2017年05月29日

疲れないと言ったら嘘になる。でも.....

Rez Infiniteの新エリアXがやりたくてずっと手に入れたかったPSVR。

ようやく手にしてエリアXも遊べてしまった今、ちょっぴり気が抜けてしまった。





とりあえずRezの素晴らしさは置いておいて、PSVRの使い心地の話。

正直な感想を言えばVRヘッドセットはあまり装着具合が良くない。ぴったりフィットさせて使用することが前提のため、頭が大きめだと若干苦しいし、ピントが合う部分を探して装着する必要性もあるから人によっては視界がぼやけてばかりになる。僕もあまりピントが上手く合わせられず結構目が疲れてしまった。目と目の間の設定を調整することで、それらが緩和される可能性もあるけれど、僕は調整してもあまり効果を感じなかった。自分のベストなヘッドセットの装着方法を模索する旅はもう少し続きそう。

ちなみに没入感を高めるためにイヤホンやヘッドホンの使用が望ましいわけだけど、個人的にはイヤホンの方が楽だった。それでなくともヘッドセットの重みがあるのにヘッドホンまで頭に乗せるのもあれだし、耳の位置にヘッドホンのスピーカーがあるとヘッドセットをベストの位置に移動出来ない弱点もある。ピントの面で苦労していない方なら音質をとってヘッドホンの方が良いだろうから一概には言えないけれど。

少々ハード面に癖があるPSVRだが、コンテンツそのものは中年の萎びた感性を刺激する物でいっぱいだった。もうかれこれ15年以上前のソフトでありながら、このソフトのために生まれたのでは無いか?(PSVRが)と思えてしまうほどVRとの相性が良かったRez Infiniteの素晴らしいプレイ感覚もそうだし、短いながらも提供されているVR向けの無料コンテンツの数々も今度の可能性を大いに期待させる物になっていた。昔は遊園地やゲームセンターで体感ゲームを味わったものだけど、いよいよ自宅で仮想空間を体感出来るのが当たり前になるのだと思うと感慨深い。コントローラーだけではなく、椅子までゲームとリンクして動く周辺機器が一般向けに発売されるのも遠く無いだろう。



脳神経へ直接刺激を与え擬似的な物を感じさせる技術がまだ娯楽として使えない以上、現状のVRほど僕らを別世界に連れていってくれる存在は今の所無いだろう。つい出来心でDMMが無料で配信していたVR向けのアダルト動画を少しだけ見た時も、あぁ....これは俺たちを存分に駄目にしてくれる素晴らしい機械だ.....と、思ってしまった......

そんな一面も含め、何かと刺激的な時間を提供してくれそうなPSVR。今後の改良やコンテンツに大いに期待したい。

PS4 Proだと更に綺麗な映像で楽しめるということで、更に財布の紐が緩みそうなのは少し不安.........






関連過去記事
タグ:PsVR ソニー
web拍手 by FC2
posted by lain at 06:42 | 北海道 ☔ | ゲーム PS4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年05月28日

大人を子供に戻してくれる夢のマシンを手に入れた

いつもなら孫のイベントは欠かさず見に行く父の都合が付かなかったのか、運転手ついでにお前も来いと家族に懇願され、初めて自分が参加しない運動会に行くことになったものの、雨で翌日に(要するに今日)延期。

基本引き篭もりだから、それはそれで気が楽だったわけだけど、お出掛けスイッチが入ったままだった僕は、せっかくだからPSVRを店頭に探しに行ってみようという気になった。訪れたのは地元で一番多いゲーム関連のお店GEO。そこに無ければ他所も大して期待出来ないだろうと思っていた。

あいにくの雨の中、特に期待もせず車を運転し駐車場に到着すると、店の入り口から青い大きなビニール袋を両手で持った女の子とお母さんの二人連れが笑顔で出て来た。間違いない。あれはPSVRだ。そう気づいた瞬間ドキリとした。駐車場を早歩き。「まだあるかな?」と期待と不安でどきどきは止まらない。

店に入り直ぐ目に飛び込んで来たのは、新品あります!というGEOお馴染みの在庫確認札だった。十分に在庫があるというのに、急いで手に取りたい気持ちを抑え、じっくり周辺を観察。そうだ、光る棒も忘れてはならないと思いつく。満を辞してディスプレイ用のケースを手に取りレジへと進む。会計中も冷静さを装っていたが、まるで始めて自分のお金でゲームを買った時のように全然余裕が無く、緊張と嬉しさで胸がいっぱいだった。

B60F1B84-A376-4632-A61B-2D56760E640D.jpg



あっという間に自宅に着くと、直ぐ様開封してセッティングを始めた。新しい機械に張り付いた保護用シールを剥がすのは実に気持ち良かったし、思っていた以上にPSVRの配線が多いことすらなんだか楽しかった。デジタルの最先端な商品に、アナログさを感じて落ち着くだなんて可笑しな話だけど、ごつい配線で繋がったVRヘッドセットはSF世界のアイテムそのもので男ならわくわくせずに居られないだろう。

373B493F-7660-42B1-91B4-067087EC45D0.jpg
DBBF7984-17ED-47F4-B1D0-6E39CC75FA06.jpgA582EADF-F1B8-42A8-A7E1-D0A810B4CD8E.jpg




これまで何度となくネットで先着販売や抽選販売に泣かされて来たから、再入荷日に休めたことは本当に良かったと思う。人口密集地ではまだまだ手に入り難いそうだから、微妙に田舎な我が町に感謝したい。これでしばらくソニーへの恨み言をTwitterで吐かなくて済みそうだ。

使い勝手についてはまた明日。そろそろ延期になった運動会に行かねばならないから....
タグ:PsVR ソニー
web拍手 by FC2
posted by lain at 06:40 | 北海道 ☔ | ゲーム PS4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年09月27日

オーバーウォッチは社畜の吹き溜まり。

片付け物を朝やろうとして放置しておいたら寝坊した。

「あんた疲れてるのよ」

母親にはそう言われたが、口が裂けても”オーバーウォッチ”のやり過ぎのせいだとは言えず、苦笑しながら「おはよう」と言った。



兎に角FPSは疲れる。やっているうちはアドレナリンが出ているから平気なのだけど、寝て起きた時の疲労感は半端ではない。一時期FPSから離れた時などは、心身共に健康的なせいで仕事を頑張り過ぎてしまい損した気分にもなったが、FPSに熱中し過ぎた時の疲労感に比べればそよ風みたいな物だった。

オーバーウォッチは当初、ライトなユーザーでも楽しめる作品だと言われていたが、他作品で言うところのランクマッチにあたる”ライバル・プレイ”が始まってからは、一瞬の気の緩みが命取りとなるガチゲーとしての面がはっきりし始め、やればやるほど遊びじゃなくバリバリ仕事をこなしているような気分になっていった。

なんと言っても、PT・野良問わず組織力が物を云うゲームだから、尚の事そう感じるのかもしれない。特にライバル・プレイのシーズン2に入り(ライバル・プレイは一定の周期で初期化され、シーズンごとの戦績が残る)、サポートキャラであるゼニヤッタばかりを使っていたから物凄く忙しかった。味方の体力ゲージを逐一確認し、入り乱れる味方の中から疲労している者へ迅速に回復のオーブを取り付けつつ、ダメージを増加させるオーブを前に出過ぎた敵や、真っ先に倒すべき相手へすかさず投げ、自らもガンガン攻撃していかなければならないし、基本味方後方での位置取りが多いため、裏取りして来る敵への警戒も怠れない。ゼニヤッタで遊んでいると、まるで時間外どころか休日出勤分の賃金まで貰えないまま事務仕事から現場まで何もかもこなさなければならない中間管理職気分になり非常に見につまされる....

お陰様で上手くいか無い時のストレスも酷いもので、負けが込んでいる時の自分のTwitterを眺めると、味方プレイヤーへの悪態と運営のマッチングシステムへの不満で溢れており、こんなものを見せられているフォロワー達はさぞかしうんざりしているんだろうなと、申し訳ない気持ちでいっぱいになった。


そうまでしてなぜ止めないのか?それは勿論勝利の味を知っているから。ボイスチャットも無い野良プレイヤー同士が"今自分が何をすべきか"を考え行動し、それが上手くハマるとこの上なく気持ち良いのだ。仕事もこれくらい噛み合う瞬間があれば、どれだけ気が休まることか....

47801048-A895-4F72-8577-C2C4AF394C47.jpg9EE6CC25-2337-4D4C-BBBB-8F49BD7BB85E.jpg
以前より上手くなっているのを実感すると、尚更またやりたくなってしまってタチが悪い....




ライバル・プレイを初めてプレイする際、認定マッチという物があり、たった数戦でスタート位置が変わって来る。それはまるで受験の理不尽ささながらに格差を生み、実力以上の位置でのうのうとする者と本来の力を発揮する間も無く振るい落とされた者との確執に繋がっていたりする。正直言ってこの認定マッチには納得が行かない。何故せーのでレート1からスタートではいけないのだろう?たまたま良いマッチングに当たらず低いレート帯に落とされたプレイヤーは、よほどの根気が無い限り遊ぶのをやめてしまうような仕様だ。勝ちが続くと自分よりレートの低いメンバーと組まされる場面が増え、懲罰マッチとまで言われるようなマッチングシステムも相俟って、オーバーウォッチは社会の縮図そのもので、キャラクターの愛らしさに闇が深い。


僕は昨夜やっと一つレート帯が上がりプラチナへと昇格したものの、ここまでの道のりがあまりに険しかったため若干燃え尽きている。このレートまで来た事で、どう立ち回るかを理解したプレイヤーが増えた今こそ楽しめそうではあるのだけど.....

0E7F58B1-8DA9-4F95-8F2A-02845DF3F095.jpg





それでも、なんだかんだでオーバーウォッチを遊んでしまうんだろうな。たまには違うゲームやらないか?俺.......

(´-`).。oO女性キャラの尻ばかり見て喜んでいた頃が懐かしい......

3E3853DA-F850-45E3-A72F-1B833641506E.jpg


web拍手 by FC2
posted by lain at 07:17 | 北海道 ☔ | ゲーム PS4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする