特に代わり映えしない2017年と、浪費癖が全開の師走

もうあと10時間もしないうちに2017年が終わる。

まるで実感など無いまま時間だけは動いてゆくのだ。


今年はどんな年だったか?

何をやった?

少しでも変化はあっただろうか?

思い出そうとしても何一つ浮かばない。



一つだけ言えるのは、何をするのも億劫で、やっていても楽しめない時間が多かった。

じりじりと迫り来る老化もあるだろうし、国の内外が不安定で、無邪気に何かを楽しむ気になれなかったのも大きかったろう。

新しい何かを始める難しさが骨身に沁みる自分になってしまったものである。





新しいと言えば、年末になって掃除機とテレビを買った。

掃除機はダイソンのハンディタイプの新型で一番安いモデル。男心を擽ぐるフォルムと鮮やかなカラーリングを目にして一も二もなく買ってしまった。

IMG_6694.jpg
箱を開けただけでわくわくが止まらなかった

IMG_6696.jpg
IMG_6695.jpg
派手なカラーリングが目を引く

IMG_6937.jpg




名前ばかり先行していて、どれほどの物なのか眉唾ものだったものの、概ね満足の行く買い物だった。吸引の速度が二段階しかないとか、スティックが伸縮しないため微妙な長さが欲しいとき使い難いとか、排気の勢いでまだ吸っていないゴミが飛び散る(ハンディとして使用している場合)とか、満充電でも結構早く電池が切れるとか、欠点を上げれば結構あって、完全無欠な商品とは言い難いけれど、使っていて楽しいのは確かで、使用後の収納や吸い込んだゴミの処理はし易く、マニアックな話をすると電源のオンオフの際のキレのある音も魅力的である。


他人のですまん






TVに関しては、本当は買う気は無かったところに、茶の間のテレビが壊れるという自体が発生して必要に迫られ購入するハメになってしまった。と言っても、買ったのは自分用で茶の間には僕のお下がりを置いたのだから悪くもない。PS ProやXbox One Xが現行機になった今、そろそろ4Kに対応したテレビを購入しなければならなかったのは変わりないのだし。

買うと決めて真っ先に浮かんだはソニーで、あれだけPS4が売れているのだからゲームのことも考えた機種があるに違いないと調べたら、やはりゲームなどに向いていそうな性能を売りにしていて、他所の会社の商品をチェックするまでも無いだろうと決めてしまった。我ながらこれと決めたら脇目も振らず突き進む男だ。


IMG_6912.jpg
新しい物を梱包から解放するのが一番楽しい

IMG_6914.jpg
面倒なシール剥がしすら鼻歌交じり
IMG_6915.jpg
TVの土台を組み立てただけでやり遂げた感




正直言って、2Kからの4Kは、どれほど綺麗になっているのか肉眼では直ぐ分からなかったけれど、今まで使ってきたレコーダーやゲーム機を同じように使っているうちに、細かな変化を少しずつ実感して、じわじわと新しいブラビアと4Kの凄さが分かって来た。惜しむらくはOS面で分かり辛かったり、操作性が悪かったりすることだろうか?各種設定の際にアドレスやパスワードを入力する際のキーボードにしても、レスポンスがあまりにも酷い。お粗末と言っていいだろう。

あと個人的に気に入らないのは、内臓スピーカーの貧弱さと、リモコンの受光部がテレビの正面下にあること。TVの前に機器をセットするとリモコンが効かなくなってしまうのだ......

こういう些細なストレスの積み重ねが、まるで熟年離婚する夫婦のように、ユーザーからメーカーへの愛を失わせていく結果に繋がるんじゃないかとちょっぴり思った。

それはそうと、来年こそはお金を貯めたい。そうじゃないとボロ車を買い替えることもままならないから....








2018年も何も無い1年になるだろう。寝て起きて働いて無料ゲームに課金して、気づけば2019年.......

まあ、それも人生なんだろうなぁとは思う。

立派な人生など僕には不釣り合いだ。

時々生きているのも悪く無いと思えれば十分。

なんの抱負も必要無い。

胸を張って言おう。

ノープランで上等だと.......




「あっという間に2019年」だと、来年の大晦日に苦笑い出来るまで、壮健であればいいね
posted by lain at 16:40北海道 ☔雑記

馬鹿とシャンプーは使いよう

もうかれこれ七年ほど使って来たノンシリコンシャンプーをやめた。

これまで色んなノンシリコンを使って来たものの、どうしても頭の痒みが無くならないし、時期によってはフケも酷かったからだ。


自分の不規則な生活習慣のせい?うちが地下水だから?単純に肌に合わないだけ?

あれこれ考えシャンプーを変え続けたり、思い切ってノーシャンプーを試したりしているうちに、頭皮はどんどん傷んでいった.....

流石にこれではダメだと思った。乾燥する時期になってフケも酷くなっており、ノンシリコンが無くなりそうな今こそシリコン入りに戻ろうと決めた。

IMG_6760.jpg
物凄くテキトーに選んだ。評判が良さげで値段もそこそこのを。




シリコン入り復帰後3、4日経ち、頭皮のフケはすっかり無くなった。今までジタバタして来たのは一体何だったのか?そもそも流行りに乗じ、ノンシリコンである利点ばかりを信じた自分が馬鹿だったのは分かるが、ここまで相性が悪いと笑うしかない。



もう二度とノンシリコンは使わないだろう。でも、世の中に絶対は無い。また懲りずにチャレンジしたくならないことを祈ってる......












関連過去記事
posted by lain at 06:24北海道 ☔雑記

差別がない世界には、人間も必要ないことだろう

久しぶりの連休に気が抜けてダラダラアニメを観ていた日曜の昼、くだらないことでモヤモヤとツィッターをしていた。

きっかけはフォローしている人がリツィートした自称”映画解説者”の一言だった。






多分普段なら正論だなと思って流すところを、何故かそのまま流す気になれずあーだこーだとブチまけてしまった。










他にも長々と呟いてしまったわけだが、何故そんなにスィッチが入ってしまったのかと言うと、理想論だけで全ての状況にそれが当て嵌まるかのような物言いが気に入らなかったのだと思う。彼の言うところの”無駄な諦め”を享受して来た人々のおかげで今の社会はあるわけで、軽はずみに賢い賢くないの分別にそれを利用して良いとは思えなかったのだ。

彼が言うことは場合によっては正しいし、長時間労働やセクハラに関しても是正はしていくべきだとは思う。だが、まだ「No」と言っただけで職を失う社会は無くなっていないし、立場の差というのも埋まる様子は無いわけで、それこそ何千年何万年と続く人間の歴史を一気に飛び越えて”弱肉強食”の絶対ルールが彼のたわ言一つで解決出来るわけでもない。「夢は叶う」と叶えた人が口にするのと同じくらい無責任な一言だと思った。背中は押すが、その先の地獄は自分でどうにかしろと言うのだから。


何かを成せる人は誰に何を言われようが関係なく終わってみれば成しているものである。勿論努力の賜物ではあるが、同じことを全ての人が成そうと夢見てもそうはいかない。大学の定員数は定まっているし、アイドルになろうと思っても全員がアイドルにはなれない。そもそも全員アイドルになってファンという立ち位置の人達が居なくなっては本末転倒だ。



綺麗事を口にするのは気持ちが良い。出来れば綺麗事だけで生きていたいものである。しかしそれだけではだめだ。所詮それも絵に描いた餅に過ぎない。だからと言ってトランプや金正恩のように“諦めない”生き方をしても結果は見えている。

なら、身勝手に社会を批評する程度の彼や僕がすべきことはせいぜい「自分がされたら嫌なことを他人にしない」だろう。それ以上でもそれ以下でも害悪ではなかろうか?




このブログに”無差別八方美人?“などとタイトルを付けているが、最後の「?」こそ僕の真の気持ちである。全ての問いに当てはまる、たったひとつの正解などあってたまるか。






続きを読む

posted by lain at 07:00北海道 ☔雑記