今年のMotoGPは一味違うっ

♪盗んだバイクで走りだす〜

と歌っていた尾崎豊が亡くなった日、だからでも無いけれどMotoGPの話。昨夜録画しておいた第3戦アルゼンチンGPを観ていたら、久しぶりにMotoGP熱が高まってしまったから。

固めのリアタイヤ選びが功を奏し、終盤自分の前へ出たロッシに負けたくないと食い下がるマルケスの負けん気が熱い




前年、前々年と、マルク・マルケスという若い才能が勢いに乗って駆け抜けたMotoGP。それはそれで盛り上がり、結果引き立て役に終わっても、他のライダー達だって頑張っていた。

しかし、頑張るだけでは観客は不満である。圧倒的に強いライダーとマシンの存在は、レースにおいて一番肝心なスリルを奪ってしまうからだ。大した抜き合いらしい抜き合いも無いまま、ほとんどの場合独走で1位が決まるF1と違い、最後の最後まで競り合いが楽しめることこそ2輪の醍醐味であるし、独走ばかりでは興醒めというもの。


まあマルケスはストーナーやロレンソと違い、競り合いを楽しんでいる部分があるし、トラブルが意外と起き易いライダーだから、自作自演とも言える盛り上がりは2013、2014と確かにあった気はする。だが今年ほどの面白さは無かったのではなかろうか?

前年度成績の良かったワークスチームへの制限、その他のチームへの優遇処置(タイヤチョイスや搭載燃料量等)により、予選で団子状態になることが増えたこと。久しぶりにSUZUKIが帰って来たこと。ドゥカティのパッケージが優勝も狙えるレベルであったこと。そしてバレンティーノ・ロッシが全盛期を彷彿とさせる速さで若さをねじ伏せていること。これらは全て今年のMotoGPだから味わえていることです。

ワークスチーム側としては苦しいルールかもしれませんが、弱小チームや、そこに在籍するライダーにとっては、非常にモチベーションが上がる状況が出来つつあって、見る側としても先が読めないことが実に楽しい。



ロッシ贔屓であるから、最高の年だと感じているんでしょ?そう言われるかもしれないが、そりゃ同学年の中年が若い子相手に頑張ってたら、誰でも嬉しくなっちゃうでしょw

出来ればロッシがこのまま絶妙なタイヤ選びでランキングトップを維持して行って貰って、6期ぶりのチャンピオンになって貰いたいけれど、ここ数年のHONDA対YAMAHAの構図をぶち壊す乱戦が楽しめるならもっと嬉しいかもしれない。サマーブレイクまでにどんな状況になっているか考えだすとわくわくする。




贅沢を言えば、最高峰クラスで日本人ライダーが勝てるマシンにレギュラー参戦出来たら言うこと無しである。中途半端にダニ・ペドロサの代役で青山博一がHONDAに乗っているのを観ていると、尚更そう思ってしまう。

ある程度実力のあるライダーでも、不景気で良いスポンサーを連れて行けないのもあるだろうし、ヨーロッパと比べて圧倒的にバイクに乗れる時間が少ない環境の悪さが若手の成長を妨げていて、そう簡単にMotoGPの世界へ日本人が上がって行けないのが実情。三社も日本企業がマシンを出していると言うのに、全然日本人が乗れないと言うのは寂しい限り。

いつか最高峰クラスで世界最速と歌われるような日本人ライダーが現れたら、もっとMotoGPの人気も上がるんでしょうねあせあせ(飛び散る汗)

今年もやっぱりドイツが強いかWRC?!

WRC
 去年も途中からあまり放送に乗らなくなるほど強かったセバスチャン・オジェとフォルクスワーゲン。

 オジェとラトバラが二台共にリタイアし、まさかのヒュンダイのワンツーフィニッシュを許した第9戦を除くと、必ず二人のどちらかが表彰台の一番目立つところに立ち、第三の男ミケルセンも着実にポイントを稼いで総合3位で終え、フォルクスワーゲンの完全勝利に貢献していました。あまりにもワーゲン勢が安定していて正直面白みに欠ける時も多かったです。

 まあ、だからと言ってF1のように興味を無くすかというと、そんなことはありません。WRCは例外なく誰かがクラッシュしますし、トップを争うドライバー達の様子を車内カメラや各SSでのインタビューで確認出来る要素が他のモーターレースには無い面白さがあってついつい見てしまいます。荒々しく大自然を駆け抜けるWRカーとドライバーの個性をじっくり味わえることこそ、WRCの醍醐味なんですよね。




 そんなWRCが今年も幕を開けました。

 やはり終わってみればフォルクスワーゲンが強く、早速表彰台独占と言う結果でしたが、シトロエンのPRも兼ねて今回限りの出場をしたセバスチャン・ローブが二日目にマシンを壊すまでトップを走っていたのがとても印象に残る開幕戦ではありました。

 現在WTCCに本格的に参戦をしているローブは、去年総合3位なれど同じチームの中では一番下に位置しており、今年どれだけ盛り返して来るのかによっては、ラリーに戻ったらどうだ?と言う声も高まることでしょう。

 今回、ラリーに戻ってきたローブをファンは大喜びで迎えました。彼もまんざらでは無さそうというか、凄く幸せそうにラリーを楽しんでいましたし、去年一年びっしりシトロエンに乗っていたクリス・ミークより遥かに速かったのですから、当然もっと乗りたくなったに違いないw




 オジェがローブの走りを気にしていたのも面白かったですし、ローブのフル参戦はともかく、オジェとフォルクスワーゲンを脅かせる存在が欲しいところ。今年から他のマシンのタイムが車内で見れなくなったために、各々自分たちでペース配分を考えなければならなくなったので、気の抜けたタイム調整をする場面は無くなるだろうし、他のドライバーのタイムを気にせずに走れることで大化けするドライバーが現れる可能性も大いにある気がします。

 2017年からトヨタがWRCに復帰するというニュースも飛び込んで来て、ラリージャパンの復活も含め、この先数年もWRCが楽しそうだ (= ワ =*)







20年と2日。アイルトンの事は忘れた事は無い....

 人はドラマや漫画で流した涙は忘れても、心から愛おしく想っていた人が亡くなった時、流した涙は絶対に忘れない。



 気付けば36年も生きてしまった僕にも、忘れられない涙がある。


 柔らかく笑う祖母と今生の別れを迎えた時。率直な感情丸出しで僕と遊びたがった飼い犬の不慮の事故。


 そして、理屈以上に感性で最速の先を目指し散ってしまったアイルトン・セナの死。


 全然身近じゃないブラジル男の死は、僕にとって家族との別れと同じくらいショッキングだった....




 あれから20年である。セナとローランド・ラッツェンバーガーの命の灯火が消えてから。関係者や観客が不幸な事故に遭ってしまったことはあるものの、ここまでの20年でドライバーは誰一人命を失わずに済んでいる。


 自らのトコトン突き詰めレース姿勢を周りにも求めるあまり、時には車を故意にぶつけてまで意地を突き通そうしたこともあったセナは危険な走りをする男だとレッテルを貼られた時期もあったが、大きな事故が起きたら真っ先に現場に駆けつけ、レース中ならマシンを停めてまでドライバーの安否を確かめずに居られないほどF1の安全性には人一倍敏感な男でしたので、彼の死後、ドライバーが亡くなるような事故が起きていないのは、彼の命と引き換えに安全性が守られているようにに思えて切なくなります。


 これから先も、後輩達を見守り続けて欲しいものですね....




 今年で20年と言うことで、フジテレビNEXTでF1番組で馴染み深い人々が集まったセナの没後20年特番を5/1に放送していました。今宮純さん、川井一仁さん、金子博さん、そしてセナを最も近くで見ていた木内健雄など、F1狂いの中年共がしけた顔を並べてセナについて語り合う姿を見ながらセナの偉大さを最実感していました。


 木内さんの話には今まで聞いたことが無かった気がする裏話も含まれていて聞き応えありましたし、わざわざこの番組の為にフジテレビNEXTをチャンネル契約して良かったです。


 小林可夢偉以外にあまり興味が湧かない今のF1ですが、せっかくNEXTを契約したし久々に観てみようかしら?




 追伸、5/15に再放送予定




 『フジテレビNEXT、アイルトン・セナ没後20年特別番組を今夜22時放送』 http://www.topnews.jp/2014/05/01/news/f1/teams/mclaren/107030.html



 『アイルトン・セナ没後20年特別企画』 







 関連過去記事