ちょっぴり長いが普通に観れる普通のジュラシックシリーズの系譜「ジュラシック・ワールド/炎の王国」J・A・バヨナ(監督)/感想

道産子には少々辛い暑さが和らぎ気持ちに余裕が生まれたのか、5度目の恐竜の夏を味わいに劇場へと足を運んだ。




ストーリーとしては、ジュラシック・ワールドだった島の火山活動が活発化し、そこにいる恐竜を国で助けるべきか否かというところから始まり、恐竜の保護運動家や世捨て人になっていたメインキャストの二人が、ハモンド(初代パークの生みの親)の盟友だった富豪の助けを受け恐竜を救うべく島へ戻って行くも、利用されるだけされて置き去りにされそうになる。富豪に取り入り側近となった男が恐竜で一山当てようとしているのを止めることはできるのか?.....と、展開していった。

ジュラシック・パークでの教訓を活かし、事件から22年ぶりに恐竜のテーマパークを復活させた連中が、失敗まで真似て大惨事を引き起こしたジュラシック・ワールドの続編なわけだが、1作目から撮影技術は比べるまでもなく向上しているのに、やっていることはあまり変わっていなくて、映画として目新しいことは何もなかった。教科書通りのアングルで撮られている印象で、ハズレが無いだけでアタリも無いように思えた。恐竜一頭一頭の動きや表情もとても豊かで素晴らしいが、逆に豊か過ぎてリアリティを損ない始めている。一緒に観に行った友人は「まるでディズニーみたいだ」と言っていた。結局最後は特定の恐竜との絆に物を言わせるし、ゴジラみたいな扱い(ゴジラは続編以降、他の怪獣を倒してくれるヒーローのような扱いになっていた)になりつつあるTレックスをオマケ程度に出してしまうのだからそう言われても仕方ないだろう。



とは言え、娯楽としてはよく出来ている。噴火で閉ざされる島に取り残されるブラキオサウルスのシルエットの見せ方や、萌えと笑いのバランス、恐竜を復活させたことで得た技術の転用による罪の形などなど、この映画を構成する個々のパーツそれぞれは結構楽しめる。個人的に面白かったのは、出資者の富豪の孫娘が、男女のメインキャストが横並びになって怖く無いからこっちにおいでとやっているシーンで、直に顔を合わせたことのある女性ではなく、ラプトルの飼育ビデオで見たことがあるだけの男にガシっと抱きついたことだった。


”こいつ肉食系だぞ”


と暗がりでほくそ笑んでしまった。

スクリーンショット 2018-08-13 9.28.02.png






息の長い作品の続編は難しい。これまでのイメージを壊せないのに壊さなければならないから。

キャストも製作陣もその多くは子供の頃にジュラシックパークを”訪れている”人たちであるし、自分の頭にこびり付いたジュラシック・パーク像を再構築するのは大変なことだろう。懐かしの人を再登場させるのも嬉しいと言えば嬉しいが、新三部作の最後を飾るであろう次作品で、何処までオリジナリティを発揮出来るかのか?あまり期待しないで待つこととする....

IMG_8579.jpg
IMG_8592.jpg











関連過去記事

posted by lain at 09:32北海道 ☔映画

ハッキリ言って2時間と17分を返して欲しい(はぁと)「チャイルド44 森に消えた子供たち」リドリー・スコット(製作)/トム・ロブ・スミス(原作)/感想

◯◯と比べればマシ


そう言って我慢するのは、決して褒められたものではないものの、スターリン時代のソ連に比べれば、今の日本の管理社会なんてマシでしかない。




 1953年、スターリン政権下のソ連で、子供たちの変死体が次々と発見される。年齢は9歳から14歳、全裸で胃は摘出され、山間にもかかわらず死因は溺死。だが、“殺人は国家が掲げる思想に反する”ため、すべて事故として処理される。秘密警察の捜査官レオは親友の息子の死をきっかけに、事件解明に乗り出す。捜査が進むほどに、国家に行く手を阻まれ、さらに、愛する妻にも不当な容疑が。真実が容易に歪められるこの国で、レオは真犯人に辿り着けるのか──?




元々原作が好きで、リドリー・スコット製作と聞いた時は本当に嬉しかったのだけど、地元の映画館で上映しなかったため、すっかり失念していた。ただ、正直言って失念したままにしておけば良かったと思っている...これは僕の知ってるチャイルド44ではない.......

ソ連の内情(いつ誰が有りもしない証拠を元にスパイだと告発されるか分からない)は当然変わらないし、追う側だった男が追われるようになる皮肉さや、主人公であるレオとライーサの夫婦再生話としての側面は原作に近いものを表現出来ていたような気はするが、どうしても許せないのが連続殺人鬼の設定を変えてしまったことだろう。何故連続殺人をおかしてしまったか?という点でもそうだし、犯人に辿り着いたのがレオであったという因果に関しても、改変のせいで台無しになっていたように感じた。

それに、素人が好き勝手に言うのもなんだが、余計なシーンが非常に多かった。レオが戦場で戦い、英雄として祭り上げられる冒頭は要らなかったし、いっそレオが左遷させられた所から始め、何故そうなったかの過去話を挟みつつ、当局の横槍に耐えながら連続殺人の犯人に迫るような盛り上げ方が欲しかった。こんな中途半端なレベルの映画にするくらいなら、権利など抑えないで欲しいものである。役者達の孤軍奮闘としか言いようがない。せめて自分で監督してくれればなリドリー..........





チャイルド44は、レオとその家族の序章に過ぎず、本番はここからなのに、こんなにコケてしまっては続編など望めない。そのうち熱心な原作ファンが再映画化してくれるのを期待したい。

ゲイリー・オールドマンをここまで無駄遣いした映画は久々だ。日本アニメの実写化に比べればマシだが、そもそも比べる相手が違うかもしれない......








posted by lain at 07:17北海道 ☔映画

”リアル” ”面白い” そういう言葉で説明出来ない映画だった「ダンケルク」クリストファー・ノーラン(監督・脚本)/感想

人間は生きるうえで必要以上のエネルギーを消費している。

生存に必要な住処と食べ物だけでは飽き足らず、電力が必要な電子機器を多用し、化石燃料を使う乗り物を重用する。地球規模で気候が変動しようと御構い無しだ。


そして、人類のエネルギーの無駄遣いの最たるものが戦争だろう。戦争に必要な技術はお陰で進歩したが、失った”もの”の方が遥かに多く建設的とは言い難い。なにせ相手の文化をぶち壊すどころか、自分たちの文化を深めるための資産や時間すら浪費してしまうのだから。戦争など無い方が良いと思っている人の方が多いと信じたいが、人間は自分で経験しないと心底は理解しない生き物であるし、生き証人が死んで行けば、戦争の悲惨さなど直ぐに薄らいで、気に入らない連中を暴力でもって黙らせようとなるのは避けられない。先人が経験した全てを、まるで機械のようにまるっと引き継ぐことができたなら、今頃戦争など根絶出来ているだろうか?

今のところ、結局人間は”ケダモノ”なのだと言わざる得ない。






そんな抗い難い人間の性が露わになるシチュエーションであるからこそ、戦争は映画においても散々ぱら調理されて来た。戦いの高揚感を煽るもの、焦燥感に明け暮れるもの、必要以上に恐怖を植え付けるもの、大自然の前では戦争など児戯に過ぎないと知らしめるものなど、枚挙に遑がない

では、ダンケルクが描いた戦争とはなんだったのか?



フランスとイギリスの連合軍が第二次大戦時に30万人規模の撤退を成功させた史実を元に作られた本作は、陸海空それぞれにスポットをあて、正義や信念といったねちっこい物は強調せず、あくまでも淡々と生き残ろうとする者達を描いていく。戦争映画によくある煽るようなBGMも少なく、独特の雰囲気作りのせいで緊迫した場面でも手に汗握るようなこともなく、よく出来た再現ドラマを見ているような印象を受けた。ぶっちゃっけ娯楽要素は薄い。

それほど強調されていない中でも、最後まで撤退を指揮するおじさんや、燃料切れになった後も敵機を落とす戦闘機乗りなどが格好良く描かれているし、苦肉の策に思えなくもない時系列を前後させる演出も相まって、 飽きることなく鑑賞出来たものの、無謀な作戦の末、装備や兵器を置き去りにして命からがら逃げ出しただけのことを少し良い話風に仕上げたことがピンと来なかった。敗残兵である自分達を国の人達はどう考えているのか不安なまま帰国した彼らが、思わぬ祝福に喜ぶ姿にもリアリティを感じなかった。そんな浮かれた雰囲気を空々しく受け取る姿こそ僕は見たかったのだろう。

IMG_8105.jpg


何をもってリアルとするかは難しい。僕が求めるものだって希望的観測に過ぎないから。

だから戦闘機が美しい映画として勝手に記憶しておくことにした。自動追尾など一切ない古い飛行機で燃料切れなど御構い無しに味方を助けた飛行機乗りの美しさだけで十分満足のいく映画で間違いない。

IMG_8109.jpg
IMG_8107.jpg




posted by lain at 07:19北海道 ☔映画