2016年11月08日

真っ先に不要だと言われそうな人類代表の僕です「デボラ、眠っているのか?」森博嗣/講談社


なんの為なのか、自らの意思で選択する暇も与えず、あれもこれもと無用な知識を押し付ける学校や親が大嫌いだった僕は、それ以外の場所から知識や人生を学んでいた気がする。小学生までは玩具や学研のひみつシリーズ。中学になるとゲームにアニメに漫画、そして田中芳樹。高校になると少しは詰め込み教育に付き合うようになったものの、大事なことはやっぱり娯楽というオブラートに包まれた物から学んでいた。ひたいに汗してお金を貰うようになった今も、なんら変わることは無い。三つ子の魂百までとよく言ったものである。

そんな僕にとって、森博嗣さんは自分で選んだ教師の一人。それも格別の師だ。何が凄いって、知識の乏しい僕でも理解したり感じ取れる例え方で物事の根幹を伝えてくれるところだろう。生と死とは?学ぶということは?働く意味とは?人を愛するとは?等々、様々なテーマについて、独創的でありながらも的を射た価値観を自作で展開してくれるので、こちらもついその気なってしまい、森先生のような生き方(先生が書く登場人物の生き方も含む)をしてみたいと思わされ、流され易い自分が怖くなる時もある。森さんがその気になれば、宗教の一つや二つ簡単に運営出来てしまうだろう。なにせ真賀田四季を生み出すような方なのだから...


多くの森作品に足跡を残す超天才科学者"真賀田四季"が予見した未来に連なるエピソードとして、そして、森博嗣初の本格SFとして、ファンならずとも見逃す手はないWシリーズ。気づけばあっという間の4冊目。身体のほとんどを新しくすることが出来るようになり、人がなかなか死ななくなって出生率が激減した時代を舞台に、機械とも生物とも分類し難い存在ウォーカロンを交え、生きているとはどういうことなのか?と展開してゆく様は、森博嗣作品の総決算のようでもある。

テーマがテーマだけに、もう兎に角グサリと刺さる言葉が多い。今回は特にヴォッシュ博士にヤられた。作品の肝となるAIについて「複数の知能が存在すると、相互関係から歪みが生まれ、対立が生じる。それは、ようするに、人間社会とまったく同じ、個人と同じだともいえるだろう。人間だって、ただ一人で生まれて、一人で育つなら、邪悪なものにはならないのではないかな?」と博士が話したり、「私は生きているのではありません。したがって、死ぬこともありません」と人間の感傷など一切計算に入っていないAIの発言に対し 、「存在することを、生きているというのだ、人間はね」と諭すシーンなど最高にグッと来た。

普段、理にかなわないことを是としないように見える真賀田四季でさえ、時に感情で判断したりすることがあるから、森博嗣さんのキャラクター造形は憎らしい。まるでウォーカロンのような女性だったウグイ女史にしても、どんどん愛おしさが増している。

AIが人類を値踏みするような危うい未来観と魅力的な登場人物。ほんと、こんなに美味しいオブラートなら、六法全書でさえ読破出来そうだ。





ふと森博嗣流の官能小説が読んでみたいと思った。それこそ綺麗なだけでなく、ねっちょり粘着質なやつを。





タグ:森博嗣
web拍手 by FC2
posted by lain at 07:09 | 北海道 ☔ | 小説 森博嗣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年10月15日

生きる為に死に、死ぬ為に生きる「イデアの影」森博嗣/中央公論新社

 コミック版「黒猫の三角」で出会ってから、森博嗣さんには様々な美しい光景を見せて貰った。

 学者や泥棒、戦闘機乗りに侍、人妻から殺人犯に至るまで、森先生の手にかかれば歩くポエマー状態で、なすがままにしているだけなのに生き方がこうも美しくも儚くなるものかと溜息が漏れる。

 本作の主人公である女性も、並の作家なら心が壊れた可哀想な人で切り捨てそうなところを、生死を超えた自由な存在へと昇華させていて、物悲しさ以上に憧れを彼女に覚えてしまうほどだった....



彼女は病院にいる。館を離れ、あの家政婦から逃れ。彼女は思う。彼らとの出会いと別れを――理知的でリリカル、不可思議で繊細。ガラス細工のような、森博嗣の「幻想小説」。

by 中央公論新社HP



 おそらく宮崎駿監督の「風立ちぬ」前後のレコードや田舎のサナトリウムがキーワードになるような時代のお話で、家政婦や秘書、通訳まで雇える社長の妻が主人公。別に驚くべき出来事が起こる作品ではなく相変わらずの淡々とした展開からの心理描写で見せる内容なので気にせず展開を話してしまえば、籠の中の鳥状態で飼われている主人公が誰かと親密になる度人が死に、彼女の中の何かが少しずつ変化して最後には......といった感じ。 毎度彼女が新しい生き甲斐を見つけそうになると、それが失われるため、この先何やら怖い展開での待っているのかと、少し身構えていたりもしたけれど、終わってみれば不憫な人妻と一緒に不自由な生からの解放を味わい、ほんのりセンチな気分になっていた。


 『神様から命をお借りして、この死というものを体験させてもらう。そんなツアーを、人生と呼ぶのだ。』



 作中度々使われる神様から命を借りているとの言葉が印象的で、生き死にに怯え暮らすより、どうせ拾った命なら存分に楽しめというメッセージを僕は感じた。人によっては後ろ向きな内容だと受け取るかもしれないが、生き続けることが死に向かう行為であるのは覆せない事実であるし、それならばどう死ぬかどう生きるかも等しい価値を持ち合わせていると言って差し支えないのだから、死ぬことすら心底望むなら前向きな行為なのだろう。

 何にせよ、「生きている」というのは烏滸がましい意識だ。せいぜい「生かされている」が僕らに赦された表現だ。

 生かされているうちに、自分なりの前向きな死を見つけられたら、今よりマシな生き方が出来そうな気がする秋空だった。



タグ:森博嗣
web拍手 by FC2
posted by lain at 07:15 | 北海道 ☔ | 小説 森博嗣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年07月28日

心地良い風が溜息に掻き消された日「風は青海を渡るのか?」森博嗣/感想

ほんの二日前、障害者施設にて凄惨な事件が起きた。深夜に男が施設へ入り込み、何十人もの人々を殺傷したのだ。

犯人はその施設の元職員。日頃から不穏当な発言が目に付き、”マリファナは危険では無い” ”障害者が居なくなれば平和になる” といった趣旨の話をしていたそうだ。以前は明るく優しい、所謂”良い子”だったそうだが、施設で問題を起こし実質解雇の退職にさせられ、スイッチが入ったかのように荒れていったようである。

数年でも障害者とその家族に付き合い汚い物を見てしまったとか、自分の切実な気持ちを誰も理解してくれなかったからとか、理由はいくらでも想像出来るが、犯人の動機などどれだけ詮索したところで、なんの解決にもならないから居た堪れない。起きてしまえば結果しか残らないのだ。死者19人、それが全て....

森博嗣先生などは自作の中で、加害者の動機を説明することになんの意味があるのか?人を殺してはいけないのは何故?といった疑問をよく投げ掛ける。物語の世界観を作る上で必要だから書いているのもあるだろうが、普通に森博嗣さんの中で”?”が付く話なのだろう。確かにマスコミがあれこれ詮索して、真偽も怪しい物語を作り上げているのは見ていて不愉快ではある。動機がどうであれ、一度生まれたモヤモヤを消せはしないのだから、事実だけを神妙に伝えれば良いとさえ思う。人殺しの良い悪いはそれぞれが何を大事にしたいかを考えれば自然に答えは出るのだから、TVやネットにとやかく言われるまでも無いのだし。






本当は昨日読み終えた「風は青海を渡るのか?」の話をしたかった。人が作った物が、人に成るかもしれないということへの歓びと恐怖が見え隠れする展開が実に面白いWシリーズの第三弾である。

本作は森先生の過去作品との繋がりや、人成らざる者に心が生まれるのか?という点が肝になっているのだが、今回の事件が起きた施設に収容されていた知的障害者達にも同じことが言える気がしてならない。僕らと同じ事が出来ない、意思疎通が円滑に進まない、だからと言って彼らは人では無いのか?生きる権利は無いのか?そもそも僕らより彼らが劣ると誰が決めたのか?

風は青海を〜には、企業に産廃扱いされた人間同然の人造人間”ウォーカロン”達を救った男が登場するが、障害者施設に現れたのは小説の中の救世主とは真逆の死神だった。同じく手前勝手な行為ではあるものの、どちらが真に自分以外の存在へ目を向けた行いなのかは明白だと思う。

夏休みになると、叔父さんの知的障害を持った子供(子供と言っても自分よ年上)の相手をしていた身としては、思うようにならない苛立ちや、彼らに対し恐れを抱くのも良く分かる。でも、そんな自らの弱さから湧き出した感情に身を委ねて何になるというのか?






犯人や被害者、その家族達が今回のことで何を得て何を失ったかは知る由も無いが、消えない何かが残ったことだけは確かなんだろう。

弱者が殺し殺されテロも止まないこの時代、目にすることも、口にすることも、聞くこともせず、ただひたすら石のようになりたくなる今日この頃だ....


タグ:森博嗣
web拍手 by FC2
posted by lain at 07:16 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 小説 森博嗣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする