2017年08月28日

同郷が勝つと、何故こんなに嬉しいのか?「MotoGP第12戦イギリスGP」感想

母が入院して半月ほど経ったが、相変わらず家事に追われる毎日である。

自分の三食を作り、悪くなりそうな物を調理して父に食べさせたり、お節介な姉の持って来た物や家庭菜園から採れた物の処理など、主に”食べる物”に振り回されている感が強い。

昨夜もいつから冷凍しているか怪しいホッケを焼き、父のためだけに白米を炊き、お鍋いっぱいの枝豆を洗って塩もみし茹でて冷やす作業をしていたら何時間も溶けていた。給料さえ高かったら、こんな疲れること今直ぐにでもやめたい.....

年がら年じゅう炊事をこなす全国の主婦と主夫を心から尊敬する.....






そうこうしてるうちに草臥れて、そういえば今夜はMotoGPがあるんじゃ無かったか?と日テレG+を見始めた。

開始には少し早く、巨人推しの日テレお馴染みの宮本和知が”ざる蕎麦”と”盛り蕎麦”の差を後輩達に教授していて、そんなのどうでも良いじゃねぇか....と、思った。

個人的に最近あまり熱の入らないMoto3が赤旗で終わり、お待ちかねのMoto2に突入。来期最高峰クラスに上がることが決まった中上はどんなもんかと見守る俺の前で彼は最高のスタートを切る。序盤は少々焦ったい展開で、こりゃ良くても表彰台か?とまで考えてしまったものの、トップを行くモルビデリとマルケス弟のペースがそれほど上がらず、中上がじりじり順位を上げる。

マルケス弟が転倒したのも一つの要因だが、兎に角昨夜の中上は安定した速さがあった。モルビデリをパスした後の単独走行も文句無し。これなら誰も来期の最高峰クラスへのステップアップにケチを付けないだろうという優勝に、初優勝とはまた違った喜びを共有出来た気がした。

EA6DEFFF-0349-4AB1-9BB9-333F4E3F3059.jpg
長島哲太に祝福される中上
CC51D10B-65CE-4A46-A43A-C16FB00C14DB.jpg
最後まで自分を裏切らなかったマシンに何度も感謝するような仕草が印象的だった



ホンダの心遣いが無ければ、いくらサテライトチームだとしても日本人を採用しないのでは?という声を吹き飛ばすには成績を出すしかない場面での優勝だったのが兎に角嬉しい夜だった。

中上貴晶も気付けば25歳。この先どれだけの伸び代があるか分からないが、近年Moto2から上がったライダーは軒並み活躍を見せているし、たとえ優勝は無理でも表彰台の可能性はゼロではない。俄然来期が楽しみになってきた。




中上の優勝で気が抜けたのか、最高峰クラスはスタートも見ないまま寝落ち。目を覚ますとてっぺんにドヴィツィオーゾが立っていて、あぁロッシは負けたのか...と、TVを消してまた眠った。

そろそろ日本メーカー以外が頂点に立っても良い頃合いだし、地道に努力して来たドゥカティとドヴィツィオーゾには、このまま行って欲しい気もする。

残り6戦。何がどうなってしまうのか、本当に見逃せない。



タグ:中上貴晶
web拍手 by FC2
posted by lain at 07:01 | 北海道 ☔ | モータースポーツ MotoGP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年06月26日

レースは抜き合いがあってなんぼ「2017 MotoGP オランダ アッセンTT」 感想

久々に本放送を逃さず見ていたら、バイクレースの旨味がぎっしり詰まった良いレースで夢中になってしまった。コーナーごとにトップが入れ替わるような激しい展開でありながら、アクシデントで勝負が決まるようなシーンがほとんど無かったのも素晴らしい。4輪ではこうは行かない。


最高峰クラスでは、勝てたレースを僅かの差で落としたペトルッチと、運も実力のうちと言わんばかりにコースとの相性の良さを見せて10度目の優勝を果たしたロッシは心から喜んでいるのに、厳しい三位争いを勝ち抜いたマルケスはあまり嬉しそうじゃなかったのが少し気になった。まだどこかシコリのある2人であるし、目の前でロッシの勝利を見るのは気持ちよく無いのかもしれない。


DBD820EC-0380-4CA1-91A2-655ECEEC4430.jpg




見ている方からしたらザルコが勝ち急ぎ自滅したり、ポイントリーダーであるビニャーレスがずっこけた影響もあって、チャンピオンシップがいよいよ混沌としてきたことで俄然面白くなってきた。4位までが11ポイント差では全然先が読めない。もしかすると、まさかのドゥカティがこのままいってしまう可能性だって十分にある。次のザクセンブルクが終わればサマーブレイクに突入するが、ここで更に流れが変わるのか?それともやっぱりYMAHAとHONDAの勝負にもつれ込むのか?

2AECDBF7-F389-4749-97D8-FF977227875F.jpg

個人的には今年こそロッシに王者へと返り咲いて欲しいものの、誰が勝とうと面白いレースであればそれが一番だとも思う。







一時はトップを走っていながら、5位、6位と落ちていった中上くんが、ラストラップに3位にまで上がっていったことも忘れちゃならない。優勝はならなかったものの、ずるずる落ちていかないライダーになって来たことが嬉しいのだ。


二度のコーナーカットをしておきながら、降着させられたことに憤慨するようなライダーに負けなくて本当に良かったなぁ.....

web拍手 by FC2
posted by lain at 07:01 | 北海道 ☔ | モータースポーツ MotoGP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年03月28日

バイクが無くとも駆けなきゃいけない俺達の明日はどっちだ?

寒い寒いと、うだうだやってるうちに、いつの間にか北海道に春が来て、今年もMotoGPが開幕した。





今年はなんと言っても最高峰クラスが熱い。

毎年最高峰クラスは面白いものの、なんだかんだでホンダとマルケスのパッケージが噛み合ってチャンピオンをもぎ取り、同学年のロッシが不完全燃焼で終わる年が続き、どうにもモヤモヤが収まらない。加えて今年のロッシは出だしが悪く、テストでも好調なチームメイト"マーベリック・ビニャーレス"に差を付けられ散々。こりゃ今年もタイトルは絶望的かなと正直思っていた。

ところが、いざ開幕してみれば、予選、本選と雨に振り回された割に、冷静なライディングで3位をゲット(ビニャーレスは1位..)悪いなりにポイントを積み重ねていけば、もしかするともう一花咲かせることが出来るのかもしれない。

いくらロッシとはいえ、40歳も目前に迫るライダーが頂点を獲るのは至難の技。なればこそ、ロッシには是が非でも金字塔を打ち立てて欲しいと、願わずにいられない。








勿論ロッシだけがMotoGPでは無い。KTMにアプリリア、スズキにドゥカティ、ヤマハにホンダ、まさかの6メーカー参戦というのは本当に先が読めなくて刺激的。ヤマハからドゥカティというロッシと同じルートを選んだロレンソ、開幕戦で先頭を軽快に走っていたのに転倒してしまったザルコ、年々安定性を増しているドゥカティとドヴィツィオーゾ、第三の日本メーカースズキ、何処で誰に火が付くか正直予想なんて出来やしない。マルケスの連覇も相当難しく、ましてやロッシのチャンプなんて.......いや、考えるのはよそうw

Moto2の中上も、なかなかに経験者らしい粘りのある走りをするようになって来たし、もしかすると来期は久しぶりに最高峰クラスで日本人が見れたりするのだろうか?中上くんには是が非でも2017年を自分の年にして欲しいものである。





全くもって他人の名誉の話でしかないのに、彼らMotoGPライダーの走りを見ていたらつい熱くなって無駄なことを考えてしまう。自分にも全てをかけて手にしたい場所があれば....と、思う節があるのだろう。

彼らほど派手じゃなくとも良い。自分に出来ること、やりたいことに夢中で取り組める生き方を目指したいと思った。








関連過去記事
web拍手 by FC2
posted by lain at 07:17 | 北海道 ☔ | モータースポーツ MotoGP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする