まあやっぱり"あっち"のを知ってると難しいかな.....「七都市物語 1巻」フクダイクミ(漫画)/田中芳樹(原作)/感想

田中芳樹さんがひと月ほど前に65歳になったそうだ。たまに写真や映像でその姿を見かける限り、毛髪以外はまだ大丈夫そうかな?と思うものの、未完の作品を完結させようと動いている昨今の氏の動向からは、死期を悟った生き物のケジメのような物を感じて少々落ち着かない。


そんな古参ファンの気持ちを知ってかしらでか、人気の田中芳樹作品が再度漫画やアニメになるのが相次いでいる。火付け役は「アルスラーン戦記」の新たなコミカライズに挑戦した荒川弘さんなのかもしれない。若い世代が飲み込みやすい味付けでアルスラーン戦記の世界を作り変え、アニメもその勢いそのままに良い出来だった。荒川版があったからこそ、田中芳樹氏も完結へのモチベーションを保てたのだろう。



そんな田中芳樹氏の代表作と言えば銀河英雄伝説だが、そのお陰で各出版社から同じようなSFを書いてくれと言われ苦悩した、みたいな話をどこかで見聞きした記憶がある。うん十年ぶりの新刊で無事完結した「タイタニア」、シェアードワールズと題して田中芳樹氏以外の作家が書いた作品が出されるほど地味にファンがいる「灼熱の竜騎兵」、そしてたった1冊のシリーズでありながらOVAにまでなった「七都市物語」、これらは全て銀英伝あっての産物だった。


勿論それぞれの作品ごとに魅力はあるわけで、決して単体としては駄目だったとは思わない。それどころかどれも僕は好きだった。特に七都市物語は本当に好きで、通常ありえないレベルの天変地異で地上の人類社会が滅亡し、月で生き延びていた者たちが地上に帰って新たに七つの国家を築くものの、何一つ根本が変わらない人類は戦争をやめられないという内容がなんとも言えず、しかも月に残っていた人類もその後ウィルスで滅亡し、地上500M以上を飛行する物体をレーザーで撃ち落とすシステムだけが生き続け、地球の人々を監視し続けているという設定が面白かった。


七都市物語〔新版〕 (ハヤカワ文庫JA) -
七都市物語〔新版〕 (ハヤカワ文庫JA) -





登場人物もなかなかに曲者揃いで、今回のコミカライズされた物に目を通し再度アクの強いキャラが多いなと思った。ヤン・ウェンリー的な価値観を持ったリュウ・ウェイはヤンのように脇が甘くないし、戦う以外に脳が無さそうな軍人たち(アルマリック・アスヴァール、ケネス・ギルフォードなど)も公明正大さとは無縁な一面があったりするし、そんな彼らを駒にしようとする連中の悪辣さや臆病さが嫌らしかったりもする。


コミカライズを担当したフクダ イクミ氏の絵は個人的にはあまり好みではないが、そんな脂っこいキャラを分かり易く脚色しているため漫画として楽しめた。原作の名言もしっかり盛り込まれているから原作ファンもそこそこニヤリと出来る。


IMG_6593.jpg

IMG_6596.jpg


IMG_6599.jpg

田中芳樹と言えば”皮肉”。そんな合言葉を思い出した。





しかし、元々の絵が七都市物語は素晴らしく、原作のイラストは小林智美さんで、田中芳樹読本に収録された外伝漫画は、まさかの星野之宣さんだ。そんなレベルの絵に慣れてしまった読者が、少々の出来のコミカライズを鵜呑みに出来るはずもない…..


悪くはないのだけど、悪くは…..


IMG_6602.jpg

IMG_6626.jpg

小林智美さん


IMG_6605.jpg

星野之宣さん


IMG_6603.jpg

OVA版






一つの原作から複数のアプローチ作品が生まれるのは、人気作の宿命かもしれない。それぞれの世代が自分に合った物を咀嚼するのが一番なんだろう。


俺は星野之宣さんの絵で、もっともっと七都市物語が読みたかったかな…….ボソ


IMG_6606.jpgお気に入りの1頁








漫画『七都市物語』公式ページ « ヤングマガジン公式サイト|無料試し読み ...

posted by lain at 22:15北海道 ☔漫画

男が女でアイドルだったら面白いじゃない「AKB49〜恋愛禁止条例〜」宮島礼吏(作画)/元麻布ファクトリー(原作)/感想

僕はこれまでアイドル相手に泣いたことなど無い。


人並みに「可愛いなぁ」と短期的に夢中になったことはあるが、パフォーマンスの凄さや引退の報を聞いて泣くほど感情を揺さぶられたことなど一度たりとも無かった。


なのに、たかが漫画の架空のアイドル、しかも”女装”で”女性”アイドルを続けた男に40歳手前で泣かされてしまったのである…





男が女装をして女性アイドルになる話というと、"やぶうち優"先生の「少女少年」シリーズを思い出すが、本作のキャッチーなところは実在するAKB48を巻き込んだ形でストーリーが進んで行くところだろう。残念ながら僕はAKBをまるで知らないので、どこまで本作が実際のAKBメンバーの特長を表現出来ているかは分からないものの、僕でさえ名前を知っているメンバー相手に真っ直ぐ立ち向かい、本物のアイドルへと生まれ変わってゆく主人公の姿は本当に胸熱だった。


もしも僕が誰かの熱心なファンならば『憧れの存在そのものに自分がなれたなら....』と、心の片隅で考えるだろう(本作のメインヒロインは前田敦子に憧れている)でもその対象が女性であったなら男という性別でまず諦めざるえない。だから、元々AKBのファンでもなく、大好きな女の子がAKBのファンでオーディションを受けるというから少しでも近くでサポートしてあげたいと女装してまでオーディション会場に入り込んだ結果、秋元Pの気まぐれで合格してしまう主人公のありえない幸運に、どれだけの人が「それで叶うなら苦労しねえよ...」と嫉妬混じりに呟いたかしれない。まさか、この作品の影響で実際に女装した人や性転換した人が自分もAKBになりたいとオーディションを受けに来たりしているのだろうか?そろそろ女の子に飽きて、男の中の女の子成分に秋元康が目を付けるなんて未来があったら面白そうではあるけれど....

B5864D3A-B548-4C75-9F98-248FE3D5BDA3.jpg
まるでAKBなど眼中に無かった男の子が
DC686EA1-8144-435F-B1A0-2145884FB3BF.jpg
大好きな女の子のために一肌脱ごうと暴走
ACB4E396-486D-49CA-A6AA-03B322661F15.jpg
結果まさかの合格....


なんにせよ純粋に熱い少年漫画だった。秋元康の放つ試練を何度と無くクリアし、最後には性別など関係なくAKBとして認められステージに立ち、潔く去っていくことになる生き様に何度と無く胸が締め付けられた。この広いようで狭い世界で、あっという間に消費されてしまうアイドルのうち、一体どれだけの人たちが本気でアイドルとしての自分と向き合っているか分からないが、この漫画を読むように彼女彼等の努力が見れたなら、もっともっとファンの心は熱く燃え上がるに違いない。本音が見えて逆効果かもしれないが.....

EE259A3B-731B-4BE7-B378-6B25F95EE83D.jpg

根性だけのアイドルから

10A3E70B-C9B4-4E91-BDC1-F354E5D58068.jpg

04143B13-066F-4236-8DC8-E04FB00FEEE9.jpg

一生懸命な仲間達に感化され

3E90CC2D-F4D6-4367-8618-DC980D05A194.jpg

心身共に本物のアイドルへと成長していく




彼女(彼)の頑張りを読み終わり、こんなにも打ちのめされている自分がいて驚いた。今日1日自律神経をやられたのではないかと思うくらいフラフラだった。ここまで打ち込める何かを自分は持っていないことが残念であると同時に、似たような経験をちょっぴりしているせいかもしれない。その昔、ゲームで女性のアバターを使っていたがために、僕を女性だと思った人がいて、出来心で女の子っぽい文面でメッセージをやり取りをするようになり、どんどん男だと言いだせなくなっていたとある日、その人からしばらくゲームが出来なくなると聞いて、このままじゃ駄目だと思い自分は男であると告白した時の苦い思い出が、最後の最後で追い込まれファンに男だと告白せざるえなかった主人公とダブってしまうのだ...

86A74258-2925-483E-AAED-44A27DE3F475.png

皆にバレてもなおアイドルとして在りたい自分の気持ちを吐露する良いシーン



しかも嫌ぁ〜な連中に仲間の将来を脅かされ、ファンへの誠意も込めて告白した彼とは違い、僕のはただ自分が楽になりたかっただけだった。それがこの漫画を読んで僕が苦しむ本当の理由なんだろう。僕に彼ほどの勇気や仲間の支えがあったなら、男だなんて告白せず墓まで嘘を持って行けただろうか?そんなどうしようもないタラレバに溜息を吐いてしまう情けない自分に、力なく笑う以外の術を僕は持たない。

5D00D789-47A5-41E3-84B9-4C1CA888BC85.jpg

いつも狡い登場の仕方をする秋元Pのような支えがあったら心強いことだろう





フィクションとは誠に甘美で残酷なものだなぁとしみじみ思う






マガメガ AKB49〜恋愛禁止条例〜

吉永寛子Twitter





posted by lain at 07:01北海道 ☔漫画

ノンケに友情を求められた時、ゲイはどう応えるのだろう?....なんて思った「青春♂ソバット1〜4完」黒娜さかき/小学館/感想

この時期のGWとはゴールデンウィークのことだけど、人によっては「ゲームウィーク」「ゲーム&ウォッチ」「ガンダムW」「ここはグリーンウッド」「ゲートウェイ」「ギガワット」まで連想する人も居るに違いない。


僕なんて連休中にこの漫画を読んでいたら「ゲイのウィークポイント」の略でも良いなと思ってしまった(真顔)


青春・ソバット 1 (IKKI COMICS) -
青春・ソバット 1 (IKKI COMICS) -




何せこの漫画、開始早々キスシーンで始まるから面白過ぎた。ゲイの高校生が自分のことを好きであろう女生徒の前で、お節介な同級生の男子(自分と女生徒の仲を取り持とうとする阿呆)に嫌がらせのキスをするというシーンなのだけど、あまりにもガッツリ始まるBL展開に笑うしか無かったw


IMG_4162.jpg

パンを咥えて交差点を曲がったら運命の相手と打つかるくらいの確率であり得ないぶちゅ〜がサイコー

IMG_4159.JPG






しかもそんな目に逢いつつも、半ば意地になってゲイの同級生と友達になろうと頑張る、馬鹿に人懐っこい男子高校生の流され方が地味にリアルというか、こういう奴いるよなぁ〜と普通に思ってしまった。最初は女の子にしか興味が無かったその男の子が、魔性の同級生(♂)相手にどんどんその気になっていく過程は実に生々しいと感じたが、自分がそういう生き方をしているわけでは無いため、実際にリアルなのかどうかは分からない。ゲイの高校生にしても、かなり捻れた生き方をしていて、何処ぞのおじさんと肉体だけの関係をずるずると続けていたり、本当の父親とも知らずに気を惹こうとあの手この手で誘惑したりしだすから、流石に高校生でそれは無いだろうと思ったりもした。でも普通に中高生くらいで性的な経験をする男女もいるのだから、こんなゲイの高校生が居ても可笑しくは無いのかも?.....


IMG_4144.JPG

ゲイとノンケが深く知り合うのは相当難しいんだろうなぁ.....





結局2人は紆余曲折を経てゲイとノンケの友情を育み続けた結果、性別で測れない愛情に行き着くことになるわけだけど、本当にこれをIKKIで連載していたのか?と思うくらいBLだったので、正直苦手な人には勧められない本だ。ただオノ・ナツメさんの絵のティストが好きな人、汚れたネタで笑える人、自分の捻くれ具合に自信がある人なら、ノンケでもなんでも楽しめるかもしれない。男同士でもここまで求め合えるなら羨ましいと思う人も多いことだろう。



”藪をつついて蛇を出す”そんな言葉が相応しいBLだった。


作者の青さも含め、悪く無い青だ。







黒娜さかき (@rutirutii) | Twitter

posted by lain at 20:57北海道 ☔漫画