実績積んだXboxと僕の12年

早く帰れたのが嬉しかったのか、昨夜は遅くまで粘ってゲームをしてしまった。

お陰で今朝は目がしょぼしょぼするし鼻水出るし内臓も元気がない。

せめて休みの前日にしておけば良いのに懲りない男である。



で、最後の〆のつもりで遊んだのはPaladinsだったのだけど、すっかり正式サービス開始したのを失念していたためXboxの実績が微妙に更新されてしまった。たまにはキリの良い数字で更新してやろうと思っていたのだ....


ここ数年はPS4がメイン、というか、オーバーウォッチとWarframeばかり遊んでいるから、なかなかXboxまで手が回らない状況が続いて来たものの、両機種対応であればXboxで遊びたい(WarframeはXbox Oneの発売が遅れたせいで待てなかったし、オーバーウォッチは日本のサーバーが用意されていないせいかテストの時からXbox版は過疎っていたのでPS4版を選んでしまった)のは変わらない。

けして実績を集めることに興味があるわけではないけれど、ここまで溜まったのも散々ゲームを遊んだ証拠なわけで、なんだかんだ感慨深いものはある。「なんだこの数字?」「ポコン?」と、最初はまるでピンと来ていなかったのを思い出す。実際最初の頃のタイトルは実績内容もつまらないもので、数も少なくやり込み心を刺激されるほどの魅力を感じなかった。今ではゲーム本編で用意されたやり込み要素よりもアテにしているプレイヤーがいそうなくらい重要な物になっているのではなかろうか?




もう若くない自分は、やり込みはしんどいばかりで夢中になれないけれど、倹約中である今こそ積みゲーに目を向け、少しでも実績を楽しみに変えていければ良いなぁと思った.....
posted by lain at 06:54北海道 ☔ゲーム

「連休なにしてた?」って聞かれたら、「テラリスト 倒してた」って答えるしかない俺を赦して欲しい....

人は失って初めて大切なことに気づくのだと古来(いつ?)から言われているが、連休が残すところ明日のみとなった今、当たり前のようにあれもこれもやっておけば良かったと後悔している。

流石に40年近く生きてくれば、自分が後でどう感じるか予測したうえで行動している場合が多いけれど、やはりその時が来たら残念に思うのは避けられない。諦めの良い人なら上手く頭を切り替えることが出来るのだろうか?

どうも切り替えが下手な僕は、今日1日運転手として家族に付き合わなければならないのに、昨夜も未練がましく遅い時間までアルスラーン戦記を読んでいた。人と人ならざる者達に平和を脅かされ、苦楽を共にしてきた仲間を一人、また一人と失ってゆく展開に「いつもの田中芳樹が帰ってきた」と嬉しいやら哀しいやら読みふけっていた。

残すはあと2冊。お気に入りの登場人物が何人生き残るのか戦々恐々である......





4連休あったわけだけど、特に何をするでもなく終わって行く。ゲームをして、アニメを見て、飯を食べて、居眠りして、いつもやっていることを長々と繰り返すだけのGW。なら4連である必要もないよなと苦々しく笑った。

PS4が発売された日から遊び続けている基本無料ゲームWarframeを、とにかく遊び倒した休みだったかもしれない。幾度となくアップデートを繰り返し、既に別物になりつつある本作へのオープンワールド要素の追加は、当初嫌がらせかと思うほどの新要素ではあったものの、じっくり時間がある時に遊んでみると案外面白くて、ついつい何時間もやっていた。




武器やユニットを強化するのに必要な素材を集めるため、釣りや採掘をこなしつつ依頼を達成し、夜にだけ現れる馬鹿でかい敵”テラリスト”と戦うのが目標(別に無理しなくても構わない)となる本要素は、テラリスト (テロリストではない)への対策をしっかり講じないとまったく歯が立たず、まだソロで狩れるほどではない僕は味方頼みだから、ぶっちゃけ平日にはヤル気が起きない。うっかりやる気を出してもボロボロにヤラレテ時間だけが吸われていた。

ところが連休の貴重な時間をたっぷり使ってみると、これまでが嘘みたいに何度も倒すことが出来て楽しくなってしまった。 一発の強さがあるスナイパー系の武器に変更し、攻撃力を上げるのが得意な構成にし直したのも功を奏したようだった。取っ掛かりが掴めるとなんでも楽しくなってしまうものだなと思った。



ゲームで疲れ果てた昨日と、車の運転と親の相手で疲れた今日と、どちらが有意義か考えた時、正直どちらも得るものは少ないなと思ってしまった子供の日です

来年のGWこそは違うことしよう.....
posted by lain at 07:18北海道 ☔ゲーム

おっさんゲーマーの懺ゲーの時間「Halo Wars」Microsoft/感想

Xbox One Xを手にしてから、以前よりXboxでゲームをする機会が増え、今回は10年近く放置していたHalo Warsをクリア出来た。





ゲーム内容が全く伝わらないトレーラーではあるが「Haloだから買った」というユーザーは日本でも結構居たのではなかろうか?全世界での販売本数も100万本は突破しているらしい。みんな大好きなWikipediaを読むとRTSが一般的ではない日本のゲーマーにいち早く慣れて貰い海外ゲーマーとの格差を少しでも埋めたかったから日本での発売を早めたとの逸話が書かれていて、そこまでして貰ったのに10年近く放置しておいたことが心苦しかった。

で、久々にプレイして思ったのは、非常に遊び易いなということ。ベースとなる基地を作ったら、その周囲に資源回収や歩兵ユニット等を作成する施設を追加していき、そこで作ったユニット達に指示を出して敵を倒してゆくだけのシンプルさなので、普段RTSをやらない僕でもちゃんとクリア出来た(まあイージーでゴリ押しプレイではあるけれど...)

他のRTSと比べて、あまりユニットの相性を気にする必要もなく(難易度が上がったら多分そんな雑な遊びは出来ないと思う)、ユニットを強化するまで敵が基地にあまり攻撃して来なかったり、時間の経過につれて敵のユニットも強くなるなんてこともなくて、制限時間が設けられているステージも普通にやればクリア出来るものの、少し気を抜くとゲームオーバーなんてこともざらで、ストレスにならない程度に歯応えを感じつつ遊べ、温いゲーマーとしては非常に助かった。ちなみに、素のままじゃ弱いユニットを、地道に強化し、満を持して戦場へ投入する瞬間が個人的には一番楽しい。





ただ本作は遊び易い反面、シリーズ初のRTSということで当然のように至らない部分もあって、ユニットに個別の司令を与えるのがやりにくかったり、バグで何度かクリア目標がアクティブにならずやり直しもした。フィールド上でユニット同士が密集したとき干渉し合うのも鬱陶しかった。続編ではそこら辺りがどうなっているのかが気になるところ。チュートリアルを遊んだ感じではまるで別物に思えた。マルチプレイには手を出す気はないわけだけど、2はマルチを強く意識した作りになっているのかもしれない。連続して遊ぶのもあれなので、少し間を開け、また忘れた頃に遊んでみようと思った。

気分的にはHalo Warsと同じように途中で積んでしまったUbisoftの「R.U.S.E.」に挑戦したい気持ちが強いかもしれない。あれはHalo Warsの比では無いくらい止め時を失うRTSだったと記憶している。

じゃあなんでお前は積んでんだ?....ほんとにねぇ......








posted by lain at 06:49北海道 ☔ゲーム