君もエクソダス、するかい?「メトロ エクソダス」PS4/Xbox One/スパイク・チュンソフト/Deep Silver/2019年/感想

中高生の頃、学校へ通うため毎日のように利用していたJR。田舎だから電車ではなくディーゼル機関車で、田舎路線は1時間に一本あれば上等だったりするから利便性は低いものの、バスすら1日に何本あるか分からない地域だったから個人的にはそこそこ重宝していた。

列車は好きだったと思う。車を運転するようになって疎遠になってしまったが、鉄道マニアだからとかではなく、ホームに列車が辿り着くまでの待ち時間や、レールの継ぎ目毎に鳴るガタンコトンと云う響きに身を任せ車窓の外を眺めるだけの退屈な時間が好きだったのだ。

まあだからと云う程でも無いが、メトロエクソダスの蒸気機関車でもって安住の地を探す旅は案外愉しめた。





核戦争後の混沌としたロシアを舞台にしているメトロシリーズ。3作目である本作では、地下鉄跡以外でも人間が生き残っており、自分達も外で暮らして行けるのではないのか?と云う、シェルター暮らしが続く者達の藁にもすがるような思いが描かれていた。彼らは保守的な者達の妨害を受けつつも地下施設から脱出し、地上での生き残りが居ると思われる場所を転々とするのだが、極限状況下を生き抜いてきた者達の狂気を目の当たりにしてしまう。

仲間同士支え合って最後には……と云うドラマチックな展開に物語はなっていくのだが、ステージの進め方により(無闇に殺傷しているとバッドエンド真っしぐら)残念な終わりを迎えることもあるマルチエンディングを採用しているため、グッドエンドを目指すなら縛りプレイ(基本的にスニーキング有りきで、最低でも相手を素手で気絶させるまでしか許されないレベル)が必須となり、ストレスが非常に溜まる羽目になるのが少し残念。一応グッドエンドで終えたが、後で見たバッドエンドもなかなか悪く無い演出なので無理してグッドエンドを迎える必要は無い気もした。

ただ、死なずに済んだはずの仲間を失うのは切ないものがあった。メトロシリーズお馴染みの些細な会話の豊富さのせいだろう。さっきまで軽口を叩いていた者が居なくなる寂しさを普通に痛感してしまうのだ。他の仲間達も口々に死んだ仲間のことを惜しむため、プレイヤーへの責め苦がどんどん押し寄せ、なんとも言えない気分になる。しかしネガティブなことばかりではなく、例えばクリーチャーや狂人を相手にして列車に戻った時、彼らがいてくれるからこそ”帰ってきた”と言う気分になれる側面もあって、この安堵感はなかなか得難い体験になるのではなかろうか?

FPSと言うジャンルのゲームは基本的に殺伐としているもの。陽気にバカ騒ぎしているように見える作品ですら片道切符の旅でしか無かったりする。でもそこに帰れる場所があると云うだけで、ウンザリするような戦いにも意味を見出せて頑張れてしまったりしないだろうか?”1人でも生きていける”そう嘯けるほど若くない自分としては、メトロのプライベートが筒抜け状態のコミュニティも悪く無いなと感じてしまう。渇きしかないゲームを延々と続けられた昔の自分など、今となっては知らない誰かのようである……

EbmHJRcU0AE7NwB.jpeg
こんなむさ苦しい歓迎ですら、なんだか胸が熱くなってしまう....




今日でXboxのゲームパスから外れるメトロエクソダス。ちゃんとクリア出来て本当に良かった。これを逃したらまた積んでいたことだろう。完全なるオープンワールドも良いが、場合によってリニアなステージを盛り込んだ物の方が好みかもしれない。やりこみ要素が目の前にちらつきすぎるゲームはクリアする前に飽きが来てしまうから悩ましい。これを機会に、ちゃんと終わりのあるゲームを定期的にやって行きたいものだと思った。

次は何にしようかしら?......









関連過去記事
posted by lain at 22:37北海道 ☔ゲーム

(´-`).。oO人は何故、有野課長を応援してしまうのか?.....

ちっともやる気が出ないまま、6月が終わりに近づいて来て、妙に焦りを覚えてしまった。

今年やり遂げたことが何かあっただろうか?


そんな風に思い返すことすら億劫なまま半年が終わろうとしている。コロナのせいにばかりしていられないほど、生活が凝り固まってしまった自分が寂しくて仕方ない。




別に誰にも真似出来ないことをしたいと云うわけでもなく、ただただ趣味にしても身の回りのことにしても、もっとじっくり片手間ではなくやりたいのにやれていないと云うか、”作業”にしかなっていない物への執着が強過ぎて、これまでバランスよくこなしていた物が疎かになり、ストレスも上手く発散出来ていない状況が数年続いているように思う。長く続いている趣味のゲームも決まったものばかり遊んでいて、ちっともストーリーがあるようなゲームをやっていない。昔はキリがないマルチ対戦ゲームなど、そこまで興味が無かったのに嘘みたいだ。

つい先日ゲームセンターCXの300回記念の生放送があったが、有野課長は本当によくやっていた。彼は俺より6歳も歳上なのに根気よく様々なジャンルのレトロゲーにチャレンジしていて大したものだ。いくらギャラを貰っていたとしても、ストレスの多いレトロゲーを何時間も衆人監視の中プレイし続けるのは本当に疲れることだろう。今回課長がチャレンジした”ナッツ&ミルク”は面セレクトが出来るため容易にクリアしてしまったが、続けてプレイした例の”パネルでポン”はリトルリバー小川氏にビシバシ指導されながらようやく進めていて、少し可哀想に感じるほどだった。

kibe.gif
岐部先生も大興奮w


ただ有野課長には悪いのだけど、個人的にリトルリバー小川さんが好き過ぎる。眼鏡・ロングヘア・キツイ性格これがなんともツボに入ってしまうのだ。笑うとまた可愛らしくてたまらない。ガスコイン・カンパニーは面白い人材を手に入れたものだ。ミカンちゃん共々、ゲームセンターCXと有野課長を盛り立てていって欲しいものである。



IMG_3626.jpeg

IMG_3622.jpeg




そろそろちゃんと終わりのあるゲームをしたい。アニメ以外の映画も見たい。小説もちゃんと読みたい。立派な人間にも金持ちにもなれなくて良い。興味が湧いた物に接する余裕を作れる人間になれればそれで良いのだ。

出来ないことを嘆く暇があったら、短い時間を有益に使える人間になりたいものである。



でも、それが一番難しいから人生は楽じゃない....
posted by lain at 00:16北海道 ☔ゲーム

PS2が二十歳になったと聞いて

連日コロナコロナと、TVでもTwitterでもいい加減ウンザリさせられているけれど、今朝はPS2が20周年と云うニュースを見掛けて気が紛れた。


奇しくも今日は、令和になったお陰で2、3、4が並ぶ日である。初代は12月3日、3は11月11日、4は2月22日、そしてプレステ2は3月4日と、いちいち数字の並びに絡めて発売日を設定するソニーに相応しい偶然だ。


PS2は発売日に買った。と云うか買ってもらった。語弊が無いように説明すると、親に買って貰ったわけではない。当時既に社会人であった僕は、発売日である3月4日の土曜日も当然仕事で休めず、でもどうしてもPS2を諦めきれずに、友人に頼み込んで彼の父親と一緒に某有名おもちゃ店に並んで貰い確保してもらったのである。発売前から本当に注目されていたこともあり、予約していようがいまいが手にするのは一苦労だったのだ(俺なんもしてないけど.....まじ友人の父有り難う.....💕)


PSの頃から任天堂のハードから離れ出していたから、ドリキャスと同じ、いや、現役として使った年月は遥かにPS2は長かった。PS定番の「リッジレーサーⅤ」は当然やったし、フロムの「エヴァーグレイス」は世界観もキャラも大好きでハードカバーの小説も買った。建設用重機で戦う異色過ぎる「ぶちギレ金剛!!」も友達とゲラゲラ笑いながら対戦したし、中学生からやっていたウイニングポストシリーズもアホみたいに遊び倒した。ナムコが作っていなければ「MotoGP」のレースゲームもこれほどメジャーにならなかったことだろう。




初期だけでも沢山の思い出があるPS2。初期ロット後PS2の互換を切ったソニーへの怒りが売り上げに繋がったPS3の姿を思い出すだけでも、PS2の偉大さが良く分かる。基本コアなハード(セガやMSのね...)を推したくなる性分ではあるものの、デザインの面でもシンプルに格好良く、歴代の据え置き機と比べても思い出深いゲーム機として心に残っている。ついでに云えば安価なDVDプレーヤーとしても優秀で、ただ観るだけで良いならこれ以上ないコスパだった。今でこそDVDを再生出来るだけで4万円なんて払えるかよと思うかもしれないが、パイオニア製のDVDプレーヤーが2000年モデルの安い型でPS2と同じ価格であったことを思えば、ついでにゲームが出来るのか、ついでにDVDが見れるのか分からないほど安かったと言える。



PS3で一旦トーンダウンしたPSだが、MSの失策でXboxが暴落したため、日本だけでなく世界的にPS4は売れることになった。


そして今年は最早PS5の年になるという。これが早過ぎると感じるのは、自分が老いただけなのだろうか?.....


なんにせよPS2は本当に良いハードでした。ソニータイマー込みでね

posted by lain at 20:51北海道 ☔ゲーム