たまにはイギリスのドラマも悪くない『THE INNOCENTS/イノセンツ』Netflix/海外ドラマ/感想

ウチの母は自分の思い通りに子供が動かないと直ぐに腹をたてる人で、身体が元気だった頃は結構酷かった。

食事以外の家事全般は当たり前にやらせるし、結構な大きさの納屋を建てるのまで父親抜きでヒステリックに手伝わせた。テストで良い点をとってもケチをつけ、食事に使う調味料の種類にまで文句を言われた。それでも自制心が働いているうちはマシなほうで、自家製の果実酒を飲み出したら姉弟共々名前を呼ばれないことを祈るしかなかった。


心身が衰えた今は、だいぶ穏やかになった。お陰で身に付いたこともあるし、子供3人の世話を母に任せ切りだった父がそうさせていた側面も少なからずあるから憎悪とかそういう感覚はない。

だから、このドラマのお父さんが過保護過ぎるのも分かるし、子供達が解放されたがっているのも痛いほど分かるつもりだ。



娘のためだと家族揃って田舎へと引っ越そうとする父親の元から、16歳の誕生日を迎えた少女は愛しい人と共に逃げ出す。ところが逃避行の途中で、父に家を追い出された母の代わりに迎えに来たという怪しげな二人組の男に遭遇し、もみ合いの末、相手の一人を殴り倒してしまう。殺してしまったのではないかと項垂れる駆け落ち相手の少年をモーテルへ残し、少女は男の生死を確かめにゆくのだが、そこで少女は自分の隠された能力に目覚めることになってしまう......




1話の冒頭で分かることだからさっさと言ってしまうが、少女に隠された能力とは誰かそっくりに変身出来る能力である。しかも変身している最中は相手が自分といるような感覚があり、しかも向こうは身動きが出来ない状態に陥るというからタチが悪い。変身いうと、それを悪用しようとする組織が登場するような派手な物を連想するかもしれないが、そこは欧州らしく在るものを活かした地味な絵作りで、少女が元の姿に戻る場面以外特殊撮影もほとんどなく、シンプルに人間ドラマをやっているから逆に新鮮さを感じてしまった。


能力者である少女と、それを知って戸惑う少年共に、父親との関係に問題を抱えており、父親が望む自分ではなく、自分が望む自分になりたかっただけなのに、思いがけない試練が待ち構えていた2人がどう成長していき、周囲(家族や能力者を護ろうとする人達)は彼らの決断から何を学び取っていくのかが見所になるのかもしれないが、実は度々変身の被害者になってしまう髭モジャの男が1番の見所だと断言しよう。


使命を果たそうと必死過ぎて、自分が傷つこうと誰かが傷つこうと御構い無しに少女を追う姿もヤバイが、少女が髭モジャに変身した際の見た目は汚いおっさん、でも中身は16歳の少女という怪演が兎に角面白い。Jóhannes Hauker Jóhannessonという人らしいが、個人的にはこういうおじさん応援したくてたまらない。

IMG_8696.jpg

鏡の中では元の姿のまま

IMG_8698.jpg

いきなりこんな姿になったら気が狂ってしまいそう....




Actor Jóhannes Haukur Jóhannesson, 90 sec showreel. from Jóhannes Haukur Jóhannesson on Vimeo.


Jóhannes Haukur (@johanneshaukur) | Twitter https://twitter.com/johanneshaukur




結局おじさんに注目してしまうという暴挙に出てしまったが、たまにこういう短い話数のイギリスドラマを見るのも悪くない。


ほんと地味で地味で地味ではあるのだけれど、街並みや自然の見せ方がほんとに綺麗で、ちゃんとお国柄を出せているのが良いと思う。


IMG_8690.jpg

IMG_8691.jpg

こういう生活に憧れがないと言ったら嘘になる



まだ2話までしか見ていないけれど、オチには期待せずマッタリ楽しみたいシリーズになりそうだ。





13話 × 約40分 = お盆終了 「THE 100 / ハンドレッド シーズン4」海外ドラマ/感想

長いようで短いようで、やっぱり長いような気がするお盆休みの四日間が終わった。

初日に映画へ行きラーメン&餃子で〆、次の日はダラダラしつつ姪っ子とミニスーファミを遊び、三日目は掃除を少しした後寝倒した。


そして最終日である昨日は、相変わらずの悪い意味での諦めの悪さが出てしまい、日がな一日海外ドラマに費やすという暴挙に出た。

果たして本当に長めの連休というのは必要なのだろうか?

豚に真珠、猫に小判、俺に連休......くらいの話に思えてならない.........


で、ハンドレッドのシーズン4の話なんだけど、AIが強引に電子の世界へ人間を誘おうとしたのを防いだは良いが、相も変わらずの利己的な人・人・人の協調性の無さが途切れる間もなくトラブルを提供するものだから、毎話イライラモヤモヤしっぱなしで本当に悪趣味だった。

思い返せば開始当初から悪趣味な話ではあった。地上に住めなくなり衛星軌道上のステーションへ逃げた人々が、今度は資源不足で宇宙でも暮らせなくなりそうだから、食い扶持を減らすついでに今の地球の状況を調べて来いやと、18歳未満の囚人100人を地球へ送り込むという血も涙もない冒頭なのである。

ステーション育ちが初めて目にする美しい大地に「なんだ地球大丈夫じゃんw」と思ったのも束の間、地球で生き残っていた人類と生存を賭けた争いを繰り返すことになってしまうし、同じ境遇の者同士でも諍いが絶えず、誰もが自分のことを考え行動するから、いつまでも混沌が収束しやしない。あまりにも相手に弁明の余地を残さず、信念とも思い込みともつかない頑強な心で死を呼び込む人間しか出て来ないものだから”もう少しなんとかならんの?”と、何度深いため息が出たか分からない。環境が環境であるし、こんな極限状態ならそうなのかもしれないけれど、上手く行きそうで行かない繰り返しは非常に疲れる......








そんなに言うなら観るのをやめれば良いわけだが、なんだかんだアホ共に愛着が湧いてしまって先が気になってしまうから困る。いっそ打ち切りにでもなってくれれば諦めがつくのに、なんだかんだでシーズン5まで到達してしまっているから驚きだ。

2度目の核汚染を生き抜いた者たちが、この先誰の命を糧に生き残ってゆくのだろうか?ここまで来たら完結するまでやって欲しい。

じゃないと、死んでいった奴らも浮かばれないだろう.....









関連過去記事

駄目男の人生はもう少し続く....「ベター・コール・ソウル シーズン5」AMC/海外ドラマ/感想

※ネタバレ感想









兄弟、もしくは姉妹、はたまた兄妹や姉弟、ほんの50年前はそれがいて当たり前だった。

70代に入った母は10人近い兄妹の家で、僕も3人姉弟。姉とは親や友達以上の身近な遊び相手であり喧嘩も腐るほどやった。何かと比較されることもしばしばで、愛憎の相手としても申し分なかったと言える。

総人口のうち、15%しか15歳未満の子供が居ない(50年前は25%ほど)今の時代において、そんな気分が分かる人はほとんどいないのかもしれない。逆もまた然りではあるけれど....




優秀な兄を誇りに思いつつも、自分の可能性を否定するどころか邪魔立てさえした兄への憎しみが募っていた男が、紆余曲折を経て麻薬ビジネスを支える弁護士となり、調子に乗りやすく詰めの甘い性格が災いして身を滅ぼすまでに至った顛末を描くドラマ「ベターコールソウル」。その新シーズンがしれっと始まっていたため、久々に海外ドラマを観る気になった。

元は自分が癌で死ぬと思い込んだ化学教師の男が、家族に財産を残すため死んだ気になって覚醒剤を作り、麻薬の世界での大物になってしまう「ブレイキング・バッド」のスピンオフ作品であるものの、普通に単独の作品として成熟しており、人気の登場人物だった弁護士の男ソウル・グッドマン(ジミー・マッギル)と寡黙な元警官の男マイク・エルマントラウトの愛すべきキャラクター性が実に味わい深く、今期もそれはブレることはなかった。

とうとう兄と決定的な決別を果たしたところに兄の死を伝える電話。自分が追い込んだのではないかと思い詰めるジミーは本当に辛そうだった。ところが直接的な死のきっかけを作ったのが自分ではないと分かった途端、ゲスな姿を見せる。それまで寄り添ってくれた恋人すら、その姿に思うところがあるようだった。こういう露骨な弱さの表現一つ一つが突き刺さる。



ジミーは悪いことにしか頭が回らない自業自得の最低男だ。でも根は優しい奴であるため誰もが彼を赦したくなる。取り返しのつかないことを繰り返し、惨めな自分を露呈しても尚、生き方は変えられないジミーに、つい自らを重ねてしまうのだろう。

ただ、彼の人生だけのドラマであったなら、自分の悪いところばかり思い知らされて辛いばかりだったかもしれない。職人気質なマイクのパートが良いクッション材になっているなとシーズン5でも感じた。盗人猛々しく、不法侵入した先でセキュリティ管理について説教をたれるマイクは最高だ。


”末路“で片付けるには忍びない二人の中年男の物語が、本編であるブレイキング・バッドの時系列にだいぶ近付いた今、死刑宣告を待つ気分で見守るしかないのは忍びないが、骨を拾うつもりで最後まで付き合う所存。





口髭を生やし名を変えファーストフード店で働く落ちぶれ後のジミーの運命やいかに.....