2016年12月19日

ホームの魔法が解ける時

 仕事による1週間の疲れを癒すどころか酷使するようなデッドライジング(初代)三昧の日曜を過ごし、流石に疲れたなぁと夕飯が済むまでテレビでも観ようとしてみたところ、後半20分過ぎでレアル相手に2対2の同点という鹿島の奮闘っぷりが目に飛び込んで来た。

 そう言えばクラブW杯は今夜決勝か、なんて呑気なことを思いつつも、あっという間に全く見劣りしないどころか優勢にさえ見える鹿島の選手達の動きに釘付けになっていった。気持ち良いくらいに連動したオフェンス、一対一で読み勝つディフェンスの動き、国ごとの代表戦では絶対お目にかかれないチームの熟成度が酷く眩しかった。これはまさかの優勝もあるんじゃないのか?大勢がそう思ったに違いない。しかし、そんな夢もあっさり一人の男に覆された。勿論クリスティアーノ・ロナウドのことだ。

 PKでの1点はともかく、その後の2点はまさにロナウドといったゴールで、ポジショニングやトラップの巧さが桁外れだった。終わってみれば4対2である。鹿島は延長戦も全精力をもって戦っていたものの、やはり体格や自力に勝る相手と互角に戦うために動き回ったのが影響したのか、少しずつプレイの精度が落ちてゆき、チャンスボールに喰らい付いても力み過ぎて枠を捉えられなくなっていた。



 本当に良い試合だった。遠征で動きに精彩を欠く相手だとしても、世界最高峰のチーム相手にレギュラーシーズン3位だった鹿島がここまで戦えたのは素晴らしいこと。3位からチャンピオンシップで優勝した勢いそのままに戦ってくれた。しかし、もしこれで鹿島がクラブW杯に優勝していたとしたら、それで本当に満足出来たのだろうか?そもそもクラブW杯とは大陸ごとの王者を集めて世界一のクラブを決める大会のはずである。ところが鹿島は開催国枠の出場でしか無い。本来ならばあの場に居る資格すら無いのだ。

 ルールはルールだし、試合数やお金を出している国への配慮というのも分かる話だが、もしも今回、レアルがPKで同点にならず、あのまま鹿島が優勝していたら、この開催国枠という物は見直した方が良いのでは?と、なっていたことだろう。もうTOYOTAが冠の大会ではなく、FIFAの名が付いているのだし、誰もが納得のいく決勝と優勝をこれからも見たい。

 だから、鹿島には是非AFCの頂点に立ち、その上でクラブW杯の決勝の舞台に戻って来て欲しい。僕などが言うまでもなく、選手全員がそう思っているに違いないけれど.......





 いつか挑むのではなく、挑まれるようなサッカーを日本もするようになるのだろうか?







web拍手 by FC2
posted by lain at 06:55 | 北海道 ☔ | 日記 スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年08月19日

私は、普通の人間に見えますか?

いつものように目覚ましも無しに起きた朝、シャワーを浴びて出てくると、茶の間から聞き慣れぬ国歌が聴こえて来て、なんと無しに”吉田沙保里”が負けたのだと悟った。



リオ五輪での女子レスリングはとにかく派手な始まり方をした。登坂絵莉が残り13秒で逆転勝ちを収めると、それに続いた伊調馨は、その記録を残り4秒にまで縮めて勝利。重量級である69キロ級でもポイント劣勢の場面から土性沙羅が金メダル。ここまで日本に追い風だと、世界の大きな舞台で何大会もの間負け無し(個人戦)の存在だった吉田沙保里に期待したい者など居るだろうか?

だが待っていたのは吉田沙保里敗北の知らせだった。普通の女性ならば絶対に喜ばない"霊長類最強"の異名を付けられた33歳も、やはり人の子だったのである。余計なことばかり聞くインタビュー相手に何度も負けたことを謝る彼女の姿を見ていたら涙が次々溢れて来た。

モニター越しでは伝わりきらない重責を担って来た吉田沙保里。互いにモチベーションを高め合って来た伊調馨に対しても申し訳ない気持ちでいっぱいだったに違いない.....



昨夜、すっかり失念していた「境界の彼方」の劇場版を観て、世間から普通の人として見て貰えない男女が惹かれ合う様子に切なくも羨ましい気持ちにさせられたが、これを機に吉田沙保里も女性としての自分を1番に考える人生に目を向けても良いんじゃないかと思った。

幸せは人それぞれある。自分の為だけ生きる者もいれば、自分の意思は二の次で誰かに望まれる自分であろうとする者もいる。当然女性だからと言って、恋愛や結婚が絶対では決して無い(吉田沙保里本人は色恋に積極的らしい)



ただ、無用な謝辞が最初に口をついて出るような生き方は間違っているように思えてならない。謙虚さは美徳であるが、度が過ぎると自らの人生を棒に振ることになる。

彼女を取り巻く人々だけでなく、彼女自身そろそろ霊長類最強から吉田沙保里を解放してあげても良い時期が訪れているのかもしれない。
web拍手 by FC2
posted by lain at 07:02 | 北海道 ☔ | 日記 スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年08月15日

この世の終わりの夢を見て、トイレタイムの錦織に間に合った男が目にしたのは、喜多川一族の闇だった....

 今朝は酷い夢を見た。

 大きな気候変動が起き、家族と共に何故か海沿いへ逃げる夢だ。

 逃げた先も当然荒れ狂っていて、波は踊り、空には厚い雲で、時折を顔を出す太陽と静電気のような雷が恐ろしく綺麗だった。



 案外悪い夢でも無いかもしれない。





 そんな夢から目が覚めたら、錦織がナダルと戦っていた。2セット目に圧倒的な状況から逆転され、このまま最後のセットも落としてしまうのでは?そんな場面だった。

 妙にカメラがナダルばかりを映していると思ったら、錦織はトイレットブレイク(尿意で目覚めた僕と同じか) 気持ちを切り替える為にじっくり時間を費やしたのだろう。2セット目を見ていた人ならば、その効果のほどがよく分かったに違い無い。終わって見れば苛立ちを隠せないナダルと、落ち着き払った錦織との差がハッキリ出た試合でした。

 トイレットブレイクが少々長かったと、クレームを付けている人達も多いが、実際にお腹が痛くなったのかもしれないし、武蔵と小次郎の逸話のような作戦だった可能性も勿論ある。しかし、どちらにせよルール上問題にならない話。ダブルス決勝を戦って間も無いナダルには、決着を早くつけたい理由があった。ただそれだけの話。いくらタフなナダルでも、ダブルスとシングルスの両方でベストなパフォーマンスを発揮出来るわけでは無いのであります。逆に言えば、ダブルスをこなしているナダルに錦織は負けるわけにはいかなかったと思う。本人が一番それを意識していたのではないだろうか?もし本音を話して良いインタビューであったなら、ずばりその点について錦織は口にしたことでしょう。

 メダルを手にした錦織を素直に称えたいけれど、本人が喜びより悔しさ、そして安堵の表情を見せている間は、なかなかそうもいかない。これが四大大会決勝の勝利であったなら、諸手を挙げて祝福していたことだろう。どうせなら、2020年東京五輪の舞台で、100年ぶりのメダルを獲った方がドラマチックだったとまで考えるゲスい人間で申し訳ない.....




 まあ、ゲスいと言っても、SMAP解散の火付け役になった喜多川一族に比べれば、可愛い物だよね?....
web拍手 by FC2
posted by lain at 10:58 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 日記 スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする