ビル・ゲイツも人の子だと痛感した「天才の頭の中:ビルゲイツを解読する」Netflix/ドキュメンタリー/感想

iPhoneを使うようになって興味を持ち、一番安いノートブックを試しに買って以来手放せなくなったMacだが、勿論それまではWindowsばかり使って来たわけで、良い思い出も悪い思い出も山ほど掘り起こせる。あの頃に比べたら今のPCは快適過ぎて物足りなさを覚えるくらいだ。


そんなことはさておき、MacとWinと言えば長年競い(OSに関してはワンサイドゲームではあるけれど)あって来たが、今では上手く共存出来ている。これもひとえに両社の伝説であるスティーブ・ジョブズとビル・ゲイツの愛憎関係のなせる業であったろう。良い物をいち早く見つけブラッシュアップし、さも自分達が発明したかのように売る達人であったジョブズに対し、ビル・ゲイツは技術者として他の追随を許さない卓越した才能を持っていた。こういった現場に詳しい人ならば分かると思うが、この手の人間同士は水と油と言える。技術的なことをよく分からないまま”何故?”を並べる人間を、”最適化”が信条の技術が好きになれるわけがないのだ。ただ、ジョブズのようなやり方で物事が進んだ面もあるから、それが一概に駄目というわけではない。ゲイツ本人もそういった面を認める発言をしている。F1でいうならセナとプロストみたいな関係で、端から見ている分には本当に面白い二人であった。





そんな二人のうち一人は鬼籍に入った。病魔のせいではあるが、正直頑固を通り越した愚かさで死んだようなものだった。残された者たちが未だにジョブズの呪縛から逃れられていないのも全部彼の責任だろう。一方、ゲイツは実に充実した生活を送っている。仕事でもパートナーである妻との関係も良好だし、持ち前の頭脳を駆使して後進国のトイレ事情から世界のエネルギー問題まで多岐に渡るプロジェクトに関わっている。人間の器が本当にでかい男だ。



大自然の中を散策するビル・ゲイツの孤独な後ろ姿が印象的な本作を見る限り、その器を大きくする手助けになったのは家族の存在が大きかったらしい。天才故に気づけないことを母親や周囲が根気よく教えたからこそ今の彼があるというのだ(残念ながらジョブズには"それ"が足りなかったのかもしれない) そんな教育の賜物なのか、歳をとって絶妙に角が取れてきたゲイツの仕事は慈善事業に見える物が多いが、その実とても野心的な分野で間違い無く、趣味と実益を叶えつつ働いているのがよく分かる。彼以外に誰が好き好んで世界中の下痢の統計を調べるというのか。一度”何故”と思ったら行くところまで行き、誰かの命も救えるならいうこと無しに違いない。

序盤のインタビューに一番恐ろしいのは「脳が動かなくなること」だと彼は答えていたが、そうなる前に是非人類が抱える問題を少しでも最適化して貰いたいものである。感情に流され視野が狭くなった人には気づけない解答があることを、上手く証明して大勢に伝えることが出来る人間はほんの一握り。無論ビル・ゲイツもその一人だ。テクノロジーで全てを解決出来るわけではないが、このままの中途半端なテクノロジーを駆使した生活を続けても待っているのは破滅だけなのである。ならとことん足掻いてから滅亡しようじゃないかと考えるのも人生だろう。火を手にしてから後戻りが許されなくなった人類。大昔から謳われる滅びの道を辿るのか、それとも......



今のビル・ゲイツのイメージを操作したい作為を感じる為、純然たるドキュメンタリーとは言い難いが、それほどに世界へ訴えたい何かを彼は持っているのだろう。そもそも僕のような手取り十数万の男が人生を何周しても稼げない金を貧しい国のために使うのは悪い話ではない。なかなか興味深いドキュメンタリーである。




posted by lain at 21:35北海道 ☔てれび

金にならない贅沢がここにある「ラスト・バレー・レストーラー: 修復は俺たちに任せろ!(原題: Rust Valley Restorers )」Netflix/感想

運転免許を取ったのは高校生の時。交通の便が良いとは言い切れない場所に住んでいるため、就職を考えるとどうしても取らねばならなかった。免許を持つまでは、お金の面でも安全の面でも、車など乗らない方が良いと思っていたし、今でもそう出来た方が良いと思わなくも無いが、車の利便性や運転する面白さも少なからず知ってしまい、おいそれと手放せなくなっている。


これまで2台の車に乗ってきた。父が就職祝いに買ってくれた中古のハッチバック車を数年と、SUZUKIの軽を新車で買い15年以上経つ。そろそろあちこちガタがきて3台目の車が必要なのだが、踏ん切りが付かず今夏車検を延長してしまった。あと2年で少しでも貯蓄したいところだが、どうなることやら....





車は高い。宝石や服なども贅沢をすればキリが無いものの、レアなものでなくとも新車で100万はする。消費増税もあるけれど、手が出しやすかった軽の価格そのものが需要に合わせて上昇したのも貧乏人にとって痛手だ。中古車を買うという選択肢もあるが、直ぐにあちこち壊れてくることは1台目で経験済みなので遠慮したい。遊ぶためではなく、その殆どを通勤に使っている場合くらい、消費税を負けてくれたら良いのになぁ.....などと、泣き言も言いたくなるというもの。


そもそも車が贅沢という発想だが、どのレベルの車を指して言っているのか?フェラーリとSUZUKIのアルトなら、贅沢の差は明らかに思えてならないが、この番組に登場する車の数々は、はたして贅沢か否か?





別の仕事をしながら何百台もののガラクタレトロな車を買い漁って来たカナダのおっさんが、息子や友人を巻き込んでレストアショップをオープンするものの、商売下手でザル勘定のくせに売る相手を選び過ぎて売り上げが上がらず四苦八苦するというドキュメンタリーっぽい番組なのだが、あまりにもショップオーナーと周囲の人達のキャラが立っている点や、最後のちょっぴり切ないオチも含め、出来過ぎ感があるからドキュメンタリー風のドラマのように見えなくも無い。ただ、この際そんな瑣末な話はどうでも良いことだった。整理整頓がなってない場所でボロボロの格好のおっさん達が、同じくボロボロの姿の車をピカピカにレストアし直していく様子だけで十二分に満足出来るフィルムだからだ。

IMG_1832.jpeg
IMG_1836.jpeg
IMG_1834.jpeg

IMG_1821.jpeg
IMG_1822.jpeg



元がどんな車だったのか正直見たことがないのだから分からない。でもこの番組で生まれ変わって戻っていく車はどれもこれも格好良かった。効率化の果てに生まれたものなど美しいはずがない!と言わんばかりに。手間隙をかける様子を見せられた効果なのだろうか?まるで自分の好みの車でもないのに、理屈に抜きで良く見えてしまうから困る。”ちゃらんぽらん”なおっさん達が愛情込めて直した結果、売りたくなくなるというのも分かる話だ....

IMG_1749.jpeg
IMG_1757.jpeg
IMG_1753.jpeg

IMG_1775.jpeg
IMG_1778.jpeg
お客さんが皆良い顔で車を迎える。やはりアメリカやカナダは日本とは一味違う車文化を持つ国だ。




これが車でなくとも、物を直すというのは見ていて気持ちが良い。金儲けを考えず、このおっさん達のような仕事を出来たら幸せななことだろう。だがしかし、世間はそんなことを許さない。社会と関わって生きるなら金を考えずにいるのは不可能だ。

よってこの番組に出てくる車は贅沢品で間違い無い。それも一際悩ましい贅沢品で決まり(はぁと)

IMG_1784.jpg
IMG_1827.jpeg
いい加減でガサツなエイブリー。憎めない良いキャラだったw




次はどんな車を買おうかしら?......






posted by lain at 06:52北海道 ☔てれび

此処まで車を愛し酷使する番組も珍しい......「ハイパードライブ」Netflix/感想

近頃事ある毎にレース関連の番組を観ていたせいか、Netflixが気を効かせてオススメのトップにこの番組を持って来ていた。






世界各地から集まったドリフト自慢が頂点を争うという番組だったわけだが、開いた口が塞がらないレベルのコースの数々と、キャラクター・国籍・性別(日本人は居るがオネェは居なかった)豊かなドライバー達、そして主役であるマシンの調和が絶妙で大変よく出来ていた。「車でチャレンジするSASUKEみたい」などと思ったものである。

少々車の運転に自信がある者なら絶対”自分もやりたい”と感じるであろうコースレイアウト(倒すとペナルティを受けるポールが並んだ狭い場所でのJターンや、大きなシーソーの上で10秒間バランスを取る等)は、予選が進む間に何度も様相を変え、難易度上昇に伴い車はボロボロになって行くし、ドライバー達の真剣さも増していって全く飽きが来なかった。ランボルギーニが必死にJターン決めようとしてボロボロになって行く光景なんて此処でしかお目にかかれないことだろう。

SASUKEと表現したが本当に貧乏性の人間にとって心臓に悪いチャレンジになっており、コーナーに配置された装置にドリフトしながら車のテールを打つけるのは当たり前だし、水が張られたエリアでは狭く限られた浅瀬のルートを手探りで走らねばならず、コースオフしたり勢いよく突入したせいでエンジンに水が入りリタイアなんてのもざら。物凄い量の水を放水するエリアでは、その水の量に車が耐えかねてフロントガラスが割れてしまうアクシデントまで起きた。日本での”普通”なら放送事故でしかないことを、アメリカは感動的な内容にすり替え押し通せてしまうのが凄いの一言。何度も警察に暴走行為で捕まったことがある人間ですら話題作りに利用してしまうとか控えめに言ってイかれている(褒め言葉)




車の性能差や、国籍によるガチさで決まってしまいそうになるところもあったけれど、それだけではない物が沢山詰まった酷くアメリカらしい番組。ツッコミ度高めな辺りも含め良いと思った。

ドリフトなんてチャラい連中のお遊びだろうという人の気持ちも分かるが、1級品のお遊びは3級品の真剣さに勝るのもまた真理なのである。

同じ馬鹿なら楽しんだもの勝ちとはよく言ったものだ。
posted by lain at 00:56北海道 ☔てれび