2017年03月19日

仕事以外不器用な”おっさん”達のごつごつした神の手が俺は愛おしい

二日前、大勢が三連休直前の浮かれた夜を過ごすなか、珍しく僕はテレビを見ていた。

各分野で優れた技術を持つ日本の職人達が1台のバンに乗り込み海外で修理のお仕事をするという番組だ。


1906e2775fc7a78908d7231d9b8d.jpg





残念ながら恋には発展しない暑苦しいワゴンだったが、職人同士のプライドが相乗効果を生み、かなり良い絆が最後には形成されていたような気がした。

家具でもトロッコでも元の良さを活かしつつ生まれ変わらせる人や、これぞ職人と言わんばかりのドライバー1本で車のエンジンの不調を聴き分け修理する人、他にも左官屋・木工職人・エンジニアまで多岐に渡る人材が自慢の腕を披露しているのを見ていると、自分も何か作りたくなって仕方なかった。「壊れたら直す」「無い物は作る」そんな当たり前のことを失いつつある日本において、物を大事にする人間の心を最前線で護っているのが職人なのかもしれない。

日本は彼らのような人達を大事にするべきだろう。何もかもオートメーションで大量生産し、壊れれば捨てて新しい物を買うという発想は、資金や資源があるうちは良いものの、それだっていつ何時枯渇するか分からない時代だ。現在だけじゃなく未来の子供達のためにも、機械だけに頼らない知恵や技術を残していきたいものである。








途中で父親を喪い帰国する方が出ると、続けて体調不良や仕事で離脱する職人まで出て、どんどん辛く寂しい旅になっていったけれど、それこそ何もかも犠牲にして独り仕事に打ち込む職人の生の姿を見ているようで感慨深かった。守備範囲外の時計台の修理を執念で直していたことにも頭が下がる。

職人ワゴンが訪れた2箇所の土地セルビアの小学校で、ボロボロになった教室を職人達が綺麗にした時、子供達の顔がぱぁっと明るくなったのも忘れられない。テレビだから現地民への仕込みも沢山ある中で、あそこだけは本当のリアクションを見れた瞬間だった。

テレビが面白く無い時代に、テレビも悪く無いなって思えたことが嬉しい。

テレ東のテレビ職人もやるじゃないか。
web拍手 by FC2
posted by lain at 09:15 | 北海道 ☔ | TVその他  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年07月30日

スカパーに怒

「そういえば、あのドラマの録画溜まってるな」

なんていうのが最近増えた。アニメ中心の生活が復活してしまい、他の番組までチェックしている暇が無くなってしまったからだ。そして、そんな中一番存在価値が怪しくなって来たのがスカパーである。

アニメ関係で言うと、地上波より放送が遅れてしまうし、声優番組やDVD&BD特典の話数も放送することくらいしか利点は無く映画やドラマも似た様な状況。幾つかはスカパー(ケーブルTV局)でしか見れない作品はある。スポーツ系の専門チャンネルもそうだ。しかし、払っている金額に見合うかどうかが怪しい....



10年前にくらべ、今はコンテンツを楽しむ手段が多様化し、特にネット配信で何時でも何処でも観れてしまうサービスが便利な時代だ。スカパーも放送日を気にせずオンラインで番組を視聴出来るサービス”スカパー!オンデマンド”を限定的に展開しているものの、いまいち各ケーブル会社との連携が上手くいっておらず、あれを見逃したからオンデマンド観ようと思っても、そのチャンネルがスカパー!オンデマンドに参加していないなんてことが多く本当に落胆させられている。独自にオンデマンドを行っているチャンネルや、母体が海外の会社のテレビ局だったりすると難しいのだろうか?



毎週録画の設定をしておいても、気づかないうちに放送時間が変わっていることも多いため、スカパーはオンデマンドの充実が急務となっている気がする(僕の中で)もっと頭の良いチューナーを買えばそれで良いのかもしれないが、現状の使用頻度を考えると腰がひける。

とりあえず各ケーブル会社のHPを眺め、気になった番組をMyスカパー!で番組検索し、Myカレンダー(Myカレンダー上からチューナーにアクセスして録画予約をするような機能が無いのは残念だが、紙の番組表を買わないスカパーユーザーには悪くないサービスだと思う)に登録する所から始めてみることにした。本当に使い続ける意味があるかどうか見極めためにも。


解約しないだけで利用していないユーザーからお金を搾り取るだけではなく、ちゃんとコンテンツを愉しみ易い環境を作っていかないと、低額で定額な動画配信サイトにずるずる視聴者を持って行かれることだろう。

しっかりしろスカパー


タグ:スカパー
web拍手 by FC2
posted by lain at 07:22 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TVその他  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年03月09日

「オッハー👐」なんて口が裂けても言えなかったあの頃...

18年と半年、それだけの長い期間一つの番組に携わると言うのは、なかなか大変なことに違い無い。ほぼ同じ期間一つの会社で働いてきた自分のこれまでを振り返ってみても、本当に沢山大変なことがあったなーとしみじみ思ってしまう。

ましてやそれが移り変わりの激しい芸能界となれば更に過酷なはず。実際山寺宏一氏以外の出演者は次々と入れ替わっていたのだから、自分やお客様も含め、番組に関わる全ての人々を飽きさせ無いような仕事をするには相当努力が必要だったはずだ。

おはスタを踏み台にして人気者へと駆け上ったベッキーが不倫騒動で居場所を失うなんてことがあったばかりであるし、山ちゃんに関しては酸いも甘いも知り尽くした大人であるから心配の必要は元から無かったかもしれないが、子供向け番組という特殊な場所に居続けるには私生活に配慮する必要もあったろう。心身共に整え続けるのは本当に難しいものである。



それにしても、おはスタ開始当初はテレ東さん思い切ったことするなぁと思ったものだ。幾らアニメファンに人気があるとは言え、チリチリ頭の眼鏡声優と、どこの馬の骨とも知れぬニヤけ顔の黒人をパーソナリティに据えたのだから。まぁ、演技も上手いしトークにもキレがあったからこその抜擢だったとは思うけれど、声優が毎朝生で放送されるTV番組の司会進行と言うのは皆無であったし、本当に斬新に思えた。あの頃、文字通り子供だった人たちは、山ちゃんが声優であることをだいぶ後になって知ったなんて人も多いことでしょう。




今朝たまたまおはスタを観てみたら、丁度"どぶろっく"が下ネタ抜きで山ちゃんをネタに歌っていた。暫くは湿っぽいムードのおはスタになるんだろうなぁ。司会が代わると番組が傾く(番組が傾いたから司会交代というのもよくある)事も多々有りますが、果たしておはスタは山ちゃんからのバトンを次なるパーソナリティに巧く引き継がせることが出来るのか?

既に観なくなって久しい番組ではあるものの、歳月の流れを感じるニュースにちょっぴりセンチになってしまう朝だった。


EF4505EC-2949-4416-AE05-AA53CF3379D7.png









web拍手 by FC2
posted by lain at 08:49 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TVその他  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする