2017年01月31日

"作り手が楽しい=視聴者も楽しい"2017年冬アニメ感想

会社・現場までの道程や、突然出来た空き時間、よそ見が出来るゲームの片手間.....とまあ、今年もどえらい目にあってアニメを消化している僕ですが、以前海外ドラマでも同じような事態に陥っていたことを思い出し、そろそろアニメもバッサリ観るのを減らしたくなって来ました。


面白いから観ると言うより、面白く無い作品を切る、みたいな視聴の仕方をするくらいなら、最初から観ない方がよほど作り手に失礼が無いんだろうなぁとも思いますが、こればっかりはある種の習慣病過ぎて、いきなりは止められそうもありません💦




とりあえず、今期は”アニメーターのやる気”が溢れているアニメを観続けよう!を目標に掲げ、それ以外はじゃんじゃん切って行くことにしたのであります.....




注!全て独断と偏見の素人考えでマークを付けています(銀魂、テイルズ、弱ペダ、省略)



▪️小林さんちのメイドラゴン


キャラが可愛いしアクションも良く動く。細か部分の作画も良く、仕事の仕方が実にプロ。幅広い層が幸せになれそうな作品




▪️鬼平


今時こんな物好きなジャンル、トムス以外に誰が作るの?っていうくらい渋い。誰もやらないリアル系時代劇だけに、作り手も遣り甲斐があることだろう。男が掘れる​惚れる男をありがとうトムス




▪️青の祓魔師 京都不浄王篇


少々間が空いての新作ということで、作るのが楽しいと言うよりは大変そうな気がしてを一つ減らした。個人的には続編を見れたことだけで最大級の感謝しか無い。クォリティも抜群でした謝謝




▪️ACCA13区監察課


良いものしたい!という気持ちが随所(色選び、カメラワーク、間の取り方)から伝わって来る出来で面白い。原作をうっかり積んでいたのが功を奏した面もあるのだろうか?今の時代は女性の方がハードボイルドを求めている気がする。ただ、”オノ・ナツメ”さんのキャラは作画が大変そうだ。




▪️うらら迷路帖


ストーリー展開にはまったく期待出来そうにないが、美術・背景が意外なほど綺麗であるのと、可愛い女の子達をひたすら愛でるには良いアニメだろう。好きこそ物の上手なれとはよく言ったものでありますw




▪️エルドライブ【ēlDLIVE】


絵に描いたような(いや、描いてるんだけどさ)宇宙人のバリエーションに苦労している人がいそう。正直アニメーター云々より、釘宮理恵さんにを3つ付けた。主旨がズレてるけど.....




▪️CHAOS;CHILD


元々が少々古いCHAOS;HEADの世界観のため、観てて恥ずかしくなるような設定や展開が数多くあるものの、相変わらずここのブランドは生臭いリアリティを含んでいるからつい気になってしまう。作り手的には実際どうなんだろうか?楽しいのだろうか?




▪️ガヴリールドロップアウト


天使と悪魔の逆転学園生活が笑える。駄目な自分達を愛でるように駄天使を甘やかすのは、さぞかし楽しかろう(白目)



▪️クズの本懐


叶わない恋に恋しながら、手ごろな男で、もてあました体の火照りを冷まそうとする女の子が凄くリアル。いきなりの糸引くキスシーンといい、刺激的な制作現場になっていそうで覗いてみたい




▪️この素晴らしい世界に祝福を!2


作画のテイストが変わり、戸惑う声が周囲から上がるものの、僕としては"このすば"らしい勢いのある作画で実に楽しい。駄女神の尻にも作画スタッフの愛を感じるなぁ.....(しみじみ)




▪️昭和元禄落語心中 -助六再び篇-


もう今更何も言うことはない位、本作に対する作り手の誇りが伝わってくる。ただただひたすら彼らの仕事を楽しみたい。



▪️超・少年探偵団NEO


DLEの名は伊達じゃ無い。同じ明智小五郎物でもTRICKSTERより100倍楽しい。これだけ悪乗りしてて作るのが楽しく無いはずがない。




▪️ リトルウィッチアカデミア


今時こんな仕草の女の子いないだろ〜っていうくらい表情豊かなキャラクター満載で、1話目から物凄い質量が伝わる作画に夢中になった。採算度外視して作品作れる会社は、兎に角絵を描くのが楽しいアニメーターにとっては天国に違いない。



▪️亜人ちゃんは語りたい


まさかの勘違いで亜人のスピンオフだと思っていた僕を殴って下さい恋には発展しなさそうなハーレム具合が良い塩梅で、人間社会には溶け込んでいながらも、何かと危なっかしい亜人達が可愛くて仕方ない。



▪️にゃんこデイズ 


「ぷちます!」みたいにデフォルメされた擬人化猫のあざとさからは、救い難い何かを感じるものの、可愛いものを撫でて何が悪い💢くらいの意気込みは良し。



▪️政宗くんのリベンジ


SILVER LINK.の仕事っぷりは良いのだけれど、主人公の志の低さに辟易。腹ペコのヒロインもあまり好みで無いし、作画と花江くんの演技だけが継続視聴へと誘ってくれている。



▪️幼女戦記

とんでもないタイトルのアニメキター!と思って見てみれば、なかなかハードな戦争物で、これまたとんでもない幼女が駄目オヤジのM心をくすぐりまくり。その他のキャラも良い描き分けがなされているし、幼女の恐ろしさを側で目の当たりにする女性兵士も形容し難い容姿(可愛いような可愛く無いような)で魅力的。これも皆んなが楽しくなれる作品になりそうだ。



さぁ、そんなわけで独断と偏見でお送りして来ましたが、改まって振り返ると不作不作と言いつつ今期も楽しめそうな作品は十分ある感じで嬉しいです。まあ見るのを減らしたいのだから不作の方が好都合なんですがね.....



アニメ漬け



続きを読む web拍手 by FC2
posted by lain at 07:19 | 北海道 ☔ | アニメ TVシリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年01月14日

久しぶりにADVゲームがやりたくなった「ひぐらしのなく頃に」竜騎士07 / 07th Expansion(原作)/今千秋(監督)/アニメ/感想

 大勢の人が、日テレで凛々しいナウシカの勇姿を眺めている裏で、僕はせっせと「ひぐらしのなく頃に」をNetflixで観ていた。





 舞台となるのは、バブル時代幕開け寸前の日本で、ダム開発により無くなる可能性まであった小さな村”雛見沢”。建物は木造、道路は土、水車が回り、ピンクの公衆電話で小銭を握りしめる人の姿まである、昔ながらのど田舎。主人公は東京から転校して来た男の子で、古くから村の仕来りを引き摺る人々や、見えざる何かに飲まれていき.......あとはご想像にお任せしますという趣味の悪いサスペンスホラー。タチが悪いのは聞いていたけれど、実際に見て観ると本当に悪趣味で辛く、心身によくない溜息が毎回出てしまいました。なにせ、つい数分前まで楽しげにしていた者同士がいきなり殺し合いを始めるような、感情の落差の表現が強烈で、萌えキャラの顔が恐ろしく歪む作画も印象的だったし声優陣の演技も真に迫るものがありましたから。

 テレビ放送当時、時代が時代で、田舎のわりに服装や子供達の性格が現代的であるのが少し気になり、1話で観るのを止めた作品だったものの、心の何処かにひぐらしのなく頃にが引っかかっていたようです。お陰ですっかり新作アニメは放置状態。何もそこまで独り善がりになって自滅して行かなくとも良いだろうに?と、突っ込まずに居られない連中の、同じに見えて同じで無い季節を何度となく描き、彼ら彼女らに何が起きたのかを雛見沢の謎と一緒に収束させていく展開は本当に楽しめた。実に同人PCゲーム発らしい作品です。大体の構造が見えてしまった今、1期ほどの驚きは訪れそうに無いが、なんだかんだで2期以降も気になって仕方ない。




 それはそうと、登場人物配置が酷く懐かしのミステリーやホラーを連想させる本作。そりゃ実写にしたくなるのも無理の無い話だと思うのですが.....



アニメまでで止めときゃ良かったんじゃないかな?.....

ドラマ版はちょっとだけ見てみたいけどw
web拍手 by FC2
posted by lain at 07:07 | 北海道 ☔ | アニメ TVシリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年01月05日

俺とユーリの年跨ぎアニメ生活

貴重な正月休みから無様に転げ落ちた僕は、あれだけ時間があったというのに去年のアニメをまだ消化し切れていない。そもそも見終わるかどうかも怪しい。これから始まる新作に押し出されるようにして、レコーダーから削除される不運(?)な作品も出てしまうのでしょうなぁ....

まあ、即観たいと心底思えないなら、僕の中でその程度の価値ということなんだろう。


昨年の秋アニメはガツンと殴られるような作品は少なかった(いつもそうかな?)2期3期と分割で放送しているような作品が目立ち、これだ!という幾つかの作品は荒削りな物ばかりで、同社・同スタッフの次回作に期待しますで終わった気がする。意味不明な世界感だけど、童話風味の温もりと恐ろしさがしっかり伝わる仕事だった「フリップフラッパーズ」や、破茶滅茶で世界観は完全に破綻してるのに綱渡り状態で最後まで乗り切った「TO BE HERO」などがそうだ。

1シーズンに何本も作られる乙女系やBLを押し退け、王道でありながら堂々たる腐れっぷりを見せた「ユーリ!!! on ICE 」も同様だったかもしれない。コミカルで小気味良いテンポで進みつつ、ここぞと言うシーンはじっとりと力を入れて、本物のフィギュアの大会に劣らない滑走シーンの緊張感や選手達の心理描写に手を抜かない姿勢は本当に素晴らしかったものの、12話編成の駆け足が高じて、もうあと1歩、いや半歩掘り下げればもっと泣けた笑えたという欲が芽生えてしまった。こればっかりは良いアニメだからこその話だから欠点と言う欠点では無いけれど。

にしても、主人公の貞操をギリギリの線引きで守る腐れのバランス感覚はたまらない物があった。主人公の勇利とコーチであるヴィクトルとの間に流れる愛には、心身を深く求め合う男女の愛や、ただひたすら包み込むような親子の愛に負けないくらいの強さがあって、それが揺らいだり深まったりしていく様に何度も胸が苦しくさせられた。勇利とは対照的なもう一人のユーリの幼さゆえの意地っ張りな愛らしさも良かったし、彼ら二人の滑走シーンは何度見ても痺れる。特にユーリのしなやかでダイナミックなスケーティングからは、世界中の人のうっとりしたため息が聴こえてきそうだった.....2期を大いに期待したい一品になった。

正直もうユーリだけでお腹いっぱいな気分ではあるけれど、原作先行でメディアミックス有りきだった志倉千代丸氏の「Occultic;Nine -オカルティック・ナイン-」は普通にグロくて普通にウザくて楽しめたし、理不尽系アニメの「Lostorage incited WIXOSS」「魔法少女育成計画」は胃がムカムカしながらもしっかり味わった。イロモノの「競女」「私がモテてどうすんだ」、続編勢の「SHOW BY ROCK!」「ハイキュー!! 烏野高校VS白鳥沢学園高校」、サイコー超えてる?な「ドリフェス」「ナンバカ」、そして声優から見たアニメ業界の闇を面白可笑しくやりながらも毒気たっぷりだった「ガーリッシュナンバー」まで、あげればキリが無いほど前期もアニメを喰らった今、とりあえずこれだけはハッキリ言えるのは「響け!ユーフォニアム」を観ろ!だろう。今更言うまでも無く吹奏楽に青春を捧げる女の子達が最高だし、特に主人公の黄前 久美子を演じる”黒沢ともよ”のナチュラルな芝居を多くの人に堪能して貰いたい。ガーリッシュナンバーで烏丸千歳を演じた”千本木彩花”の演技も良かったが、前年度は間違いなく黒沢ともよが主演女優賞だったと思う。俺まだ見たことねーや、と言うおっさん達(若い子はきっと見てる)は今直ぐ見なさい

じゃあ主演男優賞は?と言うと、直ぐ様思い浮かばないものの、得意のハーレムアニメ以外で目立っていた中村悠一くんは頑張っていたように思う。「甘々と稲妻」に引き続きお父さんポジションだった「うどんの国の金色毛鞠」WIXOSSアニメでの悪役っぷり、その他諸々馬車馬のように働いていた。同じような役どころを磨いていくのも大事ではあるけれど、演技の幅を増やすのは悪い事じゃないし、何より好きな役者がまるで違う自分にチャレンジしているのはファンとして素直に嬉しい。



アニメに限らず映像作品は台詞が無くとも成立する。見ただけでそれと分かる動きがあれば十分なのだ。教科書通りの演技に終始する声優の声ばかり聴いているくらいならいっそ無声の方がマシでさえある。でも、それには画にかなりの表現力が必要で、金色毛鞠のポコや「ステラのまほう」の女の子達みたいな可愛らしいものを描かせたら上手いが、それ以外はからっきしな制作スタジオが多い日本において無声映画は難易度が高い。だから声優とアニメの関わりはこれから先も切り離して考えられない物になるのでしょうね。




今年はどんなアニメと声優が輝く年になるのだろう?



web拍手 by FC2
posted by lain at 07:08 | 北海道 ☔ | アニメ TVシリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする