これがゲームの正しい遊び方なのかもしれない「ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」ドラマ/感想

仕事柄、2連休というのがあまりない僕は、たまに連休だと一気に気が緩む。先週末の土曜と日曜もかなりダラダラ過ごしてしまった。

辛うじて部屋の整頓をこなした後、ゲームやアニメをいつも通り消化していたのだけど、特に一旦観出したら止まらないドラマの勢いが凄かった。軌道ステーション上に生き残っていた人類が汚染されていた地上へ戻り、地表でしぶとく生きていた人類や、人の管理から解き放たれ何やら画策しているAIに翻弄されることになる「ハンドレッド」のシーズン3をラストまで7話分がっつり堪能し、「ブレイキング・バッド」のスピンオフ「ベター・コール・ソウル」の新シーズンもじっくり味わった。極め付きはツイッターでおすすめされた「ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」で間違いない....





子供の頃、父親にFFを買って貰ったことがきっかけで、ゲーム好きになった主人公。社会人になってもFFにご執心なのだけど、いつの間にか父親とはろくに口もきかなくなっていた。

そんなある日、家族になんの相談もなく父親が会社を辞めてしまう。何事か重大なことがあったのでは無いか?と考えた主人公は、父親に退職祝いだと言ってPS4とFFXIVをプレゼントし、息子であることを隠してゲーム内で父に近づき、ゲームを通して絆を取り戻そうと考える。

はたして彼の思い描いた通りの結末を迎えることが出来るのだろうか?...



そんな感じのお話なのだけど、ゲームに慣れていないお父さん役である大杉漣さんのぎこちないプレイ姿がなんとも言えず生々しいのと、年齢不詳な千葉雄大が可愛過ぎて、妙に見てて照れ臭いドラマだった。

とあるブログに連載された実話を元にしたフィクションだそうで、そういえば一時期話題になっていたような気がしなくもないなとボンヤリ思い出していた。僕はFFオンラインのゲーム性が性に合わない為、何度となく試しては挫折しているのだけれど、キャラクターのデザインだけは大好きで、今回のドラマ内で使われているゲーム映像(ブログで体験談を連載していた本人と仲間達によりゲーム内のキャラ演技はなされたらしい)でもキャラの可愛さにやられていた。

そんな個人的なFF感はおいておくとして、確かに僕も子供の頃に親とゲームをやった記憶がある。正直嬉しさより鬱陶しさがあったというか、子供の好きな物を知ろうと忍耐している節が父にあった為、それがこちらに伝わりギクシャクしてしまったというのが正確かもしれない。僕が光のお父さんの主人公のような立場になったとしても、父親にゲームだけは勧めないし、それを利用して分かり合おうともしないと思うが、真っ正面から向かい合って本音を話すより、不器用な男同士ならこういう歩み寄り方も有りだなと思った。何にせよ、このドラマの親子は光の戦士そのもので少々眩しいくらいである。




にしても、父親にこっそりゲームで近づくのは良いとして、女性キャラを使うのはちょっと危険が危なくて面白いなと思った。女装してカマバーで働いていたら、お店に父親が入店して常連となり、毎回自分が指名されるようになっちゃった!みたいな話に近い屈折した物を感じさせるから。

ましてやドラマでは、ゲーム内キャラの声が南條愛乃で実物役は千葉雄大であるし、こりゃ無いこともないなと普通に思えてしまう。このキャスティングは本当に上手い。



オタク文化が広まった今でこそ親と子が同じ物を楽しめることが増えたような気はするものの、流石に60歳前後の人と20〜30代とではなかなか価値観は合致しない。そろそろ30代を卒業しなきゃならなくなる僕でさえ、最近じゃめっきり若者の好きな物の欠点ばかりに目が行ってしまい、既に同じ風景を見ているとは言い難い。今このザマなのに、60歳を越えてからもアニメやゲームを楽しめる気持ちが残っているのだろうか?と心配になる。

こっそりゲーム内で近づいて来る子供など居ないし作る予定も無いが、今まで好きになった物を大事にしつつ、光のお父さんのように新しいことを始められる60代になれたら良いなと思った🎮
posted by lain at 07:16北海道 ☔てれび

漫画に憑かれた巧達「漫勉 シーズン4」感想

「YAWARA」「MONSTER」「20世紀少年」など、ヒット作を次々生み出して来た”浦沢直樹”さんが手掛ける『漫勉』は、毎回1人の漫画家さんの仕事っぷりを定点カメラで収め、その映像を漫画家本人と一緒に見ながら語らうテレビ番組で、設定やネームの切り方、下書き~ペン入れまでじっくり扱っているから漫画を描く人には良いヒントになるし、読むのが専門だという人でも、この番組を見ればどれだけ漫画家が技術と気持ちを込めて描いているのかが伝わり、これまで以上に1ページ1ページを大事に読もうとなる良い番組だ。






この番組が始まったのが2014年。その頃僕は入院していて、病室のテレビに釘付けになっていたのを覚えている。あれから3年近く経ち、気づけばシーズン4も終わってしまった。今シーズンも実に濃厚で、作品を読んだ事のない方の回を見れば読んでみたくなり、お馴染みの方の回を見れば読み直したくなり、結局馬鹿みたいに漫画が読みたくなった。


特にラストを飾った"ながやす巧"さんの仕事は凄まじかった。呆れるくらい設定に年月をかけ、細かな装飾全てに手を加え、いざ描くとなったら、単行本一冊分をキャラクター1人ずつ一気にペン入れして感情が散らからないよう配慮する拘りようには頭が下がる。この歳で漫画を描ける喜びでいっぱいだと語る職人気質の不器用さが酷く愛おしく思えた。漫勉の影響で今更読み始めた「壬生義士伝」も凄く面白い。時代劇を全然描いたことが無いだなんて信じられないディティールであるし、ながやすさんの絵のテイストにチャンバラは実に合っているように感じる。


IMG_0286.PNG

壬生義士伝 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL) -
壬生義士伝 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL) -








下手に金をかけたCMを流したり、書店でおかしなポップを付けるより、漫勉のような本物を切り取って訴えかけた方が漫画の将来は明るいのかもしれない。


描き手と読み手の両方の漫画愛を高めてくれる良い番組だ『漫勉』。








「浦沢直樹の漫勉」公式サイト

posted by lain at 21:12北海道 ☔てれび

仕事以外不器用な”おっさん”達のごつごつした神の手が俺は愛おしい

二日前、大勢が三連休直前の浮かれた夜を過ごすなか、珍しく僕はテレビを見ていた。

各分野で優れた技術を持つ日本の職人達が1台のバンに乗り込み海外で修理のお仕事をするという番組だ。


1906e2775fc7a78908d7231d9b8d.jpg





残念ながら恋には発展しない暑苦しいワゴンだったが、職人同士のプライドが相乗効果を生み、かなり良い絆が最後には形成されていたような気がした。

家具でもトロッコでも元の良さを活かしつつ生まれ変わらせる人や、これぞ職人と言わんばかりのドライバー1本で車のエンジンの不調を聴き分け修理する人、他にも左官屋・木工職人・エンジニアまで多岐に渡る人材が自慢の腕を披露しているのを見ていると、自分も何か作りたくなって仕方なかった。「壊れたら直す」「無い物は作る」そんな当たり前のことを失いつつある日本において、物を大事にする人間の心を最前線で護っているのが職人なのかもしれない。

日本は彼らのような人達を大事にするべきだろう。何もかもオートメーションで大量生産し、壊れれば捨てて新しい物を買うという発想は、資金や資源があるうちは良いものの、それだっていつ何時枯渇するか分からない時代だ。現在だけじゃなく未来の子供達のためにも、機械だけに頼らない知恵や技術を残していきたいものである。








途中で父親を喪い帰国する方が出ると、続けて体調不良や仕事で離脱する職人まで出て、どんどん辛く寂しい旅になっていったけれど、それこそ何もかも犠牲にして独り仕事に打ち込む職人の生の姿を見ているようで感慨深かった。守備範囲外の時計台の修理を執念で直していたことにも頭が下がる。

職人ワゴンが訪れた2箇所の土地セルビアの小学校で、ボロボロになった教室を職人達が綺麗にした時、子供達の顔がぱぁっと明るくなったのも忘れられない。テレビだから現地民への仕込みも沢山ある中で、あそこだけは本当のリアクションを見れた瞬間だった。

テレビが面白く無い時代に、テレビも悪く無いなって思えたことが嬉しい。

テレ東のテレビ職人もやるじゃないか。
posted by lain at 09:15北海道 ☔てれび