30年前最新だったゲーム機の名は”メガドライブ”

風邪と風に虐められた月曜日が終わり、ようやく帰宅してツイッターをぼんやり眺めていたら、トレジャーさんがメガドラ30周年の話題をしていて、おお!そうだったかと、埃まみれになりながらメガドラの本体を掘り出していた。





C9906968-D6F1-489A-8D65-6D1689AD3074.jpg

金色の16BITは伊達じゃ無かった。




メガドラの話をするには、スーファミの哀しい話をしなければならない。

小学生の頃、ファミコンを買ってもらえず話題に付いていけなかった僕は、スーファミだけはみんなに置いて行かれないようFF4の発売に合わせて早々に買ったのだが、終盤まで進めた頃、気まぐれで友達に貸そうと学校へ持っていき、あっさり盗まれFF4どころかSFCを遊ぶ気すら無くなって、本体を友達に格安で譲ったことがあった(中学卒業間近になって、FF4を盗んだ奴が別件で捕まり、僕のFF4も2年越しで戻って来た。まだその頃はSFCを買い戻していない)

SFCを手放してからは、MDが友達になった。PCエンジンも当時ソフトの価格破壊が起こっていて、非常に遊び易かったものの、ボリュームの面でもセンスの面でもMDは本当に楽しかった。何処に進んで良いのか分からないうえ、音楽も敵も世界観全部が不気味なのに世代を超えるRPG(ドラクエⅤより先に結婚というものを取り入れた三世代RPGだった)という壮大さに惹かれた「時の継承者 ファンタシースターⅢ」(ジャケットとサブタイがめっちゃカッコよかった)、気持ち悪くシュールでシビアなシューティングの「カース」、のちにSFCのヴァルケンにハマってから知った「重装機兵レイノス」、アーケードからの移植作品も沢山遊んだ「ゴールデンアックス」「アフターバーナーⅡ」「コラムス」「フェリオス」「スーパーモナコGP」、挙げ出したらキリがない(この際ソニックの話は良いだろう)



ハッキリ言ってSFCの何倍もMDのソフトには思い入れがある。特にシャイニング・フォースシリーズは大好きで、真冬になると氷点下になる自室で、布団の中にメガドラの本体を入れて、自分の体温で温めながら遊んでいたのは良い思い出(寒すぎるとメガドラはバグりました。今は部屋暖かいです....)当時は勿論ブラウン管のTVで、しかも誰かが要らないと言った古いものだったから、寒いなか酷使してると年々調子が悪くなって大変だったものです。結露のせいなのか経年劣化なのか、黄色っぽくなってくるんですよねブラウン管て.....もう今の若い人に言っても分からないんだろうなぁ.......

つい思い出に浸ってしまうほど、年月が経ったのだとメガドラが教えてくれるというのは、嬉しいような哀しいような複雑な気分であります。なんとか今でも新しいTVでメガドラ等のレトロゲーを遊べる機器は増えていますし、有名な作品は様々なハードに移植もされていて、本当に良い時代だと思いますが、やはり当時の機械で遊んでこそ中年の腐った脳は生き返るんじゃないかなぁ.......


古いものが良いとはこの際言わない。ただ、古いものを新しいものとして受け取った世代がいた事実だけは認めて欲しいものだなと思うし、逆に僕のような中年は、こんなつまらないもので喜びやがって💢と若い子達に目くじら立てず、俺にもこんな頃があったとメガドラ30周年で思い出してみるのも悪くないのかもしれない.....




何はともあれメガドライブ30歳おめでとう







メガドラ30周年・ドリキャス20周年 ポータルサイト | セガ https://sega.jp/special/hard_anniversary2018/


posted by lain at 22:15北海道 ☔ゲーム

人生で初めて真面目に貯金してるおじさんのゲーム事情。

あれだけ毎日複数のゲームサイトをチェックしていたのに、今はほぼ見ていない。

車を買うため、全額とはいかなくとも少しでもローンの額を減らそうと、一番財布にダメージを与えていたゲームから諦めることにしたからだ。

だってほら、見たら欲しくなっちゃうでしょ?面白そうだなぁと思ったら試してみたいでしょ?だからなるべく見ないようにしていたら、いつの間にか見なくても平気な人になっていた。


それでもゲームはやめられないわけで、作業なばかりの無料ゲームを遊べば時々課金してしまうし、ファミコン風のがおまけに付くと聞いたらついシュタゲを買ってしまうこともあるが、前みたいに買うだけ買って満足し、クリアはおろか起動すらしていなかった時に比べればマシな気がしてくる。実際お金は貯まってきた。人生で一度も貯金など成功したことのない自分が、初めて貯めるまとまったお金である。これは車選びも真剣にやらねば.....



とりあえず今はPaladinsが一番楽しいです。オーバーウォッチはキャラのカスタマイズで性能に差が出ないため、同じキャラは同じ性能しかなくて遊びの幅が非常に狭く、Paladinsをやり込みだすと物足りなさを感じてしまいます。勿論トータルバランスの素晴らしさはオーバーウォッチの方が段違いで良いのだけれど。ていうか、ハロウィン復刻じゃなくて新規イベント欲しかった.....もうオーバーウォッチは無料の追加コンテンツに開発費かけられなくなってきたのかな?......Warframeみたいにアップデートばかりで、いつまでもβ気分が抜け切れずゲーム性を荒らされるのもあれだけど.......



1A2A9B81-DA54-41E4-B3EF-3B5F53847275.jpg512ED629-A23B-4576-A362-7FAA3637B280.jpg
※ようやく全キャラ開放。シーズンパス系への課金以外しないように遊んでいると非常に大変だった



兎に角、あと半年ほど、この状況が続く予定です。FH4を横目にみつつFH3を遊び、アサクリだ!CoDだ!ソウルキャリバーだ!と、周囲が楽しげにやっているのは非常に目に毒だ。

Xboxの年末恒例セールも待っているし、FGOも年末年始はガチャ周辺が豪華になる。

まだまだ誘惑と戦う日々は続きそうである......
posted by lain at 07:08北海道 ☔ゲーム

ミンクの穏やかな叫び

”今日帰れるかな?”

と、多くの人が呟いていた昨日の朝、一部の人間にとっての興味は台風ではなく、この会社の決断へと注がれていた。






普通の人にはなんのこっちゃ分からないかもしれないが、株式会社ミンクは25周年を迎えたばかりの美少女ゲーム(アダルトゲーム)会社で、オカズとしてのゲーム作りを貪欲に追い求める方向性が非常に個性的だった。
エロCGの質や量は勿論のこと、フロッピーの時代にエッチなボイスを入れたり、イメクラ状態(イメクラなんて行ったことないけど)のシチュエーション作りの巧さであるとか、小難しいこと抜きでエロを楽しんで欲しいというのが伝わる作りが、血気盛んな若い頃には有難かった。

グラフィックが本当にツボで、誰が担当したのか分からないけれど「GOKKO」や「ツーショットDiary」や「しゃぶり姫〜陰の章〜」、そしてINOさんが担当した作品の数々(ぺろぺろCandy 2、Realize Me、十六夜の花嫁)には非常にお世話になった。改めてありがとうと言いたいo┐ペコリ


IMG_8827.jpg

スクリーンショット 2018-09-05 18.55.58 2.png



いつからかアダルトゲーム全般を遊ばなくなり、十六夜の花嫁以降ミンクとは疎遠になっていたけれど、流石に思春期を支えてくれた会社が廃業すると聞いたらショックではあった。様々な同人コンテンツが無料もしくは安価で手に入る昨今、フルプライスに近い商品を扱う会社は非常に苦しい立場にあるのだとは思うものの、細々とでもブランドを続けて欲しかったような気もするし、綺麗に幕引きするのも悪くないとも思えて複雑である。

ただ一つ確かなことは、流行り廃りの激しい業界の中で、25年間もやって来れたことは素晴らしいということだ。PC98時代から存命であるアダルトゲームメーカーは指折り数える程度しかない。親兄弟には大きな声で言えない商売だったかもしれないが、ここまでやれたことは掛け値無しに立派。胸を張って廃業して欲しい。







いずれ他の古巣も廃業を迎えるのだろう。まだ会社を閉じていなくとも、ただのコンテンツホルダーでしかない場合も多い。

僕自身40歳を迎え、これからも多くの別れを見届けるのだと思うと、出逢いしか目に入らなかった若い頃の自分に嫉妬すらしてしまう。

中年とはこういう物なのだと噛み締める日々は、もう暫く続きそうだ......






ミンク公式HPhttp://www.mink.co.jp/


posted by lain at 07:20北海道 ☔ゲーム