前置きが長くて全然作品の話してません(真顔)「GREAT PRETENDER」鏑木ひろ(監督)/WIT STUDIO(制作)/感想

日頃我々が目にするニュースの数々は大抵結末を伝えないままフェードアウトしていく。だから最初に伝えた内容が、どれだけ誤ったものであっても、そのほとんどは修正されることなく終わる。無罪のニュースが冤罪ニュースより多く報道された例は稀だ。

「どちらでもよい」

結局自分が当事者になるまでは大勢がそれくらいに考えているだろうし、それくらいに考えていなければ頭がおかしくなりそうなほど哀しい事件が日々起きている。捕まった犯罪者にも何か理由があったのではないか?などと感傷に浸る暇さえ与えてもらえない。でも、それで良いのだろう。殺すだけの理由を知ってしまったら”仕方ない”が暴走するだけの話なのだ。それこそ歯止めが効かなくなる。

同様にやられたからやり返すと云う発想も危険だ。殴られたから殴り返す。金を取られたから取り返す。そうした短絡的な発想の極致が戦争であることからしても愚行でしかないことは明らかである。あぁそれなのにそれなのに、人間は兎に角反撃が大好きだ。大好物だ。スター・ウォーズ然り、半沢直樹然り、劣勢な側に肩入れするのが堪らなく好きなようである。


だが冷静になって考えて見て欲しい。映画やドラマで登場人物の行動原理が描かれていない状況でも、同じように肩入れするかどうかと云うことを。例えば(貞本義行さんがキャラデザだからじゃないが)エヴァが碇ゲンドウの過去話を一切やらなかったとしたら、彼を擁護する人は激減するであろうし、半沢直樹にしても金が絡む以上綺麗事がまかり通るわけがないのに、彼の両親の設定一つで彼のやることが正しいとされてしまう。やっていることは金融業界の政争でしかないのにだ。

多分GREAT PRETENDERにも同じことが言えるだろう。騙されても仕方ない連中だから騙して良いと云うお話なのだから。








弱い者が強い者に知恵で勝つ。一見すればそういうストーリー構図だが、実際に彼らが弱い存在であるかと言えば否である。マフィアのボスから金を巻き上げたり、石油王を裏カジノで嵌めたりすることが、弱い者に可能なわけがない。詐欺集団の連中が脛に傷持つ者達であると描いているからこそ、見る側はウッカリ彼らを応援したくなってしまうが、基本的には強者に過ぎない。元々本物の弱者とは反撃などしない生き物なのだ。我の強い者同士の争いなど迷惑なだけ。

もしかすると、詐欺師に向いていない主人公の存在が無かったら、最後まで見ていなかったかもしれない。逆にそこをしっかり抑えてくれたからこそ、ご都合な茶番を堪能出来たのだろう。主要人物がほぼ死なない騙された側も陽気にさせるような優しい世界を、なんだかんだ言いつつ楽しんだ自分は救い難い人間だなと苦笑いしながらこれを書いている。最後にもう一度あの子の笑顔を見れた瞬間の表情など、誰にも見せられやしない.....




やり返せるだけの力があれば、そりゃあ誰でもやり返すのかもしれない。所詮何を言っても弱肉強食の世界なのだから。でも本当にそれで良いのだろうか?

この作品がフィクションで良かった。心底そう思う。





posted by lain at 22:06北海道 ☔アニメ

秋アニメも折り返しになって中年が想うこと

なんだか秋アニメは非常に多い。とにかく多い。

夏はコロナの影響でスライドしてきた春アニメが多かったため、それほど負担になっていなかったが、今期は油断すると一気に録画が溜まってしまう。しかもスルーするには勿体ない作品が潤沢であるため、更に中年の日常を圧迫してくる。

アニメなんて好きになるものじゃない......



暇があれば見るかも


絶対見る


途中で止めそう


俺は続けて観ないけどノリの馬鹿さは面白い


配信で一気観出来るよ結構面白いよ


WOWOWじゃないとまだ見れないよ





殊更”多い”と表現することすらどうでもよくなってきた異世界物は、相変わらず全体的に品質が落ちておりイロモノが目立つ。ある種の生々しさがある「100万の命の上に俺は立っている」にしても、自分を客観的に見れない人間の痛々しさが作る人達から滲み出ているし、「くま クマ 熊 ベアー」のようにゆるカワの皮を被ったゲーオタご都合ワールドも冷静になると気分が悪くなる(15歳で株のトレーダーで金を稼ぎ、高級マンションでVRMMOに夢中と云う設定に不快感を抱かない人って少数派では?)。お馴染みの異世界転生して凄い能力を手にする作品である「神達に拾われた男」も設定が生臭すぎるし、その他のキャラ造形がテンプレなだけの雑さ加減でまるで惹かれない。なんと云うか、創作ではなく「こうだったらなぁ...」という妄想に付き合わされているだけに感じて嫌なのかもしれない。


若い子には人気でしょうな。



同じ妄想に付き合わされるなら、細かいことはどうでも良いのだ!と振り切った作りの作品が良い。使い古された車に轢かれるからの結婚へ即繋がる童貞脳爆発の「トニカクカワイイ」や、精神に干渉するマイクを使ってイケメン達がラップバトルする意味不明作品「ヒプノシスマイク
-Division Rap Battle- Rhyme Anima
」くらい仕出かさなければ意味がない。仕出かすのが日常になり過ぎて、逆に優等生に見えてしまう「秘密結社 鷹の爪」なども安定の面白さだ。Adobe Flashは終焉を迎えるが、Flashアニメは終わりたくないようだ.......w




冒頭からこき下ろしてばかりだが、普通に観れる作品が多いことに変わりはない。ジャンルも様々で多様性を感じる。百合好きは「安達としまむら」「アサルトリリィ Bouquet」を見れば良いし、中年の意地と体操に興味があるなら「体操ザムライ」で決まり。リアリティのあるファンタジーが観たいなら「禍つヴァールハイト辺りが良いだろう。無料ゲームが原作とは思えない群像劇構成が目を引く。ぶっちゃけ一つ一つとりあげること自体しんどいほど観れる作品がある季節だ。


体操シーンだけでなく、心理描写が実に良い。王道スポ根復活劇は痺れる。MAPPAへの信頼がまた高まった。



それでも、あえてこれだけは観たら良いのではないかと思う作品を挙げる(続編勢は除く)なら、「魔女の旅々」「呪術廻戦」「魔王城でおやすみ」かもしれない。キノの旅のような厳しさを持ち合わせた物語性とアニメーションの仕上がりが抜群の「魔女の旅々」は、旅に出るまでの話を先にやってしまった以外、不満をほとんど感じない面白さであるし、絶滅を危惧されている(俺の中で)見た目年齢が高めのキャラ造形や紅一点のリアルな性格が清々しい呪術廻戦の王道オカルト展開には新鮮さすら感じている。そして散々アニメで疲れたら「魔王城でおやすみ」を見れば完璧だ。出来ることなら、こんな美少女に生まれてゆるふわに惰眠を貪りたかった......











今期アニメでなんとなしに思うのは、女の子って良いなと云うこと。お兄様への想いに揺れ動く深雪(魔法科高校の劣等生)のいじらしさのような可愛さだけでなく、釘崎 野薔薇(呪術廻戦)の男勝りな奔放さも込みでそう感じるのだ。弱そうに見えて強く、我が儘にみえて素直。可愛いを普通に纏うことが出来て、それが似合っているかどうかは意に介さない実直さが羨ましい。

全員が全員そうではないが、女性の行動力に違いはないように思う。それは女性の海外旅行率の高さからもよく分かる。別に海外旅行に行きたいわけではないが、その活力には嫉妬せずにいられない。男の本心だけで”なりたいもの”のランキング付けをしたら、間違いなく女性、しかも美少女になりたいが1位になることだろう。我が人生を懸けて保証しよう(まがお)




アホしかしないからね..男なんて.....♂
posted by lain at 11:45北海道 ☔アニメ

夏も終わればアニメも終わる

夏が終わった。あれほど終わりそうに無かったくせに。あっさりと。

今度は雪に怯えなければならない季節がやってくる。

いつまでもコロナにばかり構っていられない。




季節と一緒にアニメも去った。長らく続いた「食戟のソーマ」と「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」がめでたく完結である。最後の戦いの相手が少々ありえない能力を擁していた点を除き、最後までしっかりらしさを発揮した食戟のソーマや、少々心理描写が不安定でも特異で不器用な純愛を惜し気もなく披露してくれた俺ガイルのこの先が、もう見れないのかと思うと、ちょっぴりセンチな気分になってしまった。終わりが無ければ味わえない感情には、辛さ以上の付加価値があるからタチが悪い。

IMG_4356.jpeg
IMG_4359.jpeg
結局最後にどちらが彼を手にいれるのかは闇の中。でもそれがラブコメだ



今期一番楽しめたオリジナル作品と言えば勿論デカダンスではあるが、もうそれに関しては書いたので割愛するとして、思いの外別れが辛かった作品の話をしたい。今や日本人にとって欠かせないジャンルとなった日常系を夏アニメを代表して支えていた「放課後ていぼう日誌」である。女の子達ばかりの釣部ていぼう部へ強引に入部させられた主人公が、どっぷり釣りの魅力にハマっていくと云う内容だったわけだが、これがなかなかどうして、ゆるキャン並みにアウトドアへの興味を掻き立てる感じに、釣り描写が丁寧に描かれていて惹きつけられた。遊漁券が必要になる場合があるだとか、若い魚はリリースしようとか、釣り糸等のゴミは持ち帰ろうといったマナーに関してもそうだが、釣ったら食べるを実践し、ちゃんと美味しそうに演出出来ていたのが良かった。

百合要素に関しても、無駄に煽る感じではなく、より自然にこういうことある〜と言いたくなる感じに主人公と幼なじみ2人のシーンを仕上げている点に好感をもった。酒好きの駄目教師や、駄目そうにみえて頼りになる先輩や釣具屋のオヤジ等のキャラ配置も隙が無く、個人的には普段は口数が少なく背が高い地味眼鏡の大野真は刺さり過ぎる設定で非常に困った。釣りも料理も上手で面倒見の良さも抜群。ついでに胸も大きいと云うのだから駄目男殺しと言う他ない存在である。

IMG_4352.jpeg
IMG_4353.jpeg





今季は結局大してアニメを観なかったが、相変わらず続きが観たくなる終わり方のSAO、続きがあるかどうか怪しいノー・ガンズ・ライフ、全然終わってないリゼロ、2期を待ち遠しくさせてくれたうまよんなんかも楽しんだから良しとしたい。中断の憂き目に遭った春アニメがスライドして来たこともあって、1クール作品なのに2クール楽しませてくれたような錯覚も覚える不思議な季節だった。見続けるか迷っていた天晴爛漫も終わってみれば割と名残惜しい。王道のロードムービー展開と女性キャラの肉付きの良さや、BL好きを喜ばせそうなバディ要素も上手く噛み合っていた。主役の天晴に振り回されっぱなしの小雨は全部美味しい所を持っていった気がする。あれはズルい。

コロナでばたばたした春夏を超え、秋アニメは一体どんなものを見せてくれるのだろう?

IMG_4354.jpeg

posted by lain at 13:35北海道 ☔アニメ