夏アニメを文字数で雑に並べてみた結果......

まだちっとも夏アニメを観れていないから、作品の良し悪しに関係ない部分に注目してみた。






まずは皆がそうだよな〜と思っているであろう文字数。ラノベ原作が多いから尚更なのかもしれないが、いよいよ”それどーよ?”と言わずに居られなくなってきた。最小は3文字の「BEM」と「ギヴン」だが、素直に文字数だけをランキングにすると...


2位「うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。」31文字)

 作画はそうでもないものの、娘の可愛さだけは頑張っている。ついうっかり見ちゃう作品

  

3位「通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?」26文字)

 主人公の男の子の年齢が高い割に幼稚で冷める。もっとショタで幼い感じだったら180度違う感想になったかもしれない。茅野さんの無駄遣いである。


同着「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅡ」26文字)

  この作品については語るだけ野暮。少々の作画の微妙さもシチュエーションで乗り切れる。




で、1位はまさかの....でもないが「ロード・エルメロイⅡ世の事件簿-魔眼蒐集列車 Grace note-」32文字だった。

 冬木のその後として、これほど自然に繋がっているのは奇跡としか言いようがない。ミステリー物としても古典を意識した作りで好感をもてる。Fate世界に新規のお客様を引き入れるのに相応しいアニメ化だ。




たまたま秀逸なアニメが文字数でトップに立ったものの、文字数が多い作品の殆どが内容の付いて来ない作品が圧倒的に多くてなんとも言えない。

ちなみに、漢字や英語の読みを1文字ずつ起こして文字数を集計すると「通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?」が39文字、次いで「うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。」が34文字でロードエルメロイII世師匠は3位に後退してしまう。ついでに言うと7位から4位に驚異の追い上げでジャンプアップしたのは「指先から本気の熱情-幼なじみは消防士-」19文字→28文字)だった(白目)

 中年オヤジには酷なアニメである(アヘ顔





あとはそう、”?”が付いている作品率が10.526(38件中4件漏れはあるかもしれない)であるとか、異世界冒険物(現実世界からファンタジーな世界へ行くもの、ゲーム世界も含む)率は18.421(7件)と、かなりの余剰感を拭い去れないかな?と思ったりもした。全て面白いならそれで良いのだけれど、そうはいかないのが残念な限り。まあ、一時期のロボット物ブームと同じことなのかもしれない。ゲームが日常にあって当たり前になってからの世代が、いかに何を求めているのかが見て取れる結果なのだろう。次は何が流行っていくのか?



とりあえず馬鹿馬鹿しい話を置いておいて、見た限りの中で続きを見ようとなっているのは原作も好きな「ヴィンランド・サガ」、京アニの事件を受けて放送を自粛していた「火炎ノ消防隊」、オジサン世代は萩尾望都さんの”11人いる!”を思い浮かべてしまう「彼方のアストラ」。勿論「ロード・エルメロイII世の事件簿」や続編勢(とある、ダンまち、スタミュ)も見る気満々だし、小ネタに走った"無駄遣い"や遭難JK等々も割と楽しい。ズルズルと見てしまったりしないように、上手く切っていかないと前期作品のような無理なく見れる量から溢れそうである。


カードの支払いの話じゃないが、ご視聴は計画的に無理なくやるのが一番だと思う。

楽しく見なきゃアニメじゃない。そうでしょう?


posted by lain at 01:23北海道 ☔アニメ

いつのまにか春アニメを見終わっていた

茹だるような暑さの春を超え、意外な涼しさに包まれた初夏も遅れた梅雨と入れ替わるように終わり、アニメもいつのまにか入れ替わっていた。

そんな風に感じるほど、印象に残った作品が少ないシーズンだったように思う。





一般的に春期一番盛り上がっていたのは「鬼滅の刃」だったろう。家族を鬼に殺され、唯一生き残った最愛の妹も鬼にされてしまった主人公が、鬼を狩る存在として成長していく展開は確かに鉄板の面白さだった。鬼達が人間だった頃を思い出しつつ消滅していく姿も個人的にたまらなかった。原作力だけでなくアニメの出来も良かったからこその評価だと思う。逆に期待を裏切ったのは「ワンパンマン」だ。原作力に胡坐をかき、テンポも悪ければ売りだったアクションのスケールもダウン。アニメでやる意味が声優だけになっていたような気がした。ただ、1期もこの作りなら誰も何も言わなかったかもしれないので、スタッフ云々より同じ条件で2期を作ろうとしなかった上の連中の責任が大きい。

まだ終わっていない中では「この音とまれ」「フェアリーゴーン」「MIX」など色々と楽しんだが、ダントツだったのは「キャロル&チューズデイ」。歌で繋がった生い立ちの違う二人の少女のサクセスストーリーにAIを絡める世界観も素晴らしいが、作中の楽曲やアーティストのパフォーマンスシーンの秀逸さが本当に良かった。国内だけに発信する作品では絶対にこうはいかないなと痛感するディティールの王道っぷりである。一生ボンズと渡辺信一郎に付いて行こうと思った。



一生付いて行こうと言えば幾原邦彦監督である。ウテナ、ピングドラム、ユリ熊と、思わせぶりというか意味不明なのに刺さるナニカがある作品を残し続けて来た氏の最新作「さらざんまい」たるや、あまりのバランスの良さにすっかりヤラレテしまった。訳あり少年達が河童の王子に尻子玉を抜かれ、カパゾンビにされた者たちを浄化することになるという、言葉で説明するのをすかさず諦めたくなるほど荒唐無稽な世界観でありながら、物語の構造は至極分かり易くて、ちゃんと最初から結末が出来上がっていたのではないかと愚考するほど、これまでのどの幾原作品よりもまとまりの良さを感じた。少年達の切実さと現実の重み、それを独特なデザインで演出。やりすぎに思えるほどの腐れ描写すら若者達の心を解放する道具としてキッチリ作品にフィットしていたのが印象的だった。腐女子の皆さんは、そこら辺に繁殖しているBLなど棄てて、さらざんまいを観ることをお勧めする。どんな嗜好が売りの作品でも、経過のリアリティが大事なのだと知らしめてくれたような気がしてならない。





「面白かった」

ただそれだけで終わる作品は山ほどある。それが初めて観る類の作品であれば記憶に残るのかもしれないが、長い人生歩んでいると満足は出来なくて直ぐ記憶から抜け落ちてしまう。

そんな中、最新作が最高傑作と思えるクリエーターが居てくれるのは本当にありがたい。宮崎駿を始め、徐々に作品のまとまりが怪しくなってきた監督は非常に多い。頑張っているクリエーター達に本心から感謝したくなる作品に、これから先も出逢えたら幸いである。

IMG_1377.jpeg
posted by lain at 17:37北海道 ☔アニメ

声は知っているが、名前は知らないという現象が起きやすい職業の話

 一昨日、Twitterが一瞬どよめいた。トレンドに「真綾 知らない」とのキーワードが上がったからだ。

こんな辺鄙なブログへやってくる人ならば、おそらく知っているとは思うものの、一応「真綾って誰?」という人のために坂本真綾とはなんぞやと説明しておくと、年齢が一桁台の頃から役者を始め”天空のエスカフローネ”というアニメで主役と主題歌を担当したことでブレイクし、人間関係(菅野よう子、岩里祐穂、鈴木祥子、etc)にも恵まれ頭角を表すと役者でありながら作詞作曲すら手掛けるようになり、まさかのROCK IN JAPAN FESに出演するほどになった女性声優である。

それじゃあ歌手なのでは?と、言われるかもしれないが、彼女にとって歌とは、あくまでも演技の先にある表現方法の一つでしかないと思っている。当然昔は下手というか、素人の新鮮なナチュラルさと若さで乗り切っていたところもあって、当時個人的にはそれほど彼女の演技が上手いとは思っていなかった。初めて上手くなったなぁと感じたのは桜蘭高校ホスト部のヒロイン役で、声が高い所謂可愛い役より声が低めで男の子っぽい役の方が圧倒的に彼女にフィットしていると役者坂本真綾を再評価したものだった。



結局、坂本真綾を知らないという騒ぎが起こった真相は誰にも分からなかった。Twitterにいるアニオタはほぼ100%彼女を知っていたのである。一連の騒動の発端を考察した漫画までRTされるほどの事態になったことを考えても、知らない人以上に知っている人が多そうな話だった。もしも名前を知らない人であっても声は知っているに違いないし。

声優というのは、その性格上名前を知って貰えない可能性のある職業である。EDまでしっかり観る人、好きになった作品のスタッフから出演者まで全て網羅したくなる人でもない限り、声だけ知っているという段階で終わってしまうのだ。つい先日亡くなられた藤本譲さんなども、脇役でありながら強烈な個性のキャラクターを演じた経験があったからこそ、一般人である我々が訃報を知ることが出来たというのもあるだろう。実のところ、ぼくは藤本さんの名前をちゃんと覚えていなかった。彼の演じた味皇様でピンときた一般人の一人でしかない。それでも出演作品を調べると次から次へと知っているキャラクターの名前が現れ、その存在がどれだけの作品を支えて来たかを思うと、なんだか泣けてしまった。




一生涯を無名な脇役に捧げる人も大勢いる中、大勢に名前を知って貰える声優は幸福だとしみじみ思う一幕だった。




posted by lain at 07:14北海道 ☔アニメ