2017年04月21日

たばこと朝の空気、どちらが大事?

珍しく我が家に泊まり客が来た。一昨日うちの父と最果ての町まで行き、更に南へと帰る途中で一休みしたのである。

泊まり客と言っても顔も見知った親戚だから、そう肩肘張る必要も無いのだけれど、やはり毎日顔を合わせているような相手では無いから挨拶しかしなかった。



それはそれとして、その親戚はタバコを吸う。歳は60を超える男性だが健康そうで、この先2、30年はプカプカさせていそうな人なのだが、あまり遠慮というものを知らない。うちは今誰もタバコを吸わない家なのに、堂々と茶の間の真ん中で煙を浮かべるというのは如何なものだろう?うちは禁煙だとハッキリ言わないうちの親も親だが、朝5時に目覚めると早速空気が汚染されているのは、吸わない人からすると本当に最悪の気分だ。

タバコを吸う人でも嫌だという人が多い”副流煙”それを吸わない人の前で堂々とやる神経が僕には理解出来ない。流石昭和で育った人だなぁと思って諦めるしか無いのだろうか?自分が家長であれば、絶対家の中では吸わせない所だ。その昔、仲の良かった友人に、うちではタバコを吸うな、我慢しろと言って仲違いしたことを思い出した。あいつもまだタバコをプカプカさせているんだろうか?面倒な奴だったが、居ないとなると寂しいものである。



まだまだ喫煙者は大勢いる。吸わない代わりにもっと酷いことをして発散している人もいる。僕のように人間関係が壊れるきっかけになることもあるだろう。止めろとは言わないが、吸わない人の前で吸うのを止めるだけで、お互い心穏やかに過ごせることだけは間違いないのではなかろうか?「自分の吐く煙を吸えないならお前とはこれまでだ!」というのなら、明らかに一方的な気持ちの押し付けであって、そんなの何処の誰であろうと仲良くなれるはずも無い。

僕が中学の頃、少々タバコを弄っていた時期があった。丁度悪ぶって格好をつけたがる年代だったから友達の家に転がり込み、こそこそタバコに火を付けていたものだ。10cmに満たない長方形のお洒落な箱を胸に入れ、火を付ける前のタバコの匂いを嗅ぎ、Zippoの蓋をカチカチ開け閉めするだけで大人になった気分を味わえていた。結局最後には、何処かの世話好きな人から学校に連絡が行き、僕らはこっぴどく叱られたうえ親への連絡と反省文を書かされた。だからタバコにハマっていくのも理解出来ないわけではない。でもそれとこれとは別な話だ。




喘息持ちの子供がいてもタバコを吸っていたうちの父も、孫が出来てから一切吸わなくなった。今じゃもう臭いを嗅ぐだけで嫌だと言っている。止めることさえ出来れば皆同じように感じることだろう。まあ、タバコを止めた分一気にうちの父は腹が出てしまったけどね。

せっかくの気持ち良い空気が楽しめる北国に住んでいるのに、何故一酸化炭素を吸わなきゃならないのか?思春期を遥か昔に終えた僕には理解できない。せめて寝起きの空気を汚染するのだけは止めて欲しかったというお話である....
web拍手 by FC2
posted by lain at 06:55 | 北海道 ☔ | 日記 昔話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年09月14日

情緒不安定男の朝は重くてキモい

 二次元の嫁ばかり描いて生身に興味が無い少年に、なんとか振り向いて欲しくて空回りするヒロインが可愛い出来過ぎな話のアニメが現在放送中だが、確かに2次元でロリショタが好きだからと言って、現実の世界で実際に幼い子供ばかりに目が行くかと言えば、まったくそんなことは無い。作り手の妄想力に影響を受け、僕らのリビドーが高まっているだけに過ぎないのだ。

それは、それ。これは、これ。といった分別が、一見道を踏み外して見える人間にも備わって居るものだから、アニメ好き=犯罪者予備軍などと社会が揶揄する場面を見掛けると残念な気持ちになる。それで無くと日本においてアニメは広い世代に浸透している文化へと変わりつつあるのだから、そろそろ穿った見方は止めて欲しいわけだが、宮ア勤による連続少女誘拐殺人事件発覚以降の内向的で思い込みの激しい一連の性犯罪者達の存在が、それを許さない。タバコでもお酒でも節度を忘れれば毒になるように、2次元への愛もほどほどが肝心なんだろう.....



とはいえ僕も長年2次元を愛して来た結果、順調に道を踏み外している。特に重症なのはショタ物と男の娘に目が無いことだ。思い返せば、小学生の時ウチから一番近い書店(近いと言っても車で10分程度)で「らんま1/2」と出会った日が運の尽きだったのかもしれない。男が女に、女が男にといった境界線が曖昧な設定の主人公のせいで、実際には違うのに身体が言う事を聞かないという背徳の味を知り、中学に上がった頃は姉の本棚にあった"高河ゆん"の「源氏」や”森園みるく”作品で女性漫画家の描く男同士の濡れ場がいかにエロいかを学び、高校生になったらなったで70〜80年代のブームを支えた漫画家達と出会ってロリコンに目覚め、同じ時期に見つけたエロ漫画家”かるま龍狼”の手により肉付きの良い中年女性やショタへのスイッチも入ってしまった。振り返ると全くもって酷い英才教育を自主的に受けて来たものである.........


自分で言うのもなんだが、スポンジのようになんでもかんでも吸い込む素直な(下半身に)子供だったものだと思った。これじゃあまともに恋愛をして普通に結婚、なんていう未来が思い描けるはずもない。

別に結婚がしたいわけでも無いが、節操無く下半身が反応する自分にはがっかりし通しの人生だから、もっと普通に生身の女性を求める生き方がしてみたかった。小学2年生の頃に性的な快楽へと目覚めてからというもの、本当に何度も自分の性的嗜好の醜さに打ちのめされ、何度と無くこんな物が付いていなければと、叩いたり、ハサミで切ろうかとも思った。


きっと今この瞬間にも、あの頃の僕と同じように苦しんでいる子供達が居るに違いないが、何がどう作用して人生を狂わせるかなんて、子供の時分には分からなくて当たり前なのだし、どうしようもなく自分に嫌気がさしても、いつかそんな自分と上手く付き合える日が来ると信じて、その手に持ったハサミを置いて欲しいものだと、取り留めもなく思った。






(´-`).。oOで、なんでこんなこと書き始めたんだ俺.....

web拍手 by FC2
posted by lain at 07:21 | 北海道 ☔ | 日記 昔話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年06月07日

昔話を語ってばかりな大人を、昔は僕も嫌いでした

 久し振りに中学の頃好きだった女の子と、好きだと言われた女の子が同時に出て来る夢を見た。

 高校の新学期明けな設定の夢で、二人が一緒に出て来たのが嬉し過ぎたのか、すっかり舞い上がってベラベラと必要以上に話し出す自分が恥ずかしかった。


 好きだった女の子は、確か高校の同級生の奴と結婚したと、男ばかりの高校の同窓会の時、小耳に挟んだ。

 あの男が「商業科のあの女の子俺好きなんだけど、お前の中学時代の同級生なんだろ?」と、僕に話し掛けて来た事を今でもよく憶えているのだけど、あの時はなんだか複雑な気分だった。自分が好きだと思っていた女の子を、周りが可愛いと感じてくれることが嬉しいのと同時に、自分だけが彼女の魅力を知っている人間でありたかった。


 僕は今まで誰にも本心からの告白なんてしたことが無い。

 思春期に友達同士でよくやる好きな相手を互いに告白し合う(無理矢理させる)時も、本当に好きな女の子の名前じゃなくて、1番自分と関係無さそうな子の名前をあげたりした。

 我ながらあまりにも愚か者である........


 あの時本気で好きな子の名前を言えていたら、そのあと告白する勇気を奮い立たせる事が出来ただろうか?頬を紅く染めて僕に好きだと告白して来たあの子のように。

 あれから僕の時間は止まったままである。

 何処へも行けず。何者にもなれず。何故と嘆いてばかりで自分の選択を受け入れ切れずパンクしてしまいそうだ。

 あぁ、中学の頃の友達に逢いたい.....




 「後悔はしないよりした方が良い」なんて物分かりの良い人は言うけれど、なるべく後悔しないように一瞬一瞬を大切に生きる事はもっと大事だと僕は思う。

 ただ、そんな事も、失敗して後悔して、こんな不甲斐ない生き方をして来たおかげで分った事ではあるし、やっぱり後悔はした方が良いのかもしれない。


 と、思考がぐるぐる回ってばかりな堂々巡りの1日が今日も始まる。
web拍手 by FC2
posted by lain at 06:11 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 日記 昔話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする