許せぬ真実、許せる嘘「神はいつ問われるのか? When Will God be Questioned? 」森博嗣(著)/講談社/感想

人間は暇さえあれば嘘を吐く。家族に上司に友達に。

心の構造上まるで嘘を吐けない人も稀にいるが、基本的には自覚無自覚を問わず誰でも都合に応じて嘘を利用している。幼い頃は”それ”自体に罪があるかのように、嘘塗れで矛盾した大人を蔑み「自分はそうはならない」と思いたがるものだが、結局のところ同じ穴のムジナだったのだなと知る日が来てしまう。

果たして”嘘”は存在してはならないのだろうか?巧妙な嘘より、拙劣で「嘘だろ?」と言いたくなる本当の方が余程害悪ではないのか?少なくとも本当だけで全てを回そうとしたら、人間社会は今以上に雁字搦めで円滑に進まないことだろう。誰かが嘘を吐くことで、何億もの人類が狭い地球で共存することが叶っているのだと断言できるほどに。要は嘘も本当も使い方が大事なのだ。

中国のみならず広がりを見せている新型ウイルス関連のニュースにしてもそう、本当に心配が必要ない状況であるなら、ハッタリでも「大丈夫」と政府は言うべきである。間違いなく季節柄流行るインフルなどの比ではない致死率(中国で2%前後)ではあるが、ここまで拡がってしまったなら恐れず乗り越える(感染して免疫つける)しか無いとさえ思う。一生家の中に引き籠もっているわけにもいかないのだから。



本書のようにリアルな仮想空間が存在する社会であれば、こんな鬱陶しいニュースを目にすることもなく、延々と現実逃避していられるのだろうか?いや、生身があるうちは”ままならない”ことの方が多いに違いない。アリス・ワールドという仮想空間で突如システムがダウンし、強制的にログアウトさせられた人の中には悲観のあまり自殺してしまう人まで出てしまうという展開にも妙な現実感が有り、仮想世界だからと云って終わりが無いわけではないのだと改めて思った。






攻殻機動隊以後、そんな風に言いたくなるほど現代日本人は仮想空間への憧れが強い。現実での身体的な差を仮想の中でなら埋めることが出来るし、執着心があれば特別な存在として周囲に認められることも可能だからだろう。しかし、実際にはリアルだろうがヴァーチャルだろうが、埋めることの出来ない差は生まれる。それは金銭的にもそうだし、純然たる頭の出来でもそうだ。場所が変わっただけで優劣は消えはしない。隕石が落ちれば終わる世界と、電源が落ちれば終わる世界と、果たしてどちらが信用に足る世界なのか?

仮想空間を管理する人工知能とのやりとりで、何が望みでこんな事態を引き起こしたのか聞き出そうとする主人公達に突きつけられる呆気ない現実。それを少し寂しいと感じてしまった僕は、きっと仮想世界に生きてみたい人間なのだろう。そして人の手を離れた存在が引き起こす大惨事という物語は数多あるにも関わらず、意志を持った人工知能が居て欲しいのだろう。嘘みたいな本当だらけの世の中じゃ、本当みたいな嘘の需要が高いのも必然に違いない。




人は嘘が大好きである。僕も森博嗣さんの嘘が好きだ。木を隠すなら森の中、でもないが、延長線上にある社会に現在を盛り込む匙加減がなんとも云えない。嘘を許容出来るかどうかは、吐き手の技量にかなり左右されるものだ。政治家だってそう。詰めが甘い人の嘘ほどガッカリさせられるものはない。

限りなく本物に思える嘘が欲しい。それが僕の本質で、それが人間なのではなかろうか?
posted by lain at 07:13北海道 ☔小説

感想でもない感想ですまん「それでもデミアンは一人なのか? Still Does Demian Have Only One Brain?」 森博嗣(著)/感想

ほんの数年前までは、昼休みオンリーの読書とはいえ2週間に一冊ペースで小説を読んでいたというのに、すっかりひと月に一冊ほどになってしまったこと、そして18年ぶりの新刊が出た十二国記を優先したことにより、大好きな森博嗣さんのWWシリーズを今更1冊読み終えた。




人と人そっくりの人でない者と、人以上にこの世界のことを考えている存在とが絡み合う未来のお話であるWシリーズ。ファンならば誰もが通る百年シリーズとも地続きだからと云うだけでなく、独立したSF作品として普通に興味深く、その続きがWWシリーズとして読めることが本当に喜ばしい。高度に成長した科学技術と医術により滅多なことでは人が死ななくなり、出生率も閑古鳥、人類の時代は終わり新たな存在がそれに代わって行くのが自然なのではないか?という一貫したテーマに触れていると、地球に蔓延る癌細胞同然の人類の先にあるのが絶滅でもまるで不思議ではないなと感じてしまう。

とかなんとか書いていると、ハードSFみたいであるが、実際には緩やかに死を待つ世界的な雰囲気と、厄介ごとに巻き込まれる主人公達のほんわかするやり取りがなんとも言えない柔らかさを醸し出していて、どんなトラブルが発生しても決して深刻過ぎるものにならない。タイトルにもあるデミアンという存在が巻き起こす今回の騒動も、悪い者が無意味に残虐な罪を犯す物とはまるで違う。この辺りの調整の巧さが森博嗣さんの凄さだろう。ついでに云えば新生活に合わせ名前を変えた例の2人の掛け合いも夫婦の域に達していて幸せな気分になった。妬ましいだけが幸福ではないぞと殴られたみたいだった。



良い気分のまま続きを読みたいけれど、今年こそは終わらせたい「宇宙皇子」をあえて挟むことにした。森博嗣さんの無駄無く効果的な文章の後に藤川桂介さんの本を読むと無駄だらけに感じて苦行と化している。だがこれはもう意地だ。此処まで(正伝だけで全48巻。現在40巻目....)読んでおいて最後を知らないだなんてのは嫌だ。

今年と云えばついでにもう少し読書量を増やしたい。同じゲームや課金ゲームばかりしていては心だけでなく財布が死んでしまう。もっとマトモな人間になりたい。



マトモの定義はそれぞれだが、自分にとってのマトモを目指す事は、きっとマトモなはずだから......
posted by lain at 19:47北海道 ☔小説

年の瀬に思い耽るは未熟ゆえに出逢った「フォーチュン・クエスト」の日々

その昔僕は、文字ばかりの本が好きでは無かった。堅苦しく並ぶ文字を眺めていると窮屈で、しかも漢字が不得意だったから(今も書くのは苦手)物語に没入出来ず、スタートラインにも立っていない状況だった。

それが変わって来たのは小学校も高学年になってからだろうか?ありがちに挿絵が多めの伝記物を好きになり、学園探偵物のような定番にも手を出して徐々に活字への苦手なイメージは和らいでいった。そして図書室で借りるような本ではなく、初めて自分で買った小説が「フォーチュン・クエスト」だった。

IMG_2551.jpeg



まだラノベという呼び方が世の中に定着していなかった時代、僕にとってのラノベとはスニーカー文庫と富士見ファンタジア文庫のことで、ロードス島戦記、風の大陸、無責任艦長タイラー、スレイヤーズ、そのどれもが”あの時代”を生きた者が素通り出来ない作品だった。同様にフォーチュン・クエストも然りである。確かな血筋を持つわけでもなく、魔王を討伐するような目標があるわけでもない、普通より少し頼りない連中が些細な冒険の日々を自分たちなりに精一杯やっていく姿に癒され励まされ、自分も一緒になって冒険しているような気分になれる良い作品だったのだ。当時何が面白いと感じたかと言えば、兎に角冒頭の人物紹介から面白かった。主役である詩人兼マッパーのパステルの語り口調で全編書かれているのだが、紹介文でも『私の素敵な仲間達を見て!』と言わんばかりの書き込みで既に笑えてくる。これを考えていた時の深沢美潮さんの楽しそうな顔が浮かぶというものだ。イラストを担当する迎夏生さんのコミカルで優しい色使いも相まって世界観もイメージし易くファンタジー入門としても相応しかったと思われる。世界観の話で云うと、レベルが上がり難い設定なのも新鮮だった。ファミコンのドラクエであれば、あっという間に達するレベル5すら、フォーチュン・クエストの世界ではパーティー総出でお祝いするほどの出来事なのである。一つ一つ、地道に積み重ねて行く感じが、更に親近感へと結びついていたのだ(TRPGに馴染みのある人ならば、それくらい当たり前の感覚なのかもしれないけれど)

IMG_2547.jpeg
竹アーマーの作り方から
IMG_2549.jpeg
細かなステータスまで。ルーミィは本当に可愛いw 




そんなフォーチュン・クエストが本当の本当に完結するらしいと聞いた。”新”が付くようになってから読んでいない身としては、ようやくなのだなと思った。丸々30年を超えるシリーズ展開である。ラノベもとうとうここまで続く時代になったのだ。番外編を除き、発売予定の最終巻で39冊。これは名だたる作品に並ぶ巻数になる。書きたいだけで続けられるレベルではない。作者の労苦は言わずもがなだが、これまでずっと読み続けて来た読者達の熱意に対しても尊敬の念を禁じ得ない。いずれしっかりと腰を据えて1巻から読み直したいものである。






何処に行くにも持ち歩いていたフォーチュン・クエスト。病気がちだった小学生の僕は、一人で病院へ行き待合席で必ず読んでいた。一度目の前に座った女の子が同じようにフォーチュン・クエストを読んでいるのを見かけた時は、嬉しいやら恥ずかしいやらで、なんとも言えない気分になった。あの頃漫画でも小説でも表紙を外して読む癖があったため、相手には気づかれなかったものの、誰かとパステル達の冒険について語り合えていあたなら、もっと違う読書体験になっていたかもしれない。

自分が好きだからこれ以上の物は無いだなんて云うつもりは毛頭ない。ただ、皆にとってのフォーチュン・クエストが存在したら良いなとは思う。活字は怖く無い。しんどいものばかりではない。読めば読むほど読みたくなる友達なのだ。付き合い方一つで必ず自分の為になることだろう。まるで読めなかった人間が言うのだから間違いない。




深沢美潮先生、30年もの間、本当にお疲れ様でした。楽しいばかりで終われないこともあったでしょう。

貴女のお陰で本を人並みに読める人間になれました。本当にありがとうございます

IMG_2550.jpeg
posted by lain at 15:48北海道 ☔小説