2017年05月19日

自分に自信がある人ほど"彼女"に打ち砕かれる物の大きさも一入だろう.....「エクス・マキナ」アレックス・ガーランド(監督)/感想

一昔前ならいつか達成されるであろう”夢”の一つでしかなかったAI技術。

でも今では、ふと手を止めて周囲を見回すと、既に自分はAIに取り囲まれ徹底的に情報収集されていることが分かって来る。生活家電、ゲーム、グーグル、etc.....機能はまだ限定的ではあるものの、痒い所に手が届く便利な物に今やAIは欠かせないパーツになっており最早AIは夢でもなんでも無い。

何万年経とうと未成熟な生き物である僕ら人間が、AIとどう向き合って行けば良いのか真剣に向き合う時代が目の前までやって来ているのかもしれない。




◯oogleのような大手検索エンジンを運営している会社で働く優秀なプログラマーが、社内の抽選で社長の別荘に招待されることとなり、スマホの電波も入らずヘリで訪れるしかないような山岳地帯までやって来るのだけど、単純に社長の豪邸を堪能出来るわけではなく、他言無用なAI開発の最終的な試験の手伝いをさせられることになるのが.....という話なのだけど、そりゃ〜ただで転ぶはずが無い。

AIとの会話を通じ知性の有無を判断するチューリング・テストをすることになった主人公は、あまりに人間的な彼女<AI>にどんどん惹かれてゆき、彼女の生みの親である社長への不信感も相俟って、とんでもない事をしでかそうとするも、実はそれすらこういうことだったのだと収束して行くのがなんとも言えず、穿った見方をすれば古き時代の考え方である男尊女卑に縛られていた女性の再出発話にも見えなくもないため、男としては弱い所をグサリとやられた気分になった....


そんな軟弱なプライドは置いておくとして、見た目でそれと分かるAIエヴァのデザインが上手い(エヴァ役の”アリシア・ヴィキャンデル”の仕草や表情も込みで素晴らしい)と感じたし、男2人のAI論も普通に面白いと思わされた。次のモデルが出来れば今の記憶が無くなってしまうエヴァに同情する主人公へ、いつかAIは人間を原始人扱いするだろうから彼女を憐れむ自分を憐れめと苦言を呈す社長という対比が後々非常に糸を引く。

ちょっとしたサスペンス物を見ていたつもりが、全てが終わった頃には、まるで神話の誕生に立ち会っていたかのような感覚になる映画だった。







いつか本当に人と判別出来ないAIが生まれることは間違いない。その瞬間が訪れた時、果たして僕らの倫理観は、どの方向を向いていて、AIは僕らをどう受け入れてくれるのだろう?


エヴァを見ていると、人とAIとで迎える未来が怖くて仕方ない………





エクス・マキナ公式ウェブサイト
web拍手 by FC2
posted by lain at 07:18 | 北海道 ☔ | 映画 SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年04月09日

”実写化”の地雷に国境は無かった....「ゴースト・イン・ザ・シェル』(Ghost in the Shell)」ルパート・サンダース(監督)/スカーレット・ヨハンソン(主演)/字幕/感想

去年の映画の興行収入ランキングTOP10にはアニメ映画が7本も入っていた。しかもここ数年はアニメ作品が1位か2位に入っており、その勢いはどんどん増している。

作品その物の質が高まっていること、アニメを呼吸するように見て育った世代が増えたことなども要因だが、ヤマトやガンダムそしてドラえもん等の子供向けアニメやジブリが作って来た下地があってこそ、これだけ大きなヒットへと繋がったに違いない。




AKIRAと並び称されるほど世界に受け入れられた「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」もそんな下地の一つだった。劇場公開された頃、ジャパニメーションという言葉をメディアがしきりに使って絶賛していたのをよく覚えている。ハリウッドの有名な映画監督までベタ褒めしていたから、日本人としては非常に鼻が高かった。

無論、メディアや専門家の話など関係なく、攻殻機動隊は面白かった。否、面白いとは言えないくらい陰気な話ではあるのだけれど、あまりの細やかな設定の説得力と押井守の哲学にやられ、グーの音も出ないほど痺れたものである。その影響でうっかり原作を読んでみたら、まるで違う風情で驚いたのも今では良い思い出だ....


そんな攻殻機動隊がハリウッドで実写化されると聞いた時は、それはそれは嬉しかった。お金も技術も上である海の向こうでなら、凄い攻殻機動隊が見れるに違いなかったから。勿論これまでのハリウッドによる実写化の実績(スーパーマリオ、ストリートファイター、ドラゴンボール、北斗の拳等々...)を考えると、不安が無いでもなかった。向こうの思い描くクールな日本のイメージは大抵僕らの感覚と相反しているから。

実際、今回の実写化された攻殻機動隊も、かなりアメリカ人の脳内で補正された空間になっていた。






元々アジア某所的な世界観ではあるし、まるでブレードランナーだなと思ってしまうような街並みでも違和感はそれほど感じないものの、実写になると世界がハッキリし過ぎて素通り出来ない面がちらほらあった。ネタバレになるから”何が”そうだったとは言い難いけれど、攻殻機動隊であって攻殻機動隊では無いことを前提に劇場へ足を運んだ方が良いかもしれない。例えるなら、初代の展開をなぞりつつもオリジナルの解釈を進行して若者にウケたガンダムSEEDのような作品なので、人によっては良い部分と悪い部分が相殺しあって何も残らない可能性すらある。

僕個人の感想としてはアクションが良い映画だったなと思った(まあ、ハリウッドならこれくらい当たり前と言ってしまえばそれまでだが) 配役としてはスカヨハの素子やバトーさんも悪くなかったし、桃井かおりの演技が実に良かったのだが、北野武がそれを全部ぶっ壊していたのが残念でならない。荒巻の髪型を無理やり北野武にやらせている感覚も微妙だった。あれは完全に寝癖にしか見えない....

押井守氏の攻殻機動隊を彷彿とさせるシーンや、S.A.C 2nd GIGの要素を絡め、徐々に僕達の知っている攻殻機動隊だと思わせてくれたのも悪い気はしなかったが、少佐の最後の選択がこれまでの攻殻機動隊とは真逆の物であったのがトドメを刺してくれた。これは僕の望む攻殻機動隊では無かったのだと....





ツッコミどころは満載だった攻殻機動隊。一番気になったのは光学迷彩を使用した時の全裸っぽいシーンを多用したことだったかもしれない。もう少し見せ方があったんじゃなかろうか?押井版攻殻機動隊を知る海の向こうの人達の中で、今回の実写化がどう受け入れられているのか?攻殻機動隊を知らない人なら映画としてどう感じたのか?そんな取り留めもない物が頭から離れないほど悩ましい映画だった....

吹き替えで観てさえいれば、イメージがかなり違ったかもしれない













web拍手 by FC2
posted by lain at 10:28 | 北海道 ☔ | 映画 SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年05月03日

奪っても奪われても恨みっこナシよ〜♪....なわけあるかーい!な世界「マッドマックス 怒りのデス・ロード」ジョージ・ミラー(監督)/感想

 なんか物凄い物を観た。

 色んな事が起きていた気もするが、そんなボンヤリした感想しか出ないほど兎に角凄い物だった。





 199X年


 日本人ならついそんなキーワードが頭をよぎる肩パットと荒涼とした風景のマッドマックスだが、勿論こちらのシリーズが本家であって、「お前はもう死んでいる」と口にしている方こそ影響を受けた張本人だ。人気のゲーム”Fallout”シリーズだって、マッドマックス2が無ければ生まれることは無かったというのだから、その偉大さは計り知れない。

 今でこそ核兵器で汚染され、生き残った者達は限られた物資を奪い合う日々を送っているという設定は使い古された感があって、何を今更と言いたくなる人も多いに違い無いけれど、新たに造られた「マッドマックス 怒りのデス・ロード」の畳み掛けるような映像ギミックを目にしたら、まだこんなに面白くする余地のある世界観だったのか!と驚くことでしょうね。

 こんな撮影の仕方で人死を出さずに済んでいるだなんて本当に信じられなかった。なるべく車両を動かさずに激しいシーンは撮ったようですが、素人目にはCGと実写の区別がつかない為、一切興ざめすることも無く楽しめました。「青の6号」の”前田真宏”さんも参加しているそうですが、細かなところまでハイセンスなデザインで何処と無くお洒落(ヒロインが微妙にハイテクな義手を付けているのが地味にSFで良い)で、大仰に飾った車を駆って正気じゃ無いボディペイントの男達が飛び回る様には初めてサーカスを目にした時のような興奮が蘇ります。

 個人的にとても最高だったのが、泥臭さ200%だったこと。虫をぱくりと頂き、金ヤスリでせわしなく鉄仮面を外し、ガソリンを口に含んでチャージャーの吸気口に一生懸命吹き付け、生きる為にならどんなことでもしてみせる姿が滑稽でありつつも格好良いんです。主人公なんて輸血用の人間として囚われてしまいますし、子孫を残すのに絶対必要となる健康な母体を宝のように扱われているのも切実でした。

 全体的には、ただ車で移動しているだけの大味なアクション映画ではあるけれど、将来に希望を見出せず狂信的になっている人々の状態や、そこから脱却しようとする者達の葛藤が実に素晴らしい熱量で描かれているから、ちゃんと心に残る物もありました。あまりにも感覚的過ぎて、やっぱりボンヤリした感想しか湧いて来ませんがね.......





 正直これほど面白いとは思っていませんでした。劇場には行かなくて良いだろうとさえ考えた。あまりに評判が良過ぎて、無駄に懐疑心というか、捻くれ心が刺激され映画館への足取りを重くしてしまったのもあります。でもこれは絶対劇場で観るべき映画でした。勿体無いことをしたものです....

 あと2作品マッドマックスを作りたいという”ジョージ・ミラー”監督。まったくとんでもない71歳も居たものですね。次回作が糞楽しみだ。




 俺のギターをキケェェェェエ!!!
web拍手 by FC2
posted by lain at 08:22 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 映画 SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする