死に近づく日に感謝の言葉を

先週末の土曜日の肉の日、42度目の誕生日を迎えた。

その日も普通に働き、普通に草臥れて帰宅したわけだが、普通に日付を記入するような事務仕事もこなした割に、自分の誕生日であることに気づきもせず、帰宅後家族に言われてようやく思い出した。日頃から自分の誕生日なんてどうでも良いと言い続けて来たが、とうとう気づかない程どうでも良くなって来たようである。


「誕生日を迎えると云うことは、死に一歩近づいた証拠でしかないのに何がめでたいのか?」



これまでそう嘯いて来た。それは本心でもあるし、逃れられない真実でもある。でも生まれてきたことを肯定する意味での「おめでとう」があることも分かっている。そしてその手の言葉に最近弱い。独り強がっていられる季節は、とうに過ぎ去ってしまった。42歳とはそういうものなのだ。

Twitterで誕生日を失念していたと素直に呟いた土曜の夜、正直”いいね”すら期待していなかった。何せ土曜の夜だ。ほとんどの人は休日である。呟きを逐一見ている暇などないだろう。にも関わらず数人の方が返信までくれた。「おめでとう」と。年下のフォロワーはいつもより堅く、同年代に近い人はざっくばらんに言葉をくれた。普通に嬉しい誤算だった。

Twitterを始めて10年経ち、親しくしていた人のほとんどは呟かなくなったり、方向性がズレて絡んでくれなくなった。こちらからの一方的な”いいね”しか存在しない相手もいる。こちらの呟きに興味がない、もしくは不快だと云うなら解除なりブロックなりして欲しい無反応の相互フォローの方も増えたが、そう言っている自分も、そうしないのだから不思議な距離感である。



どんな形であれ、繋がっていることに安心を得ているのだろう。どんなにスタンドアローンでありたい、自分はそれで大丈夫と思っていても、心の深いところでは誰かや何かを頼ってしまう自分がいる。身体以上に心を蝕むコロナ渦であればこそ、強くそう感じる出来事だった。




おめでとうを云える全ての人に、おめでとうが届く世界でありますように。

そう祈るくらいは許されそうな気がした。
posted by lain at 02:20北海道 ☔雑記

俺の◯◯の日はいつですか?

ゴールデンウィークと云う物が当たり前になったのはいつのことだったか思い出せないが、それと同じくらい子供の日以外なんの祝日なのかが思い出せない。

Wikipedia先生に書かれている内容では、4月29日の昭和の日から子供の日プラス振替休日までの日が一般的なGWらしい。自分は29日を2日に振替てようやくの5連休だが、大手の会社や呑気な人達は有休まで使って1週間以上休んだりしているから羨ましい限りだ。まあ、この間も全く休みなく働いている人よりも確実にマシではあるだろう。


正直そんなことよりも、中年独身男にとって卑屈にならざる得ないのは◯◯の日と云う恩恵をまるで感じないと云う話だ。子供の頃は子供の日があり、鯉のぼりを上げたりなんだかんだで盛り上がる。子を持つようになれば父の日、母の日と死ぬまで祝って貰える。じゃあ独身を選んだ人間の日は無いのか?とは世の中ならないのである。日頃いくら休日出勤しようが、勤労感謝の日ですら休めず、誰かを祝い続けるだけの人生。そりゃ一体どういう嫌がらせなのか?独り身が寂しいのは自分の問題だが、独りでもちゃんとした納税者だ。ならそういった人間を大事にする日が1日だけでもあって良いでは無いか。何処かを探せば独身に優しいマイナーな◯◯の日があるかもしれないけれど....




独身者は非常にコスパが良い。国の手当という手当の厄介になることがほとんどないのだ。だからと云うわけでもあるが、将来どんな大人に育つか分からない子供だけでなく、今を支える人間にも優しい社会が望ましいと思ってしまう。

こんなくだらないことを子供の日に考えた自分に苦笑いする他ないが、それでも俺は父でもなく母でもない大人の日が欲しい。年老いたら我慢するものだなんて知ったことではない。誰も好き好んで大人になったのではないのだ。

最低限先に生まれた責任は持つつもりだが、ただそれだけである。一方的な忍耐など真っ平御免。抑圧された子供がいつか暴発するように、大人だって我慢すればいつか爆発するだけなのだと皆が肝に命じておいた方が良いだろう。





キレるのは子供だけの専売特許ではないのだから。


posted by lain at 08:46北海道 ☔雑記

声優を抱える事務所は酒と煙草に代わる発散方法を推奨して欲しい....後生ですから....

数年前、病気療養で一時仕事を休んだ後、現場に復帰していた藤原啓治さんが亡くなった。僕らは当然身内でもなんでもないから、なんの病だったのか?完治したのか?等は分かっていなかった。こうした結果に繋がったと云うことは、つまりそういうことだったのだろう。

近年はまるでクレヨンしんちゃんなど見ていなかったし、アイアンマンもさほど興味が無かったため、個人的に藤原啓治さんの声で印象に残っているのはエウレカのホランドやハガレンのヒューズのような重要なポジションを占める脇役達、そして様々な作品でのナレーションのお仕事だったかもしれない。器用に声を使い分けるようなことは出来ない方だったからこそ、一声聴けば誰なのか分かってしまう方だったなぁと思う。優しい中にも厳とした意志があって、飄々としていてもそれだけではないものを匂わせる、主役以上に作品に貢献出来る存在でした。本当に惜しい人を亡くしたとしか言えません.......







こうした時期に、またも辛いニュースが重なるのはしんどいばかり。

そろそろ声優の短命を嘆くのもいい加減嫌になる......


あぁ....どうせならコロナが居なくなれば良いのに.........

posted by lain at 07:23北海道 ☔雑記