アニメのような実写のような、結局"押井守"は何処へ向かうのか?「ガルム・ウォーズ」押井守/Production I.G/感想

昨夜帰宅すると、腹の虫が疼いたのか、ガルム・ウォーズをなんとなく見てみる気になった。





今の日本には本当の意味でのファンタジーが足り無いと感じ本作を試みた...といったようなリップサービスを押井守氏がしていたような気がするけれど、確かにこれは王道のファンタジーで、創造主に見捨てられたガルムという者達が幾つもの部族に分かれ惨めに殺し合いを演じているという世界感からしてそうだった。


ただ、押井おじさんがそんな素直に指輪物語やハリポッターのような王道を作るわけもなく、押井おじさんらしい未来的なメカが登場するSFに仕立てられており、可変する羽根でもって鳥のように滑らかに舞う戦闘機や、押井ファンには馴染み深い戦車、巨人のような機械兵士、巨大戦艦に至るまで特撮臭は止まらない。


IMG_4885.jpg

IMG_4892.jpg


IMG_4886.jpg





主人公である”カラ”は死しても記憶をクローン体に引き継ぎ、何世代にも渡って戦い続けてきた戦闘機乗りなのだが、敵対している部族から逃げ出した”ウィド”に出会い、この世界の真実を知るための旅に出ることとなる。ガルムが子を作れないのは何故か?神はどうしていなくなったのか?という彼女の偽らざる気持ちが敵対部族の男の気持ちまで動かし、残酷な真実を知ることになって展開など、王道と言わずしてなんと言えば良いのかと思った。そういう意味においては、これまでの押井映画の中で一番分かり易く出来ているかもしれない。


IMG_4888.jpg

自分の代わりが死ぬほどいるガルム達


IMG_4896.jpg

いまだ、その個性は衰えていないランス・ヘンリクセンがウィド役


IMG_4901.jpg

敵対部族であるカラの気持ちが分からないでもないスケリグは本作におけるバトーさんポジション






結論を言うと、これまでの押井実写と同じく、押井さんらしい惜しさが全体を支配していたと言える。これはこれで有りなのだけど、これがアニメーションであればと思ってしまう自分もいた。メカも良い、風景も綺麗、日本人とは瞳の色が違う役者達もなかなか様になる。それでも何かが足りていない気がしてしまうのだ...押井監督の好むフィルタリングのせいか、作り物の安っぽさを感じてしまうせいかもしれない。


これならば低予算を吹き飛ばす勢いがあった「トーキング・ヘッド」の方がよほど意味不明で面白かった。いつの間にか押井作品といったら美麗なCGいうイメージが出来上がってしまったが、色々とケチがついたガルムウォーズでさえこうして日の目を見れたのだし、もっと規模を縮小して小さな空間なのに銀河級の広がりを感じるわけのわからない映画を好きに撮ったとしても、ちゃんとファンは応えてくれると思うが、そんな期待に応えたいなんてまるで考えないのが押井おじさんだから仕方ない....


IMG_4884.jpg

直ぐに退場するキャラですら存在感半端ない


IMG_4894.jpg

ケロベロスサーガの香りもする


IMG_4898.jpg

そしてとにかく絵になるシーンが多い


IMG_4900.jpg


IMG_4899.jpg

後ろ姿がなんとも言えない

IMG_4902.jpg






新作を作らないなら作らないで困りものだけど、作ったら作ったで何かと困りものでとんだ性悪監督だなぁとも思うが、まだまだ押井守という監督を見ていたい自分がいて救いようが無い。


次は犬しか出てこない映画撮るかもしれないね.....それはそれで面白いかもしれないな........🐶


IMG_4887.jpg






映画『ガルム・ウォーズ』公式サイト

人間を撮る為にゴジラを撮ったのか、ゴジラを撮りたくて人間を撮るのか?「ゴジラ」1954年/本多 猪四郎/円谷 英二/感想

どしーん、どしーんと響く足音と共に、不安感を煽るテーマ曲で幕が開く初代ゴジラ。

60年以上前の映画だと言うのに、妙に迫力を感じる作品だった。





理由が分からない船舶の事故が多発し、海沿いの町が何かに襲われ、そこへ調査団がやって来た所でゴジラが登場し、そこからはゴジラを倒そうと人々が躍起になる。元祖怪獣映画ならではの単純明快な作品なのだが、それ故に逃げ惑う人々やゴジラの挙動の上手さが際立って見えた。おかげでミニチュアと着ぐるみであることを忘れて映画を楽しんだ。

IMG_2502.jpg
終戦からまだそれほど経っていない時代だけに、エキストラも皆演技とは思えない険しい顔。

IMG_2503.jpg
少年の叫び顔も迫真である。このまま戦時中の写真だと言って公表しても、誰も疑わないことだろう...


IMG_2504.jpg
ちょっと顔が崩れてる感じがちょっと可愛いゴジラだが....

IMG_2508.jpg
暴れ出すと手がつけられない




”傍若無人”まさにそんな言葉が当てはまる所業を繰り返すゴジラは、神の御使いとでも言うべき存在であり自然災害そのもので恐ろしい。初代を観た後、一連の「〇〇対ゴジラ」なんて見る気も起きないくらい本作は見せ方が上手いと思った。情報開示の有無で揉める議会、人間の業によって変異した生きた化石のゴジラを死なせたくない生物学者、ゴジラが目前に迫ってもマイクを手放さない報道マン、ゴジラを倒す事が出来る発明をしていながら悪用されたくないが為に公表出来ない科学者など、ゴジラに対面した人達それぞれの葛藤も実に良かった。

IMG_2509.jpg
IMG_2510.jpg
IMG_2511.jpg



シン・ゴジラは庵野秀明映画だから会議シーンとか多いんでしょ?と、皆が思っていた通り会議シーンは多かったわけだが、初代ゴジラも関係各所の反応をしっかり撮っていて、あぁこういう映画を観て育ったから庵野秀明さんの作品はあぁなのかと改めて思ったし、陰影がハッキリ出る白黒映画の色褪せない味わいも再実感。観たかどうかも思い出せないこの時代の他の映画も見直したくなった。






関連過去記事

庵野に会いに行った先で、ゴジラと入籍した気分だった「シン・ゴジラ」庵野秀明(総監督)/樋口真嗣(監督)/東宝/感想

「◯◯◯一枚下さい」

 なんて久しぶりに口にした。春先に映画へ行こうと思ったら、映画館など無い地域へ出張が決まり行く気を削がれたし、普段はオンラインでチケットを確保出来る劇場で映画を観ているから尚更だ。

 本当にいつ振りなのだろう?などと悠長に考える暇も無く、仕事終わりに滑り込んだ映画館。勿論観たのは庵野秀明と樋口真嗣がタッグを組んだ「シン・ゴジラ」だった。





 本当の本当に、これっぽちも特撮への執着が無い(本当はそこそこ好きですよ(はぁと))ような人生を送って来た僕としては、庵野監督で無ければ絶対ゴジラを劇場で観るなんてことはありえない話である。なにせ末っ子の僕は姉達や親とのチャンネル争いに負け続け、ウルトラマンや宇宙刑事物を最初から最後まで観るのは不可能だった。仮面ライダーだって大人になってから目覚めた程度の免疫しか無い。それがゴジラになると更に興味が無い話になる。小学校の頃、同級生達がゴジラだ!モスラだ!と騒いでいた風景が思い出されるばかりで、それ以下でもそれ以上でもありはしなかった。

 そんな僕でも今回のシン・ゴジラは面白かった。若い世代にも分かり易く例えるなら、踊る大捜査線に巨大生物が登場したような内容です(踊る自体エヴァからの影響が強いし、エヴァはエヴァで昔の特撮から影響を受けているのだから、この例えは以外と不穏当かもしれない) 踊るのようなギャグはほとんど無いものの、個性的な役者が非常に多く配置(竹野内豊石原さとみのような受けの良い役者もいれば、塚本晋也さんやマフィア梶田くんまでいる)されているため、庵野さんらしいテンポと間の取り方が上手い会話シーンが成立していて、あまりの小気味良さに思わず笑ってしまった。

 もう兎に角、実際にゴジラが現れた場合、国はどう対処していく事になるのかを、行政に協力を仰ぎ入念に調べ上げた結果の産物でスクリーンは埋め尽くされていた。政治家が、消防が、警察が、自衛隊が、そして一般人が、ゴジラという自然災害の前でどう動き、何が出来るのか?そういったディティールが実に良い。形式ばかりで滑稽な行政機関に対し、「仕事ですから」と現場を代表してサラリと言い放つ”國村 隼”さんの格好良さったら無かった。久しぶりに自衛隊頑張れ!と思ったりもした。



 肝心要のゴジラだが、これもまた凄かった。初登場シーンでは「なんじゃこれ!」と驚かされ、再登場シーンでは夜の東京を恐ろしいまでに美しく破壊し、ただただ見惚れてしまった。リアリティのある動きをちゃんと演算して作れる時代に、昔の特撮の味を忘れず落とし込んでいるのがまた面白い。家家をなぎ倒し、船舶や車を除雪するように跳ね除けていくゴジラは、目覚めたばかりの無邪気さで戯れているようで、不謹慎にも可愛いと感じた。

 最後は寄ってたかって人類様が彼を虐めることになるが、物言わぬゴジラの勇姿には色々と考えさせられた。先も上げた夜の東京での大暴れの際、現体制の全てを破壊し尽くした後、眠りにつくゴジラが僅かに見せた哀愁からも、もしも政府相手に鬱憤を晴らすことに成功しても、こんな表情で虚しさを噛み締めることになるだろう、というメッセージを感じ、短絡的で貧しい思考を見透かされた気分になった。共通の困難が現れないと結束出来ないのは、相変わらず人類の残念なところではあるけれど、人間が己を見つめ直すきっかけを生み出せるだけのエネルギーがゴジラには在ったのだと、この歳になってやっと知れたのは嬉しいことだ。





 この出来ならエヴァを後回しにするのも十分理解出来る。彼方此方見所満載で飽きさせない良い映画だ。個人的にはエンドロールまで痺れっぱなしだった。なにせ本作同様ゴジラの為に関係各所がこれほど集まっているのだと痛感出来るエンドロールだったのだから。

 こんな庵野を待っていた

 こんなゴジラを作りたかった

 こんな映画を観たかった

 様々な”こんな”が、シン・ゴジラを待って居たのだと思うと、ただそれだけで胸が熱くなる季節である......