2016年07月19日

天パの時間泥棒にご用心「水曜どうでしょうClassic」Netflix/感想

 長らく社畜をしていると、たまの連休にペースを掴めず、別段何処かへ出掛けたい欲求も無いから、連休じゃなくとも出来ることをだらだらとしてしまいがち。

 昨日も酷いもので、起きて直ぐに艦これを弄ったかと思えば、そのままオーバーウォッチへとなだれ込んで心身共にボロボロになるまで遊び、なんとなく気分転換にNetflixで「水曜どうでしょうClassic」を観出したが最後、配信されている2シーズン分全て観るまで止めなかった。

 藤村くんと大泉くんの笑い声のおかげで、あれだけ待ちわびた連休があっという間に消えてしまったのは言うまでも無い.....





 本当に久しぶりの"どうでしょう"で、アスペクト比4:3というのが酷く昔のことに感じた。Netflixで配信されているのは「ハノイ→ホーチミン 原付ベトナム縦断1800キロ」と「対決列島 〜甘いもの国盗り物語〜」で、ベトナムを縦断するラストランの過酷さは何度見ても疲れるし、日本全国で甘味対決する対決列島は物凄く胸焼けをした。

 何か特別なことをするでもなく、出たとこ勝負に任せたまったり番組なのに、何故ついつい見てしまうのか自分でも不思議だったのだが、ベトナム縦断で大泉くんがスタッフである嬉野くんの言葉を借り、北海道から数年遅れで放送していても楽しんで貰えているのは"ひとつも新しいことをしないからだ"と言っていたから酷く腑に落ちてしまった。確かに今にして思えば、流行に乗った企画が全く無かった気もする。ぶっちゃけマイペースにいつもくだらないことで喧嘩したり笑ったり慌てたりするおっさん達のグダグダっぷりを愛でていた記憶しか無い。あれ?やっぱりなんで楽しかったんだろうな水曜どうでしょう.......w

IMG_2232.jpg



 今の小慣れた大泉洋も良いが、やっぱり自信と実力が噛み合っていなかった若き日の大泉洋の最強素人っぷりが良い番組でしたね。芸能人とスタッフの垣根が何処にあるのか分からない感じ、大好きだったなぁ....

タグ:NETFLIX 大泉洋
web拍手 by FC2
posted by lain at 06:57 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TV その他 バラエティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする