生まれる場所を選べなかったことすら罪になる世界「ザ・ノンフィクションSP 人殺しの息子と呼ばれて・・・」感想

信じられないほど1週間が早い。寒さに雪に仕事に追われ、帰宅すればしたで基本無料ゲームとオーバーウォッチであっという間に夜が更けてしまい、寒さで毛布を脚にかけ始めたら瞼も言うことを利かない毎日だ。

それでも流石に週末気分がもたげ出す金曜の夜、なにげなく見始めた北九州連続殺人事件の犯人の息子に話を聞く番組に釘付けとなった。







事件の名前を聞いても「どんな事件だったっけ?」と思ったものの、犯人の顔と事件の概要を聞いてそんな事件もあったなと記憶が蘇った。当時幼かった殺人犯の息子が24歳になっているというから、こんなところでも時の流れの速さを感じたものである。大の大人を含め、7人もの身近な人々を殺し、殺させ、遺体をバラバラにして処理したとする衝撃の内容故に、報道が自主規制をかけたという大事件を実際に目撃することとなった息子の話は実に生々しく、どんなフィクションも吹き飛ぶ怖さがあった。

言われるがままに従いお互いを傷つけあった末死んだ大人の被害者達は兎も角、実の子であるのに酷い扱い(まともな食事も与えられず、気に入らなければ電気で虐待。母親に背中から刃物を突き立てられたことすらあったらしい....)を受けていた息子には、その環境から脱出する術などまったく無かったであろうことは容易に想像がつく。しかし、もしも自分が同じ状況に立たされたとしたら何が出来るのか?を予測するのは難しい。

犯罪者の身内に必ず訪れる世間の風当たりの強さにも耐え、何かが欠けた自分を持て余しながらも真っ当な生き方を模索し、憎むべき対象である両親とも向き合おうと努力している彼は凄いとしか言いようがない。






満足のいく愛情を注いで貰えなかった彼は、ようやく落ち着ける職場にありつき、同じような境遇の女性と結婚したらしいが、子供を作る気にはなれないそうだ。今の日本が少子化になっている本当の理由は、彼が手に出来なかった物の中にあるのかもしれない。

E0EE839E-0368-4A8C-A933-71DC0F2C1D05.jpg





誰かよりマシという感覚で話すには間違いだが、僕は彼に比べれば遥かにマシな環境なのは否定しようがない。少なくとも限られた時間をゲームで浪費出来るくらい呑気な人生なのだから。

続きを読む

posted by lain at 07:05北海道 ☔てれび

Made in Japanなアクションも捨てたもんじゃ無い「コードネームミラージュ」山口 雄大(監督)/広井王子(原作)/感想

僕は日本のTVドラマに基本絶望している。無駄にダラダラと男女のイチャイチャを引き延ばしたり、カメラがアップを撮してばかりで引いた画がまるで無かったり、セットや衣装が作品に合わないくらい真新し過ぎて雰囲気が台無しだったり、そもそも役者の演技が酷いことも多いからだ。


海外ドラマだって、当然演技が下手だったり、安っぽかったり、脚本がグズグズな物は確かにあるが、日本のドラマのそれは海外と比較にならないほど感じる。堤幸彦監督のTRICKやSPECのように、いっそのことB級として振り切っている演出作品であれば、逆にシリアスな面も輝いて来るのだけど、そういうバランス感覚を持ち合わせた作品も少ない。



ただ、映画も含め、最近はアクションシーンが痺れる作品が増えて来たのは確かだ。「るろうに剣心」の実写も、キャストのコスプレや恋愛要素等のマイナスな部分を軽く凌駕するほどアクションシーンが魅力的だったし、あくまでも特撮としてのプライドを見せつけた「シン・ゴジラ」の夜の街に映えるゴジラの姿は忘れ難い。いつまでもインディーズ扱いの超ド級監督塚本晋也さんの「野火」の衝撃的なあのシーンだって、とんでもない熱量だった。

それらと比べてもコードネームミラージュのアクションは十分見応えがあった。



最近何をやっているのだろう?と思っていた広井王子が原作と言うことで、ただの興味本位で見始めたのだが、日本警察内部にK13という秘密組織があり、個人情報を消された者達が非合法な手段で犯罪者を抹殺していくという内容に、直ぐさま夢中になってしまった。

なんと言っても役者のメンツが良い。イケメンなだけでなく、アクションもバリバリこなせる主役の”桐山漣”と、その宿敵として登場する”武田真治”の怖いくらいの色気だけでもお腹いっぱいなところに、要潤やら萩原聖人やら曲者をやらせたら抜群の男”石丸謙二郎”まで出て来てしまうから、一歩も引かない男共の思想がぶつかり合う本作の内容にぴったりな男臭さで面白かった。

ナイトライダーのようなAI搭載の愛車にしか心を開かない主人公も良いキャラだったが、個人的に一番好きだったのは、組織からいち早く追われる身となるスモークというコードネームを持つ男で、武田真治演じる鯨岡により、桐山漣演じるミラージュへの劣等感を利用され洗脳を受けたスモークが、自分のしでかしたことに言い訳もせず真っ向からミラージュと戦う回は本当に辛かった(良かった).....組織に良いように使われ、要らなくなったらぽいっとされる物語は、昔から好きではあったものの、こうして立派な社畜となった今、スモークのことを他人事で片付けられない自分もいて、とてもじゃないが彼を忘れられそうに無い.....

IMG_6146.jpg
 スモークは漢だった...IMG_6145.jpg
ミラージュの魂の叫び響いたなぁ.....





この世に存在しない2人の男、これから先どうなってしまうのか?

死んでいった者達のためにも、是が非でも続編をお願いしたい。

続編が決まったら、何は無くともアクション監督に園村健介氏を招集してもらいたいものである。



もしかしたら、広井王子は居なくても大丈夫だろうけど、園村氏は絶対必要なのではなかろうか?.......w










posted by lain at 07:19北海道 ☔てれび

これがゲームの正しい遊び方なのかもしれない「ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」ドラマ/感想

仕事柄、2連休というのがあまりない僕は、たまに連休だと一気に気が緩む。先週末の土曜と日曜もかなりダラダラ過ごしてしまった。

辛うじて部屋の整頓をこなした後、ゲームやアニメをいつも通り消化していたのだけど、特に一旦観出したら止まらないドラマの勢いが凄かった。軌道ステーション上に生き残っていた人類が汚染されていた地上へ戻り、地表でしぶとく生きていた人類や、人の管理から解き放たれ何やら画策しているAIに翻弄されることになる「ハンドレッド」のシーズン3をラストまで7話分がっつり堪能し、「ブレイキング・バッド」のスピンオフ「ベター・コール・ソウル」の新シーズンもじっくり味わった。極め付きはツイッターでおすすめされた「ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」で間違いない....





子供の頃、父親にFFを買って貰ったことがきっかけで、ゲーム好きになった主人公。社会人になってもFFにご執心なのだけど、いつの間にか父親とはろくに口もきかなくなっていた。

そんなある日、家族になんの相談もなく父親が会社を辞めてしまう。何事か重大なことがあったのでは無いか?と考えた主人公は、父親に退職祝いだと言ってPS4とFFXIVをプレゼントし、息子であることを隠してゲーム内で父に近づき、ゲームを通して絆を取り戻そうと考える。

はたして彼の思い描いた通りの結末を迎えることが出来るのだろうか?...



そんな感じのお話なのだけど、ゲームに慣れていないお父さん役である大杉漣さんのぎこちないプレイ姿がなんとも言えず生々しいのと、年齢不詳な千葉雄大が可愛過ぎて、妙に見てて照れ臭いドラマだった。

とあるブログに連載された実話を元にしたフィクションだそうで、そういえば一時期話題になっていたような気がしなくもないなとボンヤリ思い出していた。僕はFFオンラインのゲーム性が性に合わない為、何度となく試しては挫折しているのだけれど、キャラクターのデザインだけは大好きで、今回のドラマ内で使われているゲーム映像(ブログで体験談を連載していた本人と仲間達によりゲーム内のキャラ演技はなされたらしい)でもキャラの可愛さにやられていた。

そんな個人的なFF感はおいておくとして、確かに僕も子供の頃に親とゲームをやった記憶がある。正直嬉しさより鬱陶しさがあったというか、子供の好きな物を知ろうと忍耐している節が父にあった為、それがこちらに伝わりギクシャクしてしまったというのが正確かもしれない。僕が光のお父さんの主人公のような立場になったとしても、父親にゲームだけは勧めないし、それを利用して分かり合おうともしないと思うが、真っ正面から向かい合って本音を話すより、不器用な男同士ならこういう歩み寄り方も有りだなと思った。何にせよ、このドラマの親子は光の戦士そのもので少々眩しいくらいである。




にしても、父親にこっそりゲームで近づくのは良いとして、女性キャラを使うのはちょっと危険が危なくて面白いなと思った。女装してカマバーで働いていたら、お店に父親が入店して常連となり、毎回自分が指名されるようになっちゃった!みたいな話に近い屈折した物を感じさせるから。

ましてやドラマでは、ゲーム内キャラの声が南條愛乃で実物役は千葉雄大であるし、こりゃ無いこともないなと普通に思えてしまう。このキャスティングは本当に上手い。



オタク文化が広まった今でこそ親と子が同じ物を楽しめることが増えたような気はするものの、流石に60歳前後の人と20〜30代とではなかなか価値観は合致しない。そろそろ30代を卒業しなきゃならなくなる僕でさえ、最近じゃめっきり若者の好きな物の欠点ばかりに目が行ってしまい、既に同じ風景を見ているとは言い難い。今このザマなのに、60歳を越えてからもアニメやゲームを楽しめる気持ちが残っているのだろうか?と心配になる。

こっそりゲーム内で近づいて来る子供など居ないし作る予定も無いが、今まで好きになった物を大事にしつつ、光のお父さんのように新しいことを始められる60代になれたら良いなと思った🎮
posted by lain at 07:16北海道 ☔てれび