鑑賞者の思い出補正ではなく、作り手の情熱が36年の歳月を支えた金字塔「風の谷のナウシカ」宮崎駿(監督)/1984年/感想

映画館が営業を再開したタイミングで、ジブリの過去作4つが劇場で再上映されると知って、これだけはとナウシカを観に行った。





これまでジブリを劇場で観たのは3度しかない。「風立ちぬ」と「かぐや姫の物語」と「思い出のマーニー」である。巨匠二人の新作を劇場で観れるのもこれが最後だろうと云う気持ちが”どうせ地上波で直ぐ放送される”と云う気持ちを上回った結果だった。思い出のマーニーに関しては、米林監督の真価が見れそうだと魔が差しただけなのだが、思いの外良い仕上がりで何度か泣かされた。ただマーニーは冒頭の杏奈のモノローグが全てだったように今は思っている。全体的な内容はゲド戦記同様原作の足元にも及ばないことだろう。

そして4度目の作品となったナウシカだが、最近観ていなかったせいか素直に泣けてしようが無かった。こんなに目から汗が出る作品だっただろうか?と苦笑いするほどである。あれやこれやと云う感想は以前BD版を観た時書いているので今回はあえて書かないけれど、今が2020年であることを忘れてしまうほど、全てがよく動いてアニメーションとはこういうことだよと夢中になれたことだけは明記しておきたい。王蟲の甲羅と甲羅の合わせ目の動きであるとか、空間を上手く利用した迫力あるアクションシーンや宮崎駿らしい愛らしいキャラのリアクションを見ていると、現在放送中のTVシリーズや、近年よく客が入った劇場版でここまでやれている作品が幾つあっただろうか?と考えてしまう。

大友克洋さんのAKIRAにしてもそうだが、技術的にも金銭的にも今は不可能なことと云うのが過去作には結構ある。それでなくとも情熱さえあればと云う時代の人達が作ったフィルムなのだから、そんじゃそこらの才能や技術では上書き出来ない”何か”があることだろう。最近のアニメで育った若い世代の中でも少なからず80年代のアニメで衝撃を受けている人がいる事実が、年寄りの思い出補正に留まらない証明になっているように思う。そもそもそうで無ければ、36年前の作品が劇場で再上映などされるはずも無いわけだが........




原作者にやらせて貰えなかったゲド戦記に対する宮崎駿の複雑な感情が存在しなければ、ナウシカは日の目を見ることなく終わったのだろうか?ならばル=グウィンさんに感謝すべきなのかもしれない。ただ、宮崎Jr.版のゲド戦記を思うと、我々も複雑な感情を禁じ得ない。原作版にどハマりした人間であればなおのこと宮崎駿版ゲドを観てみたかった気持ちを捨てきれないのだ。

さあ、たらればの話は置いておくとして(切り替え早い)年齢的に完成するかしないか不安な「君たちはどう生きるか」まで、もうしばらく時間もあることだし、この機会を活かして観に行っては如何だろう?映画館で観る場合、騒がしい人が居ると集中出来ないことも多いが、それ以上に得られる臨場感があったりもする。日テレで見るだけがジブリではないことを思い出すにも良い機会になるのではなかろうか🎥









関連過去記事
posted by lain at 09:39北海道 ☔アニメ

失われた春をアニメは取り戻せるのか?

今月頭に、ふとブログの存在を思い出し、そういえば春からのアニメの話もまだだなと書き始めたものの、最近のメンタルはガタガタで思うように集中出来ず頓挫。

どうせ無理に捻り出した文字になど、なんの価値も無いのだから、書けない、書く気にならないなら書くだけ無駄ではあるし、それならそれで良いのだけれど、日曜をひたすら声優バラエティを眺めながら基本無料ゲームで過ごすくらいなら、文字の一つや二つ書き並べている方が頭の中身には良い影響があるかもしれないと、これを書き始めた。まったくもって自分と云う奴は面倒な人間である。




それはそうと、もう6月である。良い加減口にするのも嫌なほどコロナのせいで何もかも予定が狂い、まるで最初から存在しなかったかのように4月5月は失われてしまった。アニメも本当に酷い状況で、何がどう進行し延期状態なのかを把握するのが暫く大変だった。結局思考するのも面倒になり、放送形態の面倒な作品は追っていない。地上波やBSで見れるもの中心で視聴を進めている


神之塔 -Tower of God- 想い人を追って塔へ挑む展開は王道
・新サクラ大戦 the Animation 初代と同じく、それほど思い入れは....
・波よ聞いてくれ 人生上手くいかない女性が深夜ラジオで大暴走したらと云うのが良い。ただ沙村さんの作品は映像にすると何かが違ってしまう。
・アルテ 女性が自立して生きるには辛い時代の中で絵描きを目指す主人公が熱い。あと真綾のOPも良いぞ。
・ギャルと恐竜 もうこれは完全に蒼井翔太サーガ過ぎて嫌いじゃない。恐竜の間の抜けた顔もキュート。
・イエスタデイをうたって 今更感は否めないが、今だから続けて見れる感もある。連載当初は苦手な作品だった。
・グレイプニル これほど特殊な性癖を見せられるのは久々な気がした。ある意味今期1の内容。
・プリンセスコネクト!Re:Dive 白猫アニメとは雲泥の差を感じる秀作。作品への愛を感じる。
・放課後ていぼう日誌 餌も付けられない少女が釣りを始めたら的な感じが良い
・富豪刑事 Balance:UNLIMITED 面白そうだけど、まだなんとも云えぬ
・天晴爛漫! 嫌いじゃないけれど中断が痛い
・魔神英雄伝ワタル 七魂の龍神丸  おっさん達にはオススメ
・かぐや様は告らせたい 第2期  普通に今回も面白すぎる
・啄木鳥探偵處 こういう時代背景好き
・攻殻機動隊 SAC_2045 いつぞや書いたからもう何も云うことはない



見続けてみようかと思う作品の本数だけなら27本と云う平常通りの多さだが、そのうち放送が止まっている(いた)ものは8本に及ぶ。放送開始時にどれだけ完成していたかによって差が出ているのかどうか分からないが、今回無事放送出来ているスタジオの作品にしても、次回作の制作には影響が出るものと思われ、業界は暫くスケジューリングに追われる日々が続くのではなかろうか?

そんな事態の中、個人的に毎週楽しみなのは本好きの下克上の2期だったりする。相変わらず作画が物凄く良いと云うわけではない(時々無茶苦茶可愛くヌルヌル動く時はある)が、現実味のある社会構造に本が読みたいが為だけに主人公が立ち向かう内容がたまらなく好きなのだ。ついでに云えば同じく異世界転生物である八男アニメの残念さ(貧乏貴族の八男に転生するとこう云う扱いされんぞっという序盤は意外に面白かったが、激しいアクションを伴うシーンはガッツリカットしているし、普段の動きすらままならないキャラ作画や演出も雑で見れたものではない。AKINO arai × AKINO from bless4の曲だけが救い...)と真逆に乙女ゲームの破滅フラグ云々アニメが愉しい。架空の乙女ゲーの悪役ポジションに生まれ変わってしまった主人公(♀)が、身を滅ぼさないよう立ち回っているつもりが、実はそれ以上の男女を問わない”人たらし”な存在になっていくと云うのが面白すぎる。にしても、一体いつ異世界転生物は枯渇するのだろうか?.....





今回シリーズ続編を除いて”これだけは見とけ”と言いたくなるのは「かくしごと」や「LISTENERS」、ネトフリで先行していた「BNA」辺りになるだろか?どれも見せ方がそれぞれ素晴らしい。下ネタ漫画家が娘に”それ”がバレないよう奔走するテンポ感と、父親に何があった?と思わせるノスタルジックの取り合わせが絶妙でハマってしまう。EDに「君は天然色」を選んだセンスは抜群だ。この親娘に萌えず、何に萌えれば良いと云うのか?



LISTENERSはミミナシと呼ばれる生命と戦うことが出来る”プレイヤー”の少女(記憶喪失)と、それに振り回される少年とのコンビが微笑ましいだけでなく、夢を叶えた者と夢破れた者の心情を描き出すような側面があるのが味わい深い。差別問題を盛り込んだBNAもそうだけれど、日本人も楽しめる海外向けと云う流れを続けるスタジオの作品はアニメとしての出来が本当に良いなと思う。根性や遣り甲斐だけで良いアニメを作れる時代は本当に終わったのだ......


このスタッフ、この内容、ハズレなわけがない、必見



最後に子供向け作品も触れておきたい。じっくり情感たっぷりで作られていた新生デジモンや、サンリオの底力を感じるミュークルドリーミーが思いの外よく出来ているため、共に新エピソードが止まっている状況が残念でならない。ビョーゲンズと戦うはずのプリキュアまでお休みしているのだから、ニチアサを楽しみにしている多くの子供達と大きなお友達にとって、これは本当にゆゆしき事態だろう。個人的には配信メインの「魔神英雄伝ワタル 七魂の龍神丸」まで中断しているのが哀しい.....



当時のOPED曲がそのまま使われているのが泣ける...




こんな時は、どんな些細なことでも落ち込んでしまうし、逆に些細なことで気分が上向きになったりもする。アニメと云う存在がどれほど自分を支えていたか思い知った人も少なくないはずだ。

少しでも早く当たり前の日常が戻って、皆が落ち着いて過ごせるようになって欲しいものだけど、コロナ後の世界は完全に別物になっていそうで幸先も不安である.....せめてアニメだけでも......ね......

posted by lain at 06:46北海道 ☔アニメ

これほどタイトルで一般客を逃してる秀作も珍しいのでは?「劇場版 幼女戦記」カルロ・ゼン(原作)/上村泰(監督)/NUT(制作)/感想

なんの予備知識も無く観だしたアニメがツボにハマる、なんてことが時折あるけれど、幼女戦記のTVシリーズもまさしくそれで、マトモな神経の持ち主ならタイトルの段階で接触を避けるであろうネーミングセンスとは裏腹に、実際の戦史を元にした骨太な戦局の描き方や、神に翻弄される主人公の変わりそうで変わらない性根と見た目とのギャップに心のスイッチをあちこち押されまくった。



そんな幼女戦記の劇場版が5月からNetflixに追加され、この度めでたく観てしまったわけだが、ちゃんとTV版を復習してから観て良かったなと思った。意外に内容を忘れている部分もあって、見直していなければ冒頭のシーンの段階で置いてきぼりを喰らったかもしれない。逆に復習しておいたからこそ、冒頭のシーンの痺れっぷりったらなかった。元々TVシリーズの作画は綺麗なので、劇場版だからの上積みはさほど感じないが、ここぞと言うシーン一つ一つを大事に刻んだ構成とカメラワークの良さがすこぶる良いのだ。動きの激しいアクションシーンにしても作画枚数に対する迫力のコスパが半端では無い。これぞ日本の伝統芸能だと声を大にして言いたいくらいの仕事っぷりである。




当たり前に観てしまいがちなシーンの一つ一つに実は良さがあるのだろう




幼女戦記と云えば、キャラの描き分けの良さもある。渋いオッさんから幼女まで、役所に関係無く個性を感じるのだ。みんな大好き女性キャラも某人気アイドルアニメとは違い、瞳からしっかり差別化されていて好印象しかない。ちなみに、個人的に大好きなのは瞳の大きさが特徴的なヴィクトーリヤ・イヴァーノヴナ・セレブリャコーフ。声が早見沙織さんであることも後押しになっているが、なんと云っても”あの”主人公の相手をいくら天然とは云えこなせている有能っぷりや包容力に惹かれてしまう。まるでいつも一緒にいてくれるワンコのような存在なのだ。

IMG_3493.jpeg


ついでに主役の萌え話をしてしまえば、普段小さく描かれている口が豪快に馬鹿でかく開かれる瞬間もツボに入る。幼女の顔が悪魔の如く歪む瞬間がたまらなく好きと云う救い難い御仁だって多かろう。存在そのものが性癖である悠木碧の演技もすこぶる高回転だから仕方あるまい。全く何を演らせても面白い声優である。

それはそれとして、転生物で魔法が存在する世界観でありながら、魔法だけではどうにも出来ない現実的な戦争をメインにしたのは正しい選択だったなと改めて思った。正直主役の魔法が万能過ぎては面白くもなんともないのである。戦局が頭に入り易い構造と云い良く練られた作品だ。原作もさぞかし面白いに違いない。


ただ、おじさん的にこれから原作を追うのは流石に辛いので、是非とも更なる続編をアニメでやって欲しい.....が.....どうなることやら........







posted by lain at 06:56北海道 ☔アニメ