2017年11月10日

絶賛風邪ひき中

今年二度目の風邪をひいた。こんな季節の変わり目に油断してダラダラと生活していたからだ。

心はこんなに捻くれているのに、身体は素直なものだなと思った。



普段風邪をひいても病院にも行かず薬も使わないで、ひたすら食べて寝るを繰り返しているのだが、今回はたまたま美味しくないのど飴でも買ってみようと薬局に立ち寄ったのが運の尽きで、つい出来心で買ってしまった。

7ABD5016-F5B1-4EDC-8948-F14C3CB722F8.jpg



たった2日分で1500円前後の値段にも驚いたが、飲んでいて効果を全然感じなかったのにも驚いた。やはり薬局で処方される抗生物質は強力なのだろう。市販薬の限界を感じた。とはいえ使わなかったらどうなっていたかは分からないし、少しは緩和された面もあるのかもしれない。所謂「無いよりはマシ」というやつである。


薬局に行った時、風邪薬のコーナーに先客がいた。母娘で一緒に薬を選んでいる様子で、一緒に子供向けののど飴もレジへ持っていった。子供向けののど飴は結構あるものだなぁと微笑ましく見ていた。逆に大人の選択肢は浅田飴しか無さそうで、じゃあ俺はトローチにでもするかとこれに決めた。

6085E133-3688-4737-AA13-5E6E3D240723.jpg




市販の風邪薬も買った記憶は無いが、トローチはまず間違いなく始めて買った。子供の頃に病院で貰って舐めた記憶はあったものの、そもそも舐めてはいけない物なのを知らなかった。口に含んで自然に溶けるのに任せるのが効果を持続させる上手い使い方らしい。せっかちな俺は直ぐ噛み砕きたくなってしまうから意外と忍耐を迫られた。

しかし、のど飴と比べると効果はありそうである。風邪の初期段階である酷い喉の痛みにもそれほど苦しまなかったし、のど飴を食べた後の口の中の気持ち悪さも無い。ただ、薬であるがゆえに間を開けなければならない(2時間ごと)のがちょっぴり残念というか待ち遠しい。ただ、飴のように食べ過ぎて口の中が痛くなるような目に逢うよりは良いのかもしれない。

いつもケチって辛いばかりの風邪だが、少しばかりの出費でだいぶ楽になるものである。

まあ何にせよ、ひかないのが一番なのだが...


7703C1FF-DE0B-47DD-8A5D-EEFF67CB38B5.jpg
こういう風に押し出して出す入れ物、非常にクセになる。ヨーグレットが食べたくなった......





web拍手 by FC2
posted by lain at 07:15 | 北海道 ☔ | 日記 お買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年10月21日

ガチャ破綻からのマイボトル

参った。本当に参った。


思い返せば母が入院していた期間の無計画な出費が不味かったのだろう。今月のカードの明細を見てかなり焦ってしまった。


某基本無料ゲームのガチャに熱くなったのも大きな理由だが、三食全てを自分で作るという日々に耐えかね、ついコンビニに屈してしまったのも失敗だった。一度頼り癖がつくと、弁当を持参しているにも関わらず、つい1品2品のためにコンビニへ寄るようになった。サラダにしても、コーヒーにしても、今時は結構値が張ると言うのに….


カードの支払いの方は手元にあったお金でなんとか賄えそうで安心したが、久々の金銭面でのピンチに節制しなきゃなと猛省した。コーヒーもマイボトルに入れていくことに決め、今週は一切コンビニには寄っていない。必要に迫られないと動けない自分が情けない限りだ。




それはそうと、今の人達の云うところのマイボトルとは、タンブラーマグと呼ばれる物なのだろうか?蓋を外して直に容器へ口をつけて飲むスタイルのそれらに馴染みが無いのと、衛生面も若干気になったりして、僕などはつい昔ながらの水筒を選んでしまう。ちなみに、ついこの前までは象印一本だったのだけど、複雑な構造の蓋の汚れが落とし難いのと、プラスチックに含まれるBPAが気になり、今はBPAフリーを売りにしているSTANLEYを使っている。


IMG_5897.jpg

IMG_5900.JPG

蓋を緩めると、この溝から内容物が流れ出す単純機構のため洗い易い




かなりオーソドックスな形で懐かしささえ感じてしまうが、”古臭い”ではなく”新鮮”に思えた。丈夫で保温性に優れたボディは同じ容量の他社製品より少々大きいものの、長く使えそうな予感がしてくる。



BPAフリー云々に関しては、正直言って分からない。熱い飲み物を入れた時のプラスチックの嫌な感じは無いものの、プラスチックのパーツは使用しているため、BPAとは違う物質が溶け出している可能性はある。安全性を考えなるべく避けておこうという程度の話に収まるだろう。


それよりも中身をカップに注ぐ時、蓋を開け閉めするグリップ部分に少し中身が触れながら出て来る方が、神経質な人にとって気になる点になるだろう。特に僕のような十分に手を洗うことが出来ない環境で使用したい人は、ちょっぴり気になる。


結局、洗い勝手を取るか、少々の雑菌混入を取るかでスタンレーを選ぶか選ばないが決まりそうだ。勿論僕は雑菌入りを取った。


IMG_5901.JPG

このグリップ部に少し触れながら出て来る





大手のデータ偽装というニュースが飛び交う昨今、なんでも国産が良い大手が良いという神話は過去の物になった。後は自分の”感”を信じて選ぶしか無いのかもしれない。







STANLEY(スタンレー)|アメリカを代表するボトル・水筒ブランド

タグ:Stanley 象印
web拍手 by FC2
posted by lain at 07:05 | 北海道 ☔ | 日記 お買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年10月06日

キシリトール100%も良いんじゃないかな?

もうかれこれ10数年経つだろうか?毎日ガムを噛むようになって。



元々子供の頃からガムは好きだった。特にお気に入りはロッテのブルーベリー味(次点でコーヒー味)で、病気がちの僕がしょっちゅう通っていた医大に設置されていたガムの自販機で買うのが楽しみだった。中学の頃は頃で、メジャーリーグガムとかいうよく膨らむフーセンガムを気に入って箱買いする始末。そりゃ成人するまでに全ての歯が治療済みになるはずだ。こんなことを続けていたのでは、流石にダメだ!と思って始めたのが、砂糖を使わないキシリトールのガムだった。

IMG_5857.JPG
発売当初とはパッケージも中身もまるで別物になったリカルデント。写真のはリカルデントの売りである牛乳由来成分CPP-ACPが通常の商品より2倍配合された歯科医院専用。




仕事柄、出先で歯を磨くのがし辛い(今は強引に磨いているかなり強引に)状況にあったため、このキシリトールのガムが日本でも当たり前に販売されるようになった時は天の助けだった。さっそく数あるキシリトールのガムの中でも再石灰化が望めそうなリカルデントを選んだ。味が持続する点も気に入り、来る日も来る日もリカルデントを噛み続けた。何十年先も根がしっかりした自分の歯でスルメを噛めるようにと。結果、以前ほど歯垢が付かなくなったし。歯医者に行かなくなった。牛乳由来の成分様々であった。

しかし、盲信は脆くも崩れ去る。真偽のほどは半々なれど、ソルビトールアスパルテームアセスルファムK、をネットで検索した結果、所謂ダイエット甘味料を信用出来なくなってしまったのだ。国が特定保健用食品として認めているような商品の内容物に高い危険性があるとは思えないが、健康に問題が無いと言われる量であっても、10年、20年と摂取していたら分からないのではないか?そう考え出したらもうリカルデントは受け付けなかった。ゼロカロリーの甘い炭酸も今では一切飲まない。


とは言うものの、長年続けて来たものだから、ガムを噛んでいないとどうも落ち着かないため、何か良いものは無いかと調べてみると、ロッテからキシリトールだけを甘味料として使った商品が出ていることを知り、少し前から買い続けている。複数の甘味料を合わせた物に比べ、キシリトール100%のガムはあっという間に味は無くなるが、リカルデントを食べていた時よりも後味は残らず口の中はすっきりするような気はする。歯科専用と銘打っているだけあって、何処ででも買えるわけでは無いのが玉に瑕だが、精神衛生の面から考えても、このガムに変えて正解だった。

IMG_5854.JPG




(´-`).。oOただこのガム、容器に貼られたシールの色と味がマッチしてないのが不思議なんだよな.....マスカット?.....ストロベリーだろこれ....

IMG_5855.JPG


タグ:ロッテ
web拍手 by FC2
posted by lain at 07:10 | 北海道 ☔ | 日記 お買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする