2016年06月27日

良い思い出になっただなんて言うには早いぞ中上貴晶!

YAMAHA、HONDA、SUZUKI、少し前の話をすればKAWASAKIだって参戦していたのに、何故か日本人ライダーが少ないMotoGP。期待の日本人ライダーと呼ばれる若者が現れては不完全燃焼のままサーキットを去ってゆくのを何度となく見守るのは本当に忍びなかった。いつの間にか日本人はもうチャンピオンになれないとさえ思うようになっていた。

そんなイメージが僕の中で出来上がったきっかけは、もしかすると加藤大治郎の死だったかもしれない。2001年に16戦11勝という堂々たる成績で250ccチャンピオンを獲得すると、翌年から最高峰クラスに参戦(グレシーニレーシングが最高峰へ戻れたのも大治郎あってのことだった) 流石に参戦初年度から勝たせて貰えるほどトップライダー達は甘くなかったが、終盤になるともう少しで表彰台という所まで顔を出すようになり、これは来季が楽しみだぞ!と誰もが感じていた。だが、彼はもう居ない。娘に"鈴鹿"(すずか)の別読みで”凜香”(りんか)と名付けるくらい鈴鹿を愛した男は、文字通りすべてを鈴鹿とレースに捧げてしまった。

それ以来、日本人ライダーの活躍は見る見る間に激減し、堅実な走りと運も味方に付け青山博一が250ccでチャンピオンになったことを除けば、一発の速さがあっても詰めが甘く競り合いに弱い若者ばかりでパッとしなかった。そんな柔な若者のイメージそのままだった富沢祥也は、加藤大治郎に来るの早過ぎ!と怒られ、あの人懐っこい笑顔でヘラヘラしていたに違い無い...




そんなこんなで、まるで呪いとしか言いようが無いほどロードレースの世界選手権から見放された日本ではあるものの、ここ数年サーキットで燻っていた中上貴晶が雨の影響もあって逃げ切り初優勝を飾ってしまったから、バイクファンはうっかり期待せずに居られなくなっている。彼も御多分に漏れず詰めの甘さがある男ではあるが、年々メンタルが逞しくなって来たことが成績云々よりも走りで感じることが多くなっていたので、けして今回のMoto2優勝はブラフでは無いと思う。

B6845E90-A090-4B07-ADA8-2208BB7D61F5.jpg



たまたま勝ったと言われないために


と、喜びついでに苦言を呈す解説の宮城光の言葉に、僕らMotoGPファンの気持ちが集約されていた。たった1勝の為に命を懸けて走って来たんじゃないだろう?男なら目指す場所は一つだ。周囲の重圧がどうというのはどうでも良い。自分が最速でありたいかどうかをまず考え、そして、阿部典史も加藤大治郎も富沢 祥也も果たせなかった最高峰クラスのチャンピオンを獲るんだ!




日本人でもっとも最高峰クラスの頂点に近づいた男岡田忠之さんが付いているのだから、それくらいの野望を持って走らなきゃ男が廃るだろ?

でも本当に良かったな中上くんよ......

もう少しだけお互い夢を見ようじゃないか........




タグ:中上貴晶
web拍手 by FC2
posted by lain at 06:59 | 北海道 ☔ | Comment(0) | モータースポーツ MotoGP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年03月21日

腹が立つ奴ほど腕も立つ「MotoGP 2016 第1戦カタールGP 」感想

2月の頭に、日本では清原和博の逮捕と言う衝撃的なニュースが駆け巡ったけれど、去年のセパンサーキットでロッシがマルケスにキレたのも同じくらいショッキングな出来事でした。あれから数ヶ月が経ち、当人達だけでなく周囲もあの話題に触れないようにしている節があるように感じましたが、とうとう2016年も開幕です。同じサーキットを駆けて、二人はどんな事を感じ、どう走ろうと思っているのか、僕はそればかり気になっていました。


上のクラスに有力な選手が軒並み上がったMoto3は、相変わらずスリップが良く効くから上手く2番手に付けていたライダーが運良く勝ち、まさかの8台がジャンプスタートのペナルティを受けたMoto2は、一時期”中上”が3位に上がり拳が熱くなったのも束の間、彼もジャンプスタートでペナルティ行きになりがっかりしたものの、T.ルティがベテランの意地を見せてモルビデリをパスしたのは見応えがありました。逆に待ち切れなかったMotoGPクラスはどうだったかというと言葉に詰まる。普通にクリーンで良いバトルを見れたレースだったから、まあ優勝したロレンソを応援しているファンには喜ばしい結果だったでしょうし、テストに苦しんだHONDAとマルケスも一定の戦闘力を示す事が出来てホッとしたに違いありません。ドゥカティにしてもYAMAHAHONDAに互角の力を発揮していたし、今シーズンはトップ4だけでチャンピオンシップは決めさせないぞ!という覚悟を感じさせてくれました。では、あちこち見せ場があったのにスッキリしないのは何故なのか?....


その理由はおそらく僕がロッシ好きであるが為でしょう。序盤普通にマルケスに抜かれ4番手に落ち、その後ずっと先頭集団に付いては行ったけれど、正直ただ付いて行っただけのことで、オーバーテイクするような見せ場はほぼありませんでした。あれだけの啖呵を切っていながら、目の前を行くマルケスに走りで意地を見せられないのは情けない・哀しい・寂しい.......YAMAHAとの契約を二年延長したというニュースも吹き飛ぶ残念さでした。




まだ初戦ではあるけれど、今年のロッシには去年のような活躍を期待出来そうに無いように思えて来ました。身体的な衰え以上に心の面でまだダメージが残っているんじゃなかろうか?共通ECUやミシュランタイヤへの変更も大きく影響はあるだろうけれど、予選でロレンソに些細なことで憤慨した挙句、そのロレンソに速さを見せつけられているのだから世話が無い。


IMG_0991.jpg

IMG_0990.jpg

ロッシのお口にチャックしてやったそうだ





勝手も負けても互いを讃え合う余裕をロッシには取り戻して貰いたい。若造達に老害だなんて言わせない為にも….










web拍手 by FC2
posted by lain at 11:47 | 北海道 ☔ | Comment(0) | モータースポーツ MotoGP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年11月09日

良くも悪くもロッシの年でした「2015 MotoGP バレンシアGP」

 今年もHONDAとマルケスのパッケージで決まってしまうのではないか?と開幕前は思っていましたが、蓋を開ければまさかの(なんて言ったら怒られる)ロッシがコンスタントに表彰台に上って最終戦までランキングトップを守り抜いたから良い意味で驚かされたシーズンでしたし、そのロッシがマルケスとの間にトラブルを抱え、溜まりに溜まった物を思わずサーキット内外で吐き出したことに、悪い意味で驚かされたシーズンにもなりました。

 結局僕ら観客には伝わり難いロッシとマルケスの問題が、最後まで響いてロレンソにチャンピオンも掻っ攫われてしまいましたし、年齢との戦いになりつつあるロッシにこの先チャンプへの道は残されているのか気になるところ。

 良くも悪くも盛り上がった今シーズンを受けて、タイヤも変わるしレギュレーションの問題もどう影響して来るかまだまだ分からない来期を各チーム&ライダーがどんな走りで駆け抜けるのか待ち切れない。日テレG+恒例の解説陣勢揃いなMotoGP座談会も今から楽しみ。プロの目から見たロッシとマルケスの問題をばっさりやって欲しい。





 それはそうと、最終戦まで来て初めて日テレのマルチスクリーン配信を試してみました。

 通常の放送だと勝手にアングルがコロコロ変えられてしまうところを、自分が見たいアングルを選んで観ることが出来るからとても便利でした。しかも複数のカメラを並べて視聴出来るので、注目のライダーのオンボードやヘリの空撮、さらには各種データも確認出来ます。

IMG_9338.jpg
オンボードの音も聴けるから臨場感もある。

IMG_9340.jpg

レース後のいつもなら見ることの出来ない風景も面白い。




 生放送中だけのサービスなので、録画ではなくつい生でレースを見たくなる良いサービスだと思いました。同じサービスを3クラス全てで楽しめるMotoGP公式では、その他のコンテンツを含め有料なので、MotoGPクラスだけとは言え、無料で配信してくれるのは嬉しい限りです。





 Twitterを見てたら、MotoGPに比べてF1は何も無かったと言ってる人がいたり、モータースポーツ観戦を勧めるならMotoGPの方が断然面白さが伝わるなんて言ってる人もいて、僕も大いにその通りだなと思いつつ昨夜は最終戦を見ていました。

 前戦で自制しきれなかったロッシは、最後尾から本当に素晴らしい集中力で上がれるところまで上がり、走りで周囲に応えましたが、マルケスはまるでロッシの指摘が的を得ているかのような走りで疑惑を深めるばかりでした。

 勝手にダシに使われたロレンソからしたら、大きな子供と小さな子供の意地の張り合いなんて、大きな子供の方が引くべきだと言うのでしょうけど、そんな大人な人間だったら、何台ものバイクを追い抜いて一番高い場所に立つことなど一生叶わないことでしょう。

 競り合いの中で真価を見せるタイプのライダー同士が性能の拮抗したマシンに乗っていれば、今年のようなことはいつでも起こりうることです。誰もがロレンソのように逃げ切りパターンばかりを狙って走っていれば良いのかもしれませんが、それでは絵的にかなりつまらない。

 ある意味悪趣味なことを言っているのかもしれないけれど、そんな人と人のぶつかり合いが観れるからこそMotoGPが他の最高峰レースに無い魅力に満ち溢れているのだと思わされる2015年でした。





web拍手 by FC2
posted by lain at 07:02 | 北海道 ☔ | Comment(0) | モータースポーツ MotoGP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする