iPhone XSの“ここ”に戸惑うおじさんの声

iPhone6s Plusの水没を受けて、初めて”不本意”で買うことになった新型iPhone XSが手元に来てから1週間ほど経った。

正直まだ新しい仕様に戸惑っている。

iPhone XやiPhone8を発売日から使っている人たちは、1年経ってどう感じているのだろう?

IMG_9455.jpeg
久しぶりのツルツル肌触り

IMG_9644.jpeg
若干6s Plusより小さいが、画面表示の大きさはそれほど変わらない



まず最初に思ったのは、この度要らない子とされたLightning端子用のイヤホンが付いて来るものなんだな、というのと、新品の肌触りは最高だということ。赤ちゃんの肌が気持ち良いのと同じで、産まれたてのiPhoneは何処に触れても気持ち良い。ゲームをやるため、直ぐに滑り止めのクリアケースを装備させてしまったが、本当なら裸持ちしたいところだ。

性能に関してはイマイチ実感はない。最近のアップデートで6sレベルでもかなりサクサク動いていたし、ディスプレイの綺麗さも、今時大した伸び代があるわけでもなかった。バッテリーの保ちに関しても噂通りあまりよくない。ただ、カメラに関してはかなり良いと思った。特に夜の撮影が格段に違う。モヤモヤガサガサしたノイズが減り、これなら花火や星空すらそこそこ撮れそうな予感がする。




一番の問題はホームボタンを無くした操作性に慣れる必要があることだ。下からスクロールしようとすると、そのアプリを飛ばしてホーム画面に戻ってしまうことがよく起こる。毎日懲りずに遊んでいるFGOも、このホームボタンの代わりに配されたホームバーの影響で、せっかくの大画面を活かし切れておらず、それほど画面のサイズは変わらないのに、6s Plusよりかなり小さく見えてしまう。利点を活かせるようになれば、また違うかもしれないものの、中年おじさんは1週間程度でホームボタン時代を忘却出来るわけもなく、1年くらいは悩みそうな気がしてならない。

IMG_9643.jpeg
ホームバーがあることで、端まで画面表示出来ておらず、かなり表示が小さく感じた。




業界を先駆ける存在ではなく、他社を追随しているだけの存在になりつつあるiPhoneとApple。トータルの信頼性やバランスは、個人的には非常に良いと思っているので、他社や一部のユーザーに迎合することなく、目から鱗が落ちるような地味な革新をシンプルに届けて欲しいなと願ってやまない。

それでなくとも今のスマホは複雑になり過ぎているわけで、もう一度シンプルさを追求するのも良いのではなかろうか?





次は水没ではなく、本気で欲しいと思った時に買いたいものである。
posted by lain at 07:17北海道 ☔Apple

iPhone水没で思い出の鍵が開いた男

夜中に、いつも通りiPhoneをジップロック(まだ防水仕様を手にしていない)に入れて風呂に入っていると、居眠りしてジップロックが浴槽内に入り、しかもそれに穴が空いていたものだからiPhone内に水が浸入して画面表示にまで影響が出てびびってしまった。

IMG_0913.jpeg


ボリュームボタンの辺りを下にして手の平にiPhoneを振るようにして打つけると、そこには水飛沫まで飛ぶ始末。いよいよまずいなとSIMカードを取り出すための針を探していると、一つのダイヤル錠🔐に目がとまった。


幼い頃、何故か欲しくなり親にせがんで買って貰った物なのだが、今でも普通に開けられるほど繰り返し開けたり閉めたりしていたのを思い出し、iPhoneが水没したことを忘れて独りダイヤルを回しながらニヤけていた。


右に2回目の××、左に2回目の×、右に1回目の××…..


そうして開けていると、怪盗にでもなった気分が味わえたものだ。こんな物一つで幸せな時間を過ごせた自分が酷く懐かしく、羨ましい…..

905EE13F-A403-4E65-8127-3704578D3EF4.jpg








iPhoneは結局買い換えることにした。カメラの調子も悪かったし、新しいのが防水なのも悪くないだろう。


ちょっと残念なのはケースやブルーライトカットのフィルムなどを買ったばかりだったこと。ブルーライトが白内障を云々というのは嘘だという話が出て来ているし、次のXsには暫くそういうフィルムは貼らないだろうが、ケースは滑り止めに欲しいところ。


車の買い替えのため、お金を貯めているところに、計算外のiPhoneの入れ替えは非常に痛いなぁと思った………..


posted by lain at 07:11北海道 ☔Apple

愛Phoneで何が悪い?

日本時間でいう所の昨日早朝、新しいiPhoneが発表された。通常のナンバリングであるiPhone8と、iPhone発売10周年モデルのiPhone Xだ。





iPhoneが発売されたのは2007年。その頃僕は何をしていただろう?今と変わらず仕事仕事の毎日だったと思うけれど、まだ新鮮に感じる世界も周りに沢山あった頃でもあったかもしれない。

あの頃僕はケータイを持っていなかった。友達は少ないし、会社や家族と急ぎの連絡など取りたくもなかったから全く必要性を感じていなかった。しかし、それらに反し膨れ上がっていたのが、当時急速に広まりつつあったネットを利用したサービスの数々を出先でも利用したいという欲求だった。今日中に注文しておきたい物を思いついたり、いついつから開始のネット予約をしたくとも家に帰ってPCを起動した頃には終わっている...なんていう事態が度々起こっていたのである。だから元々気になっていたiPod touchに電話機能が付いて発売されると聴いた時は「これだ!」と飛び上がる思いだった。今までケータイを持ったことがないと話した時のSoftBankの店員さんの興味深そうな顔が忘れられない。

それからというもの、iPhoneは実に良い相棒であった。ジョブズ亡き後の低迷は残念ではあるものの、他に良いスマホがあると聞こうともiPhoneがよほど狂ってしまわない限り使い続けるだろう。




こういうAppleの発表会があると、お決まりの反応が飛び交う。

「高い」「他端末の二番煎じ」「Androidの方が売れている」

何故そこまで目の敵にするのか理解に苦しむような反応も少なくない。とは言え実際その通りだと思う面も確かにある。価格は他に比べ割高だし、Appleだけの個性とは言えない機能を大々的にアピールされても、既存の端末を直に知っていれば冷ややかな反応しか出来ないだろう。だが「Androidの方が売れている」というディスり方は明らかに公平ではない。日本での販売台数ではiPhoneが主流だと言いたいのではない、iOSを積んだスマホがiPhoneだけに対し、Android端末は2015年調べでも世界で2万種類を超えるというのに、Androidの方が売れていないなんて状況になること自体が可笑しいと言いたいのである。

二番煎じと言われるような機能追加に関しても、例えば見た目も中身もイケメンだけど走るのは苦手だった男性が、自己ベストで走りきったことを周囲が褒めている時に、皆の後ろで「俺は去年もっと速く走った」と口にすることになんの意味があるのか?周囲の人はその子の頑張りを褒めているのであって、去年速く走った子と比べているのではない。同じように、それぞれのペースを軽んじ一部の機能だけを取り上げトータルのパッケージの出来不出来を論じないのは、やはり公平とは言い難いだろう。

他をよく知らないまま新しいiPhoneを持て囃す人達も困りものだが、何がなんでもiPhoneを貶めようとするAndroid勢はもっと困ったものである。まるで確かな野党を名乗るどこぞの政党のようだ。そんな暇があったら大袈裟にPRするAppleやメディアを批判すべきだろうとも思う。




僕は、近しい人にはiPhoneはを勧めない。自由な端末ではないし、やれることも限られているからだ。独り荒野に置き去りにされるような感覚で知識が必要にはなるけれど、メーカーや端末の種類も豊富で選択肢が多いAndroidの方がお客のニーズに応えられるとさえ思っている。自由度は低いが使い易いiPhoneか?自由度は高いが癖があるAndroidか?一長一短はどちらにもある。好きな方を好きなように使えば良いのである。

ついでに言えばAppleには、また昔のように好きな人だけが好きなように応援する会社に戻ってもらいたいくらいに思っているけれど、今の経営陣の手堅いやり口ならしばらく安泰なんだろう。

さっさと落ちぶれてしまった方が、他所の連中の妬み込みの声など聞かずに済むのになぁと考えてしまうくらいには、iPhoneとAppleを好きになっている自分がいて苦笑いするしかないなと思った.....






ちなみに、2年縛りが終了したばかりの僕は、新しいiPhoneを買わない。切実に車を買い替えなきゃならないのだ........北海道に住む者としてはスマホどころではない📱

posted by lain at 07:23北海道 ☔Apple