安全を第一とするなら、モータースポーツの存在意義とは?

なかなか根雪にならない雪に翻弄されているうちに最早12月。モータースポーツも軒並み閉店模様だ。2輪最高峰のMotoGPはいつも通りマルケスが頂点に立ち、4輪も同様に代わり映えしないハミルトンだったらしい(F1見てない)



正直同じ人間、メーカーが勝ってばかりでは面白味が無い。シューマッハが毎年定位置に納まっていた時など、何かトラブルが起きないものかと思いながらF1を見ていたものである。命に関わることだから不謹慎ではあるけれど、モータースポーツを見る者はトラブル込みでレースを楽しんでいる節はある。そもそもF1など毎月、毎週のように人が死んでいるのにレースを続けて来たスポーツだ。人一人の命程度では中止にすらならない。あのセナが亡くなった時も、先にローランド・ラッツェンバーガーが亡くなっていたのにレースは開催され、ショックでモチベーションが上がらないセナが、彼の死に引き摺られるかのようにこの世を去った。果たして”死”というリスクこそモーターレースの隠し味だと言われて、妄言だと言い切れる人が幾人いることだろう?

そういった意味において、もっとも観客を狂喜させているのはWRCだと思う。サーキットではなく、普通の道路や大自然を有り得ない速度で駆け抜けるラリーは、兎にも角にも事故が付き物。ドライバーやコ・ドライバーの安全はかなり高いレベルで守られているため、どんなに恐ろしく激しいクラッシュでも怪我一つなく生還するが、開催地によって観客がコースの近くまでやってくる場合があり、ラリー車が吹っ飛んだ先に観客がいて亡くなるという事故は近年も起きている。その時はレースも中止になったのだが、事故を起こした当人はセナ同様モチベーションが上がらず、前年の輝きを完全に失っていた。どんな理由であれ、誰かの命を奪ってしまったという事実は重たくのしかかるのだ。




本当はこんなレースと死の話など書くつもりではなく、ただただトラブルが起きるくらいに熱いレースが見たいということを書きたかった。F1はもう少し本気でメルセデス以外のチームの育成に手を差し伸べるべき(ウィリアムズの現状など90年代F1ファンとしては見たくも無い)だし、MotoGPはマルケス以外のライダーの奮起を期待したい。彼の無邪気さは負けた者のプライドをズタズタにするから良い加減うんざりしている。WRCに関しては今年ドライバーズの頂点を手にしながらもコンストラクターズのタイトルを失ったTOYOTAの刷新されたドライバーラインナップが楽しみ過ぎて今が辛い。ライバルチームに移籍したチャンピオン”オィット・タナック”の走りも気になる。

誰も死なないにこしたことはない。でもTV越しに伝わる熱は欲しい。レースの合間にドライバーのコメントを表情付きで味わえるラリー。マシンをぶつけ合っても道を譲らない二輪レース。そこに4輪最高峰レースの熱さが加われば最高だろうと思う。熱さだけならフォーミュラ1よりフォーミュラEの方が余程熱くて面白い。


蓋を開ける前から中身が分かっているレースなど、もう真っ平御免だ。

表向きは安全第一で良い。でも本音と建前を混同しては存在意義すら無くなってしまうことだろう。




危険の無いレース。そんなものを本当に愛せるだろうか?


久々にF1が見たくなった....『フォーミュラ1: 栄光のグランプリ』Netflix/感想

いつもと違う環境になり、やれることが限られてくると、普段なら素通りしてしまうことに目が行くもので、ここ数年まるで観ていないくせに、何故かF1のドキュメンタリー番組を眺めていた。




メルセデスとハミルトンが強いことに変わりは無かったが、見た目に分かるマシンのカラーリングやドライバーラインナップの変更や、チームの力関係も大幅に動いていて、今のF1を知るにの相応しい番組に感じた。

昨シーズンのF1を取り上げたドキュメンタリーなわけだが、端から見ても激動のシーズンに思えた。レッドブルは長年連れ添ったルノーに愛想を尽かし、10年間中堅で頑張っていたフォース・インディアはシーズン半ばで破綻。出口の見えない不調を抱えたマクラーレンに至っては、象徴的な男フェルナンド・アロンソがとうとうF1マシンを降りた。大勢の人を使い、長年F1を撮り続けていなければ、こんな場面に出くわせないだろうという生の言葉と表情でもって、これらの出来事に触れてゆくから、ひりつくような緊張感があってF1レースを実際に観るより遥かに手に汗を握る映像になっていた。



様々な裏事情を知った今、正直今期のF1を観てみたくなった。レッドブルを飛び出した男や、フェラーリに大抜擢された若者がどうなってしまうのかが気になって仕方ない。90年代のマールボロカラーを知っていると、オレンジ色なんてダサく感じるマクラーレンや最下位争いしか出来なくなったウィリアムズのことも放っておけない。若干割高な有料チャンネルでしかF1を見れなくなったのが本当に残念だ。地上波は兎も角、フジテレビONEでの放送が打ち切られたのは痛手だった。

このモヤモヤする気持ち、どうしたものだろう.......





煽り運転は嫌いになっても、公道レースは嫌いにならないでっ

WRC
盛んに煽り運転が注視される今の時代、公道を使ったレースの肩身というのはどうなっているのだろう?

有名な「湾岸ミッドナイト」や「頭文字D」などに感化され、実際に公道で暴走行為をする人間がどれほどいるのか、よく分からないのと同じように、普段から公道レースを公的なルールの枠内で行っている人が、一般道を走る際ちゃんと制限速度を守っているかどうかだって一般人には分からないはずだ。当然冷ややかに見ている人もいることだろう。



日本における公道レースは、基本的に歓迎されていないように思う。自治体によっては公道の封鎖も許可されてレースを行っている場合もあるようだが、暫定的に道路を封鎖してデモンストレーションを行ったり、私有地を利用してのレースの方が多い印象がある。お陰で日本でのWRC開催は見送られてばかりだ。

車というのは一般人が手を出せる乗り物としても敷居が低いため、凶器と狂気と狂喜が入り混じる最たる存在かもしれない。でも馬鹿と鋏は使いようというではないか。結局は使う者次第なのである。どんなに配慮しようと、イレギュラーは起きるもの。あれほど安全に気を使っているF1だって死亡事故は根絶出来ていない。しっかり封鎖処置を行ってのレースであれば、見る側もやる側も好き者同士なのだから、好きにやらせてくれても良いのではなかろうか?

まあ、おそらくは安全より金銭的な責任を恐れて及び腰なのでしょう。去年ようやく地上波でWRCの番組が始まったかと思えば、あっという間に終了してしまうくらい、日本におけるラリーの認知度は低いのだし。せっかくトヨタが活躍しているというのに.....





自分は命とお金に余裕があったなら、是が非でもラリーをやっていたと思う。変わり続ける路面とマシンの状態を感じ取りながら大自然を疾走するのは、どれだけ気持ち良くて怖いのだろう?TVゲームだけの体験では絶対に分からない感覚に違いない。命懸けの煽り運転なんてしてる暇があったら、ラリーでもやった方がよほど有意義なのではないだろうか?煽る相手がいないから(WRCは基本的に1台づつタイムアタックするレース)健全に走れるだろうしね🚗💨