2017年03月06日

降り注ぐのは太陽で、タイヤが踏むのは小石。それを平和と言わずしてなんと言えば良いのだろう?「ホワイト・ヘルメット」他/ドキュメンタリー/感想

僕個人としては畏敬の念すら抱いている女性シンガー”小谷美紗子”の「自分」という曲に、こんなフレーズがある。


「悲しいNEWSを見て涙を流して

 自分は温かいやつだと満足してる」


「世界の問題について真剣に語る

 そんな姿に酔っているだけで

 語るの簡単だ 言うだけなら私にもできる」





自分にも他人にも厳しい小谷さんらしい耳が痛くなる言葉なのだが、僕はドキュメンタリーを見ると、いつも彼女のこの言葉が頭をよぎる。ただの自己満足で終わっているのは百も承知だからだ....


ほんの気まぐれだった。なんとなしにNetflixを起動すると、アメリカのアカデミー賞で短編ドキュメンタリー賞を獲った「ホワイト・ヘルメット」なる作品が大々的に紹介されており、短編なら直ぐ見終わるだろうと再生してみたのだ。冒頭、絵になる子供が助け出される映像から始まり、その後も同情を誘うガチガチなベタさで進行するため、何処かしらの勢力が遠回しに作ったプロパガンダ作品的な意味合いを感じなくも無かったが、防ぐ手立てもなく降り注ぐ爆弾に蹂躙される街並みや、「敵も味方も関係なく助ける」と明言するシリアの民間防衛隊ホワイトヘルメットの身体を張った救出活動を見ていたら、シリアの実情が十分伝わって来て溜息が止まらなかった...









久しぶりに見た戦争ドキュメンタリーに変なスィッチを押され、続けざまにイラク戦争をその身に刻んで来た"とあるジャーナリスト"視点の「明けない闇の果て」を見たのだが、これがとんでもなく生々しく後味の悪い作品で、自分の抱えた闇を共有させようとするジャーナリストの目論見通り罪の意識を植え付けられてしまった。特にボカシも入れずテロリストの残忍なやりようと、それに対するアメリカ兵の心が麻痺して行く様を見せられていたら眉間の皺がどんどん増えていった....


Netflix「明けない闇の果て




なんだかんだ日本人で本当に良かったと思う。爆弾は降らないし、道路が爆発することも無いのだから。核爆弾や地震の被害に合った方や、電車に飛び込まざるえなかった人達からしたら、そうは思えないかもしれないけれど。


シリアやイラクのことを知ったところで何ができるわけでもないし、何かしようとも思い立てないが、世界の何処かで僕らとなんら変わらない命が無為に損われている事実だけは忘れたくないし、生あることを喜べる自分になりたいと思った。


さぁ今週も月曜日を始めよう。

生きてさえいれば、たまには笑えることもあるのだから...

web拍手 by FC2
posted by lain at 07:00 | 北海道 ☔ | 映画 ドキュメンタリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年12月19日

監督はつらいよ<特別篇>『ピープルvsジョージ・ルーカス』2010年/ドキュメンタリー/感想

約10年ぶりのナンバリング作であり、人気の高かった旧三部作EP4〜EP6の正式な続編だと言うから、世界中大騒ぎの「スター・ウォーズ/フォースの覚醒

ここは一つ、旧作を振り返って是が非でも劇場に行きたい!と、思うべき所なのかもしれないけれど、僕は作品の方ではなく、作品を観る側の反応をまとめたドキュメンタリー映画に興味が向いてしまった。ほんと、素直ではない。






ジョージ・ルーカスに限らず、大作を生み出してしまった監督は、その作品自体に人生を狂わされる。お金の面でもそうだし、特にファンの存在である。素直にちやほやしてくれているうちは良いけれど、そのうちもっともっととせがむようになり、じゃあと作ってやればコレジャナイ!!のオンパレード。

92EE9794-A06E-4D5E-B89F-1389F8880163.png

35C456DF-0428-492A-A08F-6104F973FED4.png

5155B061-77F8-4EC4-AC9F-EAE907BBC81D.png

DD403EE5-89F0-4B75-B65F-7D4851441835.jpg

F5F0A5F2-A928-4C71-9213-3DE7BE02D0D0.png


スター・ウォーズに関しては、わざとEP4と銘打って作ったのだから、EP1〜3が観たい!とファンが思ってしまったのもルーカスに責任があるだろうが、ただ妄想を膨らませ二次創作に現を抜かしているだけのファンの要望に監督が応える必要は一切無いように僕などは思うものの、確かにEP1〜3は微妙だったから、不満の一つや二つ、熱狂的なファンなら平気で出て来るだろうことも理解出来る。

FEA5D479-7BD7-4CC2-9664-B1F7CD6D351D.jpg
DB15C0FD-82B8-4587-B98D-51D5A6FF7636.jpg
6AB0B3A3-7156-40BD-9D60-FC58E8DD2EE1.jpg
9AAF8AF0-2458-4664-A97E-DD7661C91A94.jpg



このピープルvsジョージ・ルーカスは、そんな兎に角素直じゃないSWファンの愛憎に溢れている。自分たちのSW愛をブーンブーンと振りかざし、EP1〜3で登場する特定のキャラの存在を否定したり、サブタイトルにケチをつけ、最初の三部作をデジタル加工で改変した”特別編”で、いつものように冒頭どーん!と出て来るSTAR WARSのタイトルロゴが画面奥への引いていくスピードが改悪されていることにまで怒る。確かに、モノクロ映画のカラー化に反対していたルーカスが、自作の改変により作品の雰囲気が壊れてしまうことを理解していないとは、SWファンでなくとも思えない。ちょっと正気に思えない人々の姿は怖いものがあるが、一理あると思ってしまうような説得力も無くは無いのだ。

13F7BB3B-6BAF-4FDF-BEE5-3A2B0A93983F.jpg
A0A83317-873C-48F2-8974-D916480D1340.png
8A8291A6-BB90-4F64-A2C2-12BEB4310CC0.jpg
FB28A431-0205-44D7-86D8-15E2823BC5F9.jpg

E016980A-10DF-4496-9ABF-85B34A179343.jpg
B8DC3304-A3E5-41E0-8A24-DABB9F736D91.jpg
EC5AA726-17B5-4973-A716-DC1373BD327E.jpg
465647FE-6F1B-4AEC-AF09-55E31337DD38.jpg




自分はSWグッズに人生を狂わされた!DVDやBDなど、一体幾つ買わせる気だ!

と、様々な不平不満が飛び交う中、最後の最後でそれでも俺たちはSWとルーカスが好きだと終わらせる辺り、壮絶なツンデレ(おっさんばかりの)を見せられている気分になって脱力である。しかも、自分も同じようなことをしていることに気づいてしまった。富野由悠季監督の「Gのレコンギスタ」に対する違和感をつらつらと語っていた自分が彼らにそっくりそのまま当てはまるのだ。二人の巨匠は世代も近いし、何より富野監督はスター・ウォーズに大きく影響を受けていたりもするから、自然とファンも似たり寄ったりになるのかもしれない。分かるけど分かりたくない。そんなモヤモヤが募るドキュメンタリーだった。

8305FAFC-2766-45E5-A4FB-AA940B88498B.jpg






45年の監督キャリアがありながら、スター・ウォーズ以外はほとんど監督として作った作品は無く、何を何処まで介入しているのか分からない役職”製作総指揮”にいつの間にか収まっていたジョージ・ルーカス。今度の新作もJ・J・エイブラムスに任せてアドバイザー程度の関わりしか無さそうである。

果たして、ルーカスからスター・ウォーズを取り上げることに成功したファン達は、今回のSWにどんな感想を持ったのだろうか?....


F70CA051-827F-4675-A7C8-D376D49F84C8.jpg


web拍手 by FC2
posted by lain at 07:12 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 映画 ドキュメンタリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年01月13日

昔は良かっただなんて、言いたく無かったのに....「F1グランプリ/栄光の男たち」ドキュメンタリー/映画/1975年

 あと二月もすれば開幕を迎えるF1グランプリですが、正直ここ数年あまり興味がありません。

 馴染みのドライバーが次々と引退し、マシンも人も様変わりしてしまった今、興味があるのは日本人ドライバーが乗るか乗らないかだけになってしまいました。

 そんなわずかな僕の希望を背負っている小林可夢偉にしても、今季のシートは絶望的で、来季のシートを狙って活動しているそうだ....



 歳を取っただなんて言われたく無いですけど、セナが居た頃の映像を見たり、僕がF1に興味を持つ以前に最速を争っていたニキ・ラウダとジェームス・ハントの映画「ラッシュ/プライドと友情」を観てる方が幸せを感じます。けして懐古主義ではありませんけどね(多分w)

 なんというか、人間が走らせてる感じがしないんですよ今のF1は。精密に電子制御されたマシンに乗り、スポンサーやチームのオーダーに応える形で仕事をしている。ただそれだけのドライバーが多すぎます。お金とか地位とか、そんな物は糞食らえなんですよ。ただ全身全霊で誰よりも速くチェッカー受けるためだけに生きてるぐらいの輩じゃないと熱くさせられません。

 人間の感性が入り込む余地の無い雁字搦めなグランプリでは、マシンやドライバーだけではなく、観戦してる僕らの楽しみ方まで縛られてしまっているのではなかろうか?




 1975年のF1ドキュメンタリー映画である「F1グランプリ/栄光の男たち」を観ると、それを顕著に感じました。命懸けであるが故に高揚しつつも、無為に生死を天秤にかけていることに葛藤しているドライバー達の姿からは憂いさえ漂っている。

IMG_6188.JPG
IMG_6189.JPG
昔のおねぇさん達はちょっとケバいw
IMG_6192.JPG
2輪からの転向も珍しく無かったようだ。
IMG_6195.JPG
ギャランドゥアピール半端ないっ



 アップダウンでサスがふわっと浮き沈みするところや、カーブで大きくロールした状態でテールをスライドさせつつ曲がるところなんか見てると、マシンの躍動感をとても感じるし、コンピューターじゃなくてドライバーの技量がモノを言ってて痺れます。空力についてもまだまだ理解していない時代だから、バリバリ接近戦が出来ていたと言うし、それはそれは大層見応えがあったに違いない!

IMG_6194.JPG
IMG_6190.JPG
IMG_6191.JPG
IMG_6197.JPG
IMG_6203.JPG



 貴重な当時の映像と共に、F1の魅力と非情さが詰まっていたこの映画、副音声にオーディオコメンタリーが入っていて、フジのF1番組でお馴染みの今宮さんと森脇さんが当時のF1についてアレコレ話してくれてるのがまた面白かった。ぶっちゃけ僕が生まれる前で知らないドライバーばかりだから、今宮さん達の補足が無いとちんぷんかんぷんだったと思います。

 そんな中でも知ってる顔が出て来るとにやにやしましたがw

IMG_6198.JPG
右、フランク・ウィリアムズ。禿げてるけど若い凛々しいw
IMG_6196.JPG
40年以上前だけど、高度に練られた戦略を持ってて、本当に凄いドライバーだと関心してしまいましたジャッキー。




 荒削りで可能性に満ちあふれていた古き良き時代のF1。全てが個性的だからお客さんも実に楽しそう。行儀は悪いが、心底楽しんでいる顔顔顔で客席は埋め尽くされている。混沌、無秩序、それこそが無限に可能性を感じさせてくれる状態だったのです。

IMG_6204.JPG


 無論、秩序が無いところには安寧は訪れない。この時代はF1の長い歴史の中で、一番死亡事故の多い年代だ。先ほどのギャランドゥな青年も、非業と言うべき死に方を迎える。フランソワ・セベールと言う名のその若者に、後を託して引退しようと思っていたジャッキー・スチュワートの心情を思うと、居た堪れない気持ちでいっぱいになります....



 最速を目指すからにはアクシデントは絶対起きる。

 ただ自家用車の事故と同じで、起こしたくて起こす人は居ない....

IMG_6201.JPG

IMG_6199.JPG


 マシンが大破しただけなら「金」でなんとか出来る。けれど人間の命は買い戻すことなど不可能だ。


IMG_6205.JPG
IMG_6211.JPG
IMG_6212.JPG
IMG_6213.JPG



 命が散る中でも勝者が生まれるF1。

 流石にこの炎上事故後は批判が殺到したそうですが、これほど過酷であったからこそ胸を打つ存在足りえたのは間違いない。

 まさか70年代に戻れとは言えませんが、政治的なことばかりに夢中になって、純粋に速さを求めることをおざなりにするのだけは止めて欲しい。

IMG_6214.JPG 




 アロンソやシューマッハが暴れん坊だった若き日って、実はあんまり好きじゃなかったけれど、今思えば立派に最速を目指すF1ドライバーしてたんだなって思いました。

 アロンソ、あの頃を思い出そうぜ。小さくまとまるなよ、そんなのつまんない.....
タグ:F1
web拍手 by FC2
posted by lain at 00:18 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 映画 ドキュメンタリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする