die”の遊び難さに辟易して”DYING LIGHT”を始めるも、キーコンフィグやパルクールアクション有りきなゲームバランスに癖があって、お話は面白いのになかなか進まず、結局最後には以前少し遊んでいた"State of Decay”の Year One Survival Editionをちょこっと齧って面白さを再実感したところでゾンビ熱は落ち着いた。State of Decayは英語だけでもかなり遊べるし、本当なら日本語を適用出来るPCでプレイしてストーリーの内容もちゃんと理解したいものである。




今回のダラダラゲーム生活で唯一収穫だったのは、今更遊びだしたFGO"Fate/Grand Order"かもしれない。かなり前から評判は聞いていて、そんなに面白いのか?ふーんくらいには思っていたのだけど、まさかのストーリーモード完全クリアが存在する無料ゲームだと知ってDLせずにいられなかった。基本無料でありながらサクサク遊べるゲームバランスやしっかり芯の有るシナリオ、そして怠いだけのはずの戦闘になかなか遣り甲斐があって普通に止め時を失っていた。あのキャラを出すぞ!と、ガチャで熱くさえならなければ快適そのもので、こいつは掛け値無しに素晴らしい。


FGOでもシナリオを手がけている"奈須きのこ"がコメントしただけで、真綾が作詞したテーマ曲が一気にランキング上位入りするほど若者とオタクに影響力を持ってしまったFateシリーズ。この先何処まで大きくなるのか末恐ろしい気がしないでもない

ついでに今年も廃人真っしぐらな冴えない俺の行く末もどうなることやら.....(´-`)

web拍手 by FC2
posted by lain at 07:03 | 北海道 ☔ | ゲーム 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年12月27日

ゲームちょい齧りな季節

昨日、SMAP最後の大仕事「SMAP×SMAP」が終わったそうだ。ファンでも無い僕は勿論観ていない。

でも、小中学生の頃からテレビやラジオで馴染み深かった彼らの動向はなんだかんだ気になってしまう。一人で皆生きていけるのだろうか?と。木村以外はジャニーズから独立するのでは無いか?とまたネットが騒がしかったし、新たな仕事をしようにも、また嫌な老害の人達の手で妨害されてしまいそうな気がしてならない。

ぶっちゃけ木村くん以外のメンバーには何かと(ドラマやバラエティ)思い入れが無いことも無いので、気持ち良く芸能活動を続けて欲しいものです。


話は180度変わるけれど、年末のせいか最近財布の紐が緩い。Xbox恒例の年末年始セールでソフトを馬鹿買いしたり、たまたま寄った家電屋で福沢諭吉が消えるほどのドライヤーを汗ひとつかかずにレジに持ち込んだり、少し遡ればゲーミングチェアまでとうとう手に入れてしまった。これは本当に来月の支払いが恐ろしい.....

ここのところゲームをまともに買っていなかった反動が年末になってモロに出ている感じなのだけど、買ったソフトが軒並み面白くてお金以上に時間が足りなくなってきた。これまで発売とほぼ同時にプレイして来たForza Horizonの新作も、他にやりたい物が多すぎて買い控えていたのに、結局耐え切れず買ってしまった。オーストラリアの美しい風景を活かしたロケーション選びが本当に素晴らしく、波が押し寄せる砂浜を走り抜けるだけで泣けそうなくらい気分が良い。ゲーム性は特に変わらないものの、車の挙動やモデリングが更に緻密になったのがじわじわ伝わって来るのも感動物。レースゲームが苦手な人にも遊んで貰いたいタイトルだ。

2016-12-25_22-28-09.png
2016-12-25_23-35-26.png
なぁ兄弟。大事な車、錆びちまうなぁ.....



セールとは違うけれど、Xboxのゴールド会員に向けて期間限定で無料提供中(海外)の「OUTLAST」も遊んでみた。以前日本語字幕が無い状態の体験版は遊んでみたことはあったのだけど、こうして台詞の意味が分かった方がより内容を理解出来てモヤモヤしない(逆に言葉が邪魔することも当然あるけれど)CGは360時代と変わらないレベルなのに、演出が上手いため非常に恐ろしく、ホラーゲームは映像美より演出美が命だなと思った。暗がりを歩くためにハンディライトではなくカメラの赤外線暗視機能を使ったアイディアの勝利。




そうそう、オーバーウォッチをやるようになって更に使用頻度が上がったPS4で、久々に和ゲーを予約したりもした。ニーアオートマタだ。



発表当初からキャラデザに心奪われ、ゲーム性が少々しょぼくても買う気だったのだけど、体験版をやってみたらゲーム自体も普通に面白い。技術的な面は旧時代に毛が生えた程度で、驚くべきことはOUTLAST同様に何も無いが、プラチナゲームズらしい遊び心地(ガチャ押しでも気持ち良く技が出てキャラが良く動く)と飽きさせないカメラアングルが実に良いと思った。でかいボス戦も圧巻で、ゲーム性が変わりつつ進むから攻略が楽しい。兵器として生きている主人公達の哀愁たっぷりなところで体験版が終わるのも上手い。これは先が気になって仕方なくなる。ただ、体験版終了後にストアへのリンクを踏むと、「お目が高い!」とか褒めて来るのは逆効果な気はしたw

NieR_Automata DEMO 120161128_20161226023431.jpg
荒廃した地上で戦う機械人形。目隠しとドレスの黒が痺れる....

NieR_Automata DEMO 120161128_20161226025529.jpg
絶望的にでかいボス。良く見ると顔がチャーミング?

NieR_Automata DEMO 120161128_20161226023722.jpg
高地から飛び降りて、ジャンプボタンを押し続けているとポッドに掴まりゆっくりと降りてこれる。ついでにパンチラも見れる(真顔)

NieR_Automata DEMO 120161128_20161226030636.jpg



ウォーキングのバランスが好み過ぎる.....なお、ローアングルから覗こうとすると、彼女の手で払い除けてくれるからドMは即買いしなさい(はぁと)



どこまでも自由で技術の高みにあるようなゲームも素晴らしいが、限られた範囲で最大限の深みを出しているゲームもまた素晴らしいなと思わされた。体験版冒頭のローディング画面まで褒めている人がいるくらい、この段階ではセンスが良い。

ただ、「SUPERHOT」のローディング画面の方が熱い。いや、むしろ寒いくらいに過去のOSを知る者には懐かしい。

2016-12-25_21-43-31.png





知り合いから送られて来たSUPERHOTなるゲームをプレイする主人公に没入し易いよう、起動画面や昔のHDDの読み込み音、更にはDOS時代のゲームをそのまんま収録したかのようなミニゲームまで、その作り込みは病的ですらある。ゲーム本編はVR訓練場のようなステージで、自分が動くと時間も動く中、詰め将棋のようにその場の状況乗り切る(銃を撃ったり投げつけたり、素手で殴ったり)とクリアとなる。ステージを進めていくとどうやらこれは普通のゲームじゃないぞと言うことになって行くようで、OUTLASTとは毛並みの違う怖さが楽しめそうだ....

ステージクリア後のリプレイ画面で「SUPERHOT!」と連呼しているのを聴いていたら心が侵されそう....




過去にSUPERHOTのようなゲームがなかったかと言えばそうでもないが、あの見事にまとめられたシュールな世界観は衝撃的。

お正月に引き篭もっても体が保つように椅子を買っておいて良かった。さっさと今年最後の仕事を終わらせてゲーム三昧としけ込もうと思う
web拍手 by FC2
posted by lain at 07:15 | 北海道 ☔ | ゲーム 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする