期待せずに買った万馬券が当たったくらいの意外性?!『Apple Music』

Appleの恒例カンファWWDC 2015で音楽ストリーミングサービス”Apple Music”が発表された時、全然興味が湧かなかった。聴きたい曲より興味の無い曲のために無駄にお金を払わされることになるに違い無いとさえ思っていた。

ところが実際使ってみると、これが案外良いかもしれない。


すっかり音楽アプリの様相が変わってしまったから、自前の曲を再生するだけでもおぼつかないし、あれこれ追加された機能を弄っていると当初の目的を見失い広大な原野で途方にくれているような感覚にもなってしまうけれど、散々使えないランダム再生にウンザリしていた僕からすると、この選択肢の多さは非常に刺激的。自分の好みから診断して曲を選ぶ手段が兎に角多い。

簡単な質問に答えて行くと、それに応じてプレイリストを組んでくれる"For You"や、今の気分にぴったりなプレイリストを探せる”NEW”、まったく新しい世界を見つける扉として昔から重宝されている”Radio”、登録した好きなアーティストの情報を見れる”Connect”など、様々な角度から音楽を楽しめる。

IMG_8198.jpg

IMG_8200.jpg







そして、これらのサービスを利用するうえで、もっとも便利になりそうな機能が”ステーションを開始”。自分の持っている曲でもRadioでも関係無く、あ!こういう曲を今聴きたい!と思った時この機能を利用すると、似たような曲を次々と勝手に選曲してくれるから開拓下手な人でも気軽に新しい音楽の世界を見つけられるし、今まで膨大な曲の中に埋もれさせていた自前の曲の良さを再発見することも出来ます。

IMG_8199.jpg
※再生中に☆を押すと、更に自分好みの選曲を楽しめるようだ




しかもこれらの機能で発見した曲はマイミュージックに登録することも可能で、自前の曲と一緒にリスト管理まで行えるというのがまた便利。いよいよ曲単位で買う機会が減って行くのでは無いだろうか?

ただ、なにぶんストリーミングであるので、Wi-Fi環境に無い場所で楽しみには注意が必要かもしれない。今時はソーシャルゲームやLINE、Twitterなど回線を使うコンテンツが多いですし、直ぐに通信速度を制限されてしまうことでしょう。




プレーヤーには改善が必要かもしれないし、邦楽のラインナップに関しては弱いけれど、自分の好みの世界を膨らまし、ついでに新しい世界の扉も開いてみようか?と、音楽の開拓に前向きになれるサービスになりそうだ。









posted by lain at 06:50北海道 ☔Comment(0)Apple

許すまじMac◯eeper!!!〜Mac向けアドウェアはこいつでイチコロ?〜

 つい先日、久しぶりにMacの”Time Machine”を使いました。

 少し前に、うっかりインストールしてしまったMacKeeperを、思い出したかのようにアンインストールした途端、変なサイトを覗いているわけでも無く、普通にSafariでブラウジングしているだけで勝手に何処ぞの広告サイトがタブで開くようになり、何をどうやっても直らないうえツールバーに組み込んでいる”アドレスと検索”が見たこともない検索エンジンに切り替わっており、いくら設定でGoogleに直しても効果が無い状態になっていました。


 MacKeeper周辺の記事を色々チェックしていたら、大勢同じような目に遭っておりました。通常ならコレで直るはずという手順を踏んでも全然直らないからOSまで入れ直している人もいる始末。僕はあまり古いデータで復元しなかった為に状況が改善せず、なんの為の数時間だったのかと落胆していたのですが、AdwareMedicと言う広告系アドウェア駆除ツールを試したら一発で改善出来ました。

 iPhoneの売れ行きが好調であるが故に、Macも着実に一般ユーザーへ裾野が広がっている昨今、こういったMac向けのアドウェアも増えているのが実情なのでしょうね。今後はもう少し慎重にネットを渡り歩きたいと思います。




 それにしても腹ただしいのはMacKeeperであります。実際に問題を引き起こしたのはMacKeeperで無かったとしても、原因を作っているのは間違いありません。

 しかも何が一番許せないって、Macのメンテやアンチウィルスを謳っているソフトでありながら、環境を荒らしているだけと言うこと。これだけ被害者がいながら何故にまだ商売を続けられているのか不思議でならない。


 MacKeeperだけでは無いけれど、こんな怪しい連中が蔓延る世界を幼い頃から経験している子供達は、一体どんな大人に成長してゆくのかさえ不安になって来る話でした(´Д` ;)







続きを読む

posted by lain at 06:56北海道 ☔Comment(0)Apple

あなたのiPhoneのキーボード、時々固まりませんか?|ヮ・`)

 僕は長年iPhone&iOSと言う快適な「束縛」を選択して来ました。

 正直な話、Androidのような自由過ぎて自己管理が難しい”広い庭”は僕の手に余る物だったからです。

 だいぶスマホを持つ人が増えて来ましたが、まだ持っていなくて興味が有る人にはいつもこう言います。やれることはAndroidの方が多くて自由だけれどiPhoneは不自由と引き換えに『安心』をくれると。

 言ってしまえば親と同居することであれこれと面倒を見て貰える代わりに、小言に付き合わなければならないようなものなんですよねiPhoneは。僕も含めて、結婚もせずリスクの少ない親との同居を選んでいる人が多い時代だからこそ、日本ではiPhoneが良く売れるのかもしれません。



 ところが、その肝心の安心感が僕の中で揺らぎつつあります。

 他メーカーが出してくる新機種のスペックが数値上iPhoneより高く、操作した感じもかなりサクサク動くというハード面での出遅れ感(特にカメラやメモリの面が気になる)がここ数年あるのと、今までのシンプルで直感性溢れる操作性から徐々にAndroidを追随しているだけに見えてしまうiOSの野暮な方向性がどうにも気になってしまうのです。

 それでもiPhoneをやめる気にならないのは、様々な情報を端末同士で共有出来るiCloudの快適さが大きかったわけですが、そのiCloudの関係で今回嫌気がさした出来事がありました。


 WindowsでのiCloudの仕様に関しては分かりませんが、MacとiPhoneのiCloudによる連携では辞書ファイルも共有出来まして、iPhoneで登録した顔文字をMacでそのまま文字入力の際使えたりするわけなんですけど、一時期流行った顔文字アプリ等で登録したもの等が、iOSの度重なるアップデートに弾かれて何かかしらの障害となり、iPhoneでの文字入力がもたつくだけではなく、辞書ファイルを連携しているMacにまで文字入力の際支障が出る事案が起きていました。これは、僕だけではなく大勢が同じような目にあっていまして、人によってはユーザー辞書の項目が消えて変更・削除も出来ないようなことになっていたようです。

 長い時間をかけて育てて来たiOS純正キーボードの辞書を、そう安安と削除するのも憚られ、なんとか出来ないものかとネットで情報を漁りつつも面倒を先送りしていたのですが、つい先日のiOSのアップデートでキーボードが更に重くなったのを期に、ユーザー辞書を全消去することにしました。

 iPhone側で辞書を消去するのは、一つのキーワードごとに1分以上かかる重さだったので、Mac上で顔文字アプリや連絡先に登録していた顔文字とユーザー辞書を全消去し、その後iPhone側でiCloudの解除と、念のためにiCloudのアカウントをログアウト。それからiCloudをもう一度有効にしてログインし直しました。

 これでもう自分が登録した文字は一切出なくなりましたが、iPhoneもMacもキーボードがフリーズするようなことともおさらば出来て良かったです。




 今回の不具合は、アップデートしないアプリ側の対応の悪さもあるわけですし、Appleだけの問題では無いのかもしれませんが、使い勝手がなかなか成長しないiOS純正キーボードをなんとか自分達なりに使い易くしようとした結果の出来事だったので残念で仕方ありません。

 サクサクしたキーボードに戻せましたが、これを機会に純正キーボードはやめることにしました。最初に純正キーボードに異変を感じた時、違うキーボードを使ってみようとiOS版ATOKを買ったものの、フリック入力しか無くて直ぐ様アプリを消していたのですが、”QWERTYキーボード”が追加されているのをTwitterのフォロワーに教えていただいたので、もう一度ATOKを使ってみようと思います。

 使い勝手はかなり良いです。ていうか賢い。予測変換がしっかり成長しているのが実感出来るし、文字を挿入・コピーする場面でも左右のカーソルを使えるから微調整がし易い。更に使い込みたい人向けの操作機能もありますし、実質有料ですがiCloudのように辞書の内容を共有するサービスもあります。


 あえて不満を上げるとしたら、純正キーボードを消してもキーボード変更のボタンが消えないことくらいだろうか?
 IMG_6801.JPG





 この一連のキーボードのごたごたで思ったのは、今までちゃんと面倒を見てくれた親(Apple)が、どうやら自分のことで手一杯になって来たから自分のことは自分でやってくれと言う意識になって来たんじゃないかということでした。

 確かに自分のことはなるべく自分ですべきだし、ほどほどに拡張性が広がるのは好ましいとも思います。

 でも、それじゃあAndroidを選ばない理由が”見た目”だけになっちゃうんじゃ無いですかね?.........




 僕のようにさっぱりしたiPhone3G辺りから使っているユーザーなら、OSのアップデートにも徐々に対応出来て来ましたが、初めてスマホやiPhoneを使う人が、イキナリあれもこれも出来るけれど、やり方は自分で考えて欲しいと突き放して来る端末に付いてこれるのでしょうか?

 iPhoneだけの問題ではありませんが、年配の方も増えて来た今の時代、もう少し自然にユーザーがスマホの活用法を学んでゆけるように、なにかしらの方法で歩み寄る必要が出て来ているような気にもなりましたね(≡ヮ≡*) 





 ATOK for iOS 公式サイト http://www.justsystems.com/jp/products/atok_ios/



 様々な人達の改善方法&四苦八苦↓

posted by lain at 21:12北海道 ☔Comment(0)Apple