俺はネギ大好きです(はぁと)「王様になれ」the pillows/BD/感想

ピロウズが映画を作る。そう聞いたのはライブ会場でだった。

その時は正直、30周年の思い出作り程度なんだろうと思ったものだったが、好奇心が勝ってBDを観た今となっては、本当に良い作品になっているじゃないかと独り反省している。


でもまあ、さわおさんも驚きの仕上がりなのだから勘弁願いたいものだ。





”the pillows”の名と「王様になれ」の文字でこのブログに飛び込んだ人であれば、説明する必要は無いと思うけれど、pillowsは様々な困難を乗り越えて30年続いたバンドであり、我々ファンが困難を乗り越える為の手助けをしてくれたバンドでもあります。報われない想いを抱えた人に寄り添うだけでなく、時には心を鬼にして突き放す歌詞の数々に、僕も何度奮い立たされたかしれない。

本作の主人公はカメラマン志望の青年。本業はアシスタントばかりで写真も撮らせてもらえず身内のラーメン屋でアルバイトの日々。しかしそのラーメン屋での出逢い(女性)が彼を変えていく。ピロウズを聴くようになり、ガムシャラに夢を追いかけ出す。仕事や彼女との間で失敗を繰り返し、折れそうになっても前に進む彼の姿は、まさしくピロウズそのものである。



青春映画としては至極平凡な作品なんだろう。夢を諦めきれない青年と、病気を抱えた女性のプラトニックな恋の物語と言うのは酷く使い古された題材だ。ピロウズファン以外が観ても満足いくかどうかは分からない。ただ、逆にピロウズやゲスト出演しているアーティストのファンであれば確実に刺さる一本に仕上がっている。間延びするかしないかギリギリの線までライブシーンはガッツリ収録されており、シーン毎の楽曲合わせが非常に練られていて効果的だった。元の音源がシーンに合わないが、どうしても”それ”使いたい時は新録まで行ったと言う劇伴も含め、監督のピロウズに対する理解が深くないと出来ない仕上がりだったと言える。

役者に関しては、じわじわハマっていったような気がする。主役の青年役である岡山天音くんの独特な演技や、主人公が指導を乞うカメラマン役を演じた”岡田義徳”さん、そして要所をしっかり締めてくれたヒロイン役の”後東ようこ”さん等の演技はなかなかにあとを引いた。さわおさんの演技もかなり怖かった(真顔)低予算でスケジュールがキツい中、ここまでやれるのがプロの仕事なのだ。物作りは突き詰めるとキリがないから、完成させることの救いと苦悩は計り知れない.....





本編視聴後に一気見したビジュアルコメンタリーやメイキング映像も面白く、監督がいかにピロウズの色を映画に活かそうとしていたかが伝わった。しんどい現実を叩きつけるだけでなく、笑いどころも満載で娯楽としても楽しめた。普段は映画の監督などやったことがないオクイシュージさんらしいバランス感覚なのかもしれない。

なんにせよ、ピロウズ愛を一身に受けた唯一無二の一作で間違いない。本当に30周年おめでとうピロウズ。




お陰で久々に”久しぶりじゃないか”と、言われに行きたくなった.....





posted by lain at 00:31北海道 ☔映画

家族を繋ぐのに必要なのは...「万引き家族」是枝裕和(監督)/感想

僕の親ほどの世代は、子供が何かやらかすと「アンタは橋の下で拾って来た」だから云うことを聞けない子は自分の子では無いから元の場所に置いて来るよと子供の脆弱さに付け込んだ言葉を本気とも冗談とも取れない感じで利用していたものだが、今の親も似たような手法で子供に云うことを聞かせていたりするのだろうか?




親の死亡届を出さず年金を不正受給していた事件をモチーフに作られたというこの映画、下町のボロ家にぎゅーぎゅー詰めで暮らす柴田家の絆を描いたものになっていたわけだが、兎にも角にも問題児だらけで、こんな家で生活したくないなぁとまず思った。旦那を余所の女に取られた老女は死んだ旦那がかけていた年金を受け続け、その子である息子は日雇い労働すらマトモにこなさず子供に万引きをさせたり労災を目当てにしたり車上荒らしすら辞さない勢いのクズで、その妻は妻で勤め先であるクリーニング店で衣服に残されていた客の物を盗んでいたりするのだ。そりゃ子供だってマトモに育つわけもなく、妻の妹は自分の身体を見世物にして小銭を手にし、息子は学校にも行かず万引き三昧。普通に考えて誰がこんな環境で生活したいと思うだろうか?

でも、何故だろう。この金も根気も無い一家には愛だけはあるような気になってしまい、嫌いになれないどころか愛おしさばかり募ってしまったのである。冒頭彼らは”ゆり”という少女を成り行き上保護することになるのだが、あーだこーだ言いながらも少女を実の娘のように可愛がる様子は微笑ましいの一言だった。これで万引きさえ子供にやらせなければ.....それが観客の総意だったに違いない。不完全だからこそ愛を試され、葛藤に意味が生まれる。そんな物語だったかもしれない。







最初の話に戻るが、いっそ血が繋がっていない方が、余所の人の血だから仕方ないと割り切って共同生活を送っていけるだろう。なまじ血が繋がっていると他人じゃないのに何故分からないのか?という心理に陥り、自分の想いを押し付けてしまいそうになってしまう。柴田一家の子供の無垢さに甘えた生活には問題ばかりだったが、普通に暮らしているはずの我々が見失いそうになっている物を思い出させてくれたような気はした。物語は一家の全てを暴いて終わるが、何かと考えさせられる良い映画だ。

ちなみに、演技の必要すら無くなっていた樹木希林さん、相変わらずのダメ男っぷりが似合うリリー・フランキーさん、他にも駄菓子屋のオヤジ役柄本明さんなど、人生経験豊富な役者達が皆良い味を出していたが、MVPは安藤サクラさんで33歳とは思えない円熟っぷりである。心底彼女の優しさが子供達の中に残り続けて欲しいと思ってしまうほどの名演だ。


血の繋がりに頼るのは弱さ。身内など1番身近な他人であると考えるくらいが丁度良い。そんなことを改めて思う時間になった。

posted by lain at 07:20北海道 ☔映画

また中国に差を付けられたなというのが正直な気持ち「流転の地球」フラント・グォ(監督)/劉慈欣(原作)/Netflix/感想

どの国のSF映画でもそうなのだけど、世界規模の危機に際し何故か国内の人間ばかりが活躍しがち。日本も例外ではなく、どう考えても一国の技術レベルで実現不可能な大型合体ロボットを駆使して毎週日曜の朝悪の組織を迎え撃つあのシリーズも国内でばかり戦っている。アメリカ産も当たり前のように国内が舞台の場合が多いけれど、人種性別のバランスには気をつかっているし、あの国の性格上世界規模のテロだの宇宙人襲来だのの中心であってもまるで不思議には感じない。

そういった人によっては些細な問題でしかないリアリティの欠如が気になりがちである自分としては、エヴァのように各国に支部がある的な設定がほんの少しでも有るだけで気分は左右される。本作も一応多国籍なモブキャラは出ているし、世界中で同じような苦境を乗り越えようとしているのが伝わる描写はあるものの、重要なことを左右するのはやっぱり中国人で、こんな大変なことがあったけれど、これからも中国は偉大な国家と人民が一丸となって生き抜いていく的なニュアンスの締めくくりを見せるのが、ちょっぴり残念だったかもしれない。映画は映画会社やスポンサーが口出しするとロクなことにならないが、国家が口出しするともっとロクなことにならない。実際国からの影響があったのか、原作通りなのかは分からないものの、少なからずプロパガンダとして機能している点があることを無視出来なかった。




どうやら太陽の寿命が尽きるのが近いらしいことが分かり、地球ごと他所に移動させてしまおうという壮大なプロジェクトがスタートするも、木星の引力の影響で地球を動かしていた1万基におよぶエンジンが停止してしまい、このままだと木星にぶつかってしまうぞという実にSFらしい壮大さとピンチの演出が普通によく出来ていて、馬鹿でかいエンジンや凍てついた上海等のVFXもかなりの代物。一万基の光が生み出す帯を従えながら宇宙を征く地球の姿は本当に綺麗だった。

地球をナビゲートするステーションへ行ったまま帰らない父への愛憎を募らせていた少年が地球を救う一計を思いつくという出来すぎ具合にはまあ目を瞑るとして、まるで世界中のお偉方の意向が見えて来ないのには「ん?」と思ってしまった。もう一人の主役とも言える主人公の父が、息子達の作戦を確実なものとするため孤軍奮闘している時に、人類の代表のような人間とのやり取りをするシーンはあったが、物分かりが良すぎてまるで現実味がなかった。ステーションのAIすら無理と断言する作戦に、とりあえず自分たちの安全が確保出来るならという前提を口にしないのはあり得ないのではなかろうか?


0206AEC1-55A0-45CB-BAB0-46B2AD5BF232.jpg




まあなんにせよ、なにかと引っかかるものはあったが、概ね面白い映画ではあった。日本でもし同じプロットを映画化しても、こうはならないだろう。確実に中国のSF映画は前進していると認めざる得ない。もう日本映画は予算やVFX技術で勝負するのは無理だろう。現に海外で評価される日本映画は秀逸なヒューマンドラマを持つ作品ばかりである。無駄に金をかけて役者に格好悪いコスプレをさせる暇があったら、着飾りを捨てた抜き身の心を切り取ってフィルムに収めた方がよほど良いように思う。


それとも、まさかの日本のSFが世界を席巻するような時代が来たりするのだろうか?.......ナイナ(ヾノ・∀・`)ナイナイ

posted by lain at 21:08北海道 ☔映画