2016年12月30日

終わりと始まりが近い今だから思うこと

 ようやく待望のお正月休みに入り、存分にだらけようと思ったものの、なんやかんやで出歩いたり掃除したりでやっぱり年末は忙しい。今朝も飲まず食わずで除雪や風呂掃除に突入して今やっと人心地ついた。

 誰かが「俺が休む時は死んだ後だ」と言っていたけれど、僕はもっと休みたい...




 まあそんな愚痴も生きていればこその話。今朝ほど根津甚八さんが亡くなったニュースに気づいてしみじみそう思った。嬉しいのも腹立たしいのも哀しいのも楽しいのも、その全部が生きているから感じられる物。どんな辛い感情でも、”それ”をそれとして認識出来ることだけは喜んで良いのかもしれない。生きてさえいれば、未来への可能性は0では無いのだ。

 そんなことを言ってる僕の人生は”諦め”に染まった人生なので、某バスケット漫画のように「諦めたら、そこで試合終了ですよ」なんて胸を張って言えやしないし「生きてなんていられないよ」と思い詰めた人をどうにかしようとも思わない。他人には分からない苦しみがその人にはあるのだろうから。でも、自分より生きようとして生きられなかった人を目の当たりにして、それでもまだ生ある自分の不甲斐なさを棚上げにしてまで死にたいと口に出来る人がいるのだろうか?少なくとも僕には出来ない。最低な人間だけど、そこまで恥知らずにはなりたくはない。

 今年も沢山の人が亡くなった。テロで天災で事故で病で寿命で。人が死ぬのは何も珍しいことではないけれど、本人の意思に関わらず訪れる死は兎に角遣る瀬無い。今年一番辛かった死は、オタクな僕らしく”水谷優子”さんだった。誰にも病気のことを知らせず、亡くなる直前までラジオの仕事をこなしていた彼女の声を聴いていると、ただただ涙で前が見えなくなっていた。水谷さんと長年一緒にラジオをやってきた”あかほりさとる”氏が、悲しみと怒りがぐちゃぐちゃのまま彼女と作り上げたラジオ番組最後の収録に挑んでいたのも忘れられない。

 他にもスネ夫役でお馴染みの”肝付兼太”さん、「笑ウせぇるすまん」の”大平透”さん、プラネテスのハチマキやハイキューの烏養繋心役”田中一成”さんまで、印象的な役者さんが次々と亡くなられて辛い一年だった。実写もアニメもどんどん本格派な役者が去って行く。人生を削ってまで演技をしない若者ばかりになって、この先演じる世界は大丈夫なのだろうか?と、老婆心的な不安が頭から離れない。




「下を向くんじゃねぇー!バレーは常に上を向くスポーツだ!!」

 烏野バレー部が挫けそうな時、烏養コーチはそう言った。最高に痺れる瞬間だった。

 きっとこのシーンに心打たれた役者達が、今度は自分の番だと頑張ってくれるものと信じたい。

 死は生の糧にもなるのだから.....
web拍手 by FC2
posted by lain at 10:10 | 北海道 ☔ | 日記 訃報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年12月04日

知らぬ間に歌を届けてくれたひと

 この曲良い曲だなぁ〜♪

 一体どんな人が歌ってるんだろう?


 楽器に詳しい、自分も演奏している、そういう方は兎も角、大抵の人はラジオやネットから流れる歌を聴いて、真っ先に考えるのは歌っている人のことだと思う。そしてその人の歌をもっと深く知ろうとして初めて作詞家や作曲家の存在に気付くのだろう。

 会社の後輩にこういう子が居る。ガンダムは物凄く好きだが、監督である富野由悠季やスタッフ・スタジオ・声優・アニソン歌手、その全てに興味が無いという子だ。僕などは一つ作品を好きになると、最低でも同監督の他の作品も全て観たくなるし、良いアニメを作る会社のアニメも率先してチェックするし、あぁこの声に踏まれたい.....とさえ思える声に出逢えたなら絶対その声優の名前を忘れない。アニソンで好きになったアーティストだって星の数ほどいる僕と、会社の後輩のような子と、どちらが多数派なのかは考えるまでもなく後者なのだろうけど、せめて監督の名前くらい覚えても損は無いと思うのだ。

 どんな創作物も勝手に出来上がる訳では無い。誰かが手間暇をかけて0から1にしている。歌手も同じだ。自分一人の力でのし上がったなんていう人はまずいない。今じゃ個人が良いPCと良いソフトを持ち合わせているため、ネット上では有名という自称アーティストも多いが、やはり一人で作っている人の曲より複数の人からサポートを受けている人の曲の方が仕上がりが良く、ぽっと出の人たちは光の速さで飽きられ忘れ去られてしまう。

 セルフプロデュースが当たり前のように行われる今の時代、もしかしなくとも音楽プロデューサーなんていらねーよ!と、口にする人も少なからずいるのだろうけど、たまたま耳にして好きになった曲を調べると同じ作曲家やプロデューサーだったなら、僕は運命を感じずにいられない。自転車の事故で二年以上眠り続け、先月の30日に亡くなったという朝本浩文さんも、気づけばそこにいるような、不思議な存在だった。

 多くの人は、UAの楽曲で朝本さんの存在を意識するようになったに違いないが、僕はオタクらしく機動戦艦ナデシコのOPでハマった松澤由実の実質的なアーティストデビューシングルで朝本さんのことも気になるようになり、UAは勿論玲葉奈の歌も聴くようになった。ただ、特定のアーティストを長い期間プロデュースするようなことが少なかったのと、作曲より編曲が多かったため誰をどのようにプロデュースしているのか把握仕切れていなかった。だから亡くなったというニュース後ネットで朝本さんが手掛けた楽曲を調べてかなり驚かされた。あのメガヒット曲が?あのアーティストも?大好きだけど歌詞カードも見ず聴くだけになっていた曲・曲・曲に朝本浩文の名前があり、知らず知らずのうちに朝本さんの曲を好きになっていたことを知って更に別れが辛くなっていった.....








 ファンだなんて大口を叩けるほど、朝本さんのことを僕は知らない。

 でも、彼が関わる曲が好きだったことだけは身体が知っている。

 それで十分なんだろうと思った。

 ありがとうございました...









タグ:朝本浩文
web拍手 by FC2
posted by lain at 09:52 | 北海道 ☔ | 日記 訃報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年10月25日

スネ夫がプーで、ジャイアンがスネ夫だった

 旧ドラえもんキャストの一人、スネ夫を演じていた肝付兼太さんが亡くなっていたと知り、ぼんやりドラえもんのWikipediaを眺めていたら、僕が当たり前に観ていたドラえもんの前にも、違うキャストで放送していたことを思い出した。

 改めて1作目のドラえもんのキャストを見ると凄い冒険の匂いがする。ドラえもんには”バカボンのパパ”や「銀河英雄伝説」の”ビュコック”爺さんの富田耕生さん(途中から野沢雅子さんにスイッチしているのも面白い)、のび太は2作目でのび太のママを演じることになる太田淑子さん、スネ夫には「くまのプーさん」の”プー”役を長らく勤めた八代駿さん、そしてなんとジャイアン役には肝付兼太さんだったから驚くべき話だ。

 同じように意地悪キャラではあるけれど、立ち位置がまるで違うジャイアンとスネ夫。一体どんな風に肝付さんが演じられたのか、非常に気になるところではありますが、公式な動画は大人の事情で見れやしないので、いつも通りのYouTubeさんにお願いしました。

※6分15秒辺りからジャイアンが泣いている


 一見すると意外な人事に思えるものの、実際耳にしてみると2作目のスネ夫の面影をまったく感じないジャイアンらしいジャイアンで、流石役者といったところ。アニメのお仕事ばかりしている今の若手には無い幅を感じます。若くても舞台やナレーション、海外ドラマの吹き替えなどをこなしている声優の方が演技に深みもあるし柔軟性がまるで違う。職人さんのように一筋で鍛錬するのも良いけれど、それこそ険しい道を行かねば物になら無い気がします。いっ時の人気に甘えず、新たな挑戦をどんどんやって、声だけでなく中身も鍛えて貰いたいなと思いました。

 兎にも角にも、様々な作品でお世話になった肝付兼太さん、有難うございました。本当にお疲れさまです......
web拍手 by FC2
posted by lain at 07:14 | 北海道 ☔ | 日記 訃報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする