お別れまであと1冊......「ψの悲劇 The Tragedy of ψ」講談社/森博嗣

無料ゲームをやるようになって、どんどん読書量が落ちている私は、Gシリーズの新刊ですらようやく読み終えた。




Gシリーズは森博嗣さんのデビュー作である「すべてがFになる」から連なるサーガの一つで、所謂S&Mシリーズを引き継ぐような形で若い世代が事件に巻き込まれていく物だったわけですが、シリーズも終盤になって時系列が進み、今やWシリーズではないか?と言わんばかりのSF展開を迎え、執事が主人公の古典的なミステリーが始まったと思っていたら、今現在の科学レベルとウォーカロンと呼ばれる人工生命が当たり前に闊歩する未来との溝を埋めるものへ変化し個人的に凄く楽しめました。

流石にそろそろGシリーズとして扱うには無理があるような気もします。Wシリーズで過去話をやるなら、絶対本作がぴったりなことでしょう。初期のウォーカロンが抱えていたであろう想いと、それらを作り上げた人間達の狂気がとても印象的でしたから。ここまで遠い未来へ到達してしまった今、どのようにシリーズを纏め上げるつもりなのでしょう?もはやGシリーズとは言えないとか野暮なことは言いません(今言ってた)、天才に近づく喜びと恐怖の両方を存分に味わえればファンとしては万々歳です。

というか、後期三部作の前座である2作品の出来栄えを見る限りでは、絶対に最終巻も面白いでしょう。僕らは勝手に真賀田四季と森博嗣さんに弄ばれに行きます。





9月で足掛け14年目。「ωの悲劇」は読みたいかれど、次が最後かと思うと寂しさは否めません。

森さんのシリーズの繋げ方はサービス精神旺盛なので、思い入れのあるキャラが多すぎて別れが重いです.....







posted by lain at 07:22北海道 ☔小説

今の自分の気持ちに”感慨無量”とサブタイ付けたい「アルスラーン戦記」田中芳樹/光文社/感想

お話の性格上”いつまでも終わらない”のではなく、普通に続きが作られないから”終われない”作品は数多く存在し、作者の寿命の方が先に終わりを迎えるなんてこともザラだったりするから、たとえ30年の歳月がかかっていようとも、ちゃんと完結させてくれた田中芳樹氏には感謝しかない。







僕がアルスラーン戦記を読み始めたのは、中学生の頃だったと思う。深沢美潮さんの「フォーチュン・クエスト」でラノベ(あの頃はラノベなんて言葉は一般的では無かった)の面白さを知り、渡邉由自さんの「聖刻の書」や藤川桂介さんの「宇宙皇子」と共に「アルスラーン戦記」にものめり込んでいった。

始めは子供らしく、表紙の絵(天野喜孝さん)と印象的な四字熟語のサブタイトルに惹かれて手にとった。カタカナのタイトルでは本が売れないと言われた時代だったそうで、苦肉の策ではあったのかもしれないが、 ”王都炎上” ”王子二人” ”汗血公路” などなど、タイトルを読んだだけでドラマを感じさせる良い苦肉の策だったと思う。

勿論見た目だけでなく内容も面白かった。物凄く強そうな王様と軍隊が呆気なく敗北し、頼りなさそうな王子が”戦士の中の戦士”と呼ばれる男と自称画家の軍師を仲間にして、次々と戦に勝利し故国を取り戻してゆく様は、どんなサクセスストーリーよりも当時の僕を高揚させた。



ところが、アルスラーン戦記の中でイレギュラーな存在である伝説の化け物ザッハークの復活が臭い出したところで、プツっと新刊が出なくなった。最終巻”天涯無限”刊行時のインタビューによれば、大人の事情で7年、作者の事情で6年書けない時期があったというのだけれど、あの頃の僕にそれを知る術もなく、待つことすら忘れた頃に書店で角川版最後の新刊を見つけた時には、完全に前巻の内容を忘れていた。カッパ・ノベルスに移り、今度こそ完結へ向かうのだという甘い望みも13巻で一旦挫けた。なにせ来る日も来る日も14巻が出ないのである。自然と「もう完結するまで読まない」と心に誓うようになっていた。

この停滞の流れが変わった(ように見えた)のは、荒川弘さんによるコミカライズが始まってからだろう。田中芳樹さんが”こいつはうかうかしていられない!”と思ったかどうかは分からないが、良い意味で刺激にはなったようである。そこからは順調に書き下ろしが進み、去年の暮れに最終巻が刊行。お陰でこちらとしては読まないわけに行かなくなった。勿論内容を忘れているから1巻からの読み直しだ。

基本的に読書の時間はお昼休みと決めている。最近は無料ゲームもこなすため、せいぜい15分程度の読書量。だから5ヶ月近くかかってしまった。他の本は一切読まず、ただひたすら来る日も来る日もアルスラーン戦記を読む生活は、正直言って幸せな時間だった。子供の頃に読んだものは、大抵思い出補正の範疇を出ず、大人になってから読み直すと粗が目立つものだが、そんなものはまるで感じないまま楽しんでいた。

僅かに引っかかったことと言えば、無数の死に彩られた終盤の乾いた感じ(わざと露骨な泣きではなく、突き放した感じで書いたそうだ)や、ザッハークの正体の明かし方が微妙だったことくらいで、それすらエピローグの余韻で消し飛んでいった。死を軽々しく使うのは愚の骨頂だが、いつも死の先に生を残してくれる田中先生は、けして死の安売りはしていないなと改めて思った。





”生きる”とは心臓が動いている状態のことを指し示すのではなく、己が信じる道を征くことを”生きる”と言うのではないのか?

どうせいつかは終わる命なのだ、ならその命をお前ならどう使う?"


そんなアルスラーンの声が聞こえたような気がした。







posted by lain at 07:15北海道 ☔小説

とうとう未踏破のアルスラーン戦記へ....

最近ちっとも本を読んでいない気がしてならない。

それもそのはず、ずっとアルスラーン戦記を読み直しているからだ。



中世のペルシャをベースとした架空の国”パルス”王国を中心に繰り広げられるヒロイックファンタジー小説として発表されてから、30年以上経た今なお大愛される本作、一時期は絶筆同然だったものの、ここ数年心を入れ替えたかのように未完の作品に着手していた作者である田中芳樹氏のおかげで見事完結。そいつは一大事だと焦って読み直し始めたのは良いが、あの頃のように1日に何冊も読めるほど時間も体力も気力も湧かず、3ヶ月まるまるかけてようやく角川版にあたる「妖雲群行(10巻)」まで読んだ。

訳ありの王子が心強い仲間と占領された王都をようやく奪還し、新たな王として確かな国内地盤を固め出した矢先、人ならざる存在が平穏を脅かし始め、未だ不穏な動きのある周辺諸国の相手をしつつも、泣く子も黙る化け物にも対処しなければならなくなって行く....という新展開の中、その訳あり良い子ちゃん王子とは対照的に前進出来ずに居るもう1人の王子(ヒルメス)が不憫で不憫でついつい応援してしまっていた。

どうせこんなブログに迷い込んでしまった人なら、アルスラーン戦記をかなり知っている方であろうし、どんどんネタバレで話してしまうが、このヒルメスさんと言うのははアルスラーンの父でパルスの王であったアンドラゴラスに父共々殺されかけたと信じ込み、邪悪な者共の力を借りてルシタニアという貧乏な国を焚きつけパルスの王都を占領させるのに成功するも、アルスラーンを補佐するナルサスやダリューンにことごとく負け続け、自分を信じた部下を自らの不甲斐なさで損ない這う這うの体で最愛の人とパルスを去るのだが、その最愛の人まで病で失い、野心以外の全てをなくした彼は、またも他国の手を借りてパルスに手を出すが一度の判断ミスで大敗し、自分の偽物が出回っている国へ命からがら転がり込み、別人になりすまし国を乗っ取ろうと懲りずに画策している御仁である(10巻の段階では)

一息で語るには少々無理があるほどのトライ&エラーな彼の人生。世が世なら偉大な王になっていただろうと敵にすら同情される始末。“承認欲求”を持て余す人間にとっては、品行方正なアルスラーンよりも身近な存在で間違いない。



いよいよ知らないエピソードへと足を踏み入れるが、王道を征くアルスラーン共々ヒルメスのことも心の片隅で応援し続けて行こうと思っている....
346F0319-E9BB-4918-99F6-B4B7A49C8EB9.jpg
posted by lain at 07:19北海道 ☔小説