思わず連呼するほど悩ましい”ちんぽ”「夫のちんぽが入らない 1巻」こだま(原作)/ゴトウユキコ(漫画)/感想

僕は昔から“エッチ”な漫画が好きだった。


たまたま学校帰りに道端で見つけた漫画雑誌で、婦警さんが強盗犯にあられもない格好をさせられていた(のちに“八神ひろき”さんの「2人におまかせ!」だったことに気づく)のを読んでしまったのを皮切りに、週刊誌のエッチな漫画や、子供向け漫画のエッチなシーンを当然のように通り、中学生になった頃にはエロ本というエロ本を読むようになっていた。


そうこうしているうちに高校になると、男がただ性欲を満たす作品ではなくフェティシズムを求め出していた。姉の影響でハマった“森園みるく”さんのインモラルな世界観や、“柏木ハルコ”さんの女性ならではな性表現の仕方に夢中になったものだった。わざわざ言うのも憚られるが、あれから性欲は減退した。エッチな漫画を毎日のように求めていたのが嘘みたいに、どうしようもなくムラムラするようなことも減り、そんじゃそこらのネタでは“ちんぽ”は立ち上がらない。


でも、ゴトウユキコさんの漫画ほどのネタになると、僕のちんぽも黙っていない。羞恥と本能がローションまみれになりながらも、それを冷静に見つめているような独特のエロ描写がたまらなくツボに入るのだ。今回読んだ「夫のちんぽが入らない」でも、原作付きであるのを感じさせないくらいゴトウユキコさんの持ち味が出ていた。もしかしなくとも原作者の”こだま“さんと相性ぴったりなのではなかろうか?あとがきで繰り広げられた“ちんぽ”合戦も微笑ましい限りだった。









田舎出身の女性が、ずけずけと自分の領分に入り込む男を好きになり、男女の関係に及ぶようになるも、何かが邪魔するかのように”ちんぽ”が入らないというタイトル通りの話なのだが、笑いとエロと切実な悩みのバランスが絶妙で、エロをちゃんと描いた純愛物といった雰囲気が実に良い。純愛物というのは案外濡れ場をスルーしたり、綺麗なセックスシーンにしたがるものだが、これくらい泥臭い方が子供の教育に良いような気すらした。


そもそも子供向けは潔癖すぎて教育によくない。根性があればなんとかなったり、頑張れば夢が叶ったり、具体的な根拠が一切ないサクセスストーリーが多過ぎる。もっと必要なこと、そして避けられない事実こそ子供には提示すべきだ。そしてそのために何が必要なのかまでやらないと無責任でしかない。それでなくとも自分の至らない面を他人に転嫁する人が増えている昨今、死刑にして欲しかったとか、誰でも良かったとか、はた迷惑でしかない理由で周囲を害するニュースで溢れている。もうちょっと本当のことを子供に届けた方が、将来何者にもなれない凡人になっても、それを受け入れられる強さが身につくのではなかろうか?





ちんぽの話から一気に説教臭くなったが、言いたいのは”ゴトウユキコ”さんと”こだま”さんのちんぽは最高だというだけである。


ちんぽが有る人も無い人も是非読んでみて欲しいものだ📖



夫のちんぽが入らない(1) (ヤンマガKCスペシャル)
夫のちんぽが入らない(1) (ヤンマガKCスペシャル)



ゴトウユキコTwitter https://twitter.com/gotouyukiko

こだまTwitter https://twitter.com/eshi_ko

posted by lain at 10:03北海道 ☔漫画

訃報で思い出す“黒岩よしひろ”

仕事以上に人へ気を使うことで草臥れた一日が終わり、ぼんやりTwitterを眺めていたら懐かしい名前が飛び込んできた。漫画家”黒岩よしひろ”の名である。



ED4A12CB-9D07-4076-9A92-0373712A8AEF.jpg
何故か手元に残しておきたくなる作品だった




正直熱心なファンでもなく、すっかり忘れていた。「鬼神童子ZENKI」が月刊での連載だったこともあって(当時ジャンプの月刊はたまにしか読んでいなかった)、自然と彼の漫画を読まなくなり、不思議ハンターも段ボール箱の奥底に仕舞い込んでいた

E99AA8C4-BA0B-45E5-9667-3B966CDAA601.jpg


今読むと非常に苦しい設定だし、不思議ハンターと名乗るのも非常にダサい。孔雀王のようなバケモノ退治物の流行が伸び切った時期の作品だから、独自の色を出すのも大変だったに違いない。

何処と無く特撮物を匂わせる装い(表紙だけ描き込みに力が入ってる)の脳筋主人公と、そのお守役で健康的な可愛さの妹とのコンビが、なんだか分からないけど好きで、ちょいちょいお色気があったのも嬉しかった。最近はアダルト向けや表紙の段階でアウトだろと言いたくなるような漫画を描いていたようで、絵柄はだいぶ変わっているものの、趣味全開の大味な作りは相変わらずで意外と楽しめた。






久々に見かけた名前が訃報を知らせるものだったのは残念だが、同窓会気分で新旧作品を読めたのは良かったかもしれない。

このご時世に頑張っていたベテランが還暦も迎えず亡くなるのは寂しい限り。お疲れさまでした...





黒岩よしひろTwitter https://twitter.com/kuroiwa_yoshi
posted by lain at 06:55北海道 ☔漫画

僕にとってのピアノの神様は彼女のことだった「神童」さそうあきら/双葉社/感想

この春から放送を開始したアニメ「ピアノの森」は、天才的なピアノの才能を持つ野生児のように元気の少年が、その素質を見出されピアニストとして成長していく物語で、とても素直なドラマ作りなのにピアノに関しての描写も細やかだから面白い。原作は書店の平積みでしか眺めたことがなかったが、評判の良さも頷ける内容だと思った。



ただ、この手の天才的子供のピアニストの話になると、僕は”さそうあきら”氏「神童」について触れずに居られなくなる。正直初めて絵で音楽を感じた作品だったと思うから。

IMG_7810.jpg




耳だけは良い音大を目指す浪人生”和音”が、野球のボールを探しにきた少女”うた”と出会い、野球以上に上手い彼女のピアノを知って弟子入りまでしてしまう話で、”うた”の物怖じしない姿から、ぽろりとこぼれ落ちる子供らしい一面であったり、彼女と関わっているうちに生き方そのものが変わって来る和音の泥臭さであったり、二人の身の回りのドラマが展開していく。

IMG_7809.jpg
淡い恋心の描写も痺れる



うたのお母さんの苦労話や音楽業界の嫌らしい面であるとか、”さそうあきら”さんらしい生活感溢れた脚色が個人的に凄く好みで、終盤の辛い展開だけでなくピアノに関係無さそうな野球ネタで埋め尽くされた序盤ですら大好きだった。うたの前に現れる巨匠たちがピアノのこととなると子供っぽくムキになってはしゃぐ様子なんかも最高に面白かったものである。


IMG_7813.jpg
IMG_7806.jpg
IMG_7807.jpg
ピアノの森の阿字野先生とはえらい違い





漫画なのだから実際にはピアノの音など聴こえないし、ぶっちゃけショパンの革命エチュードがどうのとか言われても、どんな曲だったか直ぐに分からない(知らない)

でも、確かに何かが聴こえた気がした。

うただけが奏でる音楽が


IMG_7808.jpg
IMG_7812.jpg








続きを読む

posted by lain at 07:20北海道 ☔漫画