いつのまにか春アニメを見終わっていた

茹だるような暑さの春を超え、意外な涼しさに包まれた初夏も遅れた梅雨と入れ替わるように終わり、アニメもいつのまにか入れ替わっていた。

そんな風に感じるほど、印象に残った作品が少ないシーズンだったように思う。





一般的に春期一番盛り上がっていたのは「鬼滅の刃」だったろう。家族を鬼に殺され、唯一生き残った最愛の妹も鬼にされてしまった主人公が、鬼を狩る存在として成長していく展開は確かに鉄板の面白さだった。鬼達が人間だった頃を思い出しつつ消滅していく姿も個人的にたまらなかった。原作力だけでなくアニメの出来も良かったからこその評価だと思う。逆に期待を裏切ったのは「ワンパンマン」だ。原作力に胡坐をかき、テンポも悪ければ売りだったアクションのスケールもダウン。アニメでやる意味が声優だけになっていたような気がした。ただ、1期もこの作りなら誰も何も言わなかったかもしれないので、スタッフ云々より同じ条件で2期を作ろうとしなかった上の連中の責任が大きい。

まだ終わっていない中では「この音とまれ」「フェアリーゴーン」「MIX」など色々と楽しんだが、ダントツだったのは「キャロル&チューズデイ」。歌で繋がった生い立ちの違う二人の少女のサクセスストーリーにAIを絡める世界観も素晴らしいが、作中の楽曲やアーティストのパフォーマンスシーンの秀逸さが本当に良かった。国内だけに発信する作品では絶対にこうはいかないなと痛感するディティールの王道っぷりである。一生ボンズと渡辺信一郎に付いて行こうと思った。



一生付いて行こうと言えば幾原邦彦監督である。ウテナ、ピングドラム、ユリ熊と、思わせぶりというか意味不明なのに刺さるナニカがある作品を残し続けて来た氏の最新作「さらざんまい」たるや、あまりのバランスの良さにすっかりヤラレテしまった。訳あり少年達が河童の王子に尻子玉を抜かれ、カパゾンビにされた者たちを浄化することになるという、言葉で説明するのをすかさず諦めたくなるほど荒唐無稽な世界観でありながら、物語の構造は至極分かり易くて、ちゃんと最初から結末が出来上がっていたのではないかと愚考するほど、これまでのどの幾原作品よりもまとまりの良さを感じた。少年達の切実さと現実の重み、それを独特なデザインで演出。やりすぎに思えるほどの腐れ描写すら若者達の心を解放する道具としてキッチリ作品にフィットしていたのが印象的だった。腐女子の皆さんは、そこら辺に繁殖しているBLなど棄てて、さらざんまいを観ることをお勧めする。どんな嗜好が売りの作品でも、経過のリアリティが大事なのだと知らしめてくれたような気がしてならない。





「面白かった」

ただそれだけで終わる作品は山ほどある。それが初めて観る類の作品であれば記憶に残るのかもしれないが、長い人生歩んでいると満足は出来なくて直ぐ記憶から抜け落ちてしまう。

そんな中、最新作が最高傑作と思えるクリエーターが居てくれるのは本当にありがたい。宮崎駿を始め、徐々に作品のまとまりが怪しくなってきた監督は非常に多い。頑張っているクリエーター達に本心から感謝したくなる作品に、これから先も出逢えたら幸いである。

IMG_1377.jpeg
posted by lain at 17:37北海道 ☔アニメ

声は知っているが、名前は知らないという現象が起きやすい職業の話

 一昨日、Twitterが一瞬どよめいた。トレンドに「真綾 知らない」とのキーワードが上がったからだ。

こんな辺鄙なブログへやってくる人ならば、おそらく知っているとは思うものの、一応「真綾って誰?」という人のために坂本真綾とはなんぞやと説明しておくと、年齢が一桁台の頃から役者を始め”天空のエスカフローネ”というアニメで主役と主題歌を担当したことでブレイクし、人間関係(菅野よう子、岩里祐穂、鈴木祥子、etc)にも恵まれ頭角を表すと役者でありながら作詞作曲すら手掛けるようになり、まさかのROCK IN JAPAN FESに出演するほどになった女性声優である。

それじゃあ歌手なのでは?と、言われるかもしれないが、彼女にとって歌とは、あくまでも演技の先にある表現方法の一つでしかないと思っている。当然昔は下手というか、素人の新鮮なナチュラルさと若さで乗り切っていたところもあって、当時個人的にはそれほど彼女の演技が上手いとは思っていなかった。初めて上手くなったなぁと感じたのは桜蘭高校ホスト部のヒロイン役で、声が高い所謂可愛い役より声が低めで男の子っぽい役の方が圧倒的に彼女にフィットしていると役者坂本真綾を再評価したものだった。



結局、坂本真綾を知らないという騒ぎが起こった真相は誰にも分からなかった。Twitterにいるアニオタはほぼ100%彼女を知っていたのである。一連の騒動の発端を考察した漫画までRTされるほどの事態になったことを考えても、知らない人以上に知っている人が多そうな話だった。もしも名前を知らない人であっても声は知っているに違いないし。

声優というのは、その性格上名前を知って貰えない可能性のある職業である。EDまでしっかり観る人、好きになった作品のスタッフから出演者まで全て網羅したくなる人でもない限り、声だけ知っているという段階で終わってしまうのだ。つい先日亡くなられた藤本譲さんなども、脇役でありながら強烈な個性のキャラクターを演じた経験があったからこそ、一般人である我々が訃報を知ることが出来たというのもあるだろう。実のところ、ぼくは藤本さんの名前をちゃんと覚えていなかった。彼の演じた味皇様でピンときた一般人の一人でしかない。それでも出演作品を調べると次から次へと知っているキャラクターの名前が現れ、その存在がどれだけの作品を支えて来たかを思うと、なんだか泣けてしまった。




一生涯を無名な脇役に捧げる人も大勢いる中、大勢に名前を知って貰える声優は幸福だとしみじみ思う一幕だった。




posted by lain at 07:14北海道 ☔アニメ

稚拙と芸術は紙一重だなぁと思う春アニメ

平成天皇が上皇となり、令和に元号が変わって3日が経った。当然生活に変わりはない。

令和と共に始まった僕のGWも早や三日目。初日は家の雑務と車のタイヤ交換等の整備に費やし、二日目は掃除をしようと思っていたはずが居眠りしていた。今日こそ掃除をしなければならないなと思うものの、ツイッターを眺めだしたらやる気が沈んでいった。だから、とりあえず春アニメの話をしよう。



継続視聴予定作品

・異世界かるてっと
・ULTRAMAN
・鬼滅の刃
・キャロル&チューズデイ
・群青のマグメル
・賢者の孫
・この音とまれ!
・この世の果てで恋を唄う少女YU-NO
・さらざんまい
・進撃の巨人Season3
・川柳少女
・ダイヤのA actⅡ
・八月のシンデレラナイン
・叛逆性ミリオンアーサー2期
・フェアリーゴーン
・フルーツバスケット
・文豪ストレイドッグス3期
・みだらな青ちゃんは勉強ができない
・MIX
・RobiHachi
・ワンパンマン2期





ズバリ本題(小言)から入ると、あまりにも童貞脳や社畜脳が心身の癒しをストレートに求めた直視するのが辛い作品が多すぎた。教師が都合良くお色気を提供してくれる作品であるとか、戦国時代からタイムスリップしてきた幼女に子作りさせようとしたり、800歳設定の狐幼女に甘やかされたいものまで、男の脆弱さしか感じない露骨な内容ばかりなのだ。

他にも「ふたばにめ」という枠内で放送されている3作品も相当な病みっぷりで、自分の汚らしい部分を存分に見せつけられているみたいで癒される前にモヤモヤしてしまった。こういうニッチなものは同人でやれば良いのではなかろうか?作っている本人達も、こんな安っぽい手法で性癖を暴露するような真似をしていて楽しいのだろうか?ちょっと理解に苦しむ。どうせやるなら幾原邦彦監督の「さらざんまい」レベルのクォリティで何もかも曝け出すくらいじゃないとお客にも響かないだろう。



三人の男の子達が河童に出会って無理やり河童にさせられてしまい、わけのわからないゾンビから尻子玉を手に入れなければならないという説明し難い内容なのだが、男の子達が河童にさせられる時の描写であるとか、尻子玉を取り出す方法などが兎に角際どくてなんとも言えない。これまで培って来た幾原演出をフル動員させてるみたいな感じがして、訳がわからないのに訳がわかってしまういつもの面白さがある。男の子それぞれに大きな声で言えない欲望があり、それらの扱い方も実に上手い。性的な部分だけの話をするなら先ほど挙げたアニメ達と変わらないのかもしれないが、同じように見えても芸術性の有る無しでこうも印象が違うものである。



そういう意味でいうと、「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」も意外と楽しめた。大昔にPCで遊んでみた時は、主人公の喋り方が嫌いで直ぐにやめてしまったものの、アニメという形で改めて見てみると結構SFで良いじゃないかと思ってしまった。この作品が無ければシュタゲも生まれなかったのではなかろうか?題材次第で素材の悪さが吹っ飛ぶ実例みたいな作品である。どうでも良いけれどPC98の起動画面懐かしい......






今期も勿論漫画原作のアニメが沢山あるわけだが、前々から評判だった「鬼滅の刃」は確かに面白かった。キャラの描きわけや、戦闘シーンの説明口調が中年的には気になったものの、鬼に家族を惨殺され唯一生き残った妹も鬼になってしまったという主人公の背負ったものの大きさが久々に直球の不幸ストーリーで好みでしかなかった。彼らにどんな試練と救いが待っているのか普通に続きが気になってしまう。




他にも可愛いキャラとは裏腹にドロドロとしたものが渦巻く「群青のマグメル」や再びアニメ化された「フルーツバスケット」などもあるが、まあそれは置いておくとして、珍しく野球アニメが多いことも印象的だった。まさかの続編製作「ダイヤのA actⅡ」や、タッチの世界から30年後の明青学園野球を描く「MIX」、未だメジャーとは言えない高校女子硬式野球をトムスが作るという取り合わせの「八月のシンデレラナイン」まで、毛色も違うから悪くない。『野球アニメが無いなぁ』と会社の後輩が以前口にしていたが、今は逆にサッカーアニメの方がジリ貧な気がしてならない。終わったばかりのキャプ翼、ショタ萌え勢が熱く燃えあがるイナズマイレブン、ほぼほぼサッカー成分関係なかった「潔癖男子!青山くん」を除けば「DAYS」くらいしか浮かばない。そうだ、DAYSは2期やって欲しいものだなぁ.....




そんな混沌としたラインナップの中、個人的に一番良いなと感じたのは「キャロル&チューズデイ」。家出して来たお嬢様チューズデイと、雑草魂で生きているキャロルが道端で出会い意気投合して一緒に音楽を始めるというサクセスストーリーの素直さだけでなく、ヒットする曲はAIが作ったものばかりというSF設定がかなり効いていて、第三の少女がそれを体現していくのが興味深い。未来の火星が舞台ということもあって、美術面も力が入っており、演奏シーンや劇中使用される楽曲自体の仕上がりも上々。世界規模でアニメを売ろうというのが伝わってくる意欲作だ。渡辺信一郎とボンズで無ければここまでヤれない良い仕事。ちなみに大塚さんの役が一番好きだ


IMG_1027.jpeg






余談だが川柳や箏を扱った作品も面白かった。「川柳少女」は上手く喋ることが出来ないから筆談しかも短冊に書いて周囲とコミュニケーションをとる少女と見た目ヤンキーの少年の初々しさが萌えるし、箏のアニメ「この音とまれ!」でもヤンキーが良い味出していて、どちらも地味に毎週楽しみにしている。製作会社が代わった影響が手に取るように出来上がった映像から伝わってくるワンパンマンの2期や、高松信司さんらしいお馬鹿アニメRobiHachi、妖精をスタンドのように使って戦うフェアリーゴーン、お馴染みのラノベ4作品のキャラがぷちキャラになって楽しませてくれる異世界かるてっと、実写版ウルトラマンと直接的な繋がりで描かれるULTRAMAN(Netflixオンリー)まで、なんだかんだで観てしまうものが多く春アニメは苦労しそうだ。




何でもそうだけれど、疲れるまでやるのは毒でしかない。アニメも本当に今見たいものだけに絞った方が断然身体に優しいだろう。

程良く楽しいうちに止められる人間になりたいものである....
posted by lain at 11:05北海道 ☔アニメ