シングルにも愛をぷりーず「ジングル・オール・ザ・ウェイ2」映画/感想

「クリスマス」

それは愛しい者同士がプレゼントを交換し絆を深め合う日。

恋人と過ごす者は柔らかく灯るキャンドルに照らされつつディナーを楽しみ、子供達はサンタからのプレゼントに満面の笑みを浮かべていることだろう。




だが、もはや恋人と言うのでも無い親達はどうだろう?

仲の良い夫婦はお互いにプレゼントをするだろうし、気の利いた子供ならお返しに気持ちの込もった何かくれるかもしれないが、大概は子供達にプレゼントを用意したらそれでお仕舞いなのではなかろうか?

サンタさんと言う存在は子供にだけプレゼントをくれる印象があるし、自分達の分まで買っていたらお金が幾らあっても足りないなんてのもあるかもしれない。大して裕福ではない僕にしても、自分が貰えないプレゼントを子供達に用意するのはどうも釈然としない。姉の子供相手のプレゼントだからなおのことそう思う。


今思えば、3人もの子供を相手にクリスマスプレゼントをしていた両親は偉いものである......








そんなこんなで、全員を幸せにはしてくれないクリスマスではあるものの、なんだかんだ恋人同士がイチャコラしてるのを見せつけられるよりは子供の笑顔が百万倍マシと言うもの。

両親が離婚し、新しいお父さんの家と、実父の家とを楽しげに行き来する本作の少女の笑顔も実に可愛らしかった。







嫁と円満離婚した男”ラリー”が、継父の”ビクター”と互いに父親として対抗心を燃やし、娘の欲しがっている物を巡って大騒ぎするコメディ作品。前作はシュワちゃんがお父さん役でレアなおもちゃを手に入れる為に奔走して大いに笑い大いに癒されたものだが、本作はそれほどパンチの効いた配役でも無いし、通常の映画ではなくオリジナルビデオとして作られたそうだから予算も無さそうに思え、それほど期待せず観始めた。

4C9B8A9B-B3B9-42AF-9B64-676B5E158857.jpg
トレーラーハウスで気楽に生きているラリー

73B7B0B1-5899-402B-94CB-0EC063081FB2.jpg
なかなかベッドから出ないラリーに呆れ顔の娘ノエル

ED71D5AE-6BA6-4BA6-8CAD-EDA71D7C85ED.jpg
お互いにコンプレックスを抱える2人のダディ





 案の定脇役クラスの役者ばかりだったものの、"小林由美子"さんの吹き替えの良さもあって、娘役である"ケネディ・クレメンツ"の少々緊張した演技の中から溢れ落ちる素朴な表情が案外良くて自然と笑みが湧いて来たから不思議だった。

193D5D54-24CB-407B-9ADC-B786E5FD7775.jpg

87292729-2DBE-454A-B930-475BF5DB12C2.jpg

5C811A07-9DA7-4CC6-9903-7E5FBC19A091.jpg

43DF562D-FE4E-43A1-B483-F0538D54284C.jpg

5508D4E1-F849-4053-8697-DE6007B7E1F3.jpg
びりびりびり....




たかがプレゼントのためのオモチャ一つでそこまでするか、と言う展開は前作通りであったし、二人のお父さんの親バカっぷりも結構萌える。最高とまでは行かなくとも、良い笑顔を残してくれる優しい作品でした。


こんな笑顔を見られるだけで、十分親もプレゼントを貰っていますね。きっと....

7BCD1D93-2936-43DD-B44E-507CAAD7FC05.jpg
めりーくりすます






STARチャンネル内作品紹介 http://www.star-ch.jp/channel/detail.php?movie_id=23749

もしもチャーリー・シーンが大統領になったなら...「マチェーテ・キルズ」ロバート・ロドリゲス(監督)/感想

”チャーリー・シーン”

80〜90年を存分に楽しんだ世代であれば、この名を知らない人はほとんどいないことだろう。

「プラトーン」では一人前に荒んで行く青臭い兵士、「メジャーリーグ」では跳ねっ返りの片袖無しメガネ剛腕投手、かと思えば仕様もないコメディ映画にまで出演し、日本でも大人気ハリウッド俳優だった。


そんなチャーリー・シーンだが、人気者にありがちな素行不良で公私共にトラブルが尽きず、とうとうHIVにまで感染したと言うのだから因果応報である。5000人と肉体関係を持ったと豪語する男であるから、今まで平気だったことが不思議なくらいだ。彼がHIVと気づくまでにどれだけの女性が、彼の汚染された欲棒の餌食となったのか、想像するだけでため息が出る。HIVであることが分かってから、友人にそのことで強請られ12億円以上払ったと言うし、今後訴訟を起こすであろうチャーリー・シーン被害の会っぽい人々に幾ら払うことになるのか、他人事ながら怖い話だ。

それにしても、今のチャーリーにどれだけ俳優としての価値があるのだろう?顔が良かったと言っても若い頃の話で、今では金にものを言わせて若作りしているのが見てとれるし、お腹もポッコリ膨らんでいる。年齢に応じた味のある演技が出来るかといえば、そうでもない。はっきり言って田原俊彦状態である。

実際最近の彼の演技はどうなのかと、Netflixの検索で引っかかった「マチェーテ・キルズ」を観てみたが、元々超B級を売りにした映画だったから、役者として上手いのかどうかはよく分からなかった。ただ、3人の女性と寝ているところを電話で起こされるシーンは、自虐ネタとしては旬だなと思った(白目)


FE42E70B-52BA-4731-B310-F5342F7267F7.jpg
プルルル....ガチャ
7787DE3A-9620-46AE-9DC8-68B560B7D85A.jpg
1人、2人、
C37A90A4-87F1-4C97-812E-253BE567142D.jpg
3人、
6EBCE473-9EAF-4391-97BE-147950E3FA1D.jpg
ワタシダ




 この「マチェーテ・キルズ」、ロバート・ロドリゲス監督の別の作品で偽映画の予告として作った物を映画化した「マチェーテ」の続編にあたり、始めはどんなクソ映画なのか見てやろうと言う腹意地の悪い気持ちで見始めたものの、糞具合が規格外で、わざと隅々安っぽく撮っているから逆に面白くて仕方ない。主人公のマチェーテが、自分の名前の由来である武器”マチェテ"(マチェット、マシェット等発音はまちまち)や様々なガジェットを駆使し、悪者共を片っ端から殺して世界規模の危機を救うという話なのだけど、首が飛んだり身体が縦に真っ二つになったりするのに、そのディティールが安っぽく、味方も敵もあっさり死んで行くからグロさで気持ち悪くなることもそれほど無いし、重い展開に感情が掻き乱されることも無く脳みそを空っぽにして観れる阿呆な映画だ。

7DAE6A90-5B44-4521-91B3-0DAA8C7820D4.jpg



下らないパロディや幼稚なギミック(乳から小さなナイフを飛ばすパツキン、10徳ナイフ状態のマチェット等)も含め、何もかもがデタラメな本作だが、出演者の豪華さなら他の映画に引けを取らない。地味だが美味しいダニー・トレホを筆頭に、メル・ギブソン、ジェシカ・アルバ、ミシェル・ロドリゲス、レディー・ガガ、アントニオ・バンデラス、そして我らが”チャーリー・シーン”(本名であるカルロス・エステベス名義)まで、癖のある役者が揃っているからマチェーテ以外も良い味を出していた。

 結局お客はあまり入らなかったそうだが、何故か3作目も制作する予定のよう。HIVであることを告白したチャーリーの出演も当然あるのだろうか?

ホント、期待しないことに期待したくなるチャーリーとマチェーテであった(意味不)

A3EE8912-D324-4CF1-AEE5-9AA0DDB55261.jpg

E68B98D3-C840-4465-BED0-2F101F772B1D.jpg








関連過去記事

お一人様推奨クリスマス映画「ホーム・アローン5」

今年もまた、恋人居ない勢への風当たりが強い日がやって参りました。そう今日はクリスマスイブ。

3度目の午年を迎えた男としては、勿論とうにサンタさんと縁が切れているし、家族と和気藹々という柄でも無い。だいたい25日と言ったって、普通に平日なうえ年末だから仕事仕事で大忙し。最早僕の中でのクリスマスは死に体です....



とはいえ、子供の頃はクリスマスが待ち遠しかった。日頃値段の高い物を買って貰えないのに、誕生日とクリスマスだけは特別に我が儘を聴いて貰えましたから。あのクリスマスの特別そわそわした雰囲気が、大人になっても好きだという人の気持ちも分からないでもない。

だが、心貧しき大人になった今は、幸せそうに余所の国のお祝い事を楽しむ人々の笑顔を破壊したい願望を心に抱えている。毎度子供だけで留守番をしている家に泥棒が入る「ホーム・アローン」にしても、見事泥棒を撃退して退ける子供の活躍に爽快感を覚えるより、ドジでマヌケでズタボロになってしまう泥棒達に同情してしまいます。

「おい、どうせ弱い者から吸い上げた金で生活してるんだから、少しくらい手加減してやれよ」

なんて思ってしまうのだ。




なにせホームアローンは1作目からえげつなかった。ドアノブに電流を流したり、頭頂部をバーナーで焼き尽くすは、そりゃ誰でも放心してしまうだろうという所業を最高の笑顔で施す主人公が強烈でした。これで死者が出ないのは、聖なる夜の御業としか思え無かったものです。






 とはいえ、地元アメリカだけではなく、日本でも大ヒットしたホーム・アローン。それはひとえに主役のクソ生意気な子供を演じたマコーレー・カルキンの豊かな表情のお陰であり、更に言うと悪役、家族、脇役に至るまでキャラが実に立っていたからこそでした。


カルキンが出演した2作品の後、3、4とホーム・アローンが作られましたが、やっぱり配役のトーンダウンは否めず、懲りずに観てみた今回の5まで来ると、TVドラマ級の小粒さでした。

アメリカでは普通のそれなりに裕福な4人家族が、曰くありげな家に引っ越して来て、主人公の男の子が親の不在の間に入り込もうとした泥棒を撃退するいつものパターンが5でも展開されたのですが、撮り方が悪いのか演技が悪いのか、非常にお遊戯っぽくて苦笑い。

なんにしても配役は最悪であります。主役の男の子は少し年齢が高すぎるし、彼の姉役であるジョデル・フェルランドは無駄に色っぽい。滑稽な父親の薄ら笑いは性犯罪者に見えてしまうし、母親は..(以下略

IMG_5801.jpg



※近所の子供役の子の方が笑顔が可愛かった
IMG_5812.jpgIMG_5820.JPG
IMG_5804.jpgIMG_5818.JPG
※お姉ちゃん出る映画間違えた感じ



とりあえず泥棒連中だけはそれなりの基準に達している役者を用意しているものの正直生殺し状態で、売りであるピタゴラスイッチ的撃退方法のディティールが中途半端だから滑ったお笑い芸人みたいになってました。
IMG_5810.jpg
IMG_5814.jpgIMG_5813.jpg
IMG_5816.jpgIMG_5815.jpg
IMG_5817.jpgIMG_5826.JPG
※お勤めご苦労様...



唯一面白いと思ったのは、主人公の子供がネットゲームの友達(引き篭もりのオッさん)とあれこれ会話する要素。これが今時のバラバラ家族らしい話で、家族以上に知らない誰かが親身になってくれるという生々しさがありました。

IMG_5807.jpg
IMG_5808.jpg


泥棒が入ったことを聞かされた中年ゲーマーは、非合法なやり方で主人公の両親に電話するものの、誘拐したのだと誤解され自宅にスワットを呼ばれ、何故かアメフトでも観戦するみたいに主人公が仕掛けたWEBカメラの映像を一緒にくつろぎつつ見出す辺り馬鹿過ぎて笑ってしまったw

IMG_5821.JPG
IMG_5822.JPG
※ゲームしてたら警官が踏み込んで来たとか実際に起きてるからアメリカ怖いw



一件落着後、ムンクの叫びを知らない子供達の前で両親が真似て見せるシーンがあったけれど、それがまるでホームアローンシリーズとりわけマコーレー・カルキンの叫び姿を知らないの?と言いたげで、なんとも言えない空気にされてしまったのも微妙でした。

あなたたちがやると自虐というか、バカにしてるみたいにしか見えないじゃ無いですか…

IMG_5825.JPG






もはやなんでシリーズを続けているのかよく分からない時代劇とでもいうべきホームアローン。「おいまたかよっ!」と言われても、カルキンの残した残像を追って、その時代時代を反映させた続編がこれからも作られてゆくのかもしれませんね。

IMG_5824.JPG