変身ヒロインは◯リキュアだけじゃなかった「アイドル×戦士 ミラクルちゅーんず!」三池崇史(監督)/感想

今や変身ヒロイン物の代名詞と言える”プリキュア”シリーズだが、何もプリキュアやアニメが初めて美少女の変身物を始めたわけではない。半世紀ほど前に特撮ドラマが史上初の変身ヒロイン物をTVでやり、キューティーハニーやセーラームーンへと続いた結果のプリキュアなのである。

僕が初めて観た変身ヒロイン物も実写で、日曜の朝のフジ系で放送されていた「美少女仮面ポワトリン」。ヒロイン役の”花島優子”が全然美少女に思えなかったのをよく覚えている。正直内容の方はまるで覚えていない....

タキシード仮面とは違い、仮面を着けていた方が可愛かった



セーラームーン以降、実写畑の物だった変身ヒロインは、ほぼほぼアニメの物になっている。仮面ライダーや戦隊物ですら独壇場ではなくなっているのだから、自然な流れだったのかもしれない。生身の人間がいくら派手に着飾ってもコスプレにしか見えず滑稽なのは変わらないし、アニメの方が断然自然に観ることが出来る。ミラクルちゅーんず!が開始した時など、プリキュア人気に乗っかって小っ恥ずかしい実写作品が出て来たなと思ったくらいだった。でも、知らないうちに貰い泣きするほど好きになっていたから不思議だ。





ここではない異世界にある”音楽の国”をネガティヴに染めた魔王から地球と音楽を護るため少女達が闘うという、まさにプリキュアそのものなストーリーで、世界を救うための小道具や少女達を誘うマスコットの存在、ピンチからの最終形態披露や終盤の“皆んなの想いが力に変わる元気玉システムまでベッタベタのプリキュアだった。

こんな風に書くと「プリキュアでいいんじゃね?」と言われかねないものの、この作品の本当の見所は生身の少女達の一生懸命な姿にあり、いくら取り繕っても隠し切れない努力を愛でてなんぼだから一概に比較は出来ない。なにせ実写はアニメのような微調整は出来ない(やると不自然極まりない)から、1人狂うとメンバー全員でやり直すしかなくなるのである。だから年端もいかない少女達が精一杯頑張っているのだと思うと自然と元気がもらえたものだった。あぁ、これがアイドルにハマる中年の心理なのだろうか?.....





それでなくとも小っ恥ずかしい格好とセリフを白昼大勢の前で披露する彼女らだが、それ以上に頑張っていたのは周囲の大人と特に悪役連中だろう。

変な髪型におかしなダンス。いい歳をした大人がコミカルに振る舞うのはかなりしんどかったはず。それとも案外楽しめてしまうものなのだろうか?なんにせよ素晴らしい汚れ役っぷりだった。総監督が三池崇史さんでなければ、ここまでしっかりしたメンツは揃わなかったに違いない。普段からアニメや漫画の実写化に嫌悪を抱いている僕が「これはこれでいいな」と思えてしまうのは、子供だから許せるのと、本気で役者を演ってる大人が滑稽な役に真剣に取り組んでいるからなんだろうなと思った。







実写の変身ヒロインをTVシリーズに復活させたミラクルちゅーんず。それだけでも実はかなりの功績なのかもしれない。

後を継いだ「魔法戦士マジマジョピュアーズ!」は、飛び道具そのものな遠藤憲一さんの悪役っぷり以外、正直あまりぴんと来ないが、実写でこれをやっても良いんだ、やれるんだという爪痕を残していって欲しいなと思う。



にしても、CGで合成される前の映像は、さぞかしシュールなんだろうなぁ....


posted by lain at 06:56北海道 ☔特撮

痛さは〜(・ω・´(`・ω・´)ノ`・ω・)ノ強さー!「非公認戦隊アキバレンジャー」/東映/2012年/感想

 「痛さは強さー!」の決め台詞通り、とにかく痛い作品だったけど、かなり面白かったですね♪


 戦隊物は子供の頃に少しだけ観ていた記憶があるだけで、どのタイトルのを観たのかさえ想い出せない僕ですが、わざわざ「非公認」と銘打ってなんちゃって戦隊物を東映が自虐的に作っている事の面白さは充分に理解出来ましたw 妄想の世界でだけ変身出来る主人公って言うのも奇抜だったのに、最後には自分達が原作者に操られている事まで暴露し、フィクションでこれをやったらオシマイよと世間で言われる事も物ともせずにバタバタとまとめた手腕には、開いた口が塞がらなかった...

 でもこの痛さ全てがアキバレンジャーの本気だからしょーがない♡

 少しでもこの作品で笑った人なら許せるレベルのオチでしたよねwだいたい妄想力が武器とか言ってる時点で、絶対まともなオチは期待出来なかったwwまあ、見所は斜め上45度辺りに設定されてる番組ですから、真面目にストーリーをまとめてもらしくないけどwww
 ここまで自爆しながら走りきったヒーロー物は、後にも先にももう産まれて来ないかもしれない。ある意味伝説に残ったな....ニヤ

 あくまでも非公認なので、正史には残らないでしょうけど、素晴らしい戦隊物でした+。:.゚ヽ(*;ω;)ノ゚.:。+゚


 そういえば、修学旅行で秋葉原に行ったのが15年以上前になるので、今の秋葉原がどんな場所なのか全く知らないんですけど、ほんとにこんなわいわいオタライフを楽しむ人ばかりが訪れる街なんすかね?

 もしもそうなら、日本って本当に平和で呑気で良い国ですね.....(白眼



桃井はるこ氏、今年の12月で35歳か....いつまでこんな事やってるんだ!ガタガタ(似合い過ぎ♡

公式HP http://www.akibaranger.jp/
posted by lain at 21:54北海道 ☔Comment(0)特撮

秋葉原って、戦隊が居ないと危険な街だったのか....

数ある新アニメの中に紛れてとんでも無い深夜番組が放送してますね〜

その名も『非公認戦隊アキバレンジャー』とかw



非公認って言うのも奇抜なら、アキバと言う限られたエリアだけのヒーローと言うのもかなり異色wしかも戦隊と言っても、男1人、女2人の小規模戦隊なうえ、妄想だけが頼りの連中DATOKA....

なので彼等の戦闘シーンは、実際に戦っているのではなく、全ては脳内で起きている事が、たまたま現実世界とリンクしているだけで、結局妄想にふける痛い子でしかありませんw

こんなんで戦隊ヒーローとか言っても良いの?


でもそんなお馬鹿具合がなんか良いんですよねwオタク丸出しなノリも明るく楽しいし、女の子2人も可愛くて(・∀・)イイ!!

特にアキバイエロー役の”荻野可鈴”ちゃんが萌えますなぁ....キュン♡

いつもは黄色のウィッグを付けてコスプレしてるんですけど、第三話でボーイッシュなコスプレしてたのが最高に可愛かった////八重歯が!八重歯が!!...(以下略



なにかと通常の戦隊物と違うアキバレンジャーですが、一応制作は東映と言う事で色んな戦隊ネタや本物が登場したりするのも面白いですね。ちょっと仮面ライダーディケイド的なものを感じますw ただ、僕はあまり戦隊物詳しく無いのでアレですが...(白眼

たまにはこんな痛いだけのヒーローが居ても良いですよね?(*´∀`)
posted by lain at 21:37北海道 ☔Comment(0)特撮