2017年05月09日

文字に駆逐されるのは快感だ「象られた力」飛浩隆(著)/早川書房/感想

昔から「SFは難しい」と言われている。


ここでいう所の難しいとは、専門用語や造語を多用する理詰めに関してなのだろうけど、それ以上に世界観そのものが難しいというのもあるのだろう。僕も正直本格的なSFになると内容を半分も理解できているか怪しく、難しい本になると分からない部分は端折ったり、途中で挫折することすらある。


それでも読むのをやめないのは何故か?と言えば、その難しさの先にある風景の素晴らしさを知ってしまったからだろう。僕に難しさの先にある風景の甘美さを教えてくれた1人である飛浩隆さんのような、他人の脳に眠っているイマジネーションを引き出すのが上手い作家さんの本に一度でも触れてみれば、僕でなくともSF無しには生きられない身体になってしまいそうな気もする。






”知る人ぞ知る”と、巻末の解説に書かれてしまうほど、SFファンには伝説の作家として知れ渡っている飛浩隆さん。30年以上のキャリアがありながら、個人名義の書籍は片手の指を折るだけで事足りる執筆ペースも悩ましいが、近年では短編をコンスタントに発表してくれるし、遅読でマゾな僕には、これくらい待たせてくれる方こそ丁度良いのかもしれない。完全に新参者な僕が今更飛浩隆さんについて語るのも烏滸がましいが、今回読ませて貰った「象られた力」がまた滅法面白くて書かずにはいられない。


象られた力 kaleidscape (ハヤカワ文庫 JA) -
象られた力 kaleidscape (ハヤカワ文庫 JA) -




本書はSFマガジンに連載された4編からなる短編集で、ベトちゃんとドクちゃんのように二人で一つの身体を動かす天才ピアニストと、彼らの使うピアノの調律を任された男の物語である「デュオ」は、”私がかれをころしました”という独白で始まり、どうやら奇形の双子ピアニストがその被害者で、加害者は調律師の男のようだと最初からぼんやり想像がついてしまうのだけど、何故殺さねばならないのか?何故彼らの演奏はここまで心を打つのか?が序盤は分からないため、読み進めていくとどんどん深みにハマる。ピアニストというからには勿論様々な曲の話になるものの、こちとら完全に素人なわけで、本当ならピンと来ないはずの演奏描写であるのに、飛浩隆さんの手にかかると素人の心の中にまでリズムが響いて来るから不思議だった。双子の才能の謎や、その後の一筋縄で行かない展開にも痺れた。普通に映画化して欲しい。日本以外で。



デュオとは打って変わり、これも飛浩隆さんなのか?ついそう感じるほどライトノベルなノリのファンタジーだった「呪界のほとり」も、毛色こそ違えど何処と無くらしさがあって、これはこれで普通に続きを書いて欲しくなった。この一編のためだけにここまで設定を考えるなんて流石としか言いようが無い。飄々としたジジイや竜が最高の作品。


けして若くは無い2人の男がテラフォーミングの副産物に魅了され、恐ろしくも美しい奇跡に立ち会う「夜と泥の」の表現力や構成にも舌を巻いたが、短編集の最後を飾る表題作「象られた力」では更にそれに磨きがかかっていて、「グラン・ヴァカンス」を初めて読んだ時の衝撃に似た悦びと苦しさを覚えた。今は存在しない、とある惑星”百合洋(ユリウミ)”の図形を使った言語文化の裏の顔が引き起こす事態から醸し出される得も言えぬ恐ろしさと甘美さの絶妙なバランス感覚は飛浩隆さんにしか出せないと思った。この人にしか出来ないと断言したくなる作家さんである。




毎度凄まじい物語を書いてらっしゃるから、どんなに気難しい方かと思いきや、氏のTwitterを眺めると結構ノリの良い所があって親近感が湧いてしまう。初めて飛さんのつぶやきを見た時は、こういうのも嗜む人なんだなぁ〜と、狐につままれた気分になったものだ。


今は兎に角うっかりAmazonに注文してしまったため、お預けを喰らっている「BLAME! THE ANTHOLOGY」が読みたくて仕方ない。一体どんなBLAME!の世界を飛浩隆さんは書いたのだろうか?他のメンツも強力だし、これ以上は望めないアンソロジーになっていそうでわくわくする。


早く届かないかなぁ..........




BLAME! THE ANTHOLOGY (ハヤカワ文庫 JA ニ 5-1) -
BLAME! THE ANTHOLOGY (ハヤカワ文庫 JA ニ 5-1) -


web拍手 by FC2
posted by lain at 21:36 | 北海道 ☔ | 小説 SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年04月07日

文字で紡がれる遺伝子「伊藤計劃トリビュート2」 ハヤカワ文庫JA/感想

故”伊藤計劃”氏が作家デビューしたのは10年前。作家として活動したのはたった2年。


にも関わらず、代表作が劇場アニメとなり、大勢の作家にトリビュートされているのは何故なのだろう?





正直僕には小難しいことは分からない。でも分からないなりに彼の作品が人を惹きつける理由を考えてみると、儘ならない自身の身体に対するもどかしさや、生きることを赦されているのに命の使い道を知らぬ人々への静かなる怒りこそが全てだったんじゃないかと思わずにいられなかった。

正直、映像化された伊藤計劃作品は微妙だった。同じ境遇に無い者が束になってもかかっても、彼の抱えた闇に及ばなかったのだろう。




そんな彼に感化された若者六人のトリビュート第二弾をようやく読み終えたのだけど、六人それぞれが個性的で守る物など何処にも無いと言わんばかりに攻めていて凄く面白かった。冒頭を飾る”草野原々”の「最後にして最初のアイドル」からしてとんでも無い飛躍(アイドルとして成功することを夢見て挫折した少女と、その第一の理解者である少女の想いがガン細胞のように増殖して地球を飛び出してゆく展開は唖然呆然涙腺崩壊である(?))であったし、10代のラッパーでありながら本書に参加している”ぼくのりりっくのぼうよみ”の「guilty」も若さが眩しくも気恥ずかしい作品で良いアクセントになっていた。

他にも”柴田勝家”さんによる生まれた途端にヘッドマウントディスプレイを装着させられ、VRの中にしか現実が存在しない村の話や、砂漠で死体が歩くというディストピアネタを振るった”伏見完”、異なる言語を母国語とする者同士の普遍的な意思疎通を可能にする技術の落とし穴を書いた”黒石迩守”、そしてラストを飾った”小川哲”の「ゲームの王国」と、本当にそれぞれ違う毛色で楽しめた。


特にどこがSFなのかよく分からない「ゲームの王国」は読み応え十分で、普通に政情が不安定だった内戦下のカンボジアにおける人々のドラマとして読みふけってしまった、カンボジアならではの文化や、それらを表現する時のニュアンスがとても好みで、相性が良い作家さんだからしばらく追いかけてみたくなった。







一人の作家が死んで。一人以上の作家が生まれる。この世界は哀しみだけが連鎖するように出来ているわけでは無いなと思った。

伊藤計劃が愛したSFを、これからも僕らは愛してゆくだろう。






伊藤計劃トリビュート2 (ハヤカワ文庫JA) -
伊藤計劃トリビュート2 (ハヤカワ文庫JA) -





関連過去記事

我こそは次代を担うSF作家だ!そういう気迫が心地良い「伊藤計劃トリビュート」早川書房

web拍手 by FC2
posted by lain at 07:23 | 北海道 ☔ | 小説 SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年12月23日

”分かりたいより感じたい”それが僕の愛し方「自生の夢」飛浩隆/河出書房新社/感想

いやぁ参った。本当に参った。もしも僕が書き手だったら、飛浩隆さんと同じ土俵にだけは立ちたく無いと思った。

まるで張り合える気がしないから.....



 僕が幼稚園にも入っていない時代からSFを書いている方と、この歳になってようやく少しはSFを読むようになった素人を比べては罰が当たるというものだけど、なんと言うか、飛浩隆さんの作品にはSFというジャンルに収まらない”何か”があって、周到な文字選びから文章の構成まで到底真似出来る代物に思えず、この人とだけは絶対目を合わせちゃいけないくらいに、畏敬の念を抱いてしまう。良い作家は優秀な詐欺師になれる。その逆も然りかどうかは分からないが、飛さんがその気になれば人の生き死にまで言葉でコントロール出来てしまいそうでもある。くわばらくわばら......

 短編は定期的に発表するものの、1冊の本として世に出すまでが実に長い飛浩隆さん。ここ数年で知ったばかりのにわか(僕)ならまだしも、80〜90年代から飛さんを愛してやまないファンなどは、今回の新刊で涙を流すくらいの愛憎を感じたに違いない。文字で読者の心を揺さぶるだけに飽き足らず、「これが欲しかったか?」と言わんばかりに焦らしてくる飛浩隆さんは、真性のドSなのか?それともドMの裏返しなんだろうか?何にせよ悩ましいお方だ。





 さて、どうせ読解力のない僕では、飛浩隆作品の魅力を隅々まで伝えることなど、まるで出来そうに無い。なので本書の内容について触れるのも腰が引けてしまうわけだが、無い脳みそを絞ってなるべく簡単に説明するなら”大きな宇宙と小さな宇宙が交わり、愛と哀が産まれる”世界のお話だ、と思う(分かり難い。だよね) もうちょっ分かり易く例えるなら”生身の不自由さと思考の自由さのギャップ”を描いているとでも言えば良いのだろうか?もう言っててよく分からない。兎に角現象を表現させたら右に出る者は居ないくらいのおじさんの本なのは間違いない(諦めた)

 短編集ではあるけれど、明らかに繋がっている話も多く、ぶっちゃけ全てが繋がっていると言っても過言ではないから、1冊としてのまとまりもかなり良かった。灰洋と呼ばれる全てを飲み込む海に囲まれ、人知を超えた存在に弄ばれる町に住まう一組みの夫婦を描いた「海の指」や、”深淵をのぞく時、深淵もまたこちらをのぞいているのだ”と言わんばかりのジュブナイル(?)作品「星窓」。そして、天才的に言葉を操る少女や、自分の言葉の力に絶望した男が登場する話まで、一つ一つが直接的にも間接的にも絡み合っており、1冊でありながら何冊分もの溜息が漏れる濃密さだった。

 あまりにも学がないため、難しい専門用語や飛さんが発明した言葉に押し潰されそうな場面もチラホラあったけれど、そうした物もきっと飛さんの狙い通りで、弄ばれる僕は良いお客さんだったりするのかもしれない。煙に巻かれることすら飛浩隆作品の醍醐味だと思えてしまう僕は、やっぱマゾなんだろう。でも、簡単に解き明かされてしまう場所に、僕らSF好きがロマンを感じるはずないですよね?




 また、文字で新しい風景を見せて下さい。どんなに焦らされようと10年でも20年でも待てますから。

 娘さんによろしく✒






タグ:飛浩隆
web拍手 by FC2
posted by lain at 07:20 | 北海道 ☔ | 小説 SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする