明日からも普通の自分は続く。

”平成最後の”な波に乗りたいわけでも無いけれど、なんとなしに自分にとっての平成とはなんだったろうか?と柄にもなく考えてみたものの、直ぐには答えが出なかった。

昭和天皇が亡くなった時や、平成という元号が発表された時のことはよく覚えている。流石にTVで鬱陶しいほど流れていた。正直子供には天皇が誰でも関係なくて、いつもの番組が天皇崩御の特集番組で潰れていくのがただただつまらなかったものである。親も連日の報道に飽き飽きしたのか、僕らを連れてビデオレンタル店(当時レンタル屋がようやくメジャーになって来た頃でもあった)へ行き大量のビデオを借りて観たのも割と良い思い出だ。その時一緒に借りてもらったドラクエⅢのサントラもカセットテープに入れて擦り切れるまで聴き続けたなぁ....

結局、思い出されるのは小学6年〜中学生の時のことばかりで、色んな人に迷惑をかけ傷つけ傷つけられたことが真っ先に脳裏へと浮かび、あの人はまだ生きているだろうか?あいつはだいぶ禿げたかな?あの子には幸せになってて欲しいなどと、感傷ばかりが通り過ぎる。自分もいつの間にか、こんなに歩いていたのだと思い返すのには良い機会なのかもしれない。



ただ、別段”平成”だからという生き方をしたわけではないなとは思う。令和に変わってもそれは同じだろう。昭和だろうが平成だろうが令和だろうが関係なく、喰うために働き、草臥れて飯を食べ、僅かな時間を娯楽に縋ることですり減らし、いつ寝たのか分からないまま次の日も働く日々が死ぬまで続く。生きている限り、これからも沢山迷惑をかけ、傷を与え合うのだろう。ごく稀に訪れる小さな喜びに支えられ忍耐を続けるのだろう。そこに元号の入る余地など存在しない。

天皇や元号は不要。そう言い続けてきた自分だからそう感じるのかどうかは分からない。今が何年なのかどうでも良くなるくらい歳をとってしまったせいもあるだろう。この程度の節目で人生が変わるなどと信じられる人を可愛らしくさえ思う。新たな船出の刻が来たという実感より、これまで多大な苦労を背負ってきた老夫婦を労う日が訪れたことの方が僕には重い。そこいらのサラリーマン以上に引退後に何をして良いのか分からないなんてことになりやしないか心配である。



男は仕事を辞めると直ぐに逝く。平成天皇と皇后にどれだけ残された時間があるのかは計り知れないが、少しでも充実した余生を送って頂けたら幸いだ。本当にお疲れ様でした......


posted by lain at 07:03北海道 ☔雑記

元号ひとつで大はしゃぎ日本

まさかの生前退位で幕を閉じることになる平成。それに代わる元号が”令和”と昨日発表されたわけだが、個人的にはあまり第一印象が良くなかった。一見して意味が伝わりにくいこと、昭和が近くにあるにも関わらず”和”に頼ったこと、そして陳腐な陶酔が隠しきれない選考理由がいかにも安倍晋三らしく感じられ愉快な気分になれなかったのだ。

勿論安倍晋三一人で決めたわけではないのだから、それこそ彼がしゃしゃり出て来なければ印象が変わっていたかもしれないし、数年経てばなんの違和感もなく受け入れられるかもしれない。安倍から取って”安”の字を使ったりしなかったことも密かに評価している。あーだこーだ言う暇があったら、決まったものは決まったもので、受け入れ有効に活用すべきなんだろう。それでも「これしか無かったの?」という気持ちは、まだ拭い去れそうにない。母上など「辞書を引いて真っ先に出て来る意味が命令じゃないか!」と、こちらがドン引きするレベルで拒否っていたりもした。同じ文字であっても全く違う意味合いがあったりする日本語らしいエピソードではないだろうか?





多くの人は悪くない印象を受けたようだ。クールで格好良いと言っている人もいる。結局は多数派が決める社会、少数派であることは寂しいが、感じ方は千差万別あって然るべきである。個人の納得云々以上に、良い運気をもたらす元号であってくれることが全て。事務仕事での混乱の方が気になってしまう。令和が終わる時、令和の時代は良かったなぁ〜と呑気に言えたら万事OKなのだ。まあ、次の元号になるまで自分が生きているかどうかは分からないけれど............

新元号の号外に群がる馬鹿ども。いつもとは違う緊張と喜びを隠せない菅官房長官に萌える人々。れいわの響に擬人化を擽られたオタク達。普段はベクトルが違う人々がわいわいと一つのことに夢中になるのは久々な気がする。仕事で使うのは西暦の方が断然良いが、元号という風習もこういう瞬間だけは悪く無いなと思った。
posted by lain at 07:20北海道 ☔雑記

島に流された男は家に帰る

とうとう出張が終わり家に帰れると思ったら、すっかり気が昂ぶって4時に目が覚めた。遠足前夜の子供となんら変わらない無邪気さである。

帰ったら連休とってダラダラする予定だが、おそらく久しぶりのネット対戦ゲームに夢中になるのではないだろうか?

IMG_0564.jpeg
IMG_0644.jpeg
IMG_0577.jpeg

19CC04A0-825F-4CF2-B9A3-FFACF5CC70C8.jpg



おそらく初めて訪れたと思う利尻島だが、兎に角”島”だった。

ウミネコが好き勝手に鳴き、猫が我が物顔で道路の真ん中を闊歩し、島民の愛車は軽トラで、緊急車両が頻繁に通ることも無ければ、クラクションすら聴こえず、海沿いを🚗で小一時間移動するだけで島のほとんどを味わうことが出来る凄い土地だった。

まあ、これくらいなら海沿いの錆びれた町にいけばよく見かける光景(暴言)だが、とにかく意外に感じたのは海が綺麗だったこと。北の海は暗くて怖い印象しか無かったのに、島の海は透明度がかなり高く遠くからでも底が見えたものだから、変に感心している自分が居た。海が穏やかな夏に来たら、もっと綺麗なんじゃなかろうか?泳ぐには水温が低いかもしれないけれど、ビーチがあれば更に観光客が増えそうな気がする。


E3D57F83-23B7-4579-9DDA-EAA70C56EF86.jpg
E0F5A382-0BA7-4562-9A58-0158F550C1B6.jpg
IMG_0714.jpeg


あとはそう、島の中央にそびえ立つ利尻富士もなかなかどうして美しかった。冬季でも外国人観光客がいたのは、海では無く山へ遊びに来ていたのかもしれない。

IMG_0755.jpg
IMG_0633.jpg
9BF130DD-2CF3-4E26-AC5F-A42753A2190D.jpg




所謂都市部にある物はほとんど存在しない利尻島。コンビニが出来たのも、それほど前ではないそうだ(道民の友セーコーマートオンリー)大手のホームセンターやドラッグストアを見かけた時は思わず”あるんだー”と思ってしまった。

フェリー乗り場がある近辺はそこそこ栄えていて、車通りもあるが、それでも信号機を増やすほどには至らず、島の半周以上は古い建物が点在するだけ。病院などの施設も限られるため、わざわざ旭川まで行く人もいるというのだからいよいよである。余生を過ごすなら良い島だなぁと考えたりもしたが、ろくな病院が無いのでは余生も辛かろう......



北海道自体がある意味島ではあるが、本当に島というのは不便なものだと思った。

そりゃ観光でしか訪れたくないわけだ......

良い島なんだけどね利尻島.....


posted by lain at 06:43北海道 ☔雑記