2017年10月23日

嵐が去って、嵐がやってくる

解散の理由がよく分からない選挙が終わった。

結果は当初の予想通り。というか、メディアの伝えるイメージがそのまま民意になったかのようだった。卵が先か、鶏が先かは、解散理由と同じくよく分からない

今回の解散総選挙は、ここ1年ほどで急速に高まった安倍総理や、その周辺への不信感と、彼のやってきた政策とを天秤にかけるような選挙になるはずだったが、選挙開始前から私利私欲の皮が突っ張った野党の失策が相次ぎ、始まる前から終わっていた。特に小池百合子と心中することになった連中は目も当てられない。彼女のお陰で女性初の日本国総理大臣という肩書きの誕生は、まだまだ先のことになりそうだ。

僕は正直何処の誰が政権を取ろうが構わないと思っていた。安倍政権の恩恵もまるで感じていないし、阿呆でも野党の発言力が強まるのも悪く無いと考えたのだ。しかし、現実はそう簡単では無かった。あのごたごたを見て野党への淡い希望は消え、でも自民を信任する気にもなれず、しかも自分の選挙区の候補者など、まったく投票する気にならない政治家が立っている始末.......僕は無駄としりつつも、白票を投じに投票所へ行くことにした。これも民意の一つであると信じて。




今回の選挙で思い知ったのは、国政に関する選挙を各地で行う虚しさである。たとえ衆議院であっても、各地の意見を真摯に聞き国政に反映させる、という考えからすると各地から候補者を擁立するのは確かにわかる。しかし、今回の希望の党などは、この選挙の為だけに地元ではない人を各地で立候補させていたし、いくら投票したくとも嫌な人しか立候補していない地域の人は思い通りの投票すらままならないのだから、ネットで全国各地の誰にでも投票出来るような仕組みが望ましいと思った。

ついでに言えば比例云々というのも要らないし、議席ももっと少なくて良い。なんなら都道府県ごとに1人でも良いだろう。各地の意見も選ばれた議員の下に、それを補佐する連中を置いて対応させれば良いだけの話だ。重要な案件はネットの国民投票でOKだ。現実的にはまだ無理だが、スマホやネットを当たり前に利用している世代がもっと上の年代まで広がる10年20年先には、きっとオンライン投票が普通のことになっているに違いない。





暫くは選挙の文字は見たく無い。アニメの推しキャラで言い争うどころの話じゃ済まないほど、候補者も有権者も私利私欲を丸出しで嫌な気分にしかなれないから。

皆がアイドルやシンクロの選手のように生きられれば良いのにと時々思う。水上では最高の笑顔を振りまき、誰からも見えない水中で醜く足掻く方が、TVで侮蔑の表情を浮かべる自称”私は頑張ってます”という人達より美しいでしょう?.....



こんな選挙では誰を讃える気にもならないが、この台風が凶兆で無いよう祈っている




web拍手 by FC2
posted by lain at 06:58 | 北海道 ☔ | 日記 全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年09月12日

地震雷家事は俺

母がひと月ほど前に入院してから、嫁もいない僕はひたすら台所に立っている。
拙い包丁さばきで出鱈目に食材を刻み、感とネットをあてにして、来る日も来る日も自分の血肉になる物を作るのは楽しいやら辛いやらで大変だ。

4AC032F3-083C-46F3-9D92-87B440504783.jpg
9D757BCC-C45F-4B2B-9022-033EC141E912.jpg
家庭菜園から採れるトマトを持て余し、トマト三昧🍅
9CC0EC65-3741-42AD-897E-7B9236B3832F.jpgCA16D60D-7858-49CE-8580-EB3BCCD48E18.jpgC142BFF5-9560-4DFA-90DD-CB3D3552F16A.jpg
貰い物のメロンだの豆だの
73138A74-5F23-4ED9-9D05-CE54BA0A0546.jpg
冷凍庫の残り物汁
4ED3C99D-0A06-4231-BACF-BB50B2428AE0.jpg
父上にも振る舞った豚骨醤油ラーメン
EB8D5345-91F2-4A6D-919C-799420E4FB94.jpg
得意?のてきとーな炒め物
448EC2F6-2388-4151-8238-489F384091DB.jpg
94DE4EBD-0519-4680-BD78-ED77D1E084B0.jpg
もう見たくないくらい食べたトウモロコシ....





何が大変て、普段あまりやらないため要領よくやれないという事と、この食材とこの食材があれば何が作れるか?という引き出しがほぼ皆無なこと。そして、なんでも買い溜めして冷凍庫に放置してしまう母の遺産をどう活かすかに思い悩むのが辛い。だいたい平均して19時半前後にしか帰宅出来ない中、これらをこなすのは"しんどい"の一言。

必然的に夕食の時間も遅くなってしまうし、朝はまた6時前に起きて準備がある。お金さえあったら毎日外食もしくはコンビニで済ませる人の気持ちがよくわかる........

必ずしも女性である必要はないけれど、誰かが余裕をもって家庭のことをやれる環境というのは貴重だなとつくづく思った。




今夜はカップ麺でいいかな......いいよね?
web拍手 by FC2
posted by lain at 07:43 | 北海道 ☔ | 日記 全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年08月24日

生者と死者の日

あと1時間もしないうちに8月24日と云う日も終わってしまうが、小島秀夫監督の誕生日であり今敏監督の命日でもあった今日のうちに、偉大な2人の監督の作品を振り返る暇は無さそうだ....





小島秀夫監督と云えば、ゲームクリエイターなのに”監督”とは如何に?と、今でも思う方が多いかと思うけれど、一度でも小島氏の作品を遊べば、何故監督と呼ばれているのかが良く分かるに違いない。今でこそ『映画的』なゲームと云うのが当たり前になったものの、小島監督は何十年も前からそれをやり続けているのだから大したものだ。しかも、長く続けているだけでなく、しっかりと国内外で⤴の評価まで付いて来ているのだから申し分ない。

僕が初めて小島監督の作品に惹かれたのは、PC版のポリスノーツだった気がする。美麗なアニメーションのムービーも魅力的だったが、浦島太郎状態の私立探偵が元は宇宙飛行士で警官でもあるという設定が更に良かった。残念ながら、うちのPCの環境では遊べなかったため、コンシューマに移植された時は本当に嬉しかったものである。そこから先は言わずもがな、メタルギアシリーズにどっぷりだった。




僕は幼い頃から夢を見ない日がまず無かった。内容も鮮明に覚えており(ここ1、2年はあまり思い出せなくなった)それこそ夢か現実か分からなくなるほど目覚めても後を引いた。毎回心地良い夢というわけもなく、大抵は心を抉られ疲労感ばかりが残る内容なのだけど、時折このまま目覚めたく無いと思えることもあって、夢を見ること自体は嫌いじゃ無い。

そんな、良いことなのか悪いことなのか分からない夢の世界を、現実の世界で表現するのが物凄く上手かったのが今敏監督でした。見ているこちらが、どんどん監督の思う壺にハマっていく感覚は、ある種快感であり恐怖でもあり、得も言われぬ不安感が付き纏う展開に、もっともっとと癖になった。

享年46歳。まだやりたいことがあったろう。出来ることならやらせてあげたかったものだ........











人間には自分の意思だけではどうにもならない限界がある。その限界を引き延ばすことは可能だが、それを永遠には出来ないだろうし、もしも永遠に思えるほどに限界を延長出来たとしても、それが幸せに直結するかどうかは分からない。ただ一つ言えるのは、永遠に近付こうと自分にやれること、やりたいことに夢中で取り組めたなら人生も悪くないだろうということ。


生まれたからには生きる、生きたい


そんな想いが溢れている(いた)人こそ愛したい。だから、僕が生きているうちは、2人のことを語り継いでいきたいものだと思った。
web拍手 by FC2
posted by lain at 23:16 | 北海道 ☔ | 日記 全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする