クロスオーバー作品の豊富さより、VR社会の怖さが身にしみた....「レディ・プレイヤー1」スティーヴン・スピルバーグ(監督)/感想

僕はここ10年の間に、ゲームに対するアプローチがガラリと変わった。

それまではストーリーを味わえる作品以外、あまり長時間遊ぶことが無かったのが、時流に乗ってマルチ対戦専用のゲームを遊ぶようになると、時間の無駄と切り捨ててきた基本無料ゲームにまで手を出すようになり、今ではすっかり日常生活を圧迫するようになっている。


そうした現状に甘んじている理由としては、普通に”飽きた”が挙げられるかもしれない。キャラクターに依存し、何処かで味わったような展開に終始するJRPG。独自のゲーム性を追求する気も無ければ、ハードの性能を引き出す気も無い版権頼みなタイトル。どれほどリアルに作り込まれた映像美の世界とレベルデザインであっても、結局は”おつかい”でしかない箱庭ゲー。どれもこれもすっかり遊び過ぎて疲れ果ててしまった。

マルチ対戦だって疲れはするが(主に人間関係)、相手がCPUでない分眠気とは無縁で、仕事疲れの社畜を活性化させるのには一役買ってくれるし、無料ゲームも過剰な課金さえしなければ、フルプライスゲームを当たり前に買うよりお得に遊べ、キャラの育成とストーリーを長期に渡って楽しめる。もしかすると心身とお金の自由がきかなくなってきた人間らしい方向転換なのかもしれない。



そんな飽きが進行したおじさんにとって、VRは新たな体験の場として唯一に近い希望なわけだけれど、確かにVRが普及した場合本作のように廃人だらけの社会を作り出す可能性は否定出来ない。というか、今現在既に、僕らはゲーム会社の奴隷も同然ではあるが......






トレーラーハウスにもほどがあるような、多層構造を織りなすスラム街で暮らす主人公ウェイドが、オアシスという仮想世界を作った創始者の遺したイースターエッグを仲間と共に次々と見つけ、遺産とオアシスを独占してプレイヤーから甘い汁を吸い尽くそうとする運営を打ち負かすという内容だったわけだが、兎に角企業のやり口がえげつなく、オアシスにどっぷり浸かっている(貧乏だからゲームの世界だけでもと夢中になるのか、ゲームに夢中だから貧乏なのか分からなくなるほど)人々の実生活の見窄らしさが心に残った。いくらイースターエッグの謎を解いたら創始者の遺産が全て手に入るとはいえ、誰も彼も現実の自分を置き去りでゲームをしているのは流石になと思った。自分もVRを遊んでいるとき、相当滑稽なんだろうと考え出したら虚しくなった。

VRでの体験がリアルになればなるほど、現実が疎かになるのは自明かもしれない。本作のようなセンサーの塊であるスーツ等を装着し、仮想空間からのフィードバックを直に肌で感じられるだけでなく、もしも脳へダイレクトに干渉出来るVR装置が一般化されるようになったとしたら、レディ・プレイヤー1なんて目じゃ無いほどディストピアへ真っしぐらな気がしてならない。五感すべてが現実に感じられるようになったら、空腹も感情も何もかもコントロール出来てしまうから、死ぬまでゲームをやり続けることだろう......





本作は最後に現実世界での体験は大事だと説いて終わるが、いつの日か生身など重荷でしかないという時代が来てもおかしくはない。ただし、SNSやマルチ対戦ゲームを利用する人なら解るだろう。どんな場所に逃げ込んでも人間相手に何かをする以上、嫌な目からは逃れられないのも事実。仮想空間が現実にとって変わる日が来ても、人が人を辞めない限り同じことの繰り返しだ。

これからは本当にVR一色になりそうな予感がする。それを堕落と処断する人々も増えるだろう。僕らは上手くVRと付き合っていけるのだろうか?

その答えはスピルバーグにも分からない。






せっかく日本人にも馴染み深いキャラや乗り物が山ほど登場し盛り上げてくれたというのに、しょーもないことばかり気にしている男である。版権料にいくら使ったのかも知りたくてたまらない。

僕はウェイドではなく、彼を排除したがっている運営の男にしかなれないだろう。歳はとりたくないものだ.......
posted by lain at 07:02北海道 ☔映画

地球が”もう無理っ!”と言い出すまでの猶予はいかほどなのだろう?「ユピテルとイオ(IO)」Netflix/感想

また懲りもせず、地球の文明が崩壊した映画を見た。




地球の汚染度が高まって人類が生存出来なくなり、そのほとんどが木星の衛星イオを周回するコロニーへと移り住んでいるという、ほんの少し未来のお話で、主人公はコロニーに住む恋人(♂)と目下のところ長距離にも程がある遠距離恋愛中(ネットでメッセージを交換している)の女性なのだが、彼女は父親の意思を継いで地球がこんな状況からでも自浄することが出来ることを証明しようと研究を重ね、自らを実験台にして今の環境に順応出来ないか試すほど根性が座っている。

ところが、いつものように汚染地域を探査していると大きな嵐が襲来し、彼女の研究成果と機材が壊れてしまい、遥か遠くにいる恋人の勧め通りに最後のエクソダス船へ乗ろうかと気持ちが揺らいでしまう。しかしそこに一人の男が気球で彼女の前に現れ自体が一変していく....といった展開になるのだけれど、兎に角淡々と彼女の探索風景や、日常の様子、そして珍客の男とのやり取りで構成されているため、スリリングな展開を求める人には退屈でしかないだろう。逆に、炎の色で汚染度を確かめたり、過酷な環境で生き残っていた微生物のサンプルを採ったり、生き物の気配がまるでしない廃墟を徘徊する地味な絵が大好きな人には、なかなか悪くない絵作りになっているかと思う。

深読みはしないで素直に観たい(そもそも深読み出来るだけの知識がない)人なので、作り手が印象付けようと用意した小道具に、一体どんな意味が隠されているのか分からないし探る気もないものの、主人公の女性が執着した個展跡や、お気に入りの音楽のカセットなど、思わせぶりな演出もそこそこ雰囲気を盛り上げてくれていた。それに、研究は上手く行かないし、恋人は更に遠くへと行ってしまうし...となった時、男では到底至らない結論に達するのが、なんとも女性らしくて良い。自暴自棄とも開き直りとも取れる幕引きではあるものの、何故か物悲しくてたまらなかった。コロニーに移り住んだ者たちは、その後新天地を見つけたのか?それとも地球へ帰還したのか?誰も戻らない地球で、彼女と彼女の◯◯は生き残り子孫を残せたのだろうか?取り留めもなく、その後を夢想している自分がいた。お客に想像する余地を残すやり方、大好きです。






どうでも良いけれど、地球でたった一人とか、二人とか、そういった生き残りの話は本当に沢山作られてきたが、実際そんな状況に陥ったとしても、この広い地球全てを調べ尽くして自分だけなのかを確かめることなど不可能に近いわけで、ハッキリ言って自意識過剰の自己陶酔でしかないが、そうと分かっちゃいるけどヤメられない甘美さが、こうしたシチュエーションには在るから困る。地球が滅びる時くらい、自分が特別な存在でありたいとでも思っているのだろうか?土地の広さは十分にまだあるが、人間の欲塗れな活動による環境への影響を考慮すると、既に地球は限界を超えているという人もいれば、2030年には第二の地球が必要だと訴える専門家もいるが、約76億人いる中で、たった一人だけ生き残るというのは、宝くじを当てる以上に気が遠くなる話だろう。確かにそいつは憧れちゃうね(棒読み)





子供頃、雪がしんしんと降り積もる夜に雪の中へ横たわり、周囲の音を雪が吸収するなか、自分の吐息だけを聴きながら独りきり雪に覆い隠されてゆくのが好きだった。忙しない日常を長年繰り返し過ぎて、何かが麻痺してきた今だからこそ、あの頃理屈抜きでやっていたことの貴重さが身にしみる。

どんなに馬鹿なことでも良い、自分が素直に求める物を愛して行こうじゃないか。

たとえそれが人類の繁栄にNOと言うものであっても。

どうせ死ぬまで生きるのが人生なのだ。








posted by lain at 06:52北海道 ☔映画

自らシリーズ化にトドメを刺した映画として後世まで語られそうな予感「アサシン クリード(映画)」感想

当初、不安感すら覚える暖冬だったため


「本当に寒くなるのかな?」


などと40年も寒い地域で生きて来た身でありながら考えてしまったものの、新年を迎えてからは、しっかり二桁冷え込んで骨身にしみる季節の厳しさを思い出した。やっぱり此処は北海道だ。




1日寒空の下、太陽も浴びることなく仕事をしていると、人間は本当に鬱々としてくる。”自分は何をしているのだろう?”と虚無感ばかり押し寄せて、缶コーヒーや車の暖房一つで泣けてくる。家まで辿り着いた時の安堵感は計り知れない。だから早く帰れた時など、無駄と分かっているモノに現を抜かしてしまったりするとかしないとか....






本当に出来心だった。連日18時台に帰れたことがよほど嬉しかったに違いない。他にも観たいのに観れていない作品が沢山あるというのに、評判が微妙だと分かっていてコレを選んでしまったのだから。

元々アサシン クリードは大好きで(やり込んだのはエツィオの三部作まで。最近は....)風光明媚な異国の古き時代を、一人のアサシンとして縦横無尽に堪能した。少々操作に難を感じる時もあったけれど、現代と過去を繋ぐアニムスという装置とエデンの果実に振り回される人々のドラマが本当に楽しかった。

だから実写映画版もなんだかんだ言っても素通り出来なかったわけだが、正直言って冒頭の10分ほどで飽き始め、暖かい室内が眠気を誘って仕方なかった。お金も手間も凄くかかっているのは伝わって来たし、アサシンクリードの肝であるパルクール部分が存分に味わえるアクションシーンは良く出来ていた。にも関わらず、鑑賞意欲を削いで来るのである。

父親に母を殺され、大人になった自分は自分で人を殺し死刑囚へと成り下がり、お前はもう死んだことになっているから、お前のDNAに残っている”記憶”を取り出す実験に協力しろと言われる辺りや、過去と現在が入り混じる場面構成など、ゲーム版を意識したものにはなっているが、現代の主人公の状況はわかり易いのに、アニムス内の主役の立ち位置がイマイチ頭に入って来ず、無駄に派手なアニムス装置を映してばかりで、夢を見るかのように先祖の記憶を追体験する没入感がまるでない。それならそれでゲームとは別物だと振り切っていれば楽しめるのだが、下手に寄せているせいで欠点にしか感じられなかった。映画的ゲームを映画にするというのは、国産車を海外向けに弄って輸出し、それを更に国内に輸入するくらい野暮なことなのかもしれない。




決して全てが無駄な映画化だったとは思わないが、15分近くあるエンドールがトドメを刺してくれるというのは、流石アサシンだね....とは思った............

そんな長い映画他にある?






posted by lain at 07:17北海道 ☔映画