性的な部分より純粋に走りが熱かった「ウマ娘 プリティーダービー」Cygames/感想

久しぶりの週末2連休、箍が外れたかのようにこれを遊んでしまった。






実在する(した)競走馬の名を持つ馬耳尻尾の少女達が、これまた実在する競馬レースを戦い抜きライブステージまで披露する作品のウマ娘。漫画、アニメが先行してから5年近く経ってのゲーム配信だったため、途中「本当に完成するの?」と思ったりもしたけれど、実際出来上がったものを遊んでみると非常に楽しくて待った甲斐があったなと感じた。

正直なところ、スマホ向けのソシャゲと云うか、無料ゲームと云うか、それほど遊んで来ていない(幾つか遊んでみたものはあるけれど、その殆どはルールや楽しさを覚える前に消している。長く続いてるのはFGOのみ)人間なので、ウマ娘の進め方も手探り状態でチュートリアルの言われるがままに操作し、まず試してみた育成モードも散々たる結果だったわけだが、ADV要素と育成シミュレーションのバランスが良い為、止め時を失って遊び続けていた。実在する馬の特徴を活かした目標設定や、育成時のハプニング等の要素も絶妙な匙加減で、こちらの実馬に対する思い入れや攻略心をガンガン揺さぶって来るのが狡い。本作のストーリーモードは見るばかりの物なので、育成モードの方が断然ストーリーモードに感じてしまうのは、私だけなのだろうか?

IMG_5272.PNG
たとえばハルウララであれば

IMG_5260.PNG
成績よりファンの数が序盤の目標になったりする

IMG_5268.PNG
ローディングの合間のイラストにも愛がある



何故自分はこれほどウマ娘にハマっているのかと言えば、やはり自分が競馬を毎週チェックしていた時期に活躍していた馬が題材になっているからかと思う。初めて競馬を意識したのはベタにオグリキャップ。なにせ普通のニュースで沢山取り上げられていたのだ、興味が無くとも目に入った。その影響でも無いけれど、その後はウイニングポストや他の競馬ゲームをひたすら遊ぶようになり、高校時代には厩務員を目指す同級生の影響もあって雑誌(主に”優駿”で自分が競馬を見始める以前の名馬達を紹介する記事が一番好きだった)を読むようになり、日曜の15時は勿論フジテレビにチャンネルを合わせていた。

競馬と言えば賭け事であるが、個人的には馬券を買ったことがない。まだ子供だったせいもあるが、金儲けより馬達の走りの魅力が勝っていたのかもしれない。まさか自分が午年だからでもないと思うけれど、逃げ切れそうにない状況から二の足を使ってライバルを引き離したり、そんなところから間に合うの?と云う場所からぐんぐんスピードを上げてごぼう抜きする様を見るのが心底好きだった。競走馬育成ゲームでも逃げか追い込み馬ばかり育てていたものである。多分初めて特定の馬を好きになったのは本作にも登場するライスシャワー。ライバルと比較して少し小ぶりな馬体でありながら、長距離となると俄然粘り強さを見せる姿に痺れた。他の馬の記憶は曖昧なのに、彼が走った93年、95年の天皇賞(春)だけは本当に覚えている。当然あの宝塚記念も見ていたから、競馬の恐ろしさと一緒に刻まれてしまったのだろう......


IMG_5276.PNG
見ての通り少女の姿だから似ても似つかないのに応援してしまうライス....



一応言っておくと、ウマ娘に予後不良は無い。現実には報われなかった馬達の「もしかしたら」も楽しめてしまう。お陰様で過剰なほど後ろ向きなウマ娘版ライスシャワーのキャラ設定と、実馬のライスシャワーに対する思い出補正に大きな相違が無いためなのか、遊べば遊ぶほど、馬を擬人化させたのが正しいような気にさえなってくる。

ツイッターのフォロワーがウマ娘の影響で走りたい欲求を刺激されていたりしたが、まさしく走ると云う行為に種族は関係無いのだと感じさせてくれるゲームに仕上がっているのではなかろうか?なんにせよ、暫くは再燃した競馬ゲーム熱は冷めなさそうである。



今はアニメゲームマンガの影響力は計り知れない時代である。まず間違いなくウマ娘から競馬の世界にのめり込んでいる人も大勢いるのだろう。

最近の自分は昔馴染みの騎手の成績をWEBで確認する程度の関わりになっていたから、少しだけ今の競馬自体を見たくなった。開催日程もあの頃とだいぶ変わっていて分からなくなっているけれど....





公式サイト https://umamusume.jp
posted by lain at 16:24北海道 ☔ゲーム

出来損ないの俺が征く、出来損ないの街「サイバーパンク2077」CD Projekt RED/PS5/XSX/その他/感想

その昔TVゲームの裏技とはバグの産物であることが多かった。造り手があえて仕込んだ物も沢山あったが、単純にデバッグが行き届いていないせいで発生する側面も往々にしてあるものだった。

今回の場合の裏技とは、”攻略”に関するアドバイス的な裏技の話ではなく、ある種のチート行為を指す言葉で、STGで残機を増やしたり、本来は使えないはずのキャラを使用可能にしたり、カセットを半刺しにするだけでエンディングが見れてしまうみたいな技である。FC時代なんかは繰り返し遊ぶ気にならないほどの理不尽難易度ゲームが掃いて捨てるほどあった為、これらの裏技が救世主のように心強かった。


しかし、それがバグによる裏技だと話がだいぶ変わってしまう。電源を入れるとセーブデータが消えたり、苦労してボスを倒しても其処から進行しなくなったり、あるはずのない8月32日を迎えてしまったりすることもある。それはそれで楽しめてしまう、そういう人もいるけれど、多くの場合は「ふざけるな」となるはずだ。かつて何度も何度も村人から魔戦士に育て、また村人に戻すと云うやり込みを行なっていたファイアーエムブレム外伝のデータが消えた瞬間の自分の姿は、絶対他人に見せれるものではなかった。

サイバーパンク2077は、あの頃の”俺”と同じく他人に見せられない姿をプレイヤーにさせてしまった作品として、後世に語り継がれてしまうことだろう....






今回のバグ騒動が、まさかの返金対応にまで発展した本作。縦マルチ(PS4やXbox Oneでもプレイ可能)を優先した結果、最新ハードであるPS5やXbox Series X(自分はXSXでプレイ中)でも不具合を感じないで遊ぶことが困難な状況にある。走る行為が出来なくなる。エレベーターのスイッチ等のオブジェクト操作が効かなくなる。鏡でプレイヤーの姿を眺めると服が脱げたり髪が無くなる。等等枚挙に暇がない(最近のパッチで修正されたものもあるかもしれない)シリーズ累計5000万本を売り上げたウィッチャーシリーズを手掛けている会社CD Projekt S.A. の仕事とは到底思えない有様である。それでなくとも事前予約で800万本を売ったのだから、責任の重大さは計り知れない。これも新型コロナの影響なのだろうか?年末に合わせたくて無理をしたのはあるかもしれないが、ここまで待ったら、もう少し待たされるくらいユーザーはへっちゃらだったのではなかろうか?






ただ、この惨状を差し置いても、このゲームは面白い。タイトル通りに王道サイバーパンクがこれでもかと凝縮されているのだ。しくじった仕事で知り合った男とコンビを組んで裏家業でのし上がろうとするも、思わぬ事態に振り回されることになる展開の振り幅も最高にSFで楽しいし、兎にも角にも倫理がどうのと云う縛りを無視した街の雰囲気作りやロケーションの美しさが否が応でも心を鷲掴みにしてくる。お陰でオープンワールドにありがちな”おつかい”すら楽しくなってしまう始末。こんなに悩ましいゲームは本当に久しぶりだ...










バイオレンスな街で起こるであろう考えうる全てが再現されているサイバーパンク2077。最新ハードを持っているなら少々の不具合に目を瞑ってプレイすることをお勧めする。なにせお正月休みも待っているわけですから。

どうせコロナで何処にも行かない(行けない)でしょ?.........








posted by lain at 07:10北海道 ☔ゲーム

賞味期限切れの食材まで目を覚ます新世代のXboxと暮らし始めて思うこと

我が家に新世代のXboxがやって来て数日が経った。

特にローンチタイトルを購入したわけでもなく、Xbox One Xも買っていたためグラフィック面での向上で猛烈に感動と云うこともないのに、鼻歌でも歌いそうな勢いで気分よく使わせて貰っている。それは何故なのか?






まずはそう、普通にデザインの良さがあるかもしれない。語弊を生むかもしれないことを恐れずに言わせて貰えば、どんな出会いもまずは見た目で始まる物だ。中身など開いてみるまで分かるはずがないのだから。そういう意味においてXbox Series X(通称XSX)は、とうとう名前通りのシンプルさで登場してくれたから十分に心を掴んでくれた。箱を開封した瞬間から縦置きの際の上部排気口の”たわみ”かたや、その奥に潜むXboxを象徴する緑色の配置でメロメロ(死語)になった。



劇的な変化はないが、そこが良い。






開封してまず思ったのが「意外と小さい」だった。一昔前のマイクロタワーPCより小さいかもしれない。ただ重量はずっしり重く、相当凝縮されていることが伝わって来た。性能の賜物だと思うと、その重さすら愛おしくて仕方なかった。

実際電源を入れてみると、まあ兎に角音がしない。冷却用のファンの音が死ぬほど静かなのだ。「本当にこれで大丈夫?」死んだように眠っている老人を見かけた時のような不安感が喜びと共に訪れた。もしもXSXに初期不良の症状が現れるとしてたら、まず冷却関係のせいになるのではないか?とすら勘ぐってしまうほど静かで快適。これまでXboxはSSDに換装せず使っていたため、本当にこれは嬉しい変革だった。両機持ちの反応ではPS5より静かではないかと言っている人もおり、これは実際に試してみたいものだなと思うものの、ソニーさんの在庫は少な過ぎて我が家にPS5がやってくるのはいつになるか分かったものではない。





まあそんなことを言っても、正直PS5さんがやってきたところで、あまり触る暇はないかもしれない。任天堂さんにも申し訳ない気分でいっぱいなのだけれど(Switchでは、ほぼ数ヶ月ゲームをプレイしていない...)、兎に角Xboxのゲームパスや後方互換が快適過ぎて他に手が回らないのだ。ゲームパスに加入しておけば、マイクロソフトのゲームを発売日から遊べるし、サードパーティの新作も豊富で、今回のXSX発売に合わせてUltimateプランであればEA Play作品も遊び放題になった。快適な遊びを提供してくれるSSDではあるけれど、あれもこれもとインストールしていたら1TBなんてあっという間になくなってしまうのは玉に瑕....Xbox....なんて恐ろしい子........



最後に性能面の話をすると、既存ゲームのロード面の高速化やHDRによるエンコーディングが半端では無くて、XSX向けに最適化されたゲームでなくともサクサク美麗な映像を得られるのがたまらない。ネットには新しいゲームそっちのけで古いゲームをXSXで試すユーザーで溢れ返っている。複数のゲームの進行状況をキープしてくれる”クイックレジューム”機能も素晴らしく、これまたあれもこれもとプレイし易い設計になっており憎らしい。



カメラを動かしても以前のようなチラつきを感じられなかった。静止画像の綺麗さそのままが動いている感じ。PCユーザーはこのレベルを当たり前に体験していたのだろうか?


本当に買って良かった。初代をDOA3との同梱版で購入して以来、ずっとXboxと付き合い続けて良かったと心底思った。

やりたいゲームをやれる機械を買うのは大前提だし、両方買うだけの余裕がない人だって大勢いるのも分かっているけれど、それでも尚、Xboxを試してみて欲しい気持ちは”あの頃”から一切変わらない。買えない機械より買える機械。試すなら今しかないだろう。ファミコンが買えずセガ・マークⅢを子供に買い与えた親が居たように、PS5が買えなかった親がXSXを買うなんて光景があっても良いのではなかろうか?



将来的には、失望が感謝になっているかもしれないのだから.....🎮
posted by lain at 21:25北海道 ☔ゲーム