童貞、40を前にして恋煩い?

近頃どうも年甲斐もなく浮ついている。

「それ恋だよ」

と云われかねない案件である。



そもそも自分の職場には女性がほぼ皆無で、事務の女性以外と話す機会が非常に少ない。それは親会社も同様で、直接関係のある場所には女性が滅多に配属されないのだが、珍しく新人の中の一人女の子が入った。

入っただけならそれほど接点も生まれないのだけど、彼女を含めた新人が子会社に研修の名目で数日出向して来ることになったのが不味かった。DTでビビリで自分から女性を誘うなど、まずありえない男にとって、息がかかるくらいの距離に女性を近づけるのは、かなり危険な行為なのだ。それでなくとも可愛らしく、男ばかりの業界に物怖じせず入って来るような子である。気安くてついこちらも声を掛けてしまったら、なんとオーバーウォッチが好きだと言い出す始末。同世代で、もっと身近にいられたら、本気で好きだと伝えたかもしれない。品の無いこともこの際言ってしまうと、体つきも正直好みだった。細身とは言えないぽっちゃり寄りの肉付き体型で、抱き心地が凄く良さそうなのである。突然抱きついたりしないだけの分別が自分にあって本当に良かった。





それからも、何かと接点があって、顔を合わせたら普通に話はするけれど、出来ればもうあまり近づきたくない。本気の本気になってしまいたくないから。男として見ていない同僚の子のペットボトルに口を付けたり、今の彼とは潮時かもしれないと口を滑らせる彼女の隙の多さを、これ以上見ていたら、柔な男のメンタルは壊れてどうにかなってしまいそうだ...


本当にどうかしている。今回の一件だけではない。どこでどう間違えたのだろうか?

昔の話までするのはダサいにもほどがあるが、こんな樣でも中学生の頃は非常にモテて何度も告白された。そこそこ長身で色白で髪が天然の茶色がかったサラサラで、クールぶっていたのがウケたのかもしれない。でも、一度も誰とも付き合うことはなかった。相手が好みじゃなかったからでは決してない。ずっと気になっていた子も居た。ただただヘタレで、空っぽで汚らわしい自分を知られるのが怖くて逃げたのだ。



今もそれは変わらない。モテる部分を除いて。

自分から行かない。誰か来たら逃げる。こんなことをいつまでも続けて行くのが自分なんだろうなと思った。

異性との付き合いが苦手な若い子が増えているように思うが、出来る限り女性が普通にいる学校や職場へ入っておいた方が良い。

その選択のお陰で、うっかり一歩踏み出せるかもしれないし、うっかり誰か手を引いてくれる可能性だってある。



道を開くも閉ざすも、全て自分次第だ。


posted by lain at 09:02北海道 ☔雑記

貧乏人が金を貯めるには、好奇心を殺すのが一番?

昨日の帰り掛け、銀行へ寄った。給料日だったのである。

普段あまり現金で支払いをしないから、あちらこちらに対する月の支払いのために引き落とすだけなのだけど、給料のうち半分以上は下ろすことになる。当然払わなければならないものは払わなければならない。自分が使ったのだから。でも、ため息くらいは吐きたくなるのが人情ではなかろうか?

ところが、最近お金を下ろしてもため息はあまりでない。月の支払い分と車の税金分を差し引いても、先月に比べ4万近くも口座の残高は増えており、お金が溜まって行くのを実感して嬉しい気分になったくらいだ。ただ、正直そういう自分は気持ち悪い...


給料自体が劇的に増えたわけでは無い。今年は昇給の話(上がる年でも2000〜3000円)もなかった。では何故増えたのか?別段ミステリーでもなんでもないのだけれど、話は単純でフルプライスゲームをこの半年ほぼ買わなかったことと、無料ゲームへの課金を9割がた止めたからだ。たかだか止め絵1枚のために千円以上支払ったり、当たるかどうかも不確かなガチャに賭けることも一切やめ、大好きな会社の面白そうなフルプライスゲームもセールが来たら買おうと後回し。そのまま思い出せないなら、それでも良いくらいに扱った結果、嘘みたいにお金が増えてきたのだ。

逆に、お前はこれまで一体全体どれだけゲームに費やしていたのだと苦笑してしまう。




ゲームはやっぱり趣向品なのだ。お金と時間が余っていなければ優先すべきものでもない。

特に今は有料でも作業感が強い物が多く、海外で主流のオープンワールドゲームを例に挙げれば、ほぼほぼ”お使い”ゲームでしかなく、自由度が高いゲームになればなるほど単調で、まるでドラクエ2のサマルトリアの王子探しを延々とさせられているような感覚になりがち。それなら無料ゲームをやっているのと大して変わりがないのではないかとさえ思ってしまう。Warframeのようなアップデートが多いゲームや、追加マップや新キャラに一切課金が必要ないオーバーウォッチのようなタイトルがあれば十分遊べてしまうのだから。





これから先も、ずっと節約人生をしようなどと思っているわけではないが、車を買い替えるまでは出費を抑えたいし、人生も中程を迎え、ゲームばかりに気力と体力を分配するわけにも行かなくなって来たのも確かだ。

少々寂しい気もするが、何か違うことを始める良い機会になれば良いなとも思う。



まあ、何をするにも金はかかってしまうのだから、興味という興味を殺さずに金は貯められそうに無いけれど.....





posted by lain at 07:10北海道 ☔雑記

体育会系の悪い面を濃縮還元した事故に真相もへったくれもないなと云う話

今朝は珍しくニュース番組をハシゴしていた。そこまで積極的な野次馬根性でも無いが、例のアメフト騒動の報道を少し見たかったのだ。




超が付くほどの名門校による悪質な違反行為だとして、あっという間に日本全土を巻き込んだ社会問題へと発展してしまった今回のアメフト騒動。関係者による会見に次ぐ会見で、一体何を見せられているのか意味が分からなくなるほどだった。

一番最初に加害者である選手が会見を自主的に行ったことも異例なら、それに続いた大の大人達のみっともない会見も異例の内容で、現代の情報の流れの速さを理解している世代と、そうでない世代のフットワークの違いを露呈していた。




『体育会系の悪い面が出た』


今朝観ていた某番組での一言が全てを集約していたように思う。若い選手がダーティーな指示を額面通り受けとり”あからさま”な違反行為を行ったのは、指導陣の圧力あればこそであるし、指導する側の監督やコーチが”それくらい分かっているだろう?”という勝手な幻想を持つのも、自分たちが彼らの命運を握る立場に居ると自覚しているからでもある。上下関係が出来過ぎていると、上が歪み出したとき誰にも止めることが出来なくなるのだ。

就任して数年が経ち、だいぶ熟れて来たコーチが、監督にもっと気に入られたくて自分の妄想の共犯者として一人の選手を選び、加害者であり被害者である青年に仕立て上げることになってしまった、という見方も出来るし、直接的な原因はそうであるかもしれないが、実際には沢山の要因が絡み合い過ぎている為、こればっかりは根が深すぎるから真相の究明など出来ないし、しない方が賢明だろう。

なにせ日大アメフト部の監督を大監督として持ち上げたのは紛れもなく周囲の人間と、彼に従って来た大勢の選手達であり、そこへ入って行くのは自分というブランドを高めたいからであるハズで、ある種の利害関係無ければ誰も日大に集まりはしないわけで、日大に罪があるというならば、日大を利用する者達にも必ず罪はあるハズだ。もっと云えば監督とコーチが記者会見に挑んだ時、質問ではなく詰問になっていた記者にすら罪はあるし、TVの前でSNSを使い、あーでもない、こーでもないと好き勝手に書き込む我々の”神”っぷりだって罪深い。

そもそも、第三者と直接的に競うのが当たり前のスポーツに、完全なる清らかさなど求めるのは、あまりにも無知で無粋で馬鹿げた話ではなかろうか?......







これはもう誰が悪いという話ではないのだ。個々人が抱くスポーツへ幻想の温度差が引き起こした異常気象による被害に過ぎない。

とりあえず今回の一件で大事なのは、若者は他ならぬ自分のことなのだから、先を見据えた選択をすべきだし、年寄りは自分にYESと云う人間だけを側に置くべきではないということ。

そして、アメフトは見るだけなら本当に面白い競技ではあるので、こういう面白くない話題は陰でひっそりとやって欲しいものだと、僕のエゴは申しておりますo┐ペコリ 


続きを読む

posted by lain at 10:03北海道 ☔雑記