R15を正しいと感じる自分と、それでは駄目だと云う自分がいる「メイドインアビス -深き魂の黎明-」小島正幸(監督)/キネマシトラス(制作)/感想

今ラーメン屋でこれを書いている。例のウイルスで少ないかと思ったら路駐してまでお客が来ていた。もうかれこれ30年以上通うラーメン屋である。店構えもボロボロだし店主も老けた。それでもこれだけ客が来ると云うのだから大したものだ。


朝一は映画館へ行った。勿論記事タイトル通りメイドインアビスを観る為である。運悪く北海道知事による緊急事態宣言のタイミングにぶつかってしまい、行くに行けない日々が続いて非常に焦ったかった。この様子では映画館も閑古鳥だろうと思っていたが、実際行くと確かに客が少ない。居ないわけではないが半減は確実である。メイドインアビスなどスクリーン1の4DXでありながら四人という体たらく。お陰で観終わった後の憤りも一入だった。もっと大勢に観てもらいたい!そんな気持ちでいっぱいになっていた。



深さ不明の縦穴(アビス)が見つかり、其処から見たこともない遺物が発見されたことで、穴の周囲には自然と街が出来上がったという世界観の本作。なんと言っても降りるのは良いが昇る時に上昇負荷が掛かって呪いをその身に受けると云う設定の有無が大きい。それがあることでただの楽しくて危険な地底探検に留まらず、人間の純然たる好奇心の先にある狂気をありありと描くことに繋がっているのだ。

今回の劇場版でも、それは遺憾無く発揮されていて、アビスで独自の進化を遂げた動物と同じように化け物として君臨する人間が主人公達の前に立ち塞がる。メイドインアビスのもふもふ担当ナナチを酷い目に合わせた張本人でもある人間なのだが、これが本当に恐ろしい。単なる悪なら倒す側も気分爽快なのだが、悪は悪でも自覚の無い悪なうえ、奴(ボンドルド)の語る愛も確かに愛であることに違いないから恐ろしいのだ。レグの言葉を借りれば全くもって度し難い男である。

良くも悪くも深淵に魅せられた者の憧れの行方が我々の嫌悪と涙腺をこれでもかと刺激したことは確かだった。グロテスクでセクシャルで、様々なコンプレックスの”ごった煮”であるのに、これほど胸が締め付けられるのは何故なのか?此処まで子供達の命運を弄んで良いのだろうか?倫理観と云う物が自分にもあったことに気付かされる。ボロボロになっていくレグ、プルシュカの想いに共鳴するリコ、過去の過ちに打ち拉がれるナナチ、彼女らが愛おしくて仕方なかった。重ね重ねボンドルドの正しく間違っている生き様故と言わざるを得ない......

IMG_2865.jpeg
劇場で手渡されたスタッフ本。メインスタッフによるイラストの数々でまた泣いた....



そもそもファンタジーと云うものは古来より自分が考える正しさを行使していれば、自ずと良い結果が付いて来る、わけではないことを残酷に教えてくれる存在だ。そういう意味においてメイドインアビスは紛れもない”それ”である。おかしな性癖に目覚める可能性もあるが、個人的には10歳より下の子供達にこれを見せたい。これだけの物を見て、それでも自分は、と覚悟が出来れば社会と言う深淵でも逞しく生きられるはずだから。

世の中はあまりにも嘘ばかり。夢見れば叶う。努力すれば成れる。そんなまやかしで武装して子供に接し続けて来たから日本はおかしくなってしまったとさえ思う。amazarashiの言葉に突き動かされる若者が多いのも、そんな世界に嫌気が差しているからだろう。ファンタジーは子供を試す物が多いが、それと同時に大人も試されていることを忘れてはならない。臭い物に蓋をするだけなら誰にでも出来るのだ。




新型のウイルスに感染しようがしまいが人間はいつか死ぬ。今回のは逃げずに立ち向かって乗り越えるべき試練と考え、当たり前の予防以上のことはやめてはどうだろう?過剰な自粛を続けることに、なんの意味があるというのか。

メイドインアビスは地方以外は1月から上映されていたから傷は浅いかもしれないが、その他の作品やイベントへの影響がどれだけの規模になるか予測も出来ない。マスクだらけでも良いから、”中止”の2文字だけはやめてもらいたいものだ......









関連過去記事
posted by lain at 17:59北海道 ☔アニメ

この人が居る限り俺たちのガンダムは終わらない「Gのレコンギスタ II ベルリ 撃進」富野由悠季(総監督)/感想

正直云って、TV版を観た時ベルリの事がよく分からなかった。

アイーダさんにとって大事な人(カーヒル)だった男を殺してしまったり、自分の恩師を実力で上回り殺めてしまったりして、泣いたり落ち込んだりするわりに立ち直り方が驚異的で”こいつ本当はサイコパスなんじゃ?”とか思ったりしたものだった。

しかしこうして映画になった物を改めて眺めていると、カーヒルの一件がアイーダの中で変化しベルリとの仲が深まっていく流れがちゃんと描かれているし、恩師を殺めたことを責め立てるケルベス・ヨーを登場させベルリが覚悟を手にして行くまでを実はちゃんと埋めていたのだなと思い知らさせた。





Gレコが判り難いと言われる理由は、「こいつ誰だっけ?」と思うほどにモブにまでしっかり演技を求める群像劇になっているからではないかと思う。それでなくとも複数の組織がそれぞれ好き勝手やってるなか、更に細かい所で好きにキャラクターが動くのである、そりゃあ誰がなんの目的でここまで執念燃やしてるのか把握し難いと感じる人がいても不思議ではない。そもそもその混沌とした人間模様が好きであるとか、キャラクターやメカ、はたまた富野さんの細かな演出部分に絞って観ているという人ならば、そんなことお構い無しにTV版を楽しめていたに違いないが、自分も含め現代人の多くは最近の焦点を絞った主観的なアニメに慣れ過ぎているため、こうした作りに対する準備が出来ていなかったりする。特にGレコは26話に収まるような物量では無かったため、早いテンポに尚のこと追いついて行けなかったかもしれない。





だがようやくその距離が埋まる時が来た。自分が変わったのかGレコが生まれ変わったのか、熱心に分析しているわけではないからなんとも云えないが、TV版を観ていた時には素通りしていた部分に気付ける余裕が生まれるほどに群像劇が分かり易くなっているのは確かである。全5部作3ヶ月ペースで今のところ進んでいるため、前回の内容を忘れないうちに次がもう来たという感じなのも良い。「俺には無理だー!」と云っていた人も、懲りずにもう一度観てみて欲しい。一度でも富野作品にハマった経験のある人ならば、必ず何処か惹かれる物があるはず。過去の富野ガンダムを呼び起こさせるアイテムにもニヤリとさせられるだろう。


ファイア.gif
改めてちゃんと見ると本当に拘りを感じる描写が多くて困る






物作りの世界だけじゃなく、生きるからには”たられば”はご法度で、言っても詮無いことなのだが、もしも富野さんに宮崎駿のような絵の細かな部分を自分で修正することが出来たなら、イメージと仕上がりが直結するガンダムになったのではないか?という気持ちだけは拭い去ることが出来ない。コンテの段階で細やかな演技付けがなされているのは知っているが、それを実際に動かす作業は宮崎ほどには出来ないわけで、そこがジレンマの正体のような気がしてならない(自分で全てやる人間ですらイメージを形にするのに苦しむのに此処までやれたら十分凄いのと、”吉田健一”さん達の仕事が云々という話ではないことだけは云っておきたい)

まあそうは云っても、宮崎駿でも高畑勲でも無い劣等感こそ富野由悠季監督を支えているのも事実で、生まれ変わって欠点が無くなった富野さんなど富野さんとは云えないことだろう。ガンダムだって生まれなかったはずだ。人生なかなか上手くいかないものである。いずれにせよ、もう御大には何度もやり直せるだけの時間がそれほど残っていない。アニメの業界が宮崎駿と新海誠のようなテイストの物ばかりでなく、富野さんのセンスに続く人が出て来て欲しいところだ。



兎にも角にも残り3作、無事に仕上がることを祈るばかりであります。

IMG_2780.jpeg




posted by lain at 07:14北海道 ☔アニメ

おっちゃんの冬アニメはホクホクだった

珍しく日曜にドライブして来た。と言っても誰かと遊びに行くわけでも無く、amazarashiの先行チケットの支払いをファミリーマートまでしに行っただけの話である。

そんな”ちょっとコンビニ”まで的な話をわざわざするのか?と呆れられそうだが、我が街”旭川”にファミマは無いため、行こうと思うと赤平まで片道1時間使わなければならず、まるで”ちょっと”の範疇に収まらないのでご了承願いたい。


しかしまあ、それだけ時間があるとアニメ消化が非常に捗り、気付けば7本も見てしまっていた。こんなに見てもまるで放送に追いついて行かない冬アニメが怖い。油断するとレコーダーのストレージがパンクしそうだ。


絶対見る!

・ID:INVADED イド:インヴェイデッド

・映像研には手を出すな!

・推しが武道館いってくれたら死ぬ

・SHOW BY ROCK!!ましゅまいれっしゅ!!

・ドロヘドロ

・ハイキュー!! TO THE TOP

・ランウェイで笑って

・へやキャン△

・マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝


なんだかんだで見そう

・異種族レビュアーズ

・異世界かるてっと2

・痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。

・インフィニット・デンドログラム

・空挺ドラゴンズ

・恋する小惑星

・ソマリと森の神様

・とある科学の超電磁砲T

・22/7

・ネコぱら

・はてな☆イリュージョン

・ヒーリングっど♥プリキュア

・pet

・魔術士オーフェンはぐれ旅

・群れなせ!シートン学園


時間があったらでいいか?…..

・織田シナモン信長

・虚構推理

・地縛少年花子くん

・number24

・プランダラ

・宝石商リチャード氏の謎鑑定






注目度を問わず、30本弱一通り観て印象的だったのは、依然として供給され続けている異世界物(ここで云う異世界物とは、現代人がリアルなゲーム世界で異世界を堪能するかのように居つく物や、召喚される内容の物のこと)が落ち着き、色物ファンタジー作が増えたことと、生き物を様々な角度から愛でる作品が纏まって吐き出されたことだった。あまりの”お下品”ぷりに放送を取り止める局まで出る始末になった「異種族レビュアーズ」のような物から、人ならざる者が人の子を連れ旅をする「ソマリと森の神様」のような王道ファンタジーまでバリエーションが豊富で、食すことを前提としたドラゴン狩りが普通の「空挺ドラゴンズ」が地上波でも放送を開始するなど充実極まりない年明けと言える。動く「ドロヘドロ」が観れるだけでおじさんなど昇天してしまいそうだ。

かつて人が奴隷や食べ物のように扱われていた世界観で、それが普通のことだからまるで悪意は無いのだけれど、ヒロインである少女が人間であることを隠しているだけに、ほのぼのした空気が一変する瞬間があって、ただの萌えアニメでは味わえない情緒がたまらなく良い。まだこんな引き出しを隠し持っていたのだなと思わされる”水瀬いのり”の演技も見所だ。

連載開始時の雑誌が死のうと関係なく尻上がりにファンを増やした異作がとうとう動く。しかもほぼ違和感無しにそれを堪能出来るのは奇跡のようだった。



動物ネタは正直子供ネタと同じくらい鉄板なので、そこそこポイントを抑えていれば、そこそこ成功して当たり前なので、それほど期待せず観始めるわけだが、今回は期待していない分面白さが倍増しているように思えてならない。見た目だけ獣が混じっているSHOW BY ROCKの新作は当たり前のようにキャラが見た目だけでなく行動やセリフ込みで可愛らしく、毎話「かわいいかわいい」と独り呟いていて俺キモいし、猫が人型をしていて人に飼われているというマッチョな(草薙◯子曰く)設定の「ネコぱら」は、男の脆弱な欲望部分だけでなく猫が思った以上に猫で悪く無い。前期の「BEASTARS」のように肉食草食動物に人間まで混ぜた「群れなせ!シートン学園」もテンポよく動物の特徴を活かしたエピソードを盛り込んで来るから素直に楽しめた。戦国武将が現代でペットの犬に転生しているという「織田シナモン信長」も一発ネタとしては馬鹿馬鹿しくて良い。今年のアニメは獣中心で回るのだろうか?

猫派だが、犬もいいなぁ.....


今期最も注目されているのは、間違い無く「映像研には手を出すな!」だと思うので、そこはあえて触れないでおく。あれは誰かに何か言われて見るものじゃない。自分の眼で本能のまま味わうべき作品だと思うから。理屈なんてものは蛇足でしかない。それはそれとして、映像の力と声の重みが非常にマッチした物が多いなと感じるのも冬アニメの特徴だろう。犯行現場に残留した犯人の殺意を検知採集して、イドと呼ばれる無意識世界を構築し事件解決の糸口にするという「ID:INVADED イド:インヴェイデッド」の殺伐とした色使いと”酒井戸”演じる津田健次郎のぼそぼそ声はこれ以上ない黄金比と言えるし、「推しが武道館いってくれたら死ぬ」も、女性が女性アイドルに夢中になって推しの名を全力で叫ぶ事に特別さを感じさせられる。無声作品には無声作品の良さがあるので、それらが必須で切っても切れない物だとは言わないが、それぞれが噛み合う仕上がりになっていなければ、これほど印象に残らないのも確かなのだ。絵だけでも動きだけでも音だけでも声だけでも意味はない。此処に欲しいと思ったパーツがぴったり収まることが大事なのだろう。

「羊たちの沈黙」に毒されて以来、こういった作品に目がない。おじさん受けしそうなので、円盤はあまり売れないんだろうな...

アイドルの追っ掛けの実情をあまり知らないため、毎話その情熱に気圧されている......



とかなんとか書いてみたが、きっとそんな決めつけこそ物造りの弊害になるのだろうなとも思ってしまう。

千差万別、作りたいように作って、それを好きと思える人が応援すればそれで良いのだ。


posted by lain at 15:59北海道 ☔アニメ