シチュエーションだけは本当に良い。だが僕には合わないゲームだ「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS」Xbox One/感想

ここ1、2年、まともに新規のFPSを遊んでいない。どうも殺伐とした殺し合いに疲れたようだ。

オーバーウォッチのように愛嬌のあるキャラを操作するようなゲームしか受け付けなくなってきた。


しかし、そんな僕でも興味が湧くFPSがあった。"PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS"、通称PUBGである。




とある島に100人が落とされ、たった一人になるまで殺しあうというゲームで、落下地点を自分で選び、島の建物から装備を調達し、一定時間で狭まっていくエリアの内側を目指し移動(エリア外にいるとダメージを喰らい続ける)しつつ、生き残りをかけた戦いを強いられることになる。

とにかくシチュエーションが面白いゲームで、エリアが狭くなってからのサバイバルが熱いけれど、序盤のテンポの悪さや、そもそもの操作性、グラフィック、メニュー画面等、遊びにとってストレスになる要素が多々あり、あっという間に嫌気がさしてしまった。Xbox One XやPCならばまた違うのかもしれないけれど、初代Xbox Oneで遊ぶには今のところ辛い。元々の低画質は仕方ないにしても回線やフレームレートが安定しないようでは楽しめそうにない。





多くの人が「緊張感」「リアリティ」などという言葉を使って賞賛していたけれど、そういうゲームでも無いなと思った。人間や車両の動きもおかしければ、銃の精度だってむちゃくちゃでリアリティとはまるで無縁。ただ単にシュールで淡白な仕上がりで、プレイヤーが勝手に面白さを発見していくタイプのゲームなのだ。大勢遊んでいるからと言って、客を選ばないわけではないのである。

他人が敷いた美しい道を堪能したいタイプの人間である僕には合わないゲームだった。ただそれだけの話なんだろう。お定まりの大作に飽きた世代が、誰かに与えられる遊びではなく、自分たちで遊び方を決めることを望んでいるからこそのヒットなのだと思った。


大手で同じようなテイストのタイトルが出たら、嬉々として買うかもしれない。シチュエーションだけはとてもツボなのだから。



posted by lain at 07:05北海道 ☔ゲーム

中年オヤジがテキトーにアズールレーンを遊んでみた結果....

先週末は冬に入る前の雑務をこなすため、土曜日の休日出勤を断り連休にしたものの、雑務が終わったら終わったで居眠りしてしまったし、残った時間のほとんどは無料ゲームに費やしてしまった。


特に今勢いを増しているアズールレーンにはすっかりヤラレタ





艦これのヒット以降、擬人化の波は着実に強まった。刀だろうが戦闘機だろうが獣だろうが関係なく。個人的には、なんでもかんでも擬人化するのを好ましく思っていなかったが、艦これを始めてから徐々に慣れて来たのか、今はさほど気にならなくなり、それどころか擬人化のデザインに傾倒しつつある。そんなところに艦これと同じく戦艦を美少女化したゲーム“アズールレーン”が降って来たわけだが、ほぼ艦これのコピーであった”戦艦少女R”とは異なる独自の戦闘システムや軒並み可愛い女の子のデザインのせいですっかり時間を盗まれた。


IMG_0612.PNG.PNG

ロード画面に現れる名も知らぬ少女たち。ワ◯メ酒に見えるのは俺の心が汚いからだろうか?


IMG_0628.png

確かに艦これよりエロさを前面に出している



IMG_0646.png

グラマラスなエロい子から


IMG_0625.PNG.PNG

犯罪臭がする幼女まで幅広い


IMG_0642.png

一部のキャラは課金によって開放されるコスもある





自分で操作する事が出来る(ある程度ゲームを進めるとオート戦闘が解禁になる)戦闘パートは序盤を過ぎると飽きて来るし、艦これのように破壊された女の子の露出度が上がるなんていう美味しい仕様もない(元々際どい格好の子が多い)が、遊び易さ(艦これのようなロストが無い、予備兵力のレベルが上げ易い、建造に資源の量や秘書官等の縛りがないetc...)があってついつい触ってしまう。装備スロットの数も豊富だし、上限解放やスキル上げ装備の強化など手懸け始めたら止まらない。


ただ、まだ始まったばかりというのもあるだろうけれど、UIの使い勝手やアプリそのものの安定感が微妙な気がする。端末をスリープさせたらいちいち回線を繋ぎ直すか?と聞いてくるし、艦の育成とコンディションの回復が目的の”寮舎”に入れる際、一目で艦のコンディションが分かるようになっていないなど満足行かない部分も少なくない。ストーリーがあるというのも大きな売りだったが、正直まるで頭に入ってこない(日本語訳が悪いというより、元々シナリオがしょぼいのかもしれない)し、ハロウィンイベントもなんのこっちゃ分からない寸劇が展開されただけだった。


IMG_0649.png

この画面のまま動かないこともちょくちょくある。



予算的な部分、実働戦力の部分、諸々制限があるのだからいきなり全部改善しろとは言わないが、上手く収益との折り合いがついたら着実に肉付けを進めていって欲しいものである。そうでなければあっという間に廃れてしまうだろう。止め絵だけならネットで眺めるだけでも満足してしまうのだから。


一部のキャラにしかない秘書官の3DCGを増やす


コンディションが悪い時用の差分絵を用意する


キャラのCVを追加する


そんな当たり前のテコ入れだけでも、かなり継続して遊んでくれる人が残っていくはずだ。育てた艦への思い入れが湧くような要素が、こういう作品には欠かせないなと思った。


最初に選んだ秘書官とあっさりケッコン出来てしまう面も含め、やり込み要素の扱いにも気を配って貰いたいものだ......


IMG_0645.png





posted by lain at 20:57北海道 ☔ゲーム

壊さなきゃ始まらない事もある「レッドファクション:ゲリラ (Red Faction: Guerrilla」THQ/PS3/Xbox360/PC/感想

THQ
火星でまさかの芋作りが展開されるオデッセイを観たせいか、同じく火星を舞台にしたこのゲームを思い出した。





舞台が同じと言っても、こちらは肥料の臭いより火薬と埃の臭いがぷんぷんするド派手な破壊アクション。その後自分達の会社まで破壊してしまったTHQの忘れ形見だ。

鉱山で働く為火星にやって来たところ、目の前で兄が殺され、成り行き上ゲリラに参加せざる得ない事態に追い込まれてしまった主人公が火星解放の英雄への道を歩んで行くというオープンワールドゲームで、建物は勿論のことパイプラインでもアンテナでもほとんどのオブジェクトを存分に壊して回れるのが楽しい。リモコン式の爆弾や重火器で吹き飛ばしたり、車両で突っ込むのも爽快だが、おすすめは一番地味でちまちましたハンマーでの破壊だろう。ポイントとなる壁や柱を壊して強度やバランスを崩し倒壊させた時の「倒れるぞー!」感がとても楽しいのだ。

100tハンマーを冴羽 獠にお見舞いしていた香の気持ちが凄く分かるゲームなんじゃなかろうか?








大味ではあるし、何かと操作性やバランスに難はあるけれど、後にも先にも本作のような楽しさを味わえるタイトルは無い(BFシリーズの破壊があるけれど、優等生過ぎて少々不満)ので、THQが潰れてしまったことが残念であります。とはいえ開発元は残っているし、版権は何処かの会社に買い取られたはずなので、その会社がやる気になってくれれば、もしかすると続編、もしくは仕切り直したレッドファクションが楽しめる時も来るかもしれませんね。


それにしても、まだ実際には調査もままならないと言うのに、枯渇・滅亡する勢いで火星はフィクションに消化されているわけですが、本当に地球外で暮らせる日が人類に訪れるのでしょうか?必ず付いて回る宗教と資源の問題や、国同士の格差の是正が進まない限り、地球を飛び出して星々を巡るなんて日々には到底辿り着ける気がしません。

日本のロケットH-IIAロケットの開発費用は1500億円以上。発射だけでも100億前後掛かると言います。もっと効率よく宇宙へ行けるようになったとしても、それだけのお金が掛かる宇宙進出に見合うだけの価値と夢が、本当に宇宙に存在するのかどうか、今の世の中と自分の暮らしを見つめ直していたら、疑わしい気持ちでいっぱいになっていました。

SFは大好きなので、これからもどんどん宇宙を消費して行きたいけれど、あくまでもフィクションとしての憧れのままで良いんじゃないかと、小生の浅知恵は申しております。





とりあえず国会議事堂をハンマーで破壊出来る和ゲーでもあれば、国民の溜飲も下がるんじゃないですかね?

ヒノマルファクション:ゲリラってねヘ( ゚▽。ヘ)











関連過去記事
posted by lain at 06:52北海道 ☔Comment(0)ゲーム